2019年02月28日

No.722 COMPASS観音寺 拍手を浴びて・・・

No.722 COMPASS観音寺 拍手を浴びて・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS観音寺のお友達は言葉のつまづきがありました。
平成29年の秋からCOMPASSの仲間に加わったお友達。
当初はやはり発語が少なく、小声です
ご両親もお友達が将来困らないように、正しい発語を身につけ、上手にお話ができるようになってほしいというご希望でした。

IMG_20190225_165609.jpg

学習では、まずは「月例プリント」と「平仮名のおけいこ」に取り組み、楽しく学習することを大切にし、言葉への興味を引き出しました。
学習が進むにつれ、拙さは残るものの発語も増え、次第に自発的なコミュニケーションが見られるように。
文字への関心も高まり「何と書いているのか気になる。」「自分の力で読めるようになりたい。」と積極的に。
自ら絵本を手に取り、一人で読もうと一生懸命取り組む姿が見られるようになりました。

IMG_20190225_171520.jpg

そこで、学習内容に一年生の国語の教科書の音読と、暗唱突破を取り入れました。
この頃から先生にたくさん質問するようにもなり、読める言葉が増える度に嬉しくなり笑顔がどんどん増えてきました。
音読も始めた頃は単語で区切り区切り声に出す程度でしたが、くじけない頑張りを見せ、努力を積み重ねるうちに次第に突っかからず読める様なってきました。
わかる言葉が増え、読める文字も増え、苦手な音読が楽しくなってきたお友達、読み上げる声も大きくなってきました。

1659a1060db91580ce13edfd9a26a666_s.jpg

最近の出来事ですが、学校の宿題の「詩作」の手直しをCOMPASSで行った時のこと。
お友達は自分の想いを詩にして、その詩のイメージで描いたカラフルな花火の絵をみんなの前で披露しました。

作文.jpg

注目されて、最初は少し照れくさくてモジモジ。
でも「がんばれ!」と応援してくれたり、真剣な表情で聞いてくれているみんなの姿に励まされたお友達。
大きな声で、見事に堂々と発表することができました。
聞いていたお友達から惜しげもない拍手が起こり、お友達は拍手を浴びて・・・
みんなが自分の作った詩を聞いてくれたこと、その詩を聞いたお友達や先生が「すごいね!」「上手にかけたね。」と褒めてくれたことがとても嬉しくて、お友達は最高の笑顔に。
この素晴らしい経験は、お友達の確かな自信となりました。

0c9f254e4e424fa8d16073296b07b688_s.jpg

言葉の成長とともに交流も拡がりをみせるお友達ですが、たくさんお話ができるようになった今でも、伝えたい思いをすぐにうまく伝えられないことがまだあります。
これからの課題は相手の言葉をよく聞き、楽しく会話ができるようになること。
言葉を味方にできるよう、まずは基本の挨拶から。
「先生、おはようございます!」元気なお友達の声が心地よく響くCOMPASSでした。


所在地:〒768-0022
    香川県観音寺市本大町1673-3 本大マンション202
連絡先:0875-23-7328
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

No.721 COMPASS吉富 1,2,3・・・そしてその先へ

No.721 COMPASS吉富 1,2,3・・・そしてその先へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
今日の主人公はCOMPASS吉富の9歳の女の子。
2年前の春からCOMPASSに通っています。

15516.jpg

お友達はとても素直で、笑顔がとても素敵な子です。
でも実は「数」がとても苦手。
先生と一緒に1、2、3・・・と数字を読んでいくことはできるのですが、数字の概念がちょっと曖昧なようです。

94473a2d00c42aeac101347eda9ca9ee_s.jpg

数字が苦手、数学が苦手という方は意外といらっしゃるかもしれません。
苦手だと思った途端、それはまるで難解なパズルのように思えてしまいます。
これは苦手と認識したものに対し、脳がストレスにならないよう自衛しているからなのだそうです。
ストレスを回避するため、脳が新しいものに対して拒否反応を示すのは特別なことではありません。
脳が防御体制に入ると、右脳での漠然としたイメージが遮られて、左脳で整理整頓される前にシャッターが降りてしまうのです。

5fa3b060793fff7546eeb617700a542e_s.jpg

これを乗り越えるためには、何度でも繰り返し、少しずつ段階を上げて慣れていくしか方法はありません。
嫌いな食べ物を我慢して食べるようにすると、慣れてきて、美味しく感じないまでも食べられるようになるのと似ています。
何度も繰り返すことで、次第に慣れてきて、頑なな拒否が起きなくなってきます。
苦手な数字に対しても、見て、触れて、確認してともかくやる、翌日も同じように、またその次の日も同じことを繰り返します。

385c25972cee36b43a7e6e5dc0110a73_s.jpg

すると、時間がかかりながらも段々慣れ、苦痛ではなくなってきます。
苦痛から解放されると「できる」ようになり、できると「面白いな」と感じられるように。
ここまでくるといきなりシャッターが降りることはなく、右脳でイメージされ、情報が左脳にまで伝わり、論理的思考として処理されるようになるのだとか
さらに繰り返すことで記憶として定着し、使いこなせる能力となっていきます。


87b26988bf7b14455fb5fb006661c125_s.jpg

お友達の目標は、数字を認識出来、個数の概念を理解し、数字と物の数が結び付いてわかるようになること。
目の前の数字に、ちょっとこんがらがってしまう様子のお友達。
そこで、楽しく、飽きずに数への興味に導くために、先生はまず手作りの教材を準備しました。
傘の他、鉛筆、帽子、水筒、靴、フォークの絵柄など、馴染みが深い日常の道具を選びました。

15515.jpg

各絵は6枚ずつ、袋に1〜3の数を付けて、数字と同じ枚数だけカードを袋に入れます。
最初の頃、2まではこなせますが、3以上になると迷って動きが止まってしまうため、まずは3までに限定して学習を行うことに。
この学習には相当な時間が費やされ、繰り返し、繰り返し行われました。
これが実を結び、次第にバリエーションが増えていくお友達。
数字だけのカードでも、「1」のカードを見て「イチ」と言い、裏返してイチゴに指を当てて「ひとつ」と言いながら数えるように。

15517.jpg

1〜3までに限った学習、繰り返しの効果で、お友達の数字の理解は深くなっていきました。
迷うことなく数字を言えるようになったお友達、自信がついたのか、最近はとても意欲的。
自分から興味を持って、もっと上の数字もやりたいと申し出ます。

15518.jpg

今、お友達が挑戦しているのは「1〜10」までの数。
まだ慣れない数は混乱し「3」と「8」を間違えてしまったりすることもありますが、時間をかければ光は見えてきます。
あんなに苦手だった数字を学習することが、お友達は大好きになりました。
大好きになるまでにはどんなに苦痛だったことかと思うと、胸が熱くなるほどです。
本当にその頑張りは素晴らしいものでした。

15519.jpg

このお友達も勿論ですが、成果を出しているお友達はみんな努力家です。
そして、その頑張りの先に「自分の力でできた!」「やれた!」という感動と喜びが待っています。
その輝くゴールだけを、今、お友達は見つめています。


所在地:〒871-0811
    福岡県築上郡吉富町広津550-1
連絡先:0979-23-0817
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

No.720 COMPASS丸亀Link お友達のホワイトボード

No.720 COMPASS丸亀Link お友達のホワイトボード

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀Linkでは、今日も沢山のお友達が元気に通ってきています。
この笑顔の中で、ひときわ成長を遂げたお友達がいます。

f721818653d28f71e6f306a5c8282d7e_s.jpg
写真はイメージです

お友達は小学校3年生。
COMPASSには一昨年の秋から通っています。
興味がないものには全く関心を示さず、ちらりと見ることもないお友達。
先生が笑顔を向けても、視線も合わせてくれません。
コダワリが強く、少しでもイレギュラーなことには対応が難しいお友達。
同年代のお友達ともうまく遊べないことも保護者の方は胸を痛めておられました。
「ストレスなく、お友達とも楽しく交流させたい。」相談時に話されたご家族の想いをしっかり受け止めた先生たちです。

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s.jpg
写真はイメージです

初日、オモチャをいじってみたり、絵本をめくってじっと見るなど、遊びに興じる姿がありました。
興味をなくすまでの集中は素晴らしく、上手に導くと比較的早期に改善が見られるかも知れません。
そこでまず着座を促し、絵カード、数あてゲームなど遊び感覚の課題をいくつか試します。
気に入ったものだけをやりたがり、おしまいと言ってもやめたがらず、次の課題に移ると途端に不機嫌に。
意に沿わないことは断固拒否、キーッと声に出して嫌だと意思表示です。
離席する、教材を投げる、耳をふさぐなど徹底抗戦。
希望が通らず悔しい、わからない!いや!と、ストレスから体を揺らす常同行動も見られました。

7fd2822852a1a98ef2713a74a647afaf_s.jpg
写真はイメージです

先生はお友達にしっかり寄り添いますが、決して甘やかしたりしません。
笑顔で穏やかに制して、お友達が落ち着くのを待ち、静かに課題を進めます。
こんな全身で拒否をする「お友達」対「先生」という光景は、実に数ヶ月続きました。

半年経った頃、少しずつ変化が見えてきました。
指導の前に今日のスケジュールを伝えるようにすると、お友達は安心した表情に。
キラキラのタイミングです。
8db005a807e708832c151269da9cdd40_s.jpg
写真はイメージです

そこで、その日の課題を小さなホワイトボードに記入し、一緒に確認するようにしてみました。
このやり方は、お友達の個性にとてもマッチしたようです。

その日の事情で止むを得ず予定が変更になるときは、まだ苛立ちを隠せないこともありました。
でも当初に比べると、比較的早い段階で納得し、変化に対応することができるようになりました。

S__19873807.jpg

ホワイトボードのお友達のスケジュール。
それは、やがてお友達自身が記入するアイテムに。
突発的な変更も想定できることも多くなり、速やかな対応へ変わりつつあります。
お友達は、まるで先生のようにボードに予定を書き込むことが誇らしく、それは同時に集中と積極性の芽生えを育みました。

5fc957da591924dabb1a051e3e8bd0a4_s.jpg
写真はイメージです

毎日の集中が実を結び、お友達の語彙力もはるかに向上しました。
持て余していたやりきれない想いや、喜怒哀楽の色々な感情を言葉に変換することができるようになり、少しずつ穏やかに、笑顔にと変わり、先生の指示にも素直に従えるようになってきています。

5ac63a5f7b26a139a4d4ba5e589dfdf5_s.jpg
写真はイメージです

驚いたことに、一番苦手だった集団活動にも大きな変化が。
グループワークではまだ限られた活動ではありますが、工作などで自分のパートをしっかりこなし、周りに協力することを学び始めています。

ba7a0a4793b7d8c029ea3cfb8f7fe610_s.jpg
写真はイメージです

春には4年生になるお友達。
いずれホワイトボードがなくても物事や作業の見通しを立て、自分で考えて正しい振る舞いを選択・行動できるように、挑戦は次のステージへと続いています。
もっと加速するであろうお友達の成長への長い道程には、伴走者としてずっと先生も一緒に・・・



所在地:〒763-0072
    香川県丸亀市山北町465-1
連絡先:0877-43-7328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

No.719 COMPASSしまんと NOと言わない

No.719 COMPASSしまんと NOと言わない

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASSしまんとをこの春卒業する頑張り屋のお友達がいます。

1.jpg

お友達がCOMPASSに通い始めたのは2年前の春。
保護者の方は、高校を卒業したら社会に旅立つ息子が困らないよう、身辺自立ができるようになって欲しいとご希望されていました。

2.jpg

身辺自立の課題の1つが衣服の着脱。
まずはお友達に実際にやってもらって、どこでこんがらがってしまうのかよく観察しました。

4.jpg

お友達は当初、一人では靴下や服の着脱を行う事も難しいようでした。
やればできる!と信じて、工夫を凝らしたお友達との二人三脚が始まりました。

6.jpg

お友達は自分の手順にこだわり、なかなか素直に取り組むことができません。
会話での意思疎通にも難しさがあるお友達。

3.jpg

COMPASSに通うことに慣れてきた頃、少しずつ明確でシンプルな指示には従うように。
先生は指示するだけでなく、お友達の目の前でやってみます。
そして、お友達もトライ。

IMG_20190219_162147.jpg

服を着るときには前後の向きが混乱しやすく、間違ったところをもう一度やって見せると、お友達も再度トライ。
練習のスタートは、本来マイペースなお友達、取り掛かりも時間がかかっていました。
やがて先生の声掛けで練習を始められるようになり、時折、服の前後を間違えても、違いの指摘や、やり直しを伝えるとすぐさま従えるようになりました。

7.jpg

靴下では、踵部分を踵に当てて履くことが難しいようでした。
保護者様も、お友達が区別しやすいように靴下の後ろに印をつけてくれるなど色々と協力してくださり、愛情をいっぱい受けての頑張りです。

IMG_20190219_161838.jpg

素晴らしいことに、やり始めるとお友達は決してNOとは言いません。
そこには繰り返し、繰り返し脱ぎ着の練習を頑張るお友達の姿がありました。

靴下2.jpg


来る日も来る日も、繰り返し声をかけ、練習を積み重ねていくお友達。
お友達の挑戦はまだまだ続いています。
衣服の脱着だけでなく、日常の挨拶の練習も頑張り、着座で本の読み聞かせもじっと聞いていられるように変化してきました。

靴下.jpg

集団活動では、先生と一緒なら他のお友達とも仲良く過ごせるまでになってきました。
長期休みの間もお友達の挑戦は続き、自分でお弁当箱をカバンから出して昼食の準備をしたり、一人でトイレも使えるように取り組みを頑張っています。

IMG_20190219_161827.jpg

最初の頃、上手くいかなかったり気に沿わない指示には従えず、癇癪を起こしていたことが嘘のようです。
最近、家庭でも靴下の着脱をする姿を見せてくれましたと保護者の方が喜びの報告をしてくださいました。

IMG_20190219_191214.jpg

靴下も、洋服もこんなに上手に着られるようになったお友達。
できるまで頑張ること、できたら嬉しいこと、みんなが喜んでくれること、そして自分も嬉しいことをたくさん経験したお友達は、誇らしい笑顔です。

8.jpg

高校を卒業と同時にCOMPASSも卒業です。
頑張った日々、つまずきながらも自分でできるようになった喜びを忘れず、誇りを胸に立派に卒業してくれることでしょう。


所在地:〒787-0013
    高知県四万十市右山天神町4-31
連絡先:0880-34-8328
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

No.718 COMPASS岡山ふれんず 保護者参観で・・・

No.718 COMPASS岡山ふれんず 保護者参観で・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS岡山ふれんずでは、日頃の頑張りをお家の方にご覧いただこうと「保護者参観」ウィークのイベントを行いました。
予想以上に参加ご希望が多く、お友達の頑張りを見たいという想いと、COMPASSへのご期待や関心の強さが伺えました。
76bc65105c095619123ffc36642db9da_s.jpg

普段は送迎のためCOMPASSまで来られる保護者の方も一緒なのはCOMPASSの玄関まで。
お友達に内緒でこっそりと後ろでご覧になる方も、お友達に頑張ってね!と一緒に入られる方も皆様微笑みながらご覧になりました。
ふれんず 2月_190222_0001.jpg

参観日ということはお友達には伝えていません。
お家の方がおられることに気がつくと、目をまん丸にさせるお友達、気になってチラチラ振り返るお友達、嬉しくてニコニコしているお友達、いつも以上に頑張っているお友達・・・
見られていると恥ずかしくて、緊張してしまい、道具の片付け、勉強の用意にいつもより時間がかかってしまうお友達も。
ふれんず 2月_190222_0006.jpg


特にご要望や必要な場合を除いて、COMPASSは母子分離が原則です。
ですから、いつもはお友達から聞くお話と、連絡帳でのやりとりで想像されていた保護者様。
実際にご覧になるのは初めてという保護者の方が大多数です。

ふれんず 2月_190222_0002.jpg

普段は見ることのできない頑張るお友達のリアルに
『想像以上にいろんなことができていてビックリしました。』
『成長が感じられ、胸が熱くなりました。』
『COMPASSでは姿勢もよく課題に集中できていて、驚きました。』
『家との違いに驚きました。』
『思ったより長時間学習に取り組めている我が子の姿に、早いうちから通わせてよかったと思いました。』
『日頃、連絡帳を見て書かれていることに、本当にこんなことができるの?と思っていましたが、本当にできている姿を見て感動しました。』
保護者の方から口々にこんなご感想をいただき、スタッフも嬉しい思いでいっぱいです。

ふれんず 2月_190222_0004.jpg

参観後、希望される方には相談コーナーを設け、児発管や管理者が対応させていただきました。
そこでは、家でトイレへいこうとしない、行けても座ってすぐ『でない』というとのこと。
この状況をどうすればいいですか?というご相談がありました。

ふれんず 2月_190222_0005.jpg

そのお困りごとに対して、(その)お友達が数を数えるのがとても好きなので『座って10秒は出るように頑張ろうね。』と声かけをしてCOMPASSではトイレの練習が出来ていますとお伝えすると、保護者の方は「家でもやってみます」とおっしゃって笑顔で帰られました。

ふれんず 2月_190222_0003.jpg

その後も何名様かの保護者様のご相談をお受けしたり、お友達が今取り組んでいることをご説明させて頂いたり、またお家での様子を伺わせて頂くなどとても有意義な時間でした。
お友達も笑顔いっぱいです。
今後も定期的にこういうCOMPASSの療育を知って頂き、保護者の皆様にも参加していただける楽しい催しを企画していきたいと考えています。


所在地:〒700-0921
    岡山市北区東古松3丁目4番14号
連絡先:086-222-0178
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

No.717 COMPASS熊本東 お友達、変身する!!

No.717 COMPASS熊本東 お友達、変身する!!

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
今日はCOMPASS熊本東で3年目の画期的に成長をしたお友達の紹介です。
お友達は一昨年の春からCOMPASSに通っています。

34191812e4149a77e4647bd5e3510217_s.jpg

出会った頃はとにかくフリーダム。
好きなように部屋を歩きまわります。
椅子に「座りましょう」と声をかけてもスルー。
やりたくない事・嫌な事は耳をふさぎ、声にならない音で叫んで泣いて拒否。
手洗いの水が手にかかることも、先生が手を触れることも、全身で拒否。
そんな状態からCOMPASSの挑戦が始まりました。

bb4cd29e2616dfa61fd38640b8aa4050_s.jpg

まずは言葉を育てる取り組みです。
お友達はの口腔環境は音を発するには未発達だと考えられました。
そこで、口腔トレーニング。
おでこに貼ったティッシュを吹き上げる、ストローを使って丸めた紙玉飛ばし、シャボン玉・・・
ストローを咥えるものの、息を吹く力が弱くて紙玉も飛び出さず、ティッシュも揺らめくことがありません。
シャボン玉は気に入ったものの見て喜ぶだけで、勧めても「いや」という仕草。
口輪筋を鍛えるため、ご機嫌な状態の時を見計らい素早くマッサージも行われました。

YOU_syabondama_TP_V.jpg

言葉を獲得するためには、とにかく音のシャワー、言葉のシャワーをたっぷりと浴びることが大切。
あらゆる方法が取られ、中でも幸いなことに、お友達は絵本や絵カードは好きなようでした。
「ケーキだね」「りんごだね」などと絵本を指差して語りかけると指を指してニッコリ。
りんごの絵カードを出し「りんご」「りんご」と繰り返しすと、お友達もニッコリ。
先生の口の動きを見せ「り」・「ん」・「ご」と語りかけます。
楽しいらしく、音が出ないまでも「り」・「ん」・「ご」と、お友達も口真似です。

94473a2d00c42aeac101347eda9ca9ee_s.jpg

トイレへの促しは絵を使った視覚支援が一定の効果を見せました。
「椅子に座る」という絵を見せると、歩き回っていたお友達は途端に笑顔。
絵を手に取って机に移動し、絵の通りに姿勢をまっすぐにして座れました。
「お友達がトイレに行く」様子の絵を示すと、絵を手に持ってトイレに移動。
でもトイレに行くことができても、絵の通りに行けただけ。
トイレで排尿するという動作と結びついてはいません。
お友達にとってこれは遊びでしかなかったようで、しばらくすると飽きがきて効力がなくなりました。
しかし、このステップで正しい導きがあればできるという確信を持つことができました。
この後もトイレトレーニングは手を替え品を替え、色々な声かけ、様々な手段での取り組みが続きます。

d63de0b0a0e0d4af799dec916836c7ef_s.jpg

3か月経った頃には、自力でパンツ・ズボンの着脱が出来るようになり、トイレに誘導すると、1回目はすんなりOK。2回目はイヤ!と拒否。
3回目はOK・・・促しを受け入れ、行ける回数がだんだん増えてきました。

a0899ccac8d4214c0be4e300125e69a7_s.jpg

「かずの絵本」の読み聞かせは大好きで、熱心に聞いていたお友達。
順序数や、どっちが多いかなどもすぐに理解。
やがて、絵本を読み聞かせながら「おにぎりいくつ?」と問いかけると、指で「よん」を形作ることができるまでになり、数と数字が一致するようになってきました。
教材やおもちゃも「○○さんもやりたいから、半分こしましょうか?」と提案すると、受け入れられるように。
当初は貸し借りを嫌がり、泣いていたお友達です。

150829512346_TP_V.jpg

半年後には、まだ不明瞭ながらも発語が見られ、先生の問いかけを理解し、行動する様子が見られました。
脱ぎっぱなしだった靴も、先生が「タイマーが鳴ったら片付けてトイレにいきましょう」と声かけをしたところ、アラームの音を聞き、きれいに下駄箱に靴を入れ、トイレに行く事が出来ました。
言葉の指導は「五十音」の型はめパズルではほとんど自力ではめられるように
お絵かきも進歩し、殴り書きしかできなかったものが、先生の「顔」を描いたよと教えてくれたのもこの頃。

52bd30a79191133a6a0bc4b6154b0efe_s.jpg

9ヶ月。
先生のお口を見て、口を大きく開けながら、ことばを真似する事ができるようになってきました。
絵カードを見て、お友達は五十音ボードの平仮名でその言葉を指差します。
自分の名前も、ひらがなで指差しができる様になりました。
そしてある日「パパパ・・・」「マママ・・・」と、発する声を聞かせてくれました!
さらに、オムツの状態ではありましたが「(おしっこが)出た!」と初めて教えてくれました。

688cd9ba4e5fbc443c22ee9fc4ac468e_s.jpg

1年後には、「はい」「いや」は、はっきり言えるようになり、「ぱ」「ぺ」「べ」などの半濁音も使える様になってきました。
トイレトレーニングは継続中。
排尿があった事を教えてはくれますが、トイレに間に合わないこともしばしばです。
しかし、少しずつですが確実に成長の歩みは続いています。

c0b117014458365178346f902209f5e4_s.jpg

春、お友達は保育園へ通い始めました。
園のお友達ともうまく接することができるように個別指導に加え、集団活動でコミュニケーション力・社会性の発達を目指します。
保育園へ登園することもお友達の成長に大きく寄与した様で、トイレの成功も多くなりました。
不明瞭な発音混混じりであるものの、言葉での意思表示が見られる様に変化してきました。
言葉を得たことで、意識は「自分対モノ」「自分対先生」という距離からグンと視野は広がりを見せ始め、COMPASSの他のお友達の名前も覚え、名前を呼ぶ様子も見られる様になりました。
問いかけにも1語文で返すことができるようになり、語彙の獲得が急激に向上していき・・・
199a4bb46a4ea67aa6ee4a1a527b5c7c_s.jpg

今、2語文、3語文もとても上手に話すことができるようになったお友達。
お友達の言葉への意欲、知識への興味は際限がありません。
後でわかったことですが、お友達、実はかなりおしゃべり好きだったようです。
お友達の華麗なる変身です。
熱心に課題に取り組む姿から「あの頃」は想像できません。
時折意固地な片鱗は見せるものの「いや!」より「はい!」が多くなってきたお友達。
「はい、先生!」お友達の声はとても素敵な響きです。

389a00eaf075671137bc2e23f801b6c5_s.jpg

明日はどんなお話を聞かせてくれるだろう?
ニコニコと通ってくるお友達がやってくるのが、毎日楽しみで仕方がない先生たちでした。

COMPASS発達支援センター熊本東
所在地:〒862-0970
    熊本市東区渡鹿8丁目922
連絡先:096-321-6788

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

No.716 COMPASS高知 まるで羽化を見るように・・・

No.716 COMPASS高知 まるで羽化を見るように・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS高知に通っているお友達の保護者の方から連絡帳にでメッセージをいただきました。
このお友達は、昨年の5月からCOMPASSに通いはじめた5才になる男の子です。
保護者の想いは「お友達と仲良く遊べるようになってほしい」という願い。
そしてこれからの将来を睨んで、学力面でも導いてほしいというものでした。

b04a912b54291fefc4df708d82decf63_s.jpg
写真はイメージです。

当初は離席も多く、興味がない課題にはなかなか向き合おうとしてくれません。
しかし時折、キラリと光る部分も覗かせる側面もありました。
例えば文字への関心は高く、集中しているときはとても素直に課題と向き合う姿が。
一方、季節のイベントや、集団での活動、自由時間でも一人遊びに興じる姿もしばしばでした。
同年代の他のお友達が声をかけても、目も合わせずどこかに行ってしまうこともあったと言います。

a6283de966ab08714b1f55436fef56a7_s.jpg
写真はイメージです。

数に関しては、視覚でイメージできる数字の範囲が5までは言えることもありましたが、あやふやな部分も見受けられました。
でも約10ヶ月、頑張ったお友達はだんだん変化を見せてくれるようになりました。

hp 2月分_190220_0003.jpg

COMPASSで力を入れたのはまずは言葉の学習。
個別指導では、絵カードやCOMPASSのプリントで文字と音の一致、ひらがなの読みを繰り返し行いました。
静音からマスターし、拗音や促音も読めるようになると、絵本の音読にも何度もトライ。
最初の頃はぎこちない音読で読めなくなると黙ってしまうこともありましたが、近頃では先生に絵本も読んでくれますし、あいうえお唱和も、大きな声を出せるように変化が見られます。

94473a2d00c42aeac101347eda9ca9ee_s.jpg

まるで羽化を見るように、できることが広く深くなり、集中する時間も増えてきました。
言葉の習得が自信につながったのか、数の習得も進んできました。
迷いながら5までの数をやっと数えていた頃が嘘のように、今では50まで数えられるようになり、日々少しずつ伸びています。
コミュニケーションも次第に潤滑になってきて、笑顔もどんどん増えてきています。

hp 2月分_190220_0004.jpg

お友達の成長について、特筆すべきはご家庭との絆です。
今回「COMPASSでのお勉強の賜物です。」と嬉しいお言葉も頂きましたが、お友達自身の頑張りと、ご家庭のご協力があってこそ。
連絡帳などで、お家での変化なども細かく伝えて下さるので、次のお勉強に活かすことができていると現場の先生は感謝の言葉を口にします。

688cd9ba4e5fbc443c22ee9fc4ac468e_s.jpg

子ども達は皆、それぞれの学びの種を持っています。
芽吹きの時期はそれぞれ違っていて、誰一人同じ段階、同じスピードで成長することはありません。
車でも青信号ですーっといく時も、渋滞にあったり、赤信号で止まってしまうこともあります。
私たちは、その度にゴールを近く感じたり、果てしなく遠く思えたりしてしまいます。
焦らず、一喜一憂せず、お友達の頑張りを信じることが何より大事なこと。

hp 2月分_190220_0002.jpg

諦めず、くじけず、飽きずに繰り返す頑張りで育っていくお友達。
屈託のないお友達の笑顔には、明日への確かな芽生えが見えています。


所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

No.715 COMPASS中津Sweeet チャレンジ、そして克服の先に

No.715 COMPASS中津Sweeet チャレンジ、そして克服の先に

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津Sweetのお友達を今日はご紹介させて頂きます。
お友達は現在小学校3年生。

DSCF0439.jpg

とても明るくて、おしゃべりも上手で、コロコロとよく笑う声は周りのお友達も、先生も楽しくさせてくれます。
お友達は、1年生の時にCOMPASSに通うようになりました。

1.jpg

お友達の抱えているお困りごとは脳性小児麻痺による右側麻痺。
通いだしてからしばらくは、着替えなど全介助が必要でした。

2.jpg

COMPASSにはリハビリの免許や資格を持った先生はいません。
ただ、お友達をよく見て、工夫した療育を一緒に頑張るという心と姿勢はどんな物にも負けないくらいの自負はあります。

KIMG0032.jpg

お友達の発達のためには、興味をひき、喜びと意欲を高めるような働きかけと環境が大切。
例えば、お友達が自分からやりたいなと挑戦する気持ちになれるように誘導すること。
必要で、適切な支援、介助を行い、目的を遂げられるようにフォローすること。
そのために入念な準備を行い、行動する際にも出来るだけ自分自身で正しく動けるように導き「できた!頑張れた!」という達成感を得られるような指導と配慮は欠かせません。

KIMG0028.jpg

勿論、できるまで何度でも。
あくまでも、できることから少しずつ。
先生とお友達は二人三脚で、一緒に、粘り強く、飽きないように、楽しんで、嫌にならないように・・・
だからCOMPASSでは決して無理やり強要したり、口先だけで指示する事はありません。
お友達のタイミング、お友達の気持ちに寄り添って、これまで「一緒に」頑張ってきました。

029847af7af9cecf57fe58d9de6093a1_s.jpg

お友達と一緒に取り組んできたのは、ファスナーの開閉やペットボトルのキャップを使い、1つずつ色分けをする等の遊びを取り入れた遊び。
遊びとはいえ、実は意識的に指先を使う訓練を集中的に行ってきたことになります。
ゲームや遊びは、お友達にとっては取り組みやすく楽しいものであると同時に、療育という観点から見ると非常に大切な機能の発達手段です。

3.jpg

今、3年生になったお友達は、ご覧のように一人で着替えができるまでに大きな成長を遂げました。
ほんとうに頑張ってきたお友達。
その眼差しはとても自信に満ち、今、しっかりと次のステップへ、未来へと向けられています。


所在地:〒871-0016
    大分県中津市牛神町1-22-11
連絡先:0979-22-3078

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

No.714 COMPASS武蔵新城 ひと針ごとに未来へ・・・

No.714 COMPASS武蔵新城 ひと針ごとに未来へ・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城には、あと1年で社会の一員として旅立っていくお友達がいます。
このお友達には課題として通常の学習に加え、将来社会の一員として活躍するためのトレーニングも加わりました。

fe70908b61a5228c18673333413f4351_s.jpg

この日からお友達が取り組んだのは「運針」。
運針は、東京大学など難関大学の合格者を急速に伸ばしている東京・池袋の豊島岡女子学園でも取り入れられていることで注目されました。

20110919_2587608.jpg

「運針」は手縫いの基本で、表と裏に同じ縫い目に縫う手法を言います。
物を作ることへの関心を高め、技術向上を楽しみながら、知力、巧緻性、集中力を育む運針。

S__33751074.jpg

運針では手先・指先を動かしますが、同時に目でも針と糸を確認しながら次の針を挿す位置を考えて・・・単純な動きの中で、指先の感覚から脳が複雑で精密な制御を行っているのです。

S__33751070.jpg

先の豊島岡女子学園では、始業前の5分、全校生徒が一斉に赤い糸で白い布を縫い始めます。
運針の一連の動作が精神を統一し、脳の発達、器用さ、集中力を生み出す効果、これが進学校でも採用されている所以です。

2.jpg

お友達はこの日初めて運針を体験しました。
始める前に先生は「右から左へ、線の上を縫うようにね。」と説明します。
赤・青のしましま模様もお友達が自分で決めました。

3.jpg

お友達は苦心しながら細い針穴に自分で糸を通し、玉留めなど難しいことも挑戦しました。
初心者なので、布を張る刺繍枠を使って作業がしやすいように工夫しました。

S__33751069.jpg

糸の長さは、短かいと作業はしやすいものの、あっという間に使い終わってしまい、長すぎると今度は大きく腕を回す必要があり、とてもやりにくいことも経験しました。

1.jpg

これまでの色々な工作では、作業のスピードは速くても、出来上がりが少し雑になってしまうことが多かったお友達。
初体験ではあったものの、今回は時間をかけながらも、とても丁寧に縫っていきました。

S__33751078.jpg

今日与えられた課題をすべて縫い終わり、自分の作品を見つめるお友達は、とても素敵な笑顔に。
ニコニコの表情のまま、出来上がった物を見せてくれました。

S__33751079.jpg

綺麗に青と赤のラインが等間隔に並び、裏側も等間隔の縫い目が並んだ白い布。
赤と青のライン、ここからお友達の社会への旅立ちの挑戦がスタートします。


所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

No.713 COMPASS小倉北 「鬼か? 福か?」それとも?

No.713 COMPASS小倉北 「鬼か? 福か?」それとも?

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS小倉北のお友達は今年も最高の「節分」のイベントを楽しみました!

DSCN1404.jpg

午前中、みんなはちゃんと課題を終えました。

DSCN1409.jpg

だって今日は午後から楽しみにしている「節分イベントの日」なんですもの。

DSCN1420.jpg

今年もまた凝りに凝った、そしてユニークでお友達でも簡単に作れてしまう「鬼のお面」の工作が待っています。

2.jpg

ダンボールと画用紙を組み合わせて、とてもユニークな節分グッズが出来上がっていきます。

3.jpg

この1年でお友達もとても成長し、お兄ちゃんやお姉ちゃんになっていますので、もちろん小さいお友達のお手伝いも買って出ます。

4.jpg

手早く作り終えたお友達は、散らかった机を片付けながらみんなの作品が出来上がるまでおしゃべりしながら待っています。

6.jpg

そして、みんなの工作が出来上がりました!

DSCN1590.jpg

これから始まるのは「鬼か?福か?」というゲームです。
お友達はみんなで部屋の1箇所に集まっていて、柔らかなカラフルボールがカゴいっぱいに置かれています。

1.jpg

少し距離を置いて、机が立てかけられていて、その向こうには先生がスタンバイ!
先生の手には「鬼」「オタフク」「お母さん」「角があるお母さん」「モグラ」などの顔が書かれたプラカード。

DSCN1672.jpg

先生は手早くプラカードを出し入れ。
机の上から、横から、斜めからと、サッと姿を現しては引っ込みます。

5.jpg

「鬼」が登場した時だけお友達はbボールを投げることができるのですが、ささっとカードを見せては引っ込めされるのでタイミングがずれたり、鬼だと思ってボールを投げたら・・・

7.jpg

あらら!ツノはあるけどお母さんだったり、尖った鼻を持ったモグラだったり・・・

DSCN1549.jpg

うまくいっては歓声が上がり、間違って投げてもみんなで大笑い。

DSCN1570.jpg

順番に手に手にボールを持って、エイっと投げたり、外したり、タイミング良く投げられなかったり・・・


DSCN1557.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎて行き、イベントのフィナーレに先生は大サービスです。
鬼になった先生がたくさん登場し、鬼にめがけてお友達はたくさんのボールを投げて鬼退治!

DSCN1581.jpg

出たり引っ込んだりの当てづらい的ではなく、的は大きな先生ですから、お友達もしっかり狙えます。
あっという間にボール攻撃にあい、先生鬼はすぐに退散でした!

DSCN1580.jpg

体を使ってお腹の底から大笑いした体験は、きっと思い出深いものだったことでしょう。

DSCN1584.jpg

この日は思い出し笑いも繰り返されて、いつまでも笑い声が溢れた午後でした。


所在地:〒802-0062
    北九州市小倉北区片野新町1丁目3-53おかたビル1F
連絡先:093-931-8438
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

No.712 生活介護Access 生産活動へのステップ

No.712 生活介護Access 生産活動へのステップ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
Accessはご利用者様のADLに応じて、キメの細かいサービス提供を心掛けています。
ADLとはActivities of daily livingの略語で、日常生活動作(食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動)のことを言います。

82a01fca3c8acc7e8e477b976ef64f2c_s.jpg

毎日が快適で、安心でき、安全で居心地の良い環境のご提供が基本です。
Accessではご利用者様に楽しんで頂こうと、毎月レクリエーションを企画。
工夫を凝らしたイベントは、いつも大好評です。

IMG_20190213_134640.jpg

イベントでは、少し遠出して自然に親しんで頂いたり、お料理やバーベキューなどにご参加頂いたり。
人との交流に少し苦手を感じられるご利用者様もAccessの仲間との触れ合いを通して、人と関わる喜びも感じて頂けるように努めてきました。

IMG_20190125_110047.jpg

ご利用者様もAccessへの来所を楽しみにして頂いているようです。
ご利用者様のために、今、Accessは一歩前へ歩みを進めます。

eb26abc9c4bb66abc64bc4f39e423b4b_s.jpg

新しい取り組みとしてAccessがで取り組んだのは「ビーズアクセサリー」の制作。
うまく行けば、いずれ工賃が発生する生産活動に繋げられます。

IMG_0483.jpg

将来、販売に成功すれば、ご利用者様もお金を稼ぐ喜びを感じ、自分はこんなことが出来るんだ!!という達成感や自己実現感が満ちて、毎日がもっと輝きに満ちたものになって下さるに違いありません。

IMG_20190213_134629.jpg

作業工程をご説明し、早速トライされるご利用者様たち。
何かを作ることが初めてというご利用者様もおられました。
制作は、いくつかの工程に分けて、流れ作業を行ってみました。
ご利用者様は、流れの中で、自分が担当する工程を受け持ちます。

IMG_20190125_110032.jpg

細いテグスをカットし、ビーズを彩よく配して通し、最後に留めて「みつばちゃん」のタグをつけます。
可愛くて、綺麗なアクセサリーが完成です!
出来た時の嬉しさは大きいようで、皆さん、とても素敵な笑顔を見せて下さいました。

IMG_20190125_110024.jpg

いつか、このストラップやブレスレットが誰かの手に・・・
その人の笑顔を想像すると、嬉しくなってしまいます。

IMG_20190213_135310.jpg

何かの役にたつ、誰かに喜んでもらえることは、人生でとても意義のあること。
このステップが周りの人や地域社会との「Access=繋がり」となって、ご利用者様の人生の大きな喜びへの架け橋になれるよう願っています。


所在地:〒701-1335
    岡山県岡山市北区高松131-15
連絡先:086-905-0228

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

No.711 COMPASS川崎 苦手の克服とお雛様

No.711 COMPASS川崎 苦手の克服とお雛様

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS川崎では一足早く来月の雛祭りに向けて「お雛様」の工作が始まりました!
今回も「紙コップ」「和柄の折り紙」「画用紙」など手近な材料を使った可愛いものです。
実はこの工作で、一人のお友達のキラッと光る成長がありました。

S__126468109.jpg

お友達はずっと「糊」を触ることができませんでした。
糊だけでなく、冷たい物や重いもの、ドロドロ、ねちゃねちゃ、ベタベタするものは苦手です。

糊.jpg

こういったドロドロした素材を嫌がる子どもは意外と多いそうです。
こんなドロドロ素材で遊ぶことを「感覚遊び」といいます。

S__126468106.jpg

感触遊びは、感覚遊びのひとつで、五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)をフルに使って遊べる成長に大きく寄与する遊びです。
乳幼児期から感触遊びで色々な感触のものに親しんだ子どもは、脳にたくさんの刺激を受けて、好奇心に溢れ、チャレンジ精神が旺盛に育つと言われています。
感覚遊びを通して想像力が育ち、新しいことに挑戦することや、突発的な出来事にも対応する能力も磨かれるのだそうです。

S__126468108.jpg

感覚遊びが苦手なお友達に、先生はことあるごとに糊を楽しそうに使って見せたり、他のお友達と一緒に糊を使う場面にお友達も加わってもらったりと、少しずつ少しずつ「そんなに嫌じゃないかも?」と思ってもらえるように導いていきました。
こればかりは感覚の問題なので、押し付けるわけにもいきません。
自分から触ってみようと思わなければ、生理的に嫌なものに近づこうとすらしません。

S__126468107.jpg

なので、最初の頃はスティック糊やヘラでなんとか触らなくて済むようにという配慮から始まりました。
工作のたびに、お友達の様子を見せる、楽しいという感覚で満足感を得てもらう・・・その繰り返し。

S__126468105.jpg

それから、徐々にですが、お友達の感覚に変化が起きてきました。
1番の功労者は、やっぱり周りのお友達。
遠慮がない周りのお友達、容赦無くといいますか、もちろん親切で自分の使い終わった糊を「はい!」と貸してくれました。
困って固まっているお友達に、難しいからできないと思ったのか、お友達の工作にベタベタと糊を塗るお節介ぶり。

S__126468110.jpg

そして今回のお雛様の工作で、なんとお友達は進んで糊のカップから自分で糊を掬って画用紙へ・・・
先生が気付いた時は、糊が手についていることも気にもせず、工作に集中する姿がありました。

S__126468111.jpg

お友達にとって、このひと掬いの糊は、とてもとても大きな進歩です。
そして出来上がった「お内裏様とお雛様」。

S__37953539.jpg

しっかり糊付けされて、可愛らしい姿に出来上がりました。
可愛いお雛様を見せてくれたお友達の笑顔は、苦手を克服した誇らしい笑顔でした。


所在地:〒210-0848
    川崎市川崎区京町2丁目24-2
連絡先:044-201-1148

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

No.710 COMPASS大野城 お友達の1年は・・・

No.710 COMPASS大野城 お友達の1年は・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS大野城の4歳のお友達の成長は、素晴らしいものがありました。

1.jpg

お友達はダウン症の4才の女児です。
気分の乗らないときは特に集中が途切れやすかったと言います。

35697.jpg

母子分離が難しく、なかなか先生に馴染めない様子も見られました。
着座しても集中する時間が短いため、次々に課題を入れ替えて対応できるようたくさんの教材を用意していました。

35698.jpg

プットインとは、指や手のひらを使って物を押し込む(プットイン)、中からつまみ出す(プットアウト)ことを言います。
まだ巧緻性が未熟なお友達でも、シンプルで成功しやすいもので、興味を持って取り組みやすい課題です。
最初は丸や三角の型に同じ形を入れたり、押し込んだりするところから始まるります。

35699.jpg

最近では日常生活でのSST、そして公衆衛生に対しての関心も持ってもらおうと、お箸の練習、手洗いの練習にも挑戦していました。
絵本を見ながら、手を洗うことや歯磨きをしてガラガラ・・・と口をゆすぐ真似もとても上手です。

2.jpg

どの課題でも取り掛かるまで時間がかかり、周りを気にして集中できないでいることも多かったお友達。
声かけをして楽しく誘導する工夫を続けていくと、先生の指示ですぐに行う事ができるまでになりました。

b498de0c9f244f4f1c133b5d5884df67_s.jpg

色もマスターしつつあります。
例えばお絵かきや塗り絵では、最初の頃は手近にある一色で殴り書きのような感じだったそうです。
今は絵本などで疑似体験をたくさんしたせいか「お空は何色かなぁ?」と問いかけると、水色をとるようになり、色の理解も進みました。

35704.jpg

先月、残念ながらお家の事情で宮崎にお引っ越しをされることになりました。
お別れの日、しっかりと手を振って挨拶をしてくれたお友達。
去っていく後ろ姿にはこの1年の確かな軌跡が見えました。
COMPASSは寂しくなりましたが、きっとこの笑顔で新しいお友達を笑顔にしてくれることでしょう。


所在地:〒816-0982
    福岡県大野城市畑ヶ坂1-10-22
連絡先:092-586-7328
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

No.709 COMPASS中津 手近なもので楽しいゲームを

No.709 COMPASS中津 手近なもので楽しいゲームを

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津から「節分」に因んだゲームで、笑顔いっぱいのお友達の様子が届きました。

20190212_190212_0014.jpg

今回は「まめ」ではなくて、「新聞紙を丸めたボール」を投げて競うというゲーム。
新聞紙をビリビリと破いていくお友達。

20190212_190212_0013.jpg

あちこちで新聞の裂ける音が聞こえています。
誰でも経験があると思いますが独特の触感で、破くのってとても楽しいですよね!

20190212_190212_0012.jpg

破いた紙を手のひらで丸めて・・・
こんな風にボールっぽいものが出来上がります。

20190212_190212_0011.jpg

それを手に手に持って一列に並ぶお友達。
床には丸い輪っかが置かれて、その中に足を入れますが、そこから投げるという印なのだそう。

20190212_190212_0009.jpg

その位置から新聞ボールをエイっと投げてみますが・・・あれ?うまくいきません。
新聞ボールは軽いので、コントロールが難しいようです。

20190212_190212_0005.jpg

そこで工夫して、緩やかに放物線を描いてスローイン!
今度はうまくいきました!

20190212_190212_0004.jpg

次々にコツを掴んでポイっと投げるお友達。
「僕三つ入ったよ!」
「私も入った!」

20190212_190212_0003.jpg

続けて入れることができたら自分を絶賛して得意そうな笑顔を見せます。
とてもシンプルなゲームなのに、こんなに盛り上がりを見せることができるのも子供ならではですね!

20190212_190212_0002.jpg

この日もきちんと課題を終わらせてからゲームでした。
課題の時間には、着座して、プリントに向かう様子はしっかり集中できています。

20190212_190212_0006.jpg

オンとオフを区別できるようになってお友達もずいぶん成長してくれています。
毎月の行事ごとに行われているレクリエーションは、お友達の楽しみの一つ。

20190212_190212_0007.jpg

レクリエーションでも、回を重ねるごとに新しいキラキラを発見できるのが、先生も楽しみです。
この日も、そんな成長がうかがえる笑顔いっぱいの午後でした。

所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

No.708 COMPASS武蔵新城 世界を知りたいお友達

No.708 COMPASS武蔵新城 世界を知りたいお友達

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城のお友達、毎日小さな奇跡と共に日々成長してくれています。

1.jpg

こちらのお友達は1歳。
色々なものに触れたり、紙をちぎったり、歩く訓練をしたり、絵本を見たり・・・

2.jpg

少しずつ笑顔が出て、吸収するスピードも上がっているようです。
きっとまだ「節分」の意味もわからないと思われますが、この日は鬼のお面を先生と一緒に作りました。
S__42123282.jpg

お友達は、COMPASSで泣いて1日終わってしまうこともなくなりました。
毎日がとても刺激的で、何をやっても楽しくて!瞳はキラキラです

4.jpg

こちらのお友達は言葉の学習を頑張っています。
絵本を見ながら、先生の真似をしています。

S__43024397.jpg

お友達が手を叩く、先生も手を叩いて真似をしています。
真似をしてくれる先生は面白いので、親しく感じて心を開きます。

S__43024399.jpg

これは、ミラーリングといわれる手法です。
お友達のしぐさや言動・行動などを鏡のようにして真似をすることで、お友達は好意や親近感を抱き、関心を持つという心理学のテクニックです。

S__42131459.jpg

お友達が「あー」というと、先生も「あー」、そして二人ともニッコリ。
先生が絵本のケーキのろうそくを「フーッ」と消す真似をすると、今度はお友達が「フーッ」と吹く真似をします。
コミュニケーションの第一歩です。

S__42131460.jpg

兄妹で通っていますが、2人とも着座で取り組む時間も長くなってきました。
兄妹のお友達も、絵本を見ることが大好きになってきました。

S__43024402.jpg

実際につい先日行われた北田先生の療育相談会では、先生と保護者の方がお話ししている間、ひとりで静かに絵本を見て待っていました。
ずいぶん成長している様子がわかります。

S__43024403.jpg

また、日常生活においてもルールを理解できるようになってきました。
COMPASSに着くと、自分で靴を脱ぎます。

S__43024391.jpg

最初は靴を脱がせてもらうところからでした。
自分で靴を脱げるようになっても、脱いだ靴をしまうというルールはまだ理解できていませんでした。

S__43024393.jpg

ところが最近では、靴箱を開け、空いた所に自分の靴をしまうという行動ができるようになってきました。
毎日規則正しく、同じことを繰り返し繰り返し・・・そして習慣はお友達の当たり前に。

S__43024392.jpg

倫理観や人との関わりの中においては、とても大事なルール。
お友達はSSTにおいても第1歩を歩み始めました。

S__43024395.jpg

少しずつ成長を見せているCOMPASSのお友達。
きっかけさえ掴んだら、お友達は世界の全てを知りたいとでもいうように瞳がキラキラに。

S__43024396.jpg

いずれ言葉を得て新しい知識を得ることで、お友達の成長は無限大。
もう少しだけ先へ、もっと高みへ・・・そしてもっと笑顔に。
時には先に立って、時には後ろから支えて、COMPASSはお友達の成長を促しています。


所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

No.707 COMPASS枚方 保護者からのお手紙

No.707 COMPASS枚方 保護者からのお手紙

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方のHくんの保護者の方からこんなお手紙を頂きました。
今日はこのお手紙をご紹介させて頂き、Hくんの成長について振り返りたいと思います。

息子は3歳半になっても言葉や情緒の発達、理解に遅れがあり、縁あって北田先生にお話を聞いて頂き
『療育手帳は何人もの方が返却してます。一緒に頑張りましょう!』と、
親である我々、そして息子自身に声をかけて下さったこと、そしてCOMPASSさんの実績に驚き2018年5月からお世話になっています。

566463198.528243.jpg
こちらの画像のクリックで動画をご覧頂けます。

人見知りが激しく家族と保育園の先生にしか懐かず、2つ下の弟とも関われなかった息子。
保育園の友達とも馴染めませんでした。
もちろんCOMPASSの先生が迎えに来ても、泣いて大騒ぎ。
苦労したと聞いてます。

S__116293645.jpg
こちらの画像のクリックで動画をご覧頂けます。

療育も嫌々でお勉強に集中できず、一日泣いて終わる日もありました。
彼なりにそれでも諦めがついたのか、順応しようと頑張り始めたようで、送迎車にも渋々・・・
何日かたってからはノリノリで乗り、療育も少しずつ先生のいうことを聞いたり、真似したりすることによって、通い始めて8ヶ月たった今では、言語のほぼないコミュニケーションが二語文から三語文喋れるようになり、伝えたいことを言葉で伝えてくれるようになりました。

S__127172613.jpg

数字やひらがな、アルファベットも少しずつ覚え、動物や食べ物など目に映るものや教わってきたことは得意気に教えてくれます。
伝わることで言葉の便利さがわかり、褒めて貰うことで楽しいと感じたり、モチベーションや自信になったりしてきたのか、近所の方々、父母の友人や仕事仲間、他クラスの先生、 そしてクラスのお友達や弟とも、少しずつですが挨拶から始まりコミュニケーションで笑顔を見せたり、スキンシップをとったりと、積極的に関われているのかなと感じてきてるところです。

S__122159114.jpg

『これママに渡して』だったり、『これに着替えて』だったりと、人の言うことを理解してくれたり、買い物中に走り回ることも減り、 ご飯も決まった時間に食べるようになり、、、 と、あとで気づく『そういえば』も多くあります。

571301204.612706.jpg
こちらの画像のクリックで動画をご覧頂けます。

もちろん言語や、情緒や、トイレトレーニングや、早く寝ることなど課題はた<さんあります。
それでも、成長を一緒になって見守り、出来たことを一緒になって喜んで下さるCOMPASSの先生がた<さんいることが、彼の発達の頑張りの励みにもなっているのではないのでしょうか。
親としても楽しそうに帰ってくることや、ノートやプログで取り組みや様子や表情を伺えるのが安心につながっています。

S__127172617.jpg

あれだけ行きたくなかったCOMPASS、 今ではCOMPASS行かない日でもCOMPASS用のカバンを自分から背負って出発しようとして『今日違うよ』というと、しょんぼりしてることもある<らいです。

以上、保護者から頂いたお手紙の全文をご紹介させて頂きました。

571301218.671203.jpg
こちらの画像のクリックで動画をご覧頂けます。

お友達のCOMPASSは、パパ、ママの写真を頂いてカードを作り、発語の促しから始まりました。
好きなキャラクターを用いた「ひらがなカード」を作って使用するなど、教材への工夫も行いました。
すると、次第にどんどん言葉を吸収してくれるようになりました。
数を学び「数え」を楽しみながら、数字へも興味が広がって行きました。
今は、支援計画でもある「お箸を持って欲しい」との願いがあり、この半年「スプーン」「トング」と段階を追って今は補助箸ではありますが、掴めるようになってきたところです。

S__125632536.jpg

ブログに度々登場してくれているお友達、くるくると表情が変わり、笑顔がとても可愛らしい姿をご覧頂いたことがあるかと思います。
言いたいことがあるのに、話したいのに、一言も出てはこないという状況は、どんなに辛かったでしょう。

知能にも、情緒にも、子どもの成長に大きな影響力を持つ言葉。
その大事な言葉を得て、未来を築くことができるよう「ことばのコンパス」は、今日もお友達と向き合っています。


所在地:〒573-0007
    大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428

(施設名をクリックしていただくと、施設案内ページへ。電話番号をクリックしていただくと電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

No.706 COMPASS本部教室 言葉を得る、未来を紡ぐ

No.706 COMPASS本部教室 言葉を得る、未来を紡ぐ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

COMPASSのお友達は、着座ができるようになると「月例プリント」というCOMPASSのオリジナル教材で学びます。
「月例プリント」は、お友達の発達段階や集中力などを考慮してレベルやボリュームを変えていきます。
プリント以外で定番の「あいうえお唱和」や「ひらがなのうた」などは、平仮名が全く読めないお友達も、皆と一緒に真似るのは楽しそうです。

DSC00327.jpg

今日は、COMPASS本部教室に通っている児童クラスのお友達をご紹介します。
2018年4月に初めてコンパスを訪れた年少さんのお友達。
保護者のかたは、言葉の遅れをとても心配しておられました。

DSC00332.jpg

通い始めの頃、COMPASSはお友達にとって異空間のようでした。
「あいうえお唱和」や「ひらがなのうた」で皆んなで楽しむどころか、絵本にでさえ興味を示す事もありませんでした。
お友達には最初のプリントとして「月例プリント・A−1」からスタート。
頑張って週5日通ってきて、少しずつ変化が見られるようになりました。

DSC00325.jpg

5月に人差し指で「ひとつ」と言えるようになりました!
継続して発語を促し、プリントも同じものの繰り返しと同時に少しずつレベルも上げていきました。
学習態度も変化が現れます。
個別での指導でプリントを行う際には出来ることが増えていくと積極性も見られるように。

292396.jpg

一旦知識を吸収しだすと、お友達の興味はどんどん広がりを見せます。
7月には1〜3までの数量把握が出来て、2語文も話せるようになりました。
8月からはプリントも多岐にわたってこなせるようになり、「ひらがなのおけいこ」「かずのおけいこT」の取り組みも始まりました。

DSC00306.jpg

10月には「かずのおけいこ」が終了。
ひらがな50音も全て読めるようになりました。

11月には月例プリントもB−12まで進み、12月には「ひらがなのおけいこ」も終了。
自分の名前をひらがなでお手本を見ずに1人で書けるほどに成長しました。

DSC00484.jpg

今では問題を自分で読むことが出来るようになり「月例プリント・C−10」まで進めています。
お友達の頑張りは継続しています。
毎週月曜日から金曜日まで、幼稚園が終わってから夕方5時まではいつもCOMPASSで過ごします。

DSC00485.jpg

保護者の方があれほど心配し、悩まれていた言葉の発達面は目を見張る変化が現れました。
お友達の頑張りはとても素晴らしくて、ご家族の心配をよそに、この10カ月でよくおしゃべりが出来るように。

DSC00479.jpg

あいうえおの唱和に興味を示していなかった4月当初が嘘のように、口唇を使ってしっかり「あいうえお唱和」に参加出来るようになりました。
同時に情緒面も成長し、会話を楽しめるようにまで成長したお友達。
お友達の変化とともに保護者の方からも厚い信頼を寄せて頂き、送迎時などにいつも感謝の言葉をかけて頂きます。

DSC00309.jpg

もうすぐ進級の季節、4月になればお友達は年中さんへ。
これから課題もステップアップしていきますが、頑張って達成する喜びをもう知っているお友達は、もうきっと大丈夫。
キラキラした瞳で「僕、できるよ!」とたくさん聞かせてくれることでしょう。


所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

No.705 COMPASS大野城 お友達の節分、それから・・・

No.705 COMPASS大野城 お友達の節分、それから・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
大野城の節分ですが、昨年までとはちょっと違います。

せつぶん3.jpg

こちらが昨年の節分の様子ですが、お友達、実はあまり表情が冴えません。
はしゃぐ訳でもなく、怖い鬼になった先生が現れても、ピンとこないのか無反応に近い状態でした。

CIMG1006.jpg

豆をまく様子も、そう言われたのでやっているという感じ。
それが、今年はどうでしょう!?

image001.jpg

先生扮する怖い鬼が登場するや否や「きゃああああ!」っと叫ぶお友達。
次の瞬間、何と「逃げろー!」と走っていくお友達!

35e2aaa6e488b206bcb2a0f2b0597d8b_s.jpg

無表情で無反応に近かった昨年とはどのお友達もまるで違います。
イベントを楽しみ、自分から発信し、積極的に参加している様子に先生の方が驚かされます。

名称未設定 1.jpg

さらに今年は何とナイト(=騎士)も出現したようです。
迫り来る鬼から、女の子をかばって男の子が前に立ちはだかりました。

3ddda4ae39db931b4cdcc5311d50fa56_s.jpg

豆を礫のようにぶつけて鬼退治!(先生はちょっと痛いけど)
男の子、なんてカッコいいんでしょう!!

IMG_20190118_141241.jpg

でも、流石に顔は引きつっていましたが・・・・
大野城は保護者との交流、地域との交流をとても大事にしています。
普通の家庭では、多分ご家族やたまに親戚の方に会ったりするのが交友関係の一般的な距離感だと思われます。
e4a5bf406feafde792ff41b7bca459cb_s.jpg

ですが、大野城ではイベントごとに色々なゲストをお招きしたり、ご家族と一緒にイベントを企画したりとアットホームな触れ合いが特徴。
毎日のCOMPASSで出会うお友達だけでなく、色々な人が関わり、一緒に頑張ったことがお友達の社交性を大きく成長させてくれたのではないでしょうか。

IMG_20190118_141241.jpg

お友達は、節分に先立って鬼のお面をモチーフにした工作や、豆を入れるお手製の可愛いマスも作っていました。
初めの頃には言われるままに、ただ作業をして作るというお友達も多かったのですが、今では同じ素材でこんなに個性があふれています。

IMG_20190128_101921_1.jpg

鬼のお面は、お友達がおしゃべりするかのように何か言いたそう。
楽しい季節のイベント、そこから確かに、それから大きく成長したお友達。
ずっとずっと忘れない思い出はお友達の成長の歩幅を大きくしてくれているのかもしれません。


所在地:〒816-0982
    福岡県大野城市畑ヶ坂1-10-22
連絡先:092-586-7328
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

No.704 COMPASSしまんと 読書が導くお友達の未来

No.704 COMPASSしまんと 読書が導くお友達の未来

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASSしまんとでは、よく希望するお友達と一緒に図書館へ出かけます。
この日も近くの私立図書館へ連れ立って出かけました。

スクリーンショット 2019-02-05 11.57.15のコピー.jpg
図書館に関する情報ポータル
画像をクリックすると、サイトをご覧いただけます。

2013年の国立青少年教育振興機構の調査で、子供の頃の読書週間は大人になってどのように影響するかがまとめられています。

一部抜粋でご紹介すると・・・
<成人調査の結果>
(1)読書が好きな成人は約60%であり、1 か月に1 冊以上本を読んだ成人は約70%である。
(2)子どもの頃に「本を読んだこと」や「絵本を読んだこと」などの読書活動が多い成人や、現在までに「好きな本」や「忘れられない本」があると回答した成人は、1 か月に読む本の冊数や1 日の読書時間が多い。
IMG_20181215_154926.jpg

(3)子どもの頃に読書活動が多い成人ほど、「未来志向」、「社会性」、「自己肯定」、「意欲・関心」、「文化的作法・教養」、「市民性」のすべてにおいて、現在の意識・能力が高い。特に、就学前から小学校低学年までの「家族から昔話を聞いたこと」、「本や絵本の読み聞かせをしてもらったこと」、「絵本を読んだこと」といった読書活動は、成人の「文化的作法・教養」との関係が強い。子どもの頃の読書活動と体験活動の両方が多い成人ほど、現在の意識・能力が高い。

IMG_20181215_160400.jpg

(4)子どもの頃に読書活動が多い成人は、子どもの頃の体験活動も多い。
(5)子どもの頃に読書活動が多い成人ほど、ボランティア活動に参加したことがある人の割合が多く、また、読み聞かせを行うなど、読書を通した子どもとの関わりが多い。

IMG_20181215_154922.jpg

このアンケートによる結果では、読書習慣があり色々な体験をした子どもは、大人になって思考や能力、社会性には大きく影響が見られるようです。
一般企業でも「本を買う人」には意欲的で前向きな思考性の人が多いことから、書店の前で案内や募集が行われることも知られています。

IMG_20181215_160214.jpg

「図書館に行く?」と、課題の終わったお友達に声をかけたとき、お友達はみんな「行きたい」と申し出ました。
子どもは順応性があると言いますが、お友達は最初そんな積極性は顕著ではなかったと言います。
課題に取り組むの様子にも集中力が芽生え、きちんと自分の言葉で意思を伝えられるようになったお友達は特に積極的です。

IMG_20181215_154528.jpg

もちろん、図書館でのマナーや注意事項(大きな声を出さない等)を伝えています。
今日も約束を守り、騒ぐことなくそれぞれ読みたい本のコーナーへ。

IMG_20181215_154521.jpg

みんな静かに好みの本を選び、数を数えて、カウンターでカードを出し、本を借りる練習をしました。
一通り手順を覚え、やってみて、自分で借りたい本を借りることができたお友達は、嬉しそう。
自分でできたことが、ちょっぴり誇らしい気持ち。
大事そうに本を抱えてCOMPASSへ。

IMG_20181215_160701.jpg

お友達の想像力は無限大。
読書は、言葉の持つ力を学び、心を育む素晴らしいものです。
みんな一緒に、時には休憩時間に一人で本をよくお友達
果てしないイメージのその先へ、感動や喜びのキラキラしたかけらを紡ぎながら、確かにお友達を成長へと導いています。

所在地:〒787-0013
    高知県四万十市右山天神町4-31
連絡先:0880-34-8328
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

No.703 COMPASS丸亀Link 個性の光る鬼の面

No.703 COMPASS丸亀Link 個性の光る鬼の面

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀Linkでもお友達の節分が賑やかにやってきました。
COMPASSでは出来るだけ季節感を楽しんでもらうために年間行事を積極的に取り入れています。
これは日本の伝統を体感し、経験から理解し、アイデンティティの確立にも役立つものです。

IMG_20190123_163054.jpg

お友達は近い将来、地域の一員となって、地域の方に支えられ、また支え合い、人生を築いていくことになります。
学校やCOMPASSを卒業し、地域に帰っていくときにこういう行事の体験はとても役に立つもの。

IMG_20190123_171652.jpg

今回は先生の発案で、鬼のお面を作って節分気分を盛り上げようということに。
材料は紙の皿、毛糸、画用紙など簡単なものです。

IMG_20190123_164927.jpg

お友達には一つづつこの面を作ってもらって、Linkの壁を飾ることにしました。
みんなそれぞれ材料を受け取り、思いおもいに顔を書き込んだり貼ったり、角を生やしたりしています。

IMG_20190123_163103.jpg

同じ材料なのに、どこか作り手のお友達に似たところもある鬼たち。
出来上がりを見せ合って、にこやかに談笑。

名称未設定 1.jpg

お友達はずいぶん成長し、この1年で思いやりを学びました。
みんなで活動するときは、自分の作業が終わっていても、まだの仲間を待っていてあげることができるように。

IMG_20190124_172252.jpg

プリントや宿題も集中して、スムーズにできるようにもなりました。
身の回りを綺麗に整えたり、オシャレも楽しいと思えるようになりました。

IMG_20190123_172246.jpg

一人一人の個性が、制作された鬼のお面にもキラッと光る輝きが見えます。
個性的な鬼たちが飾られたLinkの壁には、お友達がそのままおしゃべりし合っているかのようです。

c87248bf26f2fb775ce94cb328941d47_s.jpg

・・・鬼は外、福は内・・・
このまま健やかに、優しく、思いやりのある大人に成長していってくれますように
そんなことを願いながら節分の準備をする先生たちでした。

所在地:〒763-0072
    香川県丸亀市山北町465-1
連絡先:0877-43-7328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

No.702 COMPASS高松 お友達の命と未来を守るために

No.702 COMPASS高松 お友達の命と未来を守るために

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松でも地震を想定した避難訓練が行われました。

スクリーンショット 2019-02-03 21.47.31のコピー.jpg

地震はいつ起きるかわかりません。
首相官邸のHPによると、

”地震による被害には、津波を除けば、建物倒壊、火災の発生、土砂崩れ、液状化現象などがあります。
また、過去の震災では、以下のような災害が発生しました。

5bbe3f02eef535ba7cf71729e1f4ed4d_s.jpg

関東大震災
炎を巻き込んだ竜巻状の空気の渦が発生し、大きな被害をもたらす火災旋風が、その猛烈な炎と風によって急速かつ広範囲の火災延焼を引き起こしました。

S__13549572.jpg

阪神・淡路大震災
神戸市中心部で大規模な火災が発生。
また、住宅が倒壊するなどの被害が出ました。
そのため、道路が通れなくなるなど交通障害が生じました。

2.jpg

東日本大震災
震度7を観測した地域だけでなく、長周期地震動により、震源から遠く離れた大阪市などの高層ビル上層階でも大きな揺れなどが起きました。
また、東京湾岸地域では液状化現象により大きな被害が出ました。”

S__13549578.jpg

避難についても触れられていて、
”家具の移動や落下物から身を守るため、頭を保護しながら大きな家具から離れ、丈夫な机の下などに隠れる
あわてて外に飛び出さない。
料理や暖房などで火を使っている場合、その場で火を消せるときは火の始末、火元から離れているときは無理に火を消しに行かない。
扉を開けて避難路を確保する。”
と書かれています。

S__13549576.jpg

スタッフには、守るべき命があり、持ち出さなければならない書類もあります。
正しい手順、段取りと、迅速さ、そして冷静さが要求されます。

今回の避難訓練は「すわ地震!」という状況から手順通りにまず頭を保護し、屋外の駐車場へ避難するというところまでの一連の流れ。

S__13549575.jpg

ただ、今回の訓練では、先生には少し心配がありました。
この日参加するお友達には「やりたくないことは是が非でもやらない」というこだわりの強い面がありました。
そして「突発的なことに順応するのも苦手」という側面も持っていました。
COMPASSに通って来るようになって、最近ではそんな面を見せないように成長してはいましたが、果たして日常とは異なる今日のような緊張した状況に対応できるのでしょうか?

S__13549577.jpg

それでも、だからこそ命と未来を守るため、こんな緊迫した状況に慣れておくべきだと判断しました。
さて、訓練がスタートしました。
地震です!の声とともに、机の下に潜って頭を保護、出入り口を解放し、ブレーカーを落とす。
揺れが収まるのを待って、迅速に外へ・・・そこで点呼。
お友達は先生たちの緊迫した動きと、普段聞かない大きな声にびっくり。
戸惑いを見せてはいましたが、驚くほど素直に従い、自分から手を出して嫌がらず抱えられて外へ。

S__13549573.jpg


暫くはしっかりと先生にしがみついていましたが、少し経つと落ち着いて笑顔に。
これまでだと考えられないことです。
頑張ったね、と声をかけて室内へ戻ると、すぐに気持ちも切り替わったようで笑顔で午後の活動にも参加できていました。
少し前だと、こんな風に緊急時の指示に従うことや、すぐに切り替えることはできませんでした。

S__13549581.jpg

お友達のキラッと光る成長が垣間見えて、手応えを感じられたことは訓練の成功以上に大きな収穫でした。
毎日の積み重ねで、明らかな変化を見せたお友達。
繰り返すことが成長に欠かせない大事なことなのだと、改めて考えさせられた1日となりました。

所在地:〒761-8081
    香川県高松市成合町731新井ビル1F
連絡先:087-870-4808

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

No.701 COMPASS諫早 日常の奇跡へ・・・

No.701 COMPASS諫早 日常の奇跡へ・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
今日ご紹介するお友達は、COMPASS諫早のオープン時から通っている高校1年生の男子です。
それまでにも放課後等デイサービスの利用経験はあるものの、長く通ったことはなかったそうです。
そのお友達の1番の困りごとは「コミュニケーション」。

3bda52bfb92ba6671900fe60b8a9ae0e_s.jpg

字を読んだり書いたりするのは自分のペースで行えるのですが、我が子の声を、もう何年もお家の方も聞いたことがなかったと言います。
話せないわけではなく、蚊の鳴くような小さな声で「・・・・」といった具合なので、会話の相手は「え?、今なんて言ったの?」と聞き返されてしまう。

80dfb3f03be127d66e6422785d6b684c_s.jpg

何度も何度もそういうことがあり、やがて一言も話せなくなって行きました。
これまでそんな辛い思いや、傷つけられた経験をたくさんしてきたお友達ですから、最初は週に3回。
やっとの思いでCOMPASSにも通ってきていました。

f87d8915b6e936a8b1e8691d821f4a17_s.jpg

10月
手探りで始まったお友達のCOMPASS。
先生は、他のお友達と関わらない環境の個室でその子に合った課題を一緒に取り組むことから始めました。
お友達との意思疎通の手段は全て筆記だけで、言葉はおろか、声を聞くこともやはりありませんでした。
指導中も、決して先生の顔を見ようとはしません。
たまに目が合っても、お友達はすぐに目をそらしてしまいます。

0e937afcdefe3bb956abaeeadb0ef294_s.jpg

11月
本読みの練習でも、先生が1行読み、次の行はそのお友達の読む番ですが、文章を指で追って、口は動いていますが黙読です。
実際2ヶ月間は、集団活動はおろか、レクリエーションに参加する様子も見られませんでした。
COMPASSに来て、個室の沈黙の中で過ごし、帰宅するという日々が続きます。
それでも先生は辛抱強くお友達の羽化を信じて待っていました。

ebbc41157c00aef8dd1bfb28944df336_s.jpg

12月
イベントで生け花の体験を行う機会がありました。
並べられた花々を見て、そのお友達は珍しく「やりたい」と意思表示を見せました。
みんなと一緒の空間で、みんなと同じように先生の手を借りながら、綺麗に生け花に取り組みます。
「お花、好きなの?」と尋ねるとうなづくお友達。
「ここはこう、こうやってね。」と先生が手を添えても嫌がることはなく、素敵な作品が完成しました。
「綺麗だね!」という話しかけに、お友達はうなづいて笑顔を見せたと言います。

S__21962782.jpg

それから、少しずつCOMPASSの先生とも、お友達とも少しずつ心を通わせる様子が見られてきました。
一役買ってくれたのがCOMPASSの小さなお友達。
児童のお友達は、休み時間となると、もうお構い無しに高校生のお友達に近寄り、話しかけてきます。
行き帰りの送迎車の中でも、黙って聞いてくれる優しいお兄ちゃんができたとばかりに、ずっとおしゃべりが続きます。
そんな光景がだんだん当たり前のようになってきました。

S__21962792.jpg

1月
保護者の方から本人の強い希望でCOMPASSに毎日通いたいと申し出を受けました。
保護者の方はこれまで放デイは続いたこともなかったし、まして毎日行きたいだなんて、とても驚いたとおっしゃっていました。
それからは先生が判断し、もう個室での指導をやめ、たくさんのお友達で賑やかなホールでの学習に切り替えました。
ですが、衝立でお友達が安心できよう配慮はしてあります。
ここから一気にお友達の笑顔が増えてきました。

そして、
奇跡は突然やってきました。
月末に学校行事で「職場見学会」の会社へお邪魔したときのこと。
会社の方に、学生たちが一人一人自己紹介をする中で、次は彼の番・・・。

そこで、お友達ははっきりと、
「僕は、〇〇〇〇です。よろしくお願いします。」
と挨拶をしたというのです。

a265665fec5363f674d5b8ccd1adb0df_s.jpg

引率した先生も、同級生も、誰もが目を、耳を疑いました。
何しろ入学以来、初めて彼の声を聞いたのです。
それがこんな立派に挨拶ができ、よろしくお願いしますとまで言えたなんて・・・!


b04ffc7ecfb43c7200c4b6436fbf9aee_s.jpg

この日、数名のお友達とは話をしている姿も見られたと言います。
挨拶はCOMPASSの基本で、毎日どの子も来所時、退所時には必ず行うものになっています。
それをきっと毎日毎日お友達は見てくれていたのでしょう。
興奮冷めやらぬ学校の先生からも、保護者の方からもとても驚きと感謝の言葉をいただき、COMPASSの先生も込み上げるものを抑えることができませんでした。

d1de2923d98c25a64f3b9a79dacd4de4_s.jpg

どのお友達も変わりたいと思っているはずです。
私たちはそんなお友達の伴走者となって、信じて寄り添い、支え、共に未来を目指します。
自分の力で、一つ殻を破ったお友達。
その瞳には、今どんな新しい景色が写っているのでしょうか。


所在地:〒854-0041
    長崎県諌早市船越町891ー2
連絡先:0957-56-9328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 17:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

No.700 COMPASS本部教室 お友達の自信に繋げるために

No.700 COMPASS本部教室 お友達の自信に繋げるために

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS本部教室では4年前から珠算と暗算を療育に取り入れて、素晴らしい成果を上げています。

DSC00320.jpg

こちらの写真は昨年の合格証書を手にニッコリのお友達。
自身に溢れた笑顔が素敵です。

DSC00322.jpg

どちらも希望するお友達に対して行われているもので、毎週月曜日と木曜日に外部から先生に来ていただいて指導を受けています。
COMPASSで珠算を取り入れた理由の1つには、ちょうど小学校で繰り上がり、繰り下がりの課題が出た時につまづく友達が多かったことが上げられます。

292396.jpg

操作性(おはじきなど反具体物を実際に動かして行う)指導では理解しても、実際の筆算ではどうしても躓いてしまうお友達。
そこで算盤という手段を導入してみます。
指で操作して自動的に解答を求めるという作業を取り入れてみたところ、数への理解に飛躍的な成長がみられるようになりました。

DSC00323.jpg

COMPASSでは、お友達が「目標」を持ち、自分で決めた目標を達成することで最高の達成感を得られ自信に繋がるので、算盤においても目標を設定してもらっています。
算盤では、現在7名の小学生が算盤を習っていますが、2月上旬の珠算検定に向けて頑張ってくれています。

DSC00318.jpg

全員15級から初めて少しずつ上位の級へ上がっていき、何と3級を目指すお友達も出てきました。
1年前に算盤を始めたお友達は、9級を目標にしていますが、先生の予測では今回9級に合格して、4月には8級を受けられるだろうとのことです

DSC00320.jpg

算盤は一つのきっかけを作ってくれました。
「やればできる」を体感したお友達は、他のことにも積極的になり、ずいぶん変わりました。
自信はお友達を変え、集中できることも多くなって数の認識が強くなっただけでなく色々なことを積極的に取り組んでくれるようになりました。

DSC00397.jpg

お友達にとってベストな方法は何だろう?
お友達が興味を引いて、自信を持てるのはどんなことだろう?
それは算盤?工作?それともお話を作ること?絵を描くこと?

0a82a3d77ef3c004fcb0ae5152898473_s.jpg

やらなければならないこと、学ぶべきことの前に、お友達が笑顔で取り組める課題とは何なのか?
COMPASSではいつもお友達のキラッと光るかけらを輝きに導く方法を探り続けています。

・・・・・・・・

最後に、算盤でのこれまでの頑張ったお友達の成果をご紹介いたします。
  • 小学6年生  4級  →  現在3級勉強中
  • 小学4年生  4級  →  現在3級勉強中
  • 小学5年生  5級  →  現在4級勉強中
  • 中学1年生  7級 
  • 小学3年生  7級  →  現在6級勉強中
  • 小学5年生  8級  →  現在7級勉強中
  • 小学3年生 10級 →  現在8級勉強
  • 小学1年生 15級 →  現在9級勉強中

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg