2019年12月16日

No.956 COMPASS三豊 未来を折り上げて・・・

No.956 COMPASS三豊 未来を折り上げて・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS三豊に昨年の春から通い始めたお友達。
小学校2年生の、とにかく元気な男の子です。
あれもこれも視界に入る物が全て気になる様子で、もちろん着座姿勢の維持はできませんでした。
COMPASSの中をまるで体育館のように走ったり、想いが伝わらないと乱暴な言葉や振る舞いを見せます。

Kくん3.jpg

押さえつけることは決していいことではありません。
でも、どうしたら自然に落ち着きが身につくのだろう?
自分と他者との距離を上手く測れないばかりか、まるで関心も示さないこともまた保護者様の悩みでした。
少しずつでもいい、自力でできることを増やしていって欲しい。
そして日常生活のオンとオフ、やっていいとき悪いときのOnとOffを身につけてほしい。
COMPASSの活動を通して、人との関わり方を身につけてくれたら・・・

Kくん2.jpg

保護者様のこの願いが叶えられるように、そしてお友達が誰からも愛されて楽しい毎日を送れるようにとお友達との真剣な向き合い方を考えました。
まず、お友達のプランには、基本の療育内容として着座姿勢の保持・日記を通して自分への振り返り・また学習はひらがなや数字をCOMPASSのプリント学習で行うことに。

Kくん1.jpg

当初、5分と座れず、椅子から立ち上がるお友達。
すかさず「ダメだよ。」と言葉による制止を受けてしまいます。
お友達自身も実は「これはいけないことなんだ。」だとわかっているものの、素直に従えません。

Kくん7.jpg

そんなときは「気持ちのプリント」というツールを使ってみます。
落ち着かず部屋の中を走るようなことがあれば、また「座ろうね。」と促す言先生。
お友達が何度勝手に振る舞おうとしても、優しく制止され、着座を促すという繰り返し。

やがて、時間の流れがお友達の行動を少しずつ穏やかに緩やかに変えていってくれます。
それでも時折お友達は、先生の気を引こうと、お試し行動ともいうべき行動を行ったりと抵抗を見せたりします。
Kくん4.jpg

10分座れるようになると、注力したのは言葉の学びです。
自分の思いを伝えることが苦手で、思うように伝わらずもどかしさを感じてはイライラ。
先生にも周りのお友達にも思いを伝えることができずに乱暴な聞き苦しい言葉を使ってしまいます。
すかさず、その場面でのお友達の気持ちを聞き、「そんな言葉じゃなくて、ただ嫌って言えばいいんだよ。」と、場面に応じた話し方を教えます。
そして素直に言えたとき、先生は笑顔で「そう!ほら言えた!すごい、よくできたね!」と褒めてくれます。
言葉のパワーはとても大きく、間違うと突き刺さることもありますが、正しく使うと何より温かく嬉しいものになってくれます。
それをしっかりお友達の心で掴んで欲しいと願い、学びを続ける毎日です。

Kくん6.jpg

人は、机上の学習でなく、人との関わりの中で喜びや辛さや温かさや孤独を学び、次第に成長していく生き物です。
気遣いが苦手、言葉遣いも苦手なため、他のお友達との関わりもできませんでした。
三豊では工作やクッキングなどみんなで行うイベントが多いのですが、その機会を活用して一人の時と全く質の異なる喜びを伝えていきます。
心の学習面では「気持ちのプリント」を頑張るのですが、自分で考える難しい問題になると、泣いてしまったりと、激しい感情の起伏を見せるものの、次第に成功するたびに褒められて達成感が積み重なるとともに「やればできる」ことがわかってきたようです。
イライラしなくても、荒い言葉を吐かなくても大丈夫なんだ・・・そう、お友達の姿が物語っているようです。

Kくん5.jpg

着座して30分、プリントを集中できるようになったお友達がここにいます。
室内を勝手に走ることもなくなり、実はマイブームもやはり座って行う「折り紙」なのだとか。     
お友達の手からは、風船、カメラ、箱、時計など、たくさんの折り紙の作品が次々生まれています。
あれほど人との関わりが苦手だったお友達ですが、折り紙を周りのお友達からも褒められると「教えてあげる。」と、ニコニコで他のお友達に教えてもいるのだそうです。
嫌なことも乱暴な言葉を吐くのではなく「◯◯ちゃん、それやめてよ。」と言葉で伝えられるようになりました。
激しい感情はすっかり影を潜め、ムラなく穏やかに過ごせるようになってきています。

c45117c7a9e03c9c2c764adbfc6c33b9_s.jpg

穏やかに、にこやかに、そしてみんなで楽しく・・・
もう、大丈夫、きっと大丈夫。
その先の未来図をこれからの頑張りで折り上げてくれる、そう予感から確信へ変わってきた2年目の冬です。


所在地:〒769-1502
    香川県三豊市豊中町笠田笠岡2074番4
連絡先:0875-23-6088

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

No.955 COMPASS本部教室 世界に一つだけのツリー

No.955 COMPASS本部教室 世界に一つだけのツリー

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS本部教室でも待ちに待ったクリスマスの飾り付けが始まりました!
飾り付けを頑張っているのは、小学校入学前の小さなお友達。

S__46055446.jpg

お友達の取り組む今年のツリーは「トテモアタラシイ」アイデアツリーです。
ツリーはペットボトルでできていて、内側でLEDライトが点灯するように組み込まれています。

S__46055445.jpg

まず、ツリーの色を表現するのに取りかかったのは緑色の色水を作ること。
先生と一緒にペットボトルにこの色水を入れ、ピラミッド状に積んでいきます。
組み上がったツリーのひとつ一つの細くなっているフタの部分にお友達手作りのオーナメントを下げていきます。

7B8455A4-FE44-42AF-955D-5455EF75B222-L0-001.jpg

オーナメント制作は2種類。
幅広い年齢、発達の違い、個々の特性に合わせて制作するものを選びます。
まだハサミを使うことが苦手なお友達は、ブーツのオーナメントを選びました。

24F0FB1B-AE0A-4306-A9D1-9906595FCF7A-L0-001.jpg

スタンプしたクリスマスブーツは3色(水色、黄色、ピンク)ご用意。
その中から好きな色のブーツ型の画用紙をお友達自信に選んでもらいました。

5BFC62E3-1BB0-4FFD-A73F-CC0A40A7E988-L0-001.jpg


そこに、ヤクルトやジョアなどの容器の口のを溶いた絵の具につけて、スタンプぽんぽん!と押していきますが、様々な大きさの容器の口のサイズ違いで、丸い模様に個性や変化が出てきますね。

EAF204C3-A2F3-4361-A2EB-C9B8AA65C7CB-L0-001.jpg

最後にお花紙をちぎって丸め、のりでブーツの上部につけていきます。
仕上げに先生がリボンをつけて可愛らしく完成です。

F4DE661E-73EE-41DF-87E1-523771BCDD9F-L0-001.jpg

手先が不器用なお友達でも、先生がお手本として作り方を見せてあげることで、しっかり見ていて、それを真似て自分で全て作ることができていました。

2.jpg

スタンプを押す場面では、ジョアやヤクルトの容器を全て使って、一つずつ丁寧にスタンプを押すお友達や、ブーツ全体に模様がつくようにまんべんなくスタンプを押すお友達など、様々な個性が見られました。

名称未設定 1.jpg

もう一つのオーナメントは「ぱくぱくサンタ」「ぱくぱくトナカイ」「ぱくぱく雪だるま」です。
「僕はサンタさんがいい!」「僕は雪だるまがいい!」など、自分で好きな物を選択したお友達。
すでにやる気満々、意欲満々。

7829.jpg

紙コップにはそれぞれ選んだ形に切りやすいよう、ハサミを入れる場所にガイド線を書いてあります。
切り取った形に、クレヨンで色を塗り、画用紙やデコレーションボールで飾り付けを行います。

7828.jpg

同じ材料なのに個性的な様子を持ったオーナメント、最後に毛糸で下げる紐をつけて、クリスマスツリーに飾っていきます。

020D26AF-D5BC-48C6-B85F-CA41C01B5BFC-L0-001.jpg

見本を丁寧に真似して作るお友達や、「トナカイの鼻をデコレーションボールにしよっと!」と、アイディアを出して工夫して作る姿などが見られました。

19E41E00-BCA1-49DF-9DC2-29DEABF6C868-L0-001.jpg

完成した作品を自分でツリーに飾り、嬉しそうに笑顔を見せるお友達。
また、出来上がった作品をじっくり眺めてうっとりの笑顔でしばらく見つめ、達成感を味わっています。

02E74848-4186-4303-846B-D5C1320305B9-L0-001.jpg

お迎えに来た保護者の方に、「今日、サンタさん作ったんだよ!」と嬉しそうに話す姿などが見られました。
今日は本当にお友達頑がみんな張ってくれました。

0832B374-0214-4D61-AC80-BD13495D63BC-L0-001.jpg

もちろん、全員がお手伝いなしで最後まで作り上げた、達成感。
これはクリスマスの魔法なのでしょうか?いいえ、お友達の中に育った力です。

S__46055441.jpg

世界に一つだけのオーナメント、世界に一つだけのツリー、お友達の努力してきたことの象徴のようです。
素晴らしいツリーを見上げながら本番のクリスマスが少し待ち遠しいお友達でした。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

No.954 COMPASS高知 ワクワクの気持ちで「その日」を・・・

No.954 COMPASS高知 ワクワクの気持ちで「その日」を・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS高知も「その日」を目指して飾り付けの真っ最中。
13255.jpg

一つひとつ飾りを手に取ってツリーに向かうお友達。
どのお友達の表情も笑顔、笑顔、笑顔・・・
13256.jpg

そんなお友達に釣られて先生も笑顔、笑顔、笑顔・・・
みんなクリスマスシーズンの笑顔の魔法がかけられているようです。

13252.jpg

お友達は、先生の小さなアシスタント。
飾りを手にしながら先生に「ここだよ!」と教えてもらって飾りを着けています。
ひとつ飾りが増えるたびに、キラキラと華やかになって、賑やかになって、嬉しさがだんだん増えていきます。

14342.jpg

課題を終えたお友達はクリスマスの飾りを作っています。
お友達は作る前から「楽しみ〜♫」と口にしながら、作る日を心待ちにしていました。

13251.jpg

フリルやビーズ、小さなボールをボンドで付けてデコレーション!
少しずつ綺麗なクリスマスカラーの置き物ができていきます。

名称未設定 1のコピー.jpg

小さいお友達は、置き物作りも先生の力を借りながら頑張って取り組めました。

14344.jpg

こちらのユニークなお友達の作品は、一番上にいちごをドーンとのせています。
オリジナルの素敵な可愛い作品に仕上がりました。

13248.jpg

楽しい製作でCOMPASSはクリスマスを迎える準備に余念がありません。
お友達の作品でお部屋がいっぱいになった頃、サンタさんがきてくれるのでしょうか?

13253.jpg

まだヒミツのクリスマスのイベント。
でも、普通のお弁当だって、おやつだけだって、その日はきっと特別な日になってくれることでしょう。
ワクワクの気持ちで待っている「その日」。
もっと輝く笑顔でいっぱいの素敵なクリスマスになりますようにと願いを込めて・・・


所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

No.953 COMPASS中津 お友達のクリスマスって!!

No.953 COMPASS中津 お友達のクリスマスって!!

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。

20191211_191211_0008.jpg

クリスマスはお友達に取って一番楽しみな行事です。

20191211_191211_0003.jpg

COMPASS中津のお友達、まずは12月の製作でクリスマスリースを作成しています!

20191211_191211_0002.jpg

サンタさんに一人ひとり思い思いの顔を描き、お星様、リボンのかかったプレゼントボックス、クリスマスブーツなど、クリスマスアイテムいっぱいのパーツを散りばめます。
20191211_191211_0005.jpg

先生の作ったお手本をしっかり見ながらその通りに貼っていくお友達や、貼る順番を考えてオリジナルのリースを作るお友達。
出来上がったリースは、クリスマスツリーに見立てて飾り、25日のクリスマス会が終わったらお家の方へプレゼントするのだそうです。

20191211_191211_0001.jpg


お友達にとってこの時期ならではの楽しみがこのクリスマスツリーを綺麗に飾ること。
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201201_191211_0003.jpg

もちろん率先してみんなで飾り付けをお手伝いです。
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201201_191211_0005.jpg

「プリントが終わったらお手伝いしてね。」
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201201_191211_0004.jpg

そこで、飾り付けをしたくて、いつも以上に集中して早々とお勉強を終わらせるお友達。
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201201_191211_0002.jpg

手の届くところいっぱいいっぱいに飾りを取り付けるお友達。
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201201_191211_0001.jpg
背の高いお友達は少し高い位置へ、小さなお友達は低い木の枝へ・・・ちくちくする枝に気をつけながらひっかけていきます。
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201239_191211_0005.jpg

そして、こちらの写真はというと・・・
実は、25日に予定しているクリスマス会で、ジングルベルの曲にあわせて楽器演奏を計画しています。

o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201239_191211_0002.jpg

練習を小さなお友達、大きなお友達それぞれの時間を作ってお集まりの時間を利用して練習を行っています。
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201239_191211_0004.jpg


上手にリズムをとれるお友達、なかなかタイミングが合わず、上手く演奏できないお友達・・・個性もいろいろ、音色もいろいろ。

o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201239_191211_0003.jpg

というわけで、現段階では演奏はとても独創的なのだそうです。
でも、みんな揃ってできるまで頑張ることを知っているCOMPASSのお友達です。
o6e416456d754b35c290e8fbc748882e9_4620693218543201239_191211_0006.jpg

本番まで、みんなでリズムを合わせ、素敵な演奏会になるようにニコニコ楽しく練習が続きます。


所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

No.952 COMPASSしまんと 未来を歩くのは・・・

No.952 COMPASSしまんと 未来を歩くのは・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASSしまんとのお友達は通い始めて3年目、小学校3年生の冬を迎えています。

IMG_20191118_163018.jpg

小学校からCOMPASSに通い始めましたが、着座して集中することや、コミュニケーションに困りごとを抱えていたお友達。
言葉で表現出来るように、読み書きが出来るように、人と関わって仲良くできるようになって欲しい・・・保護者様の心からの願いです。

当時のことを思い出し、まずコミュニケーションを取ることが難しかったと先生は言います。
言葉の理解ができず、自分の気持ちを表すことだけでなく、相手の言っていることも伝わりません。
新しいことへの拒否を強くあらわし、新しい環境・場所・人に慣れにくく、じっとすることや着座も続きません。
先の見通しがつかないことがあると、不安が先に立ち、納得するまで同じことを繰り返し聞いたりと、せわしなく落ち着きません。

IMG_20191118_161343.jpg

COMPASSの「興味あること探し」からお友達のプランがスタートしました。
幸いなことに、お友達は絵本が大好きで、絵本を見せると笑顔です。
そこで、着座を維持することと、絵本を用いて言葉の習得を同時に促すようにしてみます。
絵本の音読は語彙力の向上に大変効果をみせ、だんだん「わかる」「使える」言葉が増えていきました。

IMG_20191118_161346.jpg

座れることは集中につながり、落ち着いて目の前の課題に取り組む準備ができるということです。
椅子に座ってプリントなどの課題をスタートすると、意欲を見せるようになっていきました。
すると、いつの間にか絵本1冊が終わるまで着座できるように大きく成長を確認できました。
着座が長くできるようになってから、なぞり書き・数のおけいこ・50音の発音練習もスタート。
学習支援として、漢字プリント、国語プリント、絵本音読、日記、時計の学習もだんだんと増やしていきました。

IMG_20191118_162437.jpg

ひと月目より翌月、翌月より半年後、そして半年後・・・お友達はお友達のペースで学びを積み重ねていきました。
あれから3年。
つまづくと、いつも「教えて!」と先生に聞きながら取り組んでいたお友達でしたが、現在はひとりで考えて問題を解き「できました!」と店に来る姿をご覧いただけるようになっています。
COMPASSの送迎中には「音楽!」「音、下さい」とよく聞いたものですが、今では音楽を聴きたい時には「音楽をかけて下さい。」と正しくお願いすることができるようになっています。

名称未設定 1.jpg

ツールを多用してはいろいろな角度から学ぶ言葉の学習。
やがて言葉の意味を理解し、口にすることができ、正しく伝達されるようになっていくお友達の会話力。
なぜお友達は素晴らしい成長ができたのでしょうか?
・・・それは繰り返し学習を何度も厭わずにがんばっていることに尽きます。
その頑張りができるのは、繰り返し学習で「難しいことでも絶対できる!」ことをお友達はもう知っているからです。

IMG_20191118_163025.jpg

やがて、1年生の漢字の読み書きや、国語の短い文章問題も上手に出来るようになっています。
教える、教わるのではなく、お友達自身で言葉に興味を持ちだし、絵本音読もスラスラと上手に読めるようになったのです。
COMPASSに通うたびに挑戦していた日記も、文章を作って書けるまでに成長を見せます。

あの暑い夏がやってきた頃、周りのお友だちに興味を持てるようになってきたお友達。
みんなの近くに行ったり、同じ空間で過ごすことが楽しくなってきたようです。
今では「貸してね。」と口にしながら、物の貸し借り等も出来るようになり、輪の広がりを実感できているようです。

72ed2e3ff69f10d70a3b10ca585413b0_s.jpg

保護者様と一緒に、先生と二人三脚で、そしてこれからは・・・
未来を歩くのはたくさんのお友達と一緒。
大勢のお友達と笑顔でよく学び、よく遊び、そしてもっと成長してほしい願う大人たちです。

所在地:〒787-0013
    高知県四万十市右山天神町4-31
連絡先:0880-34-8328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

No.951 COMPASS中讃センター 笑顔が増えた分だけ

No.951 COMPASS中讃センター 笑顔が増えた分だけ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀センターに通い始めて1年になるお友達がいます。

S__92487692.jpg

特にお友達の言葉に関する困りごとを保護者様は気にかけておられました。
勿論会話ができるようになってほしいこと、そして集団行動が取れるようになって欲しいこと、それから身の回りの事が自立できるように全般的な成長を願い、COMPASSへ通うことを決められました。

S__92487685.jpg

実際、COMPASSに通い始めた頃のお友達は、椅子に座るのも難しい状態でした。
何かしてほしい時には指差しで伝えたり、自分のやりたいもの、欲しいものを持ってきたりしていました。
お友達の興味を持てるものは何か・・・探しながらの療育がスタートします。
5.jpg

通い始めた2歳児の頃、お友達はカードを見たり、発音練習をしたりは抵抗がなかったようで笑顔で取り組んでいたお友達。
徐々にではありますが、笑顔の分だけ語尾(りんごの「ご」、ぶどうの「どう」)などが言える単語が増えていきました。

S__92487695.jpg

また、少しずつ椅子に座ってお勉強できる時間も増えていきました。
そして、現在年少さんとなった今、気持ちの切り替えが少しずつできるようになってきています。
療育に誘うと遊んでいても部屋を移動し、自ら椅子に座ってお勉強しようという意欲も見られるようになってきました。

名称未設定 1.jpg

お勉強の前には「お・ね・が・い・し・ま・す!」のご挨拶も、一語ずつですが、はっきり言えるようになってきました。
ぞう、あお、き‥‥などの身近なことばや「まる(=◯が)ないねー」などの二語文も出るようになってきました。

2.jpg

生活面でも、指先を使ったスナップの付け外し、トイレでの排尿もできるようになってきました。
少しずつ言葉を得て自信がついてお友達の「できたよ!」で広がりを見せるお友達の未来への道。

S__92487693.jpg

お友達も2年後には小学生。
長い人生はまだまだこれからです。
小さなことでも毎日できた!というう感動を積み重ね、就学に向けた会話や日常生活の自立を促し、楽しい学校生活を送れるようにと願い、小さなお友達の大きな未来へ向けて笑顔の学びを続けます。


所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先:0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

No.950 COMPASS高知 小さな感動をたくさんたくさん・・・

No.950 COMPASS高知 小さな感動をたくさんたくさん・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS高知に通っている4歳のお友達は通い始めて半年が過ぎました。
発語はありますが、語彙がなかなか増えず、会話の成立が難しいお友達。
体の中心から遠い指先も力が弱く、細かい作業はできません。
保護者様は言葉や巧緻性の成長はもちろんですが、気持ちの切り替えがとても難しいことを気にされていました。

12404.jpg

学ぶこと全てがそうであるように、まず知る、そして理解する、それから自分の道具として使えるようになるまでには一定の経験が必要となります。
そこで、お友達にはまずいろいろな言葉に触れて語彙数を増やすため、絵本や絵カードを使って言葉、単語を伝えていくことから始めます。
また、指先の力を伸ばすことや文字と言葉の一致を目指し、運筆の練習にも力をいれ、同時にボタンやお箸の練習も行うことにしました。
並行してあいうえお50音、数理解、図形構成、綺麗な姿勢を保ち課題に向かう訓練も併せて訓練しています。

12401.jpg

当初は遊びから療育への切り替えは難しかったのですが、段々と勉強が終われば後で遊べるということが分かってきたお友達。
徐々に先生の言葉で指示に従い、気持ちを切り替えられるようになりました。
ひらがなも、数も、先生の伝えたことを復唱はできるところまでは順調に進みました。
ただ、形や並びをまだ正確に理解できてはいないようで「カードを50音に並べてね。」といった指示を正しく行うことはまだ難しいといったところ。

12398.jpg

切り替えができるようになった頃からのお友達の成長は目覚ましいものがあります。
活動には積極的で、集中力もついてきて、この段階での吸収も早いお友達。
絵カードも覚えたものが増え、2,3語文のやり取りが増えていきます。
パズルなどでも時間内にできなくても一生懸命やり遂げようとする姿は微笑ましくも逞しいと先生は感じています。

12399.jpg

身辺自立の練習も行なっているお友達。
お家ではお箸の利用を聞き入れず、何でも手づかみで食べることに慣れてしまっていたお友達。
やはりCOMPASSのお箸の練習でも、お箸を使うように促すと嫌がって怒るという様子も見られました。
お箸に手を添えて、正しい持ち方で形を手の感覚で覚えることを遊びの要素をふんだんに取り入れて、根気よく練習を続けていきました。
手づかみで食べていたご飯ですが「バキューンの持ち方で持つよ!」などと伝えながら練習を繰り返す中で、持ち方をマスターし「握りばしに戻りにくくなってきています。

12403.jpg

上手く掴めたときの笑顔といったら!
お箸で掴めることが嬉しくて、満面のニコニコ笑顔。
幼稚園がお休みの夏休みの間には、たくさんの時間をかけた練習ができ、ご家庭でも成果が見られたと報告を受けています。

12402.jpg

まだ課題はあるものの、半年程度の経過時点では、大きく成長を見せてくれたお友達。
絵カードの覚えも早く、次第に語彙数も増え、2語文、3語文語の練習も始めたところ、会話のやり取りも増えてきました。
とはいえ、言葉とその意味の一致はまだ朧げなようすで、継続した意味一致を進める学習を、また数の理解も不十分で今後も数と個体の一致を繰り返し続けていく予定にしています。
お家からはもあれほど切り替えができなかったお友達が、この1〜2週で落ち着気を見せ、幼稚園に行くのもスムーズになったという様子をお知らせ頂いたところです。

12400.jpg

焦らず、期待しつつも強要せず、できたことを一緒に喜び、褒めて、褒めて、楽しく学ぶCOMPASSの学習。
根気よく繰り返す中で、お友達は「わかった!」そして「できた!」という小さな感動をたくさん、たくさん経験します。
そこから生まれた自信から意欲が生まれ、次のステップを自然に湧いたお友達自信のパワーで登って行けます。
充分な時間を掛けて、一つ一つ。
周りのお友達との関わり方もこれから学びながら、お友達の素敵で楽しい未来に手を添えていく優しい学びをこれからも続けていきます。


所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

No.949 COMPASS熊本 「やってみよう!」の育て方

No.949 COMPASS熊本 「やってみよう!」の育て方

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS熊本のお友達は通い始めて1年、3歳になりました。
2歳の当時、発語が殆どなく、指先の力も弱く、また気持ちの切り替えにも時間がかかっていました。
保護者様も息子とおしゃべりができたら・・・と願い、いずれ学校に行くようになって困らないよう気持ちを切り替え社会性も身につけて欲しいと希望されていました。

7fd2822852a1a98ef2713a74a647afaf_s.jpg
写真はイメージです

まずは個別指導で発語の練習を繰り返す、基本の療育プランが考察されました。
具体的な練習としては、発音の練習、ジェスチャーを使いながら気持ちを伝える練習、COMPASS独自のあいうえお唱和も行われます。
また他者との関わりの基本となるご挨拶の練習、ある程度できるようになったら次は会話の手始めとして他のお友達や先生と定型文のシナリオで会話の練習を。

7cb834dcf078a75f0c43dc69005b7c90_s.jpg
写真はイメージです

当初、お友達は「あ」「い」「う」しか発語がありませんでした。
何か伝えたいときは指をさして「んー」としか言えません。
あいうえお唱和を行うときも、自分の発する音に自信が持てないようで「あ」「い」「う」しか言おうとしません。
たまに挑戦しても間違って「え」を「い」と言ってしまった時などは、慌てて自ら言い直しをしようとするのですが、結局口を閉じて「んー」としか言えません。

899f67ed36eb08728825b73236e230e7_s.jpg
写真はイメージです

お友達にとっては、何より音を口から出すこと自体が大事だと考えた先生は、言い直して正しい発音をしようとするのではなく、まずは自信を持って積極的に声をだせるように、間違えても褒めることを徹底します。
何か発すると必ずそこにいる全員の先生が「おー!」「すごいね!」「上手⤴︎!!」と口々に拍手しながら褒めてくれるのです。
何度もこんな場面があり、その度に間違って口に出しても必ず褒められるので、どうやらお友達は「間違ってもいいんだ。」と、だんだん間違えることを恐れなくなっていきました。

1789008a15a64e4339515b6026f0291d_s.jpg
写真はイメージです

時間はかかりましたが、周りから承認されることを受け入れられるようになったお友達。
お友達に芽生えた自信が成長を促し、笑顔も増え、一層明るさも増していき、同時に学びのステップもだんだん上がっていきました。
最近は「あ」「い」「う」「え」「お」を正しく発音でき、他の50音の発音も不明瞭なものがあるものの、何とか発音しようと声を出しています。
できる範囲でお返事したり、ご挨拶したり、たくさん話そうとする姿勢がみられます。
単語も少しずつ理解し、絵カード(果物)を指さして「もも」とも発音したと言う報告もありました。

CIMG1620.jpg

当初から行っていた指先の訓練ですが、最近は嫌がることなく、むしろ工作にも関心を示すようになり、先月秋の製作として折り紙をちぎってみの虫をつくった所、笑顔で楽しそうに折り紙をちぎって台紙に張り付けていたのだとか。
「(どうせ)できないから、やりたくなかった」ことが、やってみたら褒められて喜びを感じたお友達。
そこから芽生えた自信は、今、お友達に挑戦する心を育てています。
7916197b9823824f3e180c55c52c8d0f_s.jpg
写真はイメージです

お友達の成長に欠かせない大切な諦めない気持ち、そして「やってみよう!」と挑戦する気持ち。
先生もまたお友達と同じく、諦めない、成長を信じて歩みを止めず、目線を少し未来のお友達に向けた活動で促し、支え、引き出していきます。

COMPASS発達支援センター熊本
所在地:〒861-8074
    熊本市北区清水本町22番34号
連絡先:096-342-4458

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

No.948 COMPASS岡山 幸せを手放さないように・・・

No.948 COMPASS岡山 幸せを手放さないように・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
幼稚園の時にCOMPASS岡山に通い始め、現在は支援学校の2年生になりました。
お友達は指先の力も弱く、集中が続かず、安定した記憶の定着には時間がかかります。

S__77709317.jpg

COMPASS岡山では、ストレスを感じないよう優しい療育を心がけています。
しかし同時に社会に出てから困りごとを感じないで済むよう、将来を見据えた課題を設定しています。

ご挨拶やお話もできて、文章も書けるようになって欲しいと思い、小学校にあがってから運筆を始めました。
はじめは、文字をなぞるという意味も理解することが難しかったお友達。
やがて指で触れ、文字のなぞりを見様見真似で繰り返すうちに、だんだんと文字を書くことと意味を少しずつ理解し、指先を使うことから、鉛筆で書けるようにもなっていきました。
S__77709315.jpg


1つできるとパッと咲く笑顔で自信を見せるお友達。
これまでもひらがな、数字を覚える訓練や、カードを読み、読み書きを進めることを課題に取り入れています。
他にも色や形のマッチングなど将来の身辺自立の基礎になる課題を日々取り入れています。

S__77709318.jpg

そして現在は自分の名前の中にある「画数が少なく複雑でないひらがな=も、し、り、う、い、など」だけは自分一人で書けるようになりました。

将来の身辺自立を目指し、できることを増やしていけるように手指活動も取り入れています。
秋から「はさみの練習」を取り入れていますがまだ難しい様子のお友達。
S__77709326.jpg

先生が手を添えて、しっかりハサミを握って上下に動かすのですが、うまく挟んだ紙を切ることができませんでした。
それでも繰り返し一緒に切っているうちに、指の動かし方や力の入れ方のコツを掴み、そっと手を添えるだけで切ることができるようになってきました。

S__77709328.jpg

ハサミの練習の時は、切った紙をぎゅっと力を入れて握る練習も一緒に行います。
実は、これまで力を込めて握ることが苦手なお友達は、手や指先を使う課題は苦手、やりたくないと遠ざけていました。
それも少しずつ「わかること」「できること」が増えていくことで「やってみよう」の気持ちも増えてきたようです。

S__77709330.jpg

ずっと先の、その先までの未来をもっと楽しく、もっと幸せに笑顔でいられるように。
手の中に掴んだ幸せを手離さないようにと優しい支援を続けていきます。

所在地:〒700-0921
    岡山市北区東古松3丁目4番14号
連絡先:086-226-3388
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

No.947 COMPASS武蔵新城 その道を言葉と会話で敷き詰めながら・・・

No.947 COMPASS武蔵新城 その道を言葉と会話で敷き詰めながら・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城のお友達は今年の3月から通い始めています。
やはりこのお友達も「言葉」と「コミュニケーション」に困りごとを抱えてCOMPASSに来られました。

20191120_191120_0004.jpg

息子と楽しく会話ができるようになりたい。他のお友達ともたくさん言葉でのコミュニケーションが取れるようになって欲しい・・・
母の願いは我が子の将来を見つめています。

20191120_191120_0006.jpg

通い始めてから暫くはチグハグな会話に先生も戸惑っていました。
挨拶や質問にエコラリアがみられたり、質問と関係のない突発的な言葉が返ってきたり・・・
時間はかかりましたが、チグハグな中にも最近は意味のある言葉を返してくれることが増えてきたと言います。
20191120_191120_0005.jpg

お友達の学習プランには主に会話が取り入れられました。
あらゆる場面の声かけや質問に対して、本児が正しい表現での言葉や会話になるまで、繰り返し練習します。
そうしてやがて9ヶ月になろうとしている11月のこと。

20191120_191120_0003.jpg

先日、お友達がホワイトボードに電車や線路の絵を描いて楽しんでいました。
ストーリーを考えながらのお友達の年代特有のお絵かき。

名称未設定 1.jpg

そこで、「これは何」と職員が質問すると「タクシー」「おうち」と答えるお友達。
おそらく列車だったので「新幹線描いたの?」と質問。
するとお友達は「飛行機」と答えてしまいましたが・・・もしかしたら飛行機は描くことが難しかったのかもしれません。
2.jpg

また、この日は11月の製作でぶどうをつくりました。
全て黄緑の画用紙を選び「マスカット」と言い、マスカットをイメージ。

3.jpg

2色の色を混ぜたり、それぞれが好きなものを選び、個性豊かなぶどうが出来ました。
糊付けをして輪にするのに苦戦しながらも輪にした画用紙を両面テープで貼り合わせて、最後はひもを通します。
4.jpg

日々の機能訓練の成果が出て、小さなお友達も上手にひもを通して完成させました。
この壁面一杯の秋の実りのストーリー、今度はどんなお話を聞かせてくれることでしょう?

20191118_191120_0013.jpg

軌道修正を繰り返しながらやがて迎える小学校への道のりを楽しい言葉と会話で敷き詰めながら1歩ずつ進んでいきます。

所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

No.946 COMPASS大村 その日に向けての・・・

No.946 COMPASS大村 その日に向けての・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS大村に通う可愛い女の子は4歳です。
通い出してからはやがて1年になろうとしています。

S__12771507.jpg

好奇心が旺盛、そしてとても活発なのですが、それが時には目移りや集中にかけるというネガティブな行動につながっているようです。
お友達は話す言葉はたくさん持っているのですが、残念ながら殆ど独りよがりで、言葉や気持ちのキャッチボールができません。
そんなお友達への保護者様の想いは「同年代のお友達と仲良く過ごして欲しい。」「楽しく会話が弾むようになって欲しい。」というものでした。

S__12771506.jpg

着座しての学習はCOMPASSの基本ではあるものの、このお友達には、離席するたびに引連れ戻すという毎日。
そこで、パワーポジションを取り、周囲の様子がなるべく目に入りにくいように工夫してみました。
COMPASSに通い慣れた頃から本当に徐々にですが変化を見せてきたお友達。
着座して集中できなかったお友達は今では数人のお友達が一緒でも課題に向き合う事ができています。
今では他のお友達との関わり方にも変化が見られるようになり、以前は殆ど一人遊びか、一方的に話しては次の行動に移るといった感じが、今では仲良しもでき、そのお友達との会話があったり、お友達と協力してのごっこ遊びに繋がったりと成長がみられるようになりました。

S__12771505.jpg

一方通行だった会話にも変化が起き始めています。
会話のキャッチボールのコツは、譲る気持ちと相手への興味。
そこでここまでお話を聞いたら「次はあなたの番」という呼吸のようなお互いの暗黙のルール。
仲良くなったお友達との関わりが深くなるごとに、この成長は顕著に現れてきました。

S__12771504.jpg

ちなみに、この日は小集団での文字のお勉強。
2年後に小学校に進学したときに困らないよう、前にある文字を視写する練習です。
「私が、私が」ではなく、順番を待って発言し、はっきりと自信を持ってひらがなを読むお友達。

S__12771502.jpg

音読もだいぶ上手になってきて、交互に感想を言い合ったりと大きな飛躍につながる、今まさにスタートラインです。
お友達は就学までまだ余裕がありますが、少しずつ繰り返して練習を重ね、笑顔で毎日登校できるよう、ほんの少しでも困り感がなくなるようにと願いながら、その日に向けての二人三脚は続きます。


所在地:〒856-0832 
    長崎県大村市本町259-1-2F
連絡先:0957-54-3288

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

No.945 COMPASS高松・高松.Jr 火災の時は・・・

No.945 COMPASS高松・高松.Jr 火災の時は・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
全国のCOMPASSでは風水害・地震・火災などに対する避難訓練を定期的に行なっています。

S__2637837.jpg

今回、6月にお引っ越しをしたCOMPASS高松・高松Jr.でも合同で火災を想定した避難訓練を企画しました。
火事の想定を詳細に考察し、実際に火元の消火活動から避難場所へ安全にお友達を誘導しながら避難するというところまで行われます。

アドバイザーとして高松南消防署の職員の方お二人にお越しいただき、防災のアドバイスや、実際に消火器の使い方の指導を行なっていただきました。

S__2637847.jpg

さて訓練開始です。
COMPASSがあるのは3棟が並んだ新築の建物で、高松とJr.は隣同士です。
今回は、その高松Jr.のキッチンが火元となって・・・という設定で始まりました。

S__2637839.jpg

「火事だ!」
という緊迫した声とともに、消化器を用いて初期消化に当たる先生。
その声を聞くと、速やかに消防署へ火災発生の通報をする先生。

S__2637840.jpg

この日は3人の児童が来ていましたが、素早くお友達を抱える先生達。
避難路を確かめて扉を開ける先生や、ブレーカーを落とす先生。
そして大切なお友達の情報ファイルを取り出し、持ち出す先生。

S__2637841.jpg

お友達を抱いたまま落ち着いて近くにある三軒屋公園へ歩いて避難です。
公園では、点呼を行い、全員の安否を確かめました。

S__2637865.jpg

戻ってからは初期消化について体験です。
消化剤の代わりに水を入れた消火器を噴射してみます。

名称未設定 1.jpg

実は、消化器1本の噴射する時間は13秒くらいしかもたないことや、8の字を描くように火元に噴射することが効果的だと学びました。
また、避難する時は何よりお互い声を掛け合うことがとても大事なのだと教えていただきました。

6d6ccdb0b3079e8c8d29df15fd0f2adb_l.jpg

日頃はお友達が行う学習ですが、今日は先生達が命を守る大事な学習の日となりました。
繰り返すことで、即座に冷静な行動が身につく避難訓練。
これからも体で覚えるまで何度でも繰り返し、先生も学んでいきます。

所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 T 号棟
連絡先:087-864-5823

COMPASS発達支援センター高松.Jr
所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 U 号棟
連絡先:087-864-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

No.944 COMPASS熊本東 発語と笑顔でネクストステージへ

No.944 COMPASS熊本東 発語と笑顔でネクストステージへ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
10月からCOMPASS熊本東に通い始めたばかりのお友達は3歳です。
保護者様によると、喃語やクーイングはご自宅でも出ていたようなのですが、どういうわけか殆ど発語の発達が見られなくなってきたと心配されていました。
来春から入園ということで、園ではたくさんお友達を作ってみんなで楽しく過ごしせるようになってほしい。
人を噛んだり、手が出てしまうので、自分の気持ちを言葉で伝えられるようになってほしいと願う保護者様。

a9708cc54763b2b588ea1f830518a6ba_s.jpg
写真はイメージです

10月、ご相談時に聞いていた通り、お友達が自ら発する言葉は聞かれませんでした。
自分の思い通りにならないとき、泣いたり、先生の手を引っかいたり、噛みついたり・・・
他のお友達の物を勝手に取ってしまい、トラブルになってしまうことも。
機嫌よく課題に取り組んでいても、目を引くものがあると離席、途端に集中が途切れてしまい、気持ちの立て直しには時間がかかり・・・
82df513deaf01575dec1c4ce886c59ce_s.jpg
写真はイメージです

着座姿勢で、課題をこなしながら成長を促すCOMPASSの個別指導。
まずは集中できるよう衝立を使うことで集中を促すことに。
これは大成功で、日を追うごとにお友達の離席は減っていきました。

集中することを学ぶためにも課題選びはとても重要。
まずはお友達が興味を持てる楽しい課題を探して一緒に挑戦してみます。
どうやらブロックは楽しいようなので、ブロックの色分け、大きさの違い、色の名前を学ぶことからスタートです。
7fd2822852a1a98ef2713a74a647afaf_s.jpg
写真はイメージです

いつも伝える大事なルール、それは、ひとつ活動が終わったら必ずお片付けをするということ。
先生も片付けを手伝いながら、ちゃんとお片付けができたら、次の課題を出してきます。

集中でき、先生に注目して物真似ができるようになると、発語の学習はスムーズに進んでいきます。
楽しい絵が描かれている絵カードもお友達は大好きになりました。
絵カードで、発語の仕方を一つ一つ口元をしっかり見せながら言葉の学習を日々続けます。
「あいうえお表」「ひらがなのうた」を先生と一緒に唱えてみる姿が見られるようになっていきました。

cd4dcb8b8278119562295fb5693fac90_s.jpg
写真はイメージです

ひと月ほどで少しずつ言葉が口元から溢れるようになってきたお友達。
それでも時折「こうしたい!!」という強い衝動が起きたとき、お友達は噛んだり引っかいたりという辛くて苦しい表現を行なってしまいます。
その都度、優しく「〇〇さん、”いや”と言うだけでいいですよ。」と、何度も繰り返し伝え、同時に必ずお友達のやりたいこと、ほしいものを伝える言葉を表現して話し方を伝える毎日。
「貸して」「ありがとう」「ごめんなさい」「どうぞ」
素敵な言葉たちをお友達が使っていけるよう、何度も繰り返し口にする練習です。

db542c155cb7746abeb63637901e27c2_s.jpg
写真はイメージです

やがて・・・そのキラキラの瞬間はやってきます。
「ママ」「あれ」「いや」「バイバイ」「あお(青)」「バナナ」「かして」「はい」溢れる言葉は日々増えていっています。
我が子の成長に保護者様もとてもお喜びで、COMPASSに感謝の思いを伝えてくださいました。

0478bbf1d85d8cbc039e33a68e930edb_s.jpg
写真はイメージです 

わずか2ヶ月の間に、お友達はCOMPASSに来ると先生を真似してご挨拶をし、靴やカバンを自分で棚に片付け、トイレでの排泄や、手洗いを行えるようになり、気持ちの切り替えがスムーズになり、おかえりのご挨拶も「バイバーイ」と口にしてくれるようにもなりました。
2ヶ月一緒に頑張ってきた先生達は、素敵な笑顔をたくさん見せてくれるようになったことが何より嬉しいのだとか。
この笑顔をもっともっと増やしたいと、来春に向け、次のステージを見つめる先生達でした。

COMPASS発達支援センター熊本東
所在地:〒862-0970
    熊本市東区渡鹿8丁目922
連絡先:096-321-6788

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

No.943 COMPASS本部教室&小倉北 合同企画・運動遊び

No.943 COMPASS本部教室&小倉北 合同企画・運動遊び

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS本部教室と小倉北では初めて合同で親子で行う運動遊びを企画しました!

7346.jpg

会場は北九州市の障害者スポーツ施設「アレアス」。
今回の企画の目的は、日頃なかなか目にすることのできない「集団」でのお友達、まずは、その成長した姿を保護者の皆様にご覧頂きたい。

6.jpg

そして季節柄、外遊びもなかなかできないこの時期、お友達に元気いっぱい体を動かすことで発散してもらいたい。
また、親子で参加していただくことで、保護者様同士が親しくなる交流のきっかけになってほしいとの願いで企画されました。

4.jpg

さて、お友達のために考案したプログラムは、
まずは手遊び歌「大きなくりの木の下で」「たいこ」を楽しみます。

DSCN3327.jpg

そして先生たちが考案した「布でボール運びゲーム」
スカーフを用意し、ボールを載せて運ぶゲームです。

10.jpg

大人と子どもの歩幅も違い、目印のコーンを回るのもなかなか大変です。

8.jpg

大きな声の声援が聞かれ、だんだん盛り上がっていくアレアスです。

1.jpg

次のプログラムは「キャタピラリレー」
輪になった大きなキャタピラー状の段ボールを前に前に進めるのですが、前が全く見えないのでコントロールが難しいもの。

2.jpg

親子でやったり、お友達一人でがんばったり、どの場面でも応援の声も一層ひびき、大声援となりました。

5.jpg

ゲームは全員で参加する「フラフープ取りゲーム」へと続きます。
9.jpg

椅子取りゲームのような遊びで、誰が最後まで残れるか!
「がんばれ!」「がんばって!!」口々に応援の声が聞かれる中、お友達も、保護者様も一緒になって声を出し、笑顔いっぱいで楽しそうです。

3.jpg

最後にはみんなで「パプリカ」を踊ってエンディングを迎えます。

名称未設定 1.jpg

今回初めて2つの事業所が合同で行ったスポーツイベントでしたが、どうやら大成功です。
我が子が集団の中で見せる成長をご覧になり、保護者様たちは安心されたご様子で笑顔で帰っていかれます。

7339.jpg

保護者様同士がお話しされる様子もあちこちで見られ、多くの感謝と労いの言葉を戴くことができました。

7338.jpg

お友達や保護者様の楽しそうな様子と笑顔に、こういった機会をまたぜひ企画したいと思う初冬の一日でした。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 


所在地:〒802-0062
    北九州市小倉北区片野新町1丁目3-53 おかたビル1F
連絡先:093-931-8438

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

No.942 COMPASS下関 輪になって・・・

No.942 COMPASS下関 輪になって・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS下関がオープンして10ヶ月。
一人また一人とお友達の数も増えてきて笑顔の輪も広がっています。

1.jpg

この日は先生が手作りで輪っかを作り「けんけんぱ」のレクリエーション。
ケンケンパのそもそものテーマは輪を通って渡り終えること。
これに、ザ・下関ルールを決めて、例えば輪っかからはみ出さないで最後の輪まで必ず通って渡るなど面白いゲームにしてみます。
13949.jpg

一番最初のお友達は「ケンケンパ、ケンケンパ ♪! 」と声に出し、リズムをとりながら1歩ずつ進みます。
次のお友達、この子はこれまでは大きな声を出すのが恥ずかしくて、小さな声しかなかなか聞けなかったはずが「ケンケンパ」とはっきり。
これを聞いたのはちょっと新鮮。

2.jpg

一個飛ばしで簡単に渡り終えられる、体も大きい上級生のお友達もいましたが、自分流にルールを曲げることなく、みんなに合わせて順番もきっちり守ってきちんと渡り終えてくれました。
筋力が弱くて片足でケンケンが難しいお友達は、慎重に輪からはみ出さないようにそうっと輪に足を入れて次の輪へ進むのにもとても慎重です。
この時、みんなが声援を送ってくれて、渡っていたお友達も頑張って最後まで渡り終えられました。

13948.jpg

どのお友達も譲り合ったり、応援したり。
この10ヶ月がどんなに素敵な時間だったのかと思い起こされます。
座ることもできなかったお友達、遊んでいる最中の手からおもちゃを奪い取ってしまったお友達、噛み付いたり、苛立ちでいつも泣いていたお友達・・・今探しても、そんなお友達は見当たりません。
そこは、ニコニコの優しい笑顔が集うプレイルームです。

4.jpg

この日は先生が「手をたたいた数の分、前に進むゲーム」もしました。
手をたたいた数をみんなで一生懸命確認しながら、歩く、歩く・・・笑顔が溢れます。
次にみんなで手をつなぎ一つの輪になりまずは右に「1・2・3・4・5」今後は左に「1・2・3・4・5」と掛け声をかけ、方向と数を確認しながら進んだり、大きな太鼓の歌と音楽にあわせて、大きな輪、小さな輪をみんなでつくって運動遊びで楽しんだお友達。

3.jpg

繋いだ手の温もりをそのままもっと大きな輪へ、大きな未来へ広げていこう!
少し先の未来へ、もっと先の未来へとつながる支援と学習を続け、もっとたくさんの驚きを目撃したいと思う先生たちでした。
所在地:〒751-0849
    山口県下関市綾羅木本町2丁目2−1
連絡先:083-227-4328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

No.941 COMPASS中讃センター ゆっくり・しっかり

No.941 COMPASS中讃センター ゆっくり・しっかり

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
中讃地区COMPASS児童発達支援センターのお友達は、現在年少さん。
通い始めてから1年半になったところです。

f404966e6dc2490fa92ab5a1beaab0c3_s.jpg
画像はイメージです

通い始めた頃は着座するのも難しい状態でした。
発語も少なく、意思を指差しで伝えたり、遊びたいものを持ってきたりして気持ちを伝えていたお友達。

71d19d7168fa897b95919aabb0e24e8c_s.jpg
画像はイメージです

保護者様の願いも、まずは言葉の獲得でした。
そして育ちゆく我が子を想い、集団で楽しく活動ができるように、身の回りの事が自立できることを願っておられました。

151556a9ed63d1a5dbf53914045d4a4d_s.jpg
画像はイメージです

当時2歳児だったお友達には興味をもって楽しくゆっくりをモットーにプランをすすめ、言語では絵カードを見て言葉を覚えたり、発音の練習をしたり、自立の課題としてまずはトイレトレーニングや指先の訓練も楽しみながら発達を促す作業として取り入れていきました。
やがて徐々に語尾(りんごの「ご」、ぶどうの「どう」)など、発生することができるようになってきました。

5bf6070eb449f898e72be569771143cc_s.jpg
画像はイメージです

COMPASSに通うことに段々慣れて行ったお友達。
最初に比べて、少しずつ椅子に座って学習に取り組む時間も増えていきました。

遊んでいるところを学習に誘っても気持ちが切り替えられず、拒否の姿勢を見せていたお友達。
この切り替えられないことも課題でした。
年少さんとなった今、気持ちの切り替えが少しずつできるようになっていき、「始まるよ!」と学習に誘うと、遊んでいても部屋を移動し、自ら椅子に座り、課題への意欲を見せるまでに成長してくれました。

58ee0131bf609e2b7eb8624aa6bd1278_s.jpg
画像はイメージです

お友達の学習が始まります。
「お・ね・が・い・し・ま・す」のご挨拶も、一語ずつではありますが、はっきり言えるようになってきました。
最近では、ぞう(象)、あお(青)、き(黄)‥‥などの絵本や覚えている身近な言葉はよく聞かれるようになり、次第に「〇〇ないね〜。」など、一部ですが二語文も出るようになってきました。
生活面でも、スナップの付け外しやトイレでの排尿もちゃんとできるようになってきました。

bb9021201cf2b2f6cc3fac437fee39f2_s.jpg
画像はイメージです

毎日COMPASSで過ごすうちに、いつの間にか大きな成長を遂げているお友達。
2年後の小学校に向け、お友達のペースでゆっくり・しっかり、更なる成長を目標に、ニコニコ顔のお友達との楽しい毎日は続きます。

所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先:0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

No.940 COMPASS中津 未来への道の途中・・・

No.940 COMPASS中津 未来への道の途中・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
今年の初夏からCOMPASS中津に通うお友達は5歳。
とても元気でニコニコ笑顔がかわいいお友達です。

20191118_191120_0006.jpg

保護者様が海外生まれだというお友達。
だからこそ、その願いは日本語を正しく学んでほしい、来年の就学までにひらがなの読み書きができるようになってほしい・・・と、息子への思いを語られていたそうです。

20191118_191120_0007.jpg

通い始めの頃は日本語表現はスムーズではなく、動物公園カードを見せると日本語だけでなく英語で答えたり、わからなかったり。
先生の言うことには、実はわかっていなくてもうんうんとうなづき、分かったふり。
実際は分かっていないことが多く、ごまかして逃げたり、避けようと躱すお友達です。

20191118_191120_0008.jpg

これが何度も繰り返され、解っていないことを悟られたくないお友達との攻防は大変だったそうです。
逃げたいお友達を落ち着かせ、より分かりやすい説明を繰り返し、理解が認められないとまた説明。
日本語の語彙数の問題でもあり、それでも理解に至らないことが多くあったのだとか。

20191118_191120_0005.jpg

他のお友達とのコミュニケーションもとれず、癇癪で大きな声を出したり、人と関わるより1人で遊ぶ姿がよく見られました。
また、良いこと悪いこと(ルール)の理解が浅く、学ぶ必要がありました。

20191118_191120_0002.jpg

お友達の言語へのアプローチはリズムを加えた口真似から。
ひらがなのうた、ひらがなの本を使い、日本語の音や攻勢を体で覚えるよう何度も歌います。
意味は取れなくても、この時点では問題ありません。
同時進行で名前を書けるようになってほしいと、点描、線描を経て指を使ってのなぞり書きを繰り返します。
20191118_191120_0004.jpg

日常的なルールの習得では、カードを使いルールを覚えることにしました。
朝のおはようから、夜お休みなさいまで、日々行う、トイレ、歯磨き、顔を洗う事、食事、入浴、着替えの所作をおしえます。
現在も引き続き、就学を目標に一日の流れとして朝昼晩で「何をする?」など、ボードやマグネットを使い、積極的に覚えています。

20191118_191120_0003.jpg

お友達が通い始めて4ヶ月程ではありますが、なぞりがきを飽きるほど練習したお友達、自分の名前が書けるようになりました。
ひらがなのうたを覚え、大きな声で歌えるようにもなりました。
時折順番待ちなどで小さなトラブルになることもありますが、自分から関わろうとするお友達の姿が見られます。

20191118_191120_0001.jpg

言葉を正しく習得する一番の方法は、人と関わり、意思を伝えよう、解ろうとする気持ちです。
お友達は先生の出す指示は過去に経験したことはだいたい理解できるようになってきていて、あとは自分から発信できる土台づくり。
そのために行われるのはできるまで何度でもというCOMPASSの基本です。
お友達の明るい未来を信じて疑わないゆるぎない姿勢があるからこそのCOMPASSの療育。
今日もまた、たくさんのお友達の未来を作るおてつだいを続けます。

所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

No.939 COMPASS川崎 お友達の手のひらに、そっと・・・

No.939 COMPASS川崎 お友達の手のひらに、そっと・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS川崎に通い始めて2年になるお友達がいます。
現在年長さん、そして来年は春には小学生です。

19726.jpg

おっとりしているという表現がぴったりのお友達。
にっこり笑いかけると、にっこりと笑顔を返してくれます。
保護者様はやがて小学生になるわが子のコミュニケーションを心配されていて、語彙を増やし、楽しく会話を楽しめる様になってほしいという願いを語られていたそうです。

19727.jpg

お友達は、先生の指示を受け入れて着座し、拒否も無くしっかりと課題に取り組むとても穏やかな性格です。
当時まだ5歳のお友達には成功体験を比較的経験しやすい「単語カード」や「絵本読み」などで楽しく発声を促しました。

19725.jpg

一音一音滑舌よくはっきりと発音することを意識してカードを読むこと、またあいうえおの習得でもひらがな50音の音と文字の一致を示しながら少しずつ出来ることを積み重ねていきました。

19723.jpg

発生に関しては、明確になり、会話も現在ではたくさんお話しできるようになったお友達。
先生の名前を覚え、自分から先生の名を呼んでくれて積極的に話しかけてくれるのだとか。
ゆっくりと進めてきたひらがなの習得も書けるように、音読も出来るようになりました。

19722.jpg

COMPASSには文字が書けるようになったら行う「日記」がありますが、作文で表現することは少し苦手なお友達。
そこで、まず模倣から始めてみようと取り組んでいるのはホワイトボードを使った板書の写しの練習。

19724.jpg

また、文字や文章をしっかり習得しながら、同時に数の学習をスタートしています。
数字と大きさや量の認識の一致、大小や多少の理解の次のステップとして、今は足し算なども意欲的に取り組んでいます。
」と」
名称未設定 1.jpg

川崎では身近なものを療育に生かすということを積極的に課題に取り入れています。
この日、先生はお友達と連れ立って散策に出かけ、そこで沢山のドングリを拾い、教室に戻って拾ったどんぐりの数を数えました。
お友達の「1,2,3・・・」と数えるは大きいのも小さいのもあるので、数字と数詞の一致の生きた学びになっている様です。

19729.jpg

実際に触って動かすこと、やってみること、失敗も成功も自分で経験したことは、どんな学習よりお友達の栄養になっています。
この経験を通してお友達は自信をつかみ、来春ピカピカニコニコの一年生にしてくれることでしょう。
手のひらに成功のかけらをそっとのせて、それをお友達がしっかり掴んでくれるまで・・・
今日もCOMPASSの学びは続きます。

所在地:〒210-0848
    川崎市川崎区京町2丁目24-2
連絡先:044-201-1148

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

No.938 COMPASS枚方 変わらないのは…

No.938 COMPASS枚方 変わらないのは…

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方に通いだして、もうすぐ1年になるお友達、3歳になりました。

お友達は初めて会った時からいつもニコニコ笑顔でした。
発語が遅いと心配されていた保護者様。
向かい合って話しかけても何とか答えてくれる言葉は喃語がほとんど。
ここからCOMPASSの療育はスタートしました。

発達は頭から始まり上から下へ、内から外へと成長が見られます。
お友達の場合は発語もでしたが、指先の力も弱く、洗濯バサミをつまむことが難しかったと言います。
COMPASS枚方は2階なのですが、その階段の昇り降りも抱っこされて上がることが日常でした。
おひるを挟んで利用する日は、フォークを上手く使えずお弁当も先生が付きっきり。

あきらめないCOMPASSの療育。
お友達と二人三脚で学習・課題をこなす日々が続きます。
発語を促す、着座をして課題をこなす、指先の発達を促すために洗濯ばさみを使って開く、挟む、つまむ・・を繰り返します。
ひとつできれば、心から褒めて拍手。
できなくて悔しがっている時は寄り添い、なぐさめて「もう1回がんばろう」と声をかけます。

そして2回目の冬。
ひらがなは自分で声に出して読み、指なぞりをしたり、言葉を沢山話してくれるようになりました。
あんなに苦手だった洗濯バサミも沢山挟めます。
一人では登れなかった階段も手をつないで昇り降りできるようになりました。

お弁当もフォークを使って一人で食べられるようになりました。
あの頃と変わらないのは、「できる」という自信から輝きを増したあの可愛い笑顔だけ。

お友達は今右肩上がりで急成長を遂げています。
COMPASSの行ったことは特別な魔法ではありません。
お友達の中に眠っていた成長の種に絶妙なタイミングで声をかけたり、笑顔で答えたり、褒めたりしながら少しずつ芽吹きをお手伝いしたにすぎません。
このお友達へも、まだ見ぬお友達との素敵な出会いへも、信じて諦めない支援で温かい関わりを続けていきます。

所在地:〒573-0007
    大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428

(事業所名をクリックしていただくと、事業所案内ページへ。電話番号をクリックしていただくと電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

No.937 生活介護Access 心豊かに癒しツアーにて

No.937 生活介護Access 心豊かに癒しツアーにて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
生活介護Accessでは、秋の行楽に2つのグループに分かれて日帰り旅行を企画しました。

1200.jpg

1組目は玉野市にある海水浴場近くの渋川マリン水族館(玉野海洋博物館)。
アンケートを取ったところ、幅広い年齢層がご利用になっておられますが、どのご利用者様も水族館はお好きなのだとか。
楽しい旅行になるといいなと願い、車に乗り込み出発進行!

水族館2.jpg

渋川マリン水族館は、Accessから車で1時間ほどの海沿いに位置しています。
ここは海をテーマに昭和28年に開館した歴史ある博物館で、水族館と陳列館から構成されています。
水族館は大小34個の水槽に、瀬戸内海の種を中心とした日本各地の海洋生物を約180種2000点が飼育展示されています。

水族館3.jpg

「アクアリウムセラピー」という言葉があるそうです。
水槽を眺めると、人は血圧や心拍数を下げる作用があるなど、科学的にも「癒し効果」があることがわかっています。
また水槽がある環境で過ごすと、アミラーゼ(ストレスを感じると出る物質)の量が減少したという結果も出ています。
水族館4.jpg

魚がゆらゆらと泳ぐ様子や、水の揺らぎなどを眺めることにより、ストレスや緊張感が和らぐことは科学的に証明されています。
海外では認知症の緩和にも利用されている「アクアリウムセラピー」。
Accessのご利用者様も魚たちが泳ぐ水槽を眺めてにこやかな表情で癒しを感じておられるようでした。

遥照山2.jpg

一通り見学を終え、水族館を後にして海水浴場を散策します。
穏やかな日差しが注ぐ海水浴場は、ひと頃の喧騒はすっかり消え、ただ寄せては返す波の音、砂を踏む音が聞こえるだけ。
しばらく散策をした後はファミリーレストランで昼食をいただきました。

遥照山1.jpg

一方、2組目の一行が向かったのは遥照山(ようしょうざん)という地元で有名な絶景スポットです。
「晴れの国」と言われる岡山の中でも晴天率が高く、天体観測に適した場所のため、京都大学岡山天文台や岡山天文博物館があり、アジア最大級の最新鋭3.8m望遠鏡「せいめい」が設置されています。
遥照山総合公園には多目的広場(グラウンド)、テニスコート、子ども遊戯広場、芝生広場があり、憩いの場所になっています。
遥照山3.jpg

ここ遙照山目鑑展望台では、瀬戸内海を一望できる素晴らしい眺望を味わうことができます。
素晴らしい眺望、高く澄み渡った秋の空、澄んだ空気をお供に、皆でお弁当を広げます。
食事の後は遥照山総合公園内を散策したり、運動した後は、皆でおやつタイム。
さすが夜景の美しさで地元では有名な場所だけあって、遠く瀬戸内の海まで見渡せるどこまでも広がる景色は最高でした。
心ゆくまで景色を楽しみ、豊かに秋の1日を楽しんだご利用者様たちでした。


所在地:〒701-1335
    岡山県岡山市北区高松131-15
連絡先:086-905-0228
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg