2020年02月29日

No.1011 COMPASS中讃センター 本当はお喋りだったお友達

No.1011 COMPASS中讃センター 本当はお喋りだったお友達

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
早いもので中讃地区COMPASS児童発達支援センターがオープンして来月で10ヶ月。
お友達はその前から同じ地区のCOMPASSに通ってきていました。

B07D97BE-F866-4385-86B1-FC18AED8D5C7-L0-001.jpg

いつもニコニコと、とても可愛い笑顔を見せるお友達、ひらがな50音はほとんどスラスラと読めています。
カタカナは半分くらい理解できていて、通ってくるたびに「わかった!」がどんどん増えてきているそうです。

名称未設定 1.jpg

今では想像もつきませんが保護者様は積極的に拘ろうとしないお友達を心配されていました。
そして「自分をもっと出せるように、お喋りをたくさんできると・・・綺麗な発音も身につけて欲しい。」
言葉を得て、会話ができる様に願いCOMPASSの療育がスタートしたのは2年半前のことでした。

689FD16B-1C1B-4530-8ACB-917E4ABFC293.jpg

勿論最初は着座ができず、集中にも欠け、決してお勉強が大好きだったわけではありません。
苦手なことはイヤイヤだったし、やりたくないと拒否する場面もありました。
指導する側が決して諦めないこと、無理強いしないこと、信じて、信じ抜いて関わる毎日です。

93D54ECF-DCEE-4CD8-A588-34195DA121C7.jpg

繰り返し、繰り返し、小さなお友達は絵カードや、絵本、あいうえお表、ボタンのつけ外し、紐通し・・・
お弁当を持参して、日々箸やスプーンの持ち方が今よりも上手になるように実践です。
あらゆる機会を見逃さず、会話を促し、できては褒め、笑顔を誘います。

92925D7D-ED37-42CC-BFFF-481C37330AB4.jpg

やがてお友達は大好きな絵本やカードなどを通して文字に興味を持ち、次第に面倒そうだった「ひらがな」は殆ど読めるようになりました。
お友達はCOMPASSの先生のことも大好きです。
その大好きな先生に聞いて欲しいという気持ちが溢れそうで、それが言葉の成長に繋がっています。
少しだけ大きくなったお友達は、もうお家のこと、幼稚園の出来事を一生懸命キラキラの瞳と言葉でお話しをしたくてたまりません。

ADC80563-A5DC-4425-85CC-ED22D0D9B3E5.jpg

最近では疲れたり、気が乗らない時は舌足らずですが随分お姉さんの言い方で「やりたくない!なぜこれをやらなくちゃいけないの?」など成長を伺わせる文句が飛び出すこともあります。
3C733893-A57F-4266-AE79-B75A14402954.jpg

苦手な巧緻性の指導を促すと、指先がスムーズにテキパキ動くまでには至りませんが、お友達のペースでゆっくりであればボタンのつけ外しやひも通しなど細かい作業もできるようになってきました。

DB4B5AC7-B8C5-45C4-9961-27B357EDB23E.jpg

そろそろ、お友達にも次のステージへの扉を開けてあげたいとCOMPASSは考えます。
実はお喋りさんだったお友達、これからは先生だけではなく他のお友達とも関わり、一緒に遊んだり、楽しいお喋りを促して、集団の中で今よりもっともっと楽しく過ごせるようになって欲しいと願っています。
絵本の大好きなお友達ですから、発語を明瞭にするために絵本の音読を楽しみながら、発音・発声の練習をスタートさせていきます。

所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先:0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

No.1010 COMPASS岡山ふれんず COMPASSを卒業します!

No.1010 COMPASS岡山ふれんず COMPASSを卒業します!

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
今6歳のお友達は、平成29年6月から通い始め、今月で2年8ヶ月になります。

S__166944777.jpg

当初、お友達は落ち着かない、切り替えが中々できない、我慢できない、思い通りにならないと苛立ちが抑えられず、お友達を叩いてしまう・・・
お休みでお家で過ごす時・・・そして平日に保育園に行くことになると切り替えられずに混乱し、泣いて過ごしていた時期もあるのだそうです。
お友達自信の苦しさは勿論ですが、同時に保護者様の日常の大変さが伝わります。

S__166944775.jpg

保護者様の感じられていた凸凹のお困りごとの解消を少しでも軽く、お友達の未来を明るいものにと願い、COMPASSはスタートします。
COMPASSでも自分のやりたくないことは頑なに拒否し、お家のトイレにもいかないお友達。
身辺自立、着座して課題に取り組む集中力、人のお話を聞くこと、気持ちをわかろうとすること、譲り合うこと・・・
不安そうな瞳を向けるお友達が学ぶべきことはたくさんありました。

S__166944778.jpg

COMPASSでは、慎重に関わり、お友達の理解者になり、未来を描けるようにと課題が設定されました。
まずはお友達は乗り物が好きなので、絵本やカードをつかいながら療育を行い、長く着座ができるように導きました。
道具を使うこと、文字を書くということが苦手だったことから、なぞりやお絵かきも含めて書くことに自信を持てるよう課題を組み込みます。
また、お弁当を食べるときにお箸の練習をしたり、療育の中でも練習していくことでお箸も上手になるように練習しました。

S__166944781.jpg

成長は人との関わりがとても重要な鍵。
しっかり関わる中で、時間をかけて、少しずつ、少しずつお友達は変化を見せてきました。
課題に取りくみ、その間ずっと集中し、着座できるようになってきました。
以前よりは切り替えも早くなり、苦手だった書くことも、お箸使いも上手になりました。
集団での学びから、遊びのルールを守り、友達と仲良く遊べるようになり、トラブルも見られなくなりました。

S__166944773.jpg

落ち着かず、不安を浮かべた瞳を持つ子どもは、もういません。
2月いっぱいでお友達は受給者証を返納し、COMPASSも卒業となります。
少し寂しくなりますが、明るい春の日射しの中新たな未来へと歩み始めるお友達の背中は「大丈夫、できるよ!」と言っているようでした。

所在地:〒700-0921
    岡山市北区東古松3丁目4番14号
連絡先:086-222-0178
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

No.1009 COMPASS松山 世界に溢れるたくさんの・・・

No.1009 COMPASS松山 世界に溢れるたくさんの・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS松山にお友達がやってきたのは昨年の11月。

IMG_20200124_163026.jpg

保護者様の気がかりは「言葉によるコミュニケーション」
発語が少ないので発する語が一音でも増えて欲しいと願う保護者様。
いずれ社会に旅立つ娘を想い、誰にでも助けを求められるように、関わることで喜びを味わって欲しい。
そのためにコミュニケーションを少しずつでも身につけて行ってくれたらと・・・

IMG_20200124_162954.jpg

COMPASSで過ごす様子を見ていると、発語はほとんど無いものの、伝えたいことは身振りや手振りで伝えようとしています。
初めは一定時間椅子に着座することも出来ず、泣いて嫌がることもしばしばでした。
モノへのこだわりがあり、その頃は紐がお気に入りで、しばらく握ることで少し落ち着いて過ごすことが出来るといった様子を見せていました。

2.jpg

通い始めから数えて3ヶ月。
COMPASSに通うことが日常的になり、ようやく挑戦する気持ちを表すようになってきたお友達。
慣れなかった個別の部屋での療育も今は嫌がらず頑張っています。
着座時間も少しずつ長くなり、今では30分程度の個別療育が出来るようになりました。
「あいうえお」の発声練習では、口の形を真似て積極的に声を出すお友達。
一部の食べ物カードの「もも」「かき」「バナナ」などは繰り返し行う中で明瞭ではないものの少しずつ発音できるようになってきています。

3.jpg

会話、コミュニケーションの機会を狙い色々な語り掛けを行います。
職員と大好きな「パプリカ」「さんぽ」「手をたたきましょう」「グーチョキパーでなにつくろう」「あたまかたひざポン」などの歌や手遊びなどを通してコミュニケーションを繰り返します。
次第に笑顔も増え、リズムに合わせて手を叩いたり、職員の歌に合わせて何音か声が出たりと少しずつ成長が見られる様になってきました。
IMG_20191226_150219.jpg

他のお友達との関わりはこれから進むステップです。
人見知りだったお友達ですが、みんなの近くで過ごしたり、顔をチラッと見たりといった様子が見られる様になってきています。

1.jpg

自分から関わる基本を育て、無理強いせずに、少しずつお友達への興味関心を深めていきながら、人と関わる楽しさや喜びを感じられるようにと願っています。

IMG_20191224_132443.jpg

「できないから嫌い、嫌いだからやらない」というマイナスの流れから、今お友達の成長は「できた、やれる、もっとできるよ!」という前向きのレールにシフトチェンジしています。
世界はカラフルで、驚きと、もっと楽しいことがいっぱいで・・・。
きっとお友達の今が繋がっていく未来は美しいモノたちで溢れていることでしょう。

所在地:〒791-8034
           愛媛県松山市富久町300-2
連絡先:089-989-8138

(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

No.1008 COMPASS高松Jr お友達、新たな船出へ

No.1008 COMPASS高松Jr お友達、新たな船出へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松Jr.に通うお友達は年長さん。
昨年の6月からCOMPASSにやってきました。

49787_0.jpg

保護者様の語るお友達の困りごとは「言葉でのやりとりが苦手、テンションが上がると行動のコントロールができなくなる。」ということ。
そして「集団活動に参加したり、ルールのある遊びを友達とするなかで、社会性やコミュニケーション能力が身についてほしい」と願いを語る保護者様でした。

3.jpg

最初の頃、お友達とは目も合わないことが多かったそうです。
小さな音に敏感に反応するデリケートな部分を見せるかと思えば、空気を読むというか、状況は全く考えることなく自分のしたい話を始めると、人の話を聞く様子はありません。
コミュニケーションを取ろうとして、話しかけても問いに対する的確な返答はなく、的外れの会話となるのだとか。
着座も続かずソワソワ、自分の目についたことにまっしぐらです。

1.jpg

そこに確かに存在しているはずなのに、自分だけの船に揺られているかのようなお友達。
個性を伸ばし、凸凹をなだらかにと、COMPASSはお友達のために課題を決めます。
COMPASSの基本はまずご挨拶。
そこで挨拶と会話、応酬話法で質問への回答を練習するなどコミュニケーションを多くとることに。
「やればできる子」のお友達、でも制御ができません。
学習の課題でも、楽しみなおやつのときでも、静かタイムでも・・・
どんな場面もまずお友達の課題は「よく見て、合わせる」ということ。
場面に応じた行動や声のボリュームなどを考えられるようにと、毎日、何度も何度も声をかけていきます。

49789_0.jpg

月日が経つにつれ、だんだんとお友達の様子に嬉しい変化が現れてきました。
一番大きな変化は「気付き」です。
自分一人の船から降りて、お友達は周りを見ることも、聞くこともできるようになってきました。
でもしっかり課題に集中しているときには、聞こえてくる物音や他のお友達の様子が気にはなるものの、以前よりは気が散ることもなくなってきたそうです。
先生の目をじっと見つめてはいられないけれど、声をかけられたり、伝えたいことがあるときにはちゃんと目が合うようになってきました。

2.jpg

実はお友達の鉛筆の持ち方は独特で、人差し指と中指の間に挟んで持つという強い癖がありました。
姿勢も勿論ですが、鉛筆の持ち方は字を書く上で大事な基本です。
気付きを得たお友達は、正しい持ち方をしようと意識しながらひらがなの練習です。
最近始まった課題の「日記」も、お友達は正しい持ち方を意識して書こうと頑張っています。

3863884c2b3f0e5547ee132feaeb33b0_s.jpg

一つ一つ課題をクリアしてきたお友達、
次の課題を目を逸らさず見つめる瞳は、どんな輝きを放つのでしょう。
すでに次のステップへと、どうやらお友達は新たな船出を迎えたようです。

所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 U 号棟
連絡先:087-864-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

No.1007 COMPASS大村 芽ぶきを待って・・・

No.1007 COMPASS大村 芽ぶきを待って・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
コンパス大村のお友達、昨年の夏から通い始め、7ヶ月目を迎えました。

261.jpg

とても優しい保護者様から託された願い
それは「読み書きが出来るようになってほしいです。ご挨拶もきちんとできるように、それから慌てずに落ち着いて行動してほしい。」
どれも我が子を想う愛情いっぱいの願いです。

262.jpg

足りない何かを足していくのではなく、お友達の中に眠っている成長のたね。
その芽ぶきを願い、COMPASSの毎日が始まります。

263.jpg

しかしながらお友達の成長は堅い甲羅に覆われているかのようでした。
ソワソワと落ち着きが無く、衝動的に動き出す事が多く、決められた時間の着座ができません。
言葉をあまり発することが少なくて意思疎通が上手くいかず、他のお友達とトラブルになることも。

名称未設定 1.jpg

先生は度々声掛けを試みるのですが、全く反応がないので理解出来ているかわからないという状態が続いたと言います。
それでも諦めないCOMPASSの療育。
繰り返しひらがなや数字の学び、会話を促す毎日が続きます。

240.jpg

少しずつ、本当に少しずつお友達のタネが芽吹きの予感を感じさせてくれるようになってきました。
簡単なひらがなは読んだり書いたりできるようになりました。
また、苦手だった数の認識も指を使えば答えられるようにまで成長を見せてきました。

238.jpg

実はお友達はひょうきんな一面もあり、時には、ミッキーの声真似をしながら楽しく返事をしたり、職員を楽しませようと変顔をして先生を笑わせようとするのだとか・・・。

260.jpg

「知らない内に読み書きが出来るようになって・・・」とお母さんから成長を感じられると喜びの報告をいただきました。
今、お友達はまだ崩れやすい姿勢で読み書きにも偏りがある状態です。
これからは正しい姿勢で着座が出来るようになり、ひらがなの完全な習得を目指します。

1.jpg

お友達には個別だけでなく、意思や想いを言葉で表現すること、そして遊びや活動を通してルールを理解し、守れるようにと新しい段階へのプログラムがたくさん待っています。

2.jpg

季節は雪解けから日射しあふれる春へと移り、お友達の芽ぶきも、もうそこまできていると感じられる今日この頃です。

所在地:〒856-0832 
    長崎県大村市本町259-1-2F
連絡先:0957-54-3288
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

No.1006 COMPASS丸亀NEXT 1年で印象の変化もまた

No.1006 COMPASS丸亀NEXT 1年で印象の変化もまた

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀NEXTに通うお友達はグングン伸びる様子を見せています。
COMPASSに通い始めてから1年半近くです。

5356.jpg

最初の頃のお友達は小さな声、一人で過ごす、自主的な挑戦が難しいという印象でした。
保護者様も、やがて迎える進学に向け、言葉を得て、会話を楽しんで欲しい。
少し自立して欲しいと保護者様も願っておられます。
お手伝いをしなくても一人で食事を食べられるように、トイレも一人でできるようにと。

5357.jpg

COMPASS丸亀NEXTは、運動遊びで成長を促すのが得意。
そこでお友達にも色々な運動のプログラムを取り入れたプランを考えました。
体操、飛び石、壁タッチ、色当て、ぞうきんウォーク、クマ歩き、ストレッチ、指先を使った遊び(スプーンすくいなど)、バランスボール。
そして座学でのコイン落とし、数字カード、ことばカード等を個別で挑戦です。

5360.jpg

お友達は最初から泣いたり動揺を見せることはほとんどありませんでした。
一方、体を動かす活動にはあまり慣れていないようで、飛び石やバランスボール等では、困ったような不安な表情を見せます。
少しずつ運動に慣れていくと同時に繋がっていくお友達の頭脳と体と心。

5358.jpg

当初から発語も無く、時々笑顔を見せることはありましたが、ほとんどの場合固い表情。
語彙数が不足しているだけではなく、気持ちをオープンにすることそのものが苦手。
思いを言葉に変換して、相手に伝える、言葉を返すというコミュニケーションは一気に流灯にとはいきません。

くま.jpg

来る日も来る日も、練習、練習、練習の毎日です。
やがで少しずつ変化が見られるようになりました。
ことばカードでは「ぞう」「いぬ」「りんご」等、先生の発音する言葉をしっかり聞いてお友達も復唱しながら口にします。
綺麗に言えたら「そうそう!できたできた!!」と手放しで褒めてくれる先生の笑顔に褒められたお友達の笑顔が解けます。
それがだんだん自信につながったようで、最近では、周囲が驚くくらい大きな声でカード類の読み上げをする姿が見られるようになりました。
壁タッチ.jpg

色々な経験から言葉の理解も身についてきて、コイン落としや色分け、ことはカードにも集中し物事に意欲的に取り組む姿を見せるお友達。
数字の理解も10まで進み、順番に並べることができるようになりました。
トイレのトレーニングも頑張るお友達。
促しがなくても自主的にトイレに立つこともあり、殆どの確率でタイミングがバッチリで成功できているそうです。
5361.jpg

この1年半あまりで、元気な声、ニコニコの笑顔、みんなと仲良く、キラキラした瞳で元気いっぱいという印象に様変わりしたお友達。
描いたイメージは素晴らしい成長の姿となり、確かに明日の成長へと繋がっていきます。

所在地:〒763-0082 香川県丸亀市土器町東5丁目220
T E L :0877-35-7218
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

No.1005 COMPASS観音寺 もっともっと💮な毎日で

No.1005 COMPASS観音寺 もっともっと💮な毎日で

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
お友達はCOMPASS観音寺ができた頃から通い始めて2年半ほどになります。
そろそろ社会へ旅立つ準備が必要となってきたお友達、かねてから保護者様が願われていた「身辺自立と学ぶ姿勢、時間の把握」に応えようと、今一生懸命に頑張っています。

時計B.jpg

通い始めた頃は集中が続かず、字を読むのも書くのも、ノリノリで!というわけにはいきませんでした。
特にプリントを見せると「難しくて苦手」というネガディブな気持ちになってしまうのか、少しのつまづきで学習意欲が切れてしまいます。
鉛筆を持つ=それは嫌いな学習というイメージがある様でした。

平仮名B.jpg

そこで「書く」機会を勉強以外の場面で増やすことにしました。
例えばカレンダー作りや製作など、鉛筆やペンで線を引いたり、絵を描いたりする機会が増えると、お友達にとって楽しく取り組むことができて、そのことが次第に学習への意欲につながっていきました。
あいうえおの絵本を見ながら指でのなぞりがきを行ったり、直線・曲線・ジグザグなどの運筆。
数字や数量の把握は「1〜10までの数」の認知として、数を数える、数字をなぞり書きしながら覚える学習です。
数の獲得ができた次は、時計のお勉強を始めました。
数字を覚える際、丸の書かれたカードと数字カードを使い、数の順番・大小も学び、数字を唱和しながら、繰り返し取り組みました。

数のお勉強.jpg

数字がわかる様になった頃、時計と時間の課題は、自然に生活のなかで学ぶスタイルで工夫されました。
時間の感覚を掴むために「おやつ」「学習」「帰る時間」などの場面転換ごとに「長い針が6のところにきたらお勉強するよ。」といった声かけを続けます。
お友達は少しずつ時計を確認することが習慣になり、普段の生活の中で意識して時計を見るようになっていきました。
時計や時間は普通に身近にあるものとなり、数字への抵抗感が薄れていき、学習にも興味を持って取り組むことができ始めます。
座学での学びは、プリントだけでなく、小さい時計を活用し、短針と長針の動きをよく見て、時間を確認しながら取り組みます。
今では、“何時”といった大まかな時間は分かるようになり、次の目標は、“何分” を覚えることです。

時計@.jpg

書くことは、筆圧が弱く、手元を見ずに書こうとするため、線からはみ出すことが多かったお友達。
最近は平仮名のなぞり書き、特に名前の練習を頑張っています。
下書きがなくてもかける字が増えてきました。書き順も意識して書くことで、バランスよく綺麗に書けています。
上手に書けた文字にはいつも先生が花丸💮をつけてくれます。
するとお友達、花丸がもらえなかった字を見て「これは?こっちは花丸じゃないの?なんで?」と。
先生は「ここがもう少し長く(引っ張って)書けたら花丸💮だね。」と答えます。

平仮名B.jpg

するとすぐさま修正し「これでいい?上手に書けた?」と確認するお友達です。
先生は楽しくなって「すごく上手になったね!」と答えて大きな花丸をプレゼントです。
誇らしげなお友達、その笑顔はキラキラでとても嬉しそうだったとか。
その笑顔で、先生もお友達もまたニッコリ。

時計A.jpg

最近、お友達はCOMPASSに着くと「こんにちは」と挨拶した後は「今日は誰とお勉強するの?早くお勉強したいの!」とほとんど毎回言ってくれるようになりました。
療育中も意欲的に取り組むようになり、製作や季節の行事などの集団活動で個別の療育ができなかった日は「お勉強もしたかったのに。」と残念そうにするほどなのだとか。

平仮名A.jpg

ようやく雪解けの季節とも言えるお友達の意欲に応えられるよう、もっと💮でお友達の毎日を飾れるように。
でも今までと同じように、ゆっくりとそして確かな1歩1歩を二人三脚でこれからも歩み続けます。

所在地:〒768-0022
    香川県観音寺市本大町1673-3 本大マンション202
連絡先:0875-23-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

No.1004 COMPASS中津 1歩1歩、言葉と共に

No.1004 COMPASS中津 1歩1歩、言葉と共に

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津のお友達は4歳、通い始めてまだ4ヶ月。
お友達は発語がほとんどなく、新しいことやルールが苦手です。
保護者様も言葉に対するお悩みを語られ、人との関わりを学び、少しずつ身辺自立ができるようになってくれたら嬉しいんですが・・・と語られたそうです。

4554.jpg

利用開始当時のお友達は全く着座が出来ず、歯磨きをすることやトイレに座るのも嫌がり、すぐ泣いてしまいます。
自発的な発語もほぼなく「はい」とお返事するぐらいでした。

4552.jpg

何ができて、何ができないのか、それともやり方がわからないのか、何が好きで、何が苦手なのか・・・
先生達はじっと目を凝らしてお友達を見つめます。

4555.jpg

その結果、お友達はカラフルなクレヨンやシールを使う作業が好きなのだということが判明しました。
そこで会話の中で「あお」「あか」など色の学びやシール貼りを盛り込んだ課題を立案です。
だんだんお気に入りから、少しずつ課題の幅を広げていこうという計画です。

4556.jpg

どうやらお友達は先生の言うことは理解できているようです。
お友達に「『できました』と言って教えてね。」と促しますが、言葉は出ず、手をぱちぱちと叩き、OKのポーズで伝えるのみでした。
しかし、先生は決して諦めず、期待した反応は得られなくても語りかけを何度も何度も繰り返します。

4558.jpg

今日も「こんにちは!」先生がそう声をかけ、今日もお友達のCOMPASSが始まります。
COMPASSにきたらまず検温とトイレ。
その行動にも変化が見られ、一人で補助便座を置き、座れるようになりました。
楽しいお弁当の後の歯磨きは、指で磨く練習からスタートすると、少しずつ慣れて以前のように泣くことはなくなりました。

4557.jpg

楽しいお喋りを目指して今も発語の練習は続いています。
お友達のなかで色と名前の一致、動作と言葉の一致が確実に精度が上がってきています。
青色を「あお」と言い「ピンク」は「ピー」、数字も「いち」「に」など、少しずつですが、明瞭に発語が聞かれるように成長を見せています。
啐啄同期、教育のタイミングをよくそう呼びますが、まさに今、お友達の成長のタイミングです。

4553.jpg

保護者様と先生の愛情のクチバシでコツコツとお友達の硬いガードにヒビを入れ、お友達も外に出たい!と思ったら手を差し伸べる・・・そして一歩一歩より広く、より高い場所へ。
共に歩むその先には、きっと想像以上のエキサイティングな毎日が続くことでしょう。

所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

No.1003 COMPASS下関 命と未来を守ること

No.1003 COMPASS下関 命と未来を守ること

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
2月1日にビルの一階にあるCOMPASS下関では、建物全体の避難訓練に参加しました。
ジリリー!とベルが鳴り、避難開始!
お友達が安全に避難できるよう、様子を見守る人、火の元を確認にいく人、119番に電話する人に別れててきぱきと行動します。
想定の台所からの出火を確認、「避難します!」の指示、靴を履いて、みんなで外へ逃げる手順です。

写真はイメージです

どのお友達も慌てる様子もなく、お話もせず、先生と一緒に避難することができました。
次に、この機会に風水害の事も考え、ビルの屋上までの避難の練習も行いました。
階段を登るのに、声かけをしたり手を添えたりすることで、お友達も最後まで登りきる事ができました。
これからも繰り返し訓練を続け、大切な命と未来を守ることを誓い合った先生達です。

17172.jpg

さて、話題は変わります。
COMPASS下関に通うこちらの4歳のお友達、早いもので1年が経ちました。
ポツリポツリ、お友達は声を聞かせてくれてはいましたが、でもそれは喃語か限られた言葉だけでした。
保護者様はいずれ小学校へ、その先へと進むお友達に「相手の言葉を理解し、言葉でコミュニケーションがとれるようになってほしい。」そう願いを語られていました。

17170.jpg

通所当初は泣いて泣いて・・・泣き止んで落ち着くまで抱っこされて過ごすこともありました。
したいこと、嫌なこと、欲しいもの・・・自分の思いを伝えたくても、お友達の言葉は「仕草」だけでした。
身振り手振りで一生懸命伝えようとするお友達、そして伝えきれずに悔しくて、最後は泣いてしまいます。
しばらくはそんな毎日が続きました。

17171.jpg

やがて、どの先生とも目が合うとお友達はニッコリと可愛らしい笑顔を返してくれるようになってきた頃・・・
COMPASSの最初の取り組みは「ありがとう」「こんにちは」と言ったご挨拶。
カードで、絵本で、プリントで、語彙の獲得や声にする練習をくる日も来る日も繰り返すお友達と先生の姿がありました。

17168.jpg
あれから1年。
お友達は語彙を獲得し、今は会話の受け答えも少しずつ言葉で伝え合えるくれるようになりました。
去年の初めの頃に比べ、表情も明るくなり、楽しそうに元気に通ってきてくれています。
集中力もついたお友達、月例プリントも、自分でどんどん解いていく時もあるのだとか。

17169.jpg

そんな時のお友達の自慢げな表情は「私できるよ!」と言っている様です。
お友達と関わり合いながら、もっと会話を増やし、命を守ることと同じ様にお友達の未来も守り、貢献できればと願います。

所在地:〒751-0849
    山口県下関市綾羅木本町2丁目2−1
連絡先:083-227-4328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

No.1002 COMPASS諫早 自立へのステップで

No.1002 COMPASS諫早 自立へのステップで

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS諫早に去年の真夏にやってきた男の子、通い始めて半年が過ぎました。
春には小学校を卒業し、中学へ進学します。

2197.jpg

お友達も周りから見えづらい困りごとを抱えています。
保護者様がCOMPASSへ期待することとして春から公共交通機関を使ってひとりで通学することになったこともあり「中学進学に向け自立を促して欲しい」というものでした。
会話のブラッシュアップも期待され、自分の意志を自分の言葉で伝えられるようにと願われていました。

2198.jpg

日常生活は家庭での衛生管理や家事といった身の回りのことから、社会生活で必要な多くの要素が存在します。
一歩家から出ると、そこは支援者がいつでもいるとは限りません。
しかし、多くの場合、知識やノウハウは経験で積み上がり、殆どの生活が困らないように成長できます。

どんな場面でも、話す力、数字の大小の認識や計算は役に立ちます。
そこで、お友達のプランは、国語の漢字の練習や、文章の読み取りから始めました。
また、算数の2桁+2桁のたし算やひき算、九九などを中心にまずは座学で取り組んできました。

2197.jpg

それから少しレベルを上げて実生活に即した場面でのやり取りへとステップをあげていきました。
普段のたし算の計算はスムーズにできているお友達ですが、お金での計算になると混乱してしまいます。
組み合わせ(5円と1円3枚で8円になる)等が難しいようで、提示さられた額を出すのに時間がかかります。
考えることを放棄し、細かい硬貨で払おうとせず、1000円札を出して済まそうとしてしまいます。

2199.jpg

COMPASSは諦めません。
くる日も来る日もCOMPASSではお金を使っての練習を繰り返します。
経験の積み上げが少しずつお友達の速度を、計算の精度をあげていきました。
そして、ついにお買い物体験を行うことになりました。

2201.jpg

例えば買い物は大変沢山の工程が必要です。
必要なもの、欲しいものは何かという「考察」
店舗にある中で、目的に適した最善のものは何かという「選択」
それを購入するまでの「手順」
手持ちの予算から購入できるか、どの種類のお金が必要かの「計算」
店員とのやり取りと、実際のお金のやり取りである「支払い」
更に購入後もどう持ち帰るか、持って帰ってからどう扱うかなどの多くの工程です。

名称未設定 2.jpg

COMPASSで使う道具を買いに行くという、今回の体験。
お友達はお店に着くと、ひとりで物を探し、選び、レジまで運んでいきました。
そっと見守る先生の目の前で、いよいよ支払いの場面です。
お財布の中からちゃんとお札も小銭も選んでトレーに載せるお友達。
お金の種類を組み合わせて、きっちりとお釣りをもらうことなく支払うことができました!!

2204.jpg

そっと見守っていた先生は小躍りで大喜びだったそうです。
誇らしげにゲットしたお買い物を届けてくれるお友達。
その笑顔はとても誇らしそうで、瞳にはキラッとした輝きがありました。
お友達とCOMPASSの二人三脚で、これから入学までの間、ラストスパートです。
春、誇らしげに胸を張って、お友達は笑顔で中学生になります!

所在地:〒854-0041
    長崎県諌早市船越町891ー2
連絡先:0957-56-9328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

No.1001 COMPASS本部教室 「ありがとう」が言えなくて

No.1001 COMPASS本部教室 「ありがとう」が言えなくて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS本部教室のお友達、昨年の今頃から通い始めて1年になります。

S__46759958.jpg

お友達は言葉が出せらず、保護者様も心配されていたようです。
「貸して」「どうぞ」「ありがとう」「ごめんね」などが言えるように、言葉で自分の気持ちを言えるようになってほしい。

S__46759964.jpg

当初お友達の様子を見ていると、声は出ているものの、言葉はほとんど聞かれません。
でもお友達の大好きな動物の名前は知っていて「ぞう」「きりん」「ライオン」などは言えていました。
先生が出す指示でも言葉の意味を少し理解できてはいるようでしたが、わからない時は戸惑いを見せ、固まってしまいます。
S__46759960.jpg

何かを取ってほしいときに、おうちのかたや側にいる人の手をつかみ、クレーンと呼ばれる行動を見せます。
表現できない苛立ちは行動にも影響し、気に入らないと、叩いたり、つねったりすることもありました。


S__46759961.jpg

まずは言語指導。
お友達が動物を大好きだったことから、動物の絵合わせカードや動物図鑑などを課題に選びました。
絵カードを見ながら動物の名前を指導員と一緒に発語し、楽しく発生練習を行います。
だんだんCOMPASSにも、先生にも慣れてきた頃、お友達は絵本にも興味を見せ始めました。

S__46759962.jpg

カードや絵本、そして毎日の関わりの中で、少しずつ語彙数を増やして行ったお友達です。
言葉を覚えても、表現するのは少し勝手が違います。
そこで先生はお友達との関わりの中で「こういう時は、〜貸してって言うんだよ。」や「〜読んでね。」「〜取って!」など表現を繰り返し伝え、お友達ができるまで何度も一緒に練習しました。
S__46759963.jpg

あれから1年が経ちお友達は4歳、春からは年長さんになります。
ほとんど話さなかったお友達でしたが、「先生読んで!」「先生開けて!」「先生歌って!」と、今では次から次から迸るお友達の言葉を聞くことができます。
言いたいことの表現が分からなくても、どう言えばいいのか教わるお友達。
もうクレーン現象は見られなくなりました。
前は叩く、つねるなどの行動も影を潜め、もうお友だちとトラブルになることはほとんどありません。

名称未設定 1.jpg

お友達の興味があることへの記憶力は特に素晴らしく、絵カードや図鑑で見る動物が、それぞれ何を食べるかまで覚えていたくらいです。
そんなお友達の学習は、これからはひらがなや、数字や、作文へとステージが上がっていきます。
「ありがとう」を言えるようになったお友達。
楽しく歩みを進め、もっともっと吸収して、優しい言葉を紡げるような成長を願います。


所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

No.1000 COMPASS吉富 唇から歌と優しい言葉と

No.1000 COMPASS吉富 唇から歌と優しい言葉と

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS吉富に通うお友達は小学校4年生、春からは5年生に進級します。
歌が大好きなそのお友達は、華奢で色が細く、手指の力も弱く、口輪筋が弱いこともあり発音が不明瞭なところもありました。
37954.jpg

保護者様は娘の将来を想い、自分のやりたい事、自分ができることを模索し、将来きちんと仕事につけるように成長してほしいと願いを語られ、そのために学習面・知能の向上、文字の習得を希望されました。
また、コミュニケーションが上達し、楽しく会話ができる様になって欲しいとCOMPASSへの期待を話しておられたそうです。
37956.jpg

当時のお友達は、集中して目の前の課題に取り組むことが苦手でした。
課題中に来所した児童の声やドアの音に反応して、その方向を見たり駆けつけたりしてしまいます。
音や周囲の様子に気が向き動きが止まってしまうので、次の行動への準備になかなか移れません。

課題と関係ない話をし始めたり、集中力がなくなると髪をクシャクシャとかき乱すこともありました。
静かタイムでもフワフワ、ソワソワ。
よそ見が多く、例えばハサミを使用中にもよそ見してしまい、危険を伴う行為なので怪我をしないように側にしっかり監督者の見守りが必要だったそうです。

37957.jpg
COMPASSでは「正しい所作、様々な動作を一つでも多く自分で行えるように」を意識したプランを作成。
また、話を聞いて内容を理解して行動する、気持ちを伝えることができるよう指導も行われます。
文字の習得と並行して、まずは1〜10の計数や読み書も指導が始まりました。

37959.jpg

当時のお友達は「ただいま」の側なのに、相手の「おかえり」をオウム返しで「おかえり」と言うなど応酬話法に間違いが多かったそうです。
COMPASSではご挨拶が基本。
毎日COMPASSに着くと「こんにちは!」そんな元気な挨拶が飛び交います。
「かして」にはニッコリ笑顔で「どうぞ」
お礼の「ありがとう」や「どういたしまして」は気持ちがほっこり。
悪いことをしたときには素直に「ごめんなさい」対してやっぱり優しい「いいよ」で心が和みます。
挨拶はコミュニケーションの基本です。

37958.jpg

COMPASSに通い始めて3回目の冬を迎えたお友達は大きく成長しました。
課題に集中できる時間が長くなり、落ち着いて取り組めるようになりました。
毎日の練習の成果で、明瞭な発音で正しくご挨拶ができるようになりました。
相手からの問いかけや反応を窺うだけでなく、自分の意見をきちんと意思表示できるようになりました。
COMPASSの他のお友達に自分から「一緒に遊ぼう」と話しかけられるようになりました。
先生へのお話の内容も、学校や家族との出来事などお話を聞かせてくれるようになりました。

37960.jpg

静かタイムもフワフワではなくなり、毎日の学習でクリップ握りや箸使いを行なったことで手先の力が付き、筆記やボタンの留め外しなど上手になってきています。
できることが増えて、次第に笑顔も増えました。
名前の平仮名を書けるようになり、字カードのマッチングでは選択ミスがあっても声掛けすると挫けることなく選び直すなど、粘る力がつきました。
頑張った数字も10までは順に数えられ、数字を見て、数を言うお友達の自慢げな笑顔!

37955.jpg

今、お友達はスポンジのように色々なことを吸収し始めています。
まるで雪解けから、春の蕾へ移りゆくお友達の季節。
笑顔の唇から紡がれるのはお友達の大好きな歌と、優しい言葉たち。
もっと豊かに、もっと楽しくと願い、今日もまた「こんにちは」から始まるコンパスなのでした。

所在地:〒871-0811
    福岡県築上郡吉富町広津550-1
連絡先:0979-23-0817
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

No.999 COMPASS武蔵新城 君と歩く桜の道へ

No.999 COMPASS武蔵新城 君と歩く桜の道へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城のお友達はCOMPASSに通い始めてもうすぐ半年になります。

24629.jpg

「言葉のCOMPASS」と呼ばれるCOMPASS発達支援センター。
そんなCOMPASSを選ばれた保護者様の想いは「発語から会話へ。楽しい未来を作ってあげたい。」という願いです。
24628.jpg

保護者様の想いを受けて、COMPASSでは、発語を狙い、発声のチャンスを模索するところからスタート。
お友達が興味を見せた「絵本」や「カード」を使い、発声練習や、機能訓練中も発声を促す声かけです。


24627.jpg

お友達が何か伝えようとするとき、どんな機会もCOMPASSの先生は見逃しません。
ジェスチャーや、「あ―」、「ばぁ」など、言葉にならなくても何か伝えようとするとき、その時がチャンスです。
言葉にならなくても、懸命に言いたいこと、想いを伝えようとするお友達。
先生はニッコリと受け止め、ゆっくりと「・・・なの?」言葉で返し発語を促したり、言葉を出すまで「なあに?」と投げかけを繰り返します。

24626.jpg

そんな毎日が続いた12月のある日のこと。
「あーあ」と何か欲しいと訴えるお友達に「なあに?」と言葉をかけると「ティッシュ・・・」と発語が!

24624.jpg

その後は「せんせい」「かぼちゃ」といった言葉が、それも明瞭な言葉を聞かせてくれるように。
COMPASSだけでなく、自宅でも「ぱぱ、まま、じいじ、ばあば」と、話せる言葉が増えていきました。

24625.jpg

年が明けて、最近はお友達の成長は目を見張るほどになってきています。
少しずつ文字にも興味を持ち「あはどれ?」と言いながら「あ」とひらがなの中から「あ」を選ぶお友達の姿が見られるようになりました。
文字と絵のマッチングにもチャレンジし、あいうえお表を使ったり、文字探しを楽しんで続けています。

武蔵新城1月 1.jpg

言葉を発するまでのこれまでの道程から、楽しい会話へと続く今は道の途中。
やがて春が来て満開の桜の道を、菜の花の土手を、陽だまりの公園を、眩しい青空のもと、くったくなく笑うキラキラの笑顔のお友達。
24633.jpg

楽しいお喋りをしながらお友達とお散歩、そんな日もきっとそう遠くないでしょう。

所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

No.998 COMPASS高知 「こんにちは!」から

No.998 COMPASS高知 「こんにちは!」から

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
お友達はCOMPASS高知に通い始めて2年になります。
発語がなく、筋力も弱かったお友達。
保護者様は、将来の自立に向けた足掛かりを、また言葉による意思表示をと願っておられました。

14788.jpg

言葉の習得にはまず沢山の言葉を聴く環境が大切だと言われます。
そこで、まずCOMPASSで行ったのは「絵本の読み聞かせ」でした。
お友達の耳に意味が伝わるようにジェスチャーを交えながら伝える楽しいお話。
そして日常でも何度も繰り返し絵カードを見せて、言って聞かせ、声掛けは続きました。
最初はCOMPASSの玄関でお母さんと離れると大泣きだったお友達ですが、次第に「あー」「んー」「あっ」「わー!!」などと、何か伝えようとする様子を見せるようになりました。

14786.jpg

「伝えたい!お話したいよ!」
お友達自身がそう思い始めた頃、COMPASSは挨拶の練習をスタートさせました。
「おはようございます。」「行ってらっしゃい。」「いただきます。」等々・・・ジェスチャーを交えて教わるお友達。
挨拶の練習では挨拶の場面で、言葉はまだ出ないものの、頭を下げ、ご挨拶する姿を見せてくれるようになりました。
半年たち、自宅でも絵本を開く姿を見せ始めたと、保護者様から様子を聞かせて頂いたのもこの頃です。

14785.jpg

お友達は当時2歳。
体力がないこともあり、着座姿勢を保って長い時間の課題は難しかったと言います。
少しずつ、少しずつ・・・指先の力をつけようと「ペグ」や「シール貼り」「積み木」など続けます。
お弁当の時間には、補助バシからはじめ、だんだんと普通のお箸の練習に変えていきます。
その後、成長に合わせて鉛筆を使う練習も取り入れて行く計画なのだとか。
生活指導においてはパジャマの着替え、おむつからパンツトレーニングなど、自発的にできるように促します。

14784.jpg

ニコニコのお友達と楽しい活動を続けて2年。
成長したお友達はまるで別人のようです。
それまではすぐに助けを求め、甘えていましたが、最近は自分で頑張ろうと諦めません。
小さなCOMPASSのお友達には「どーど(どうぞ)」とものを貸してあげる、頼りになる優しいところも見られるようになりました。
14783.jpg

園に通い始めたことで近い年齢の同窓生と過ごし、言葉にふれる機会が増えたことも良い影響を与えました。
「おはよう」→頭を下げる、「いただきます」→手を合わす、などが見られるようになり、それらしい発語を聞かせてくれるようになりました。
「せんせい」「できた」「おちた」などの言葉は、はっきり聞き取れるほど正確に発する様子も見られます。
ずっと頑張ってきた指先のトレーニングが功を奏し、まだ力は弱いものの、積み木をバランスよく積んだり、大小さまざまなものも摘めるようになってきました。

14787.jpg

お友達は、程なく伝えたかったことをたくさん聞かせてくれるようになるでしょう。
言葉を得て、自信をつけて、キラキラした瞳で、どこまでも広がる草原のように広がるお友達の未来。
その未来まで一緒に走るCOMPASSは、今日も「こんにちは!」から始まります。

所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 13:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

No.954 COMPASS高知 ワクワクの気持ちで「その日」を・・・

No.954 COMPASS高知 ワクワクの気持ちで「その日」を・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS高知も「その日」を目指して飾り付けの真っ最中。
13255.jpg

一つひとつ飾りを手に取ってツリーに向かうお友達。
どのお友達の表情も笑顔、笑顔、笑顔・・・
13256.jpg

そんなお友達に釣られて先生も笑顔、笑顔、笑顔・・・
みんなクリスマスシーズンの笑顔の魔法がかけられているようです。

13252.jpg

お友達は、先生の小さなアシスタント。
飾りを手にしながら先生に「ここだよ!」と教えてもらって飾りを着けています。
ひとつ飾りが増えるたびに、キラキラと華やかになって、賑やかになって、嬉しさがだんだん増えていきます。

14342.jpg

課題を終えたお友達はクリスマスの飾りを作っています。
お友達は作る前から「楽しみ〜♫」と口にしながら、作る日を心待ちにしていました。

13251.jpg

フリルやビーズ、小さなボールをボンドで付けてデコレーション!
少しずつ綺麗なクリスマスカラーの置き物ができていきます。

名称未設定 1のコピー.jpg

小さいお友達は、置き物作りも先生の力を借りながら頑張って取り組めました。

14344.jpg

こちらのユニークなお友達の作品は、一番上にいちごをドーンとのせています。
オリジナルの素敵な可愛い作品に仕上がりました。

13248.jpg

楽しい製作でCOMPASSはクリスマスを迎える準備に余念がありません。
お友達の作品でお部屋がいっぱいになった頃、サンタさんがきてくれるのでしょうか?

13253.jpg

まだヒミツのクリスマスのイベント。
でも、普通のお弁当だって、おやつだけだって、その日はきっと特別な日になってくれることでしょう。
ワクワクの気持ちで待っている「その日」。
もっと輝く笑顔でいっぱいの素敵なクリスマスになりますようにと願いを込めて・・・


所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

No.997 COMPASS丸亀link 楽しく学んで、その先に・・・

No.997 COMPASS丸亀link 楽しく学んで、その先に・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀Linkに昨年の春から通い始めたお友達をご紹介します。

1591.jpg

気が散りやすく、関心を示せないものを長く続けることは特に苦手。
目の前の課題にも散漫な態度でほとんど進まない・・・という状況でした。
COMPASSの学習は「できるまで何度でも」が基本です。
間違えるのは大抵気乗りがしない嫌いな課題なので、先生の「やりなおし」の提案が嫌でたまらなかったらしく、パニックになりトイレに逃げるということもありました。

1596.jpg

学校生活は少なくとも9年は続きます。
絶対やらなくてはいけない勉強は「わからないよりはわかった方が」「できないよりできる方が」きっと学校生活も楽しいはずです。
保護者様も、みんなと楽しく過ごしながらお勉強してほしいと願っておられました。

COMPASSのお友達の課題は「線」や「数字」「ひらがなのなぞり書き」と「書き取り」が選択されました。

1592.jpg

お友達との毎日を送るうちに、次第に先生とお友達の呼吸が合うようになってきます。
手先の不器用さで集中が削がれる傾向もあり、そこで指先を使った作業を取り入れるようにしました。
毎日繰り返して行われる巧緻性のトレーニング。

1593.jpg

その中でもお友達は迷路遊びが気に入ったようで、次第に何度もの繰り返しに抵抗を見せなくなりました。
成功体験も成長には大事な要素。
上手く書けた線、文字にはハデに「花丸」をつけて褒めました。
手放しで褒めてくれる先生に、お友達も照れながらもとても嬉しそうに笑顔を返します。

1594.jpg

COMPASSの波長とリズムが合うようになってきたお友達。
学習時間や余暇の時間での集中する持続時間が増えてきました。
「数字」や「ひらがな」などは、はみ出さずに丁寧になぞり書きができるように。
また五十音は、なぞらずに、視写だけで書けるまでに成長を見せてくれました。
できるという実感がお友達の意欲にとても良い影響をもたらしています。

1595.jpg

関心のベクトルはまだ狭い範囲を照らし、自分自身に向いているお友達。
他のお友達とゲームをやっても自分中心の言動や、負けたくなくて衝動的な行動を見せるのが目下の課題だそうです。
考える力を養い、状況を冷静に受け止め、上手に感情の説明ができるようになると、振る舞いは変わり、ゲームももっと楽しめるはずです。
沢山のお友達と仲良く楽しく毎日が送れるように願い、COMPASSとお友達は次のステップへコマを進めていきます。

所在地:〒763-0072
    香川県丸亀市山北町465-1
連絡先:0877-43-7328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

No.996 COMPASS大村 ゴールを目指して

No.996 COMPASS大村 ゴールを目指して

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS大村に一昨年の秋から通い始めた放課後デイのお友達は小学2年生。

20.jpg

当時、お友達にとっては朝起きて登校するという当たり前に思える習慣もハードルが高いようでした。
取り組み、切り替え、早寝早起きなどのルールを守れず、登校時間が遅くなり、時にはお母さんに送ってもらうこともあったとか。
支度に時間がかかり、準備がなかなか出来ず、後片付けも苦手です。

25.jpg

気が散りやすく、集中して物事に取り組むことが苦手だというお友達。
やってみてダメならすぐ諦め、もう取り組むことなく他に気を移してしまいます。
その一方で、負けるのが大嫌いな気丈な性格で、思い通りにならないと我慢できず、暴言となることもありました。
21.jpg

お友達の負けん気が強く、勝ち負けへのこだわりは強みにもなります。
勝気な部分はそのままに、社会性を身につけ、周りを受け入れられるようにと願って支援計画が作成されました。

18.jpg

学習面で取り組むのは、読み書きの手始めとして「ひらがな」習得と、一桁の数の理解から。
毎日個別指導でひらがなを1つ1つ学び、習得していくお友達。
勿論COMPASSに通うこと自体に抵抗はあったようですが、そこも次第に変化が現れます。
1つマスターするたびに、手放しで褒め、喜んでくれるCOMPASSの先生たち。
お友達と先生の心の距離が次第に近づいてきた頃、お友達はずいぶん長い時間着座姿勢を保てるようになってきました。

19.jpg

今では、お友達は苦手だった文字を読めるようになり、音読も大きな声ですらすら読めるようになりました。
漢字を書く事にはまだ少し抵抗があり、時折間違えてしまうこともありますが、もう一度、もう一度と挑戦する姿勢が見られます。

24.jpg

「できる!できた!」の経験は、いくつも積み上がっていく過程を経て次第に他の課題への意欲となっています。
数への取り組みもその1つで、「繰り上がり」「繰り下がり」の計算もできるようになり、かけ算の九九もすらすらと声に出して言えるようになっているそうです。

23.jpg

着座姿勢を保って課題に取り組めるようになると、知識を吸収し、冷静に考えられるようになってきます。
思い通りにならない時、感情を暴言で一気に放出させていたお友達でしたが、次第に苛立ちの姿を見せなくなってきました。
人との関わりで、想いや気持ちを言葉で表現することを目指した課題は今も活動の中でしっかり取り組んでいます。
結果、進んで帰りの挨拶をしたり、率先して困っているお友達のお手伝いをしてくれたりと、COMPASSではお友達とのトラブルは殆ど見られません。

68bb53915183f73190729f0581421fc0_s.jpg
写真はイメージです

「今、やりたい事はなんですか?」
そうお友達に聞くと「サッカー部に入りたい!」という夢を語ってくれました。
そのためにお友達は、やらないといけない事を自分で順序立てて考えて、夢を叶えるべく地道な努力を重ねています。
仲間とボールを追いかけ、ゴールを目指すその夢へ向かって、COMPASSもまたお友達と共に新たなスタートを切ります。

所在地:〒856-0832 
    長崎県大村市本町259-1-2F
連絡先:0957-54-3288

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

No.995 COMPASS高松Jr. 陽だまりのお友達と

No.995 COMPASS高松Jr. 陽だまりのお友達と

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松Jr.に昨年の夏から通い始めた小さなお友達。

S__2809867.jpg

これまでほとんどお家で過ごしていたお友達。
保護者様は、発語がないのでまずは話せるようになって欲しいという願いを話してくださいました。

S__2809865.jpg

そして、幼稚園や保育園の経験もないことから、集団に馴染めるようになり、人と関わり、楽しく遊べるようになって欲しいという想いを話してくださいました。
お友達のペースで少しずつ心の成長も願ってCOMPASSの毎日がスタートしました。

S__2809868.jpg

通い始めの頃のお友達は、人見知りもあり、恥ずかしがり屋さんでした。
まずは先生のお膝で、少しずつグループ活動として「赤ちゃん体操」をしたり、みんなで紙芝居を見る、イスに座るなどゆっくり慣れてもらいます。

S__2809873.jpg

だんだんCOMPASSに来ると、椅子に座るんだとわかってきたお友達。
最近は、先生と向き合って着座姿勢で色々な課題を行えるようになりました。

S__2809872.jpg

まだ言葉はでないので、口輪筋のトレーニング、口の舌の体操や、口を母音の形にする練習が始まりました。
最初に比べると長い間吸われるようになってきたお友達、口のトレーニングに続いて、指先練習やスプーン運びの練習をしてます。

S__2809871.jpg

最近は少し長く座れるようになり、カラフルな知育おもちゃが大好きで、熱中する姿を見せます。
入れられなくて困り顔をしていた「コイン落とし」もちゃんとコインを穴に沿って横にして入れられるようになりました。

S__2809869.jpg

「棒落とし」は、まだ色を見分けて区別はできていませんが、とても上手に入れられるように。
それでも先生がお友達の持っている棒を「赤、赤はここだよ!」と教えて示してみると・・・

S__2809870.jpg

違う所に入れようとしていたのに、はっと気づいて、先生の示す指先をみて、ちゃんと入れ直すことができるように。
色の見分けも、識別もきっとすぐにできるようになってくれるでしょう。

S__2809862.jpg

気になる言語指導の成果も現れてきました。
仕草も手伝ってでしょうが、少しずつ「言葉」の意味を掴めてきているようです。

S__2809863.jpg

「上手ね!!」と褒めると、キラキラの目を合わせて、にっこりと笑ってくれるようになりました。
その可愛らしい口元から、指さしで「あ、あ!」と声も聞かせてくれるようになってきているのだそうです。

S__2809860.jpg

お友達が来ると、真冬なのに春の陽だまりの中にいるようです。
やがて雪解けはお友達の言葉にも現れて、その口元から歌うように言葉が聞かれる日もそう遠くないことかもしれません。

所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 U 号棟
連絡先:087-864-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

No.994 COMPASS武蔵新城DASH 今「できないこと」も「できること」に

No.994 COMPASS武蔵新城DASH 今「できないこと」も「できること」に

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASSに通い始めてもうすぐ1年になるお友達。
昨年6月からはCOMPASS武蔵新城DASHに移ってきて週2回頑張っています。

55653.jpg

来年には小学校へ進学するお友達。
小学校で楽しく学校生活を送れるようになってほしいと願う保護者様です。
そしてずっと将来を見つめ、お友達がひとりでできることを1つでも増やしてあげられたら・・・と語られていました。
55662.jpg

あまり目も合うことがなく、人と関わることが得意ではないお友達。
COMPASSの基本となっているご挨拶も全くできませんでした。

55659.jpg

COMPASSにいても、どこか自分だけの世界にいる感じのあるお友達。
学習面では数字、特に時間などの理解が早くカンが鋭い部分がありました。

2.jpg

「先生、何時に帰る?」と職員に聞いたり、興味関心のあることにはまっしぐら。
得意な座学はとても集中してこなしています。

名称未設定 1.jpg

ところが、やはり関わりの中でのマナーが苦手。
例えば、そろそろお帰りの時間という頃になり、お迎えに来られたお母さんを見つけると、あっという間に勝手に扉を開けて出てしまったこともあったとか。
そんな勝手な振る舞いを見せる一方、模倣が得意でもあるお友達。
そこで、余暇でも療育でも「お母さんがお迎えに来たら何て言うの?さようなら、だよ」と「状況」と「答え」を復唱するという方法で習慣づけを目指してみます。

55666.jpg

「こんにちは」「さようなら」「お願いします」「ありがとう」「ごめんなさい」等・・・
日常の挨拶はシチュエーションごとに毎日繰り返し口にする練習と実践を行ないました。
繰り返し、繰り返しCOMPASSについたら「こんにちは」そう繰り返す毎日です。

55664.jpg

そんなある日の帰り際のこと。
お母さんがお迎えにきた際、突然、お友達は「さようなら!」と言うことができたのです。
これには先生全員が歓喜して褒めちぎり、挨拶はどうやら「好ましい行動」なのだとお友達自身にも気付きがあったようでした。
その日以来、すこしずつお友達の挨拶への態度が変わってきました。

55655.jpg

最近ではご挨拶の習慣もだいぶ身についてきて、COMPASS以外の場所でも自ら挨拶ができるようになってきたと、保護者様から嬉しいご報告を頂きました。
まだ実際には玄関先でとりあえずセリフを口にするといった感じのご挨拶ではありますが、それでもお友達にとって、これは最初の大きな飛躍です。

55665.jpg

にっこり笑顔を向けてくれるお友達、可愛い声でご挨拶をしてくれるお友達。
周りにはお友達を囲むたくさんのお友達がいて、元気に「はい!」と手をあげて・・・なんて楽しい学校生活!

55661.jpg

そんな未来への想いはどんどん募り、これからも繰り返しの魔法で少しずつお友達の世界を広げ、今「できないこと」も「できること」に変えて行こうと願うCOMPASSの先生たちでした。

所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

No.993 COMPASS佐賀中央 トントントンと・・・

No.993 COMPASS佐賀中央 トントントンと・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS佐賀中央に昨年のお盆くらいから通い始めたお友達。

S__178716677.jpg

体も小さく、か細くて、ご挨拶はきちんとできましたが、小さな声でやっと・・・でした。
まだ小さな娘の成長を願う保護者様。
「無理なく、楽しみながら成長してほしいです。」
保護者様の優しい愛情が伺えます。

S__178716678.jpg

さて、お友達はまずは週に2回通ってくることになりました。
先生がすぐに気づいたことの1つがお友達の口癖でした。
「・・・間違えた、ごめんなさい・・・」
決して強く叱ることはないCOMPASSなのですが、お友達は必要以上に間違いに敏感ですぐ謝ります。

S__178716679.jpg

自信が持てず、間違いにひどく敏感。
音読みや文字の練習でも度々ごめんなさいと口にするお友達。
それならば・・・と、先生は点描を試してみます。

S__178716676.jpg

真っ白い紙に思いっきりタンタンタン・・・とクレヨンで、鉛筆で点を打ちます。
だんだん強くトントントン・・・!

筆圧の弱いお友達、少しずつ強い点を打つことができる様になっていきました。
単純なこの作業、お友達はだんだん楽しくなって行った様です。
点描から線描になる頃までには、先生から「上手に点を打てた。」「線を描けた。」と何度褒められたことでしょう。
S__178716674.jpg

おずおずと間違っていないかを探っていた瞳は、キラキラと次の冒険を探している様に輝きはじめ、少しずつ自信をのぞかせてきたお友達。
やがて夏から秋になり、10月には読める「ひらがな」が増え、お家でも絵本を声に出して嬉しそうに読む姿を見せているというのです。
はっきりと口に出すお友達から「ごめんなさい」はあまり聞かれなくなってきました。

d09c0432b11cfe449c3d8a58544cd92b_s.jpg
写真はイメージです

筆圧の弱さから、実はお絵かきが苦手だったお友達ですが、この頃からCOMPASSで絵を描くことも厭わなくなってきました。
12月になると自宅でも絵を描いたり、塗り絵をする様になってきたのだそうです。
自信がついて、お勉強も大好きで、COMPASSも大好きになり、毎週とても楽しみにしてくれているお友達。
きっと今年の冬には、周りや先生を驚かせる様な成長を見せてくれるはずです。

所在地:〒849-0922
    佐賀市高木瀬東1丁目1-6-1
連絡先:0952-97-7358
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

No.992 COMPASSしまんと 世界を広げて・・・

No.992 COMPASSしまんと 世界を広げて・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASSしまんとのお友達、通い始めてから今年の春を超えると3年目になります。

IMG_20191214_150447.jpg

とても人懐こく、いい笑顔を向けてくれるお友達、誰でもいっぺんにファンになってしまいます。
保護者様は我が子の将来を憂い「少しでも言葉が言えるように、友達を作って欲しい、幸せな毎日を送れるように・・・」そして、デリケートなお友達は、壁にぶつかると自分を叩いたり噛んだりすることもあったそうで「1日1日、何事もなく楽しく過ごしてほしい。」と願いを込めて話されていました。

IMG_20191225_150129.jpg

自信がないお友達、言葉を口にすることにためらいがありました。
恥ずかしい、笑われたくない、間違えたくない・・・色々な思いがあったのでしょう、口に出せないでいたようです。

IMG_20191214_150447.jpg

学習は大好きとはいかないまでも、先生と向き合って課題を行うことは嫌いではありません。
最初は、まずはお絵かき、絵本の読み聞かせなど、易しい、お友達の興味の持てる事からスタート。
実は新しい場所であるCOMPASSは、お友達の緊張を覚える場所だったようです。
慣れるのに無理をさせずじっくり取り組めるように、落ち着けるまで待ちます。

IMG_20200118_105657.jpg

次第にお友達の個性が現れて、本来のお友達の素の表情を見せ始めます。
困ったことは、場面の切り替えが難しいことでした。
例えば車の昇降、遊びの途中で促されたとき、帰りの支度を促されたときなど素直に従えず、いやだと抵抗を見せ、困らせます。

IMG_20200118_105721.jpg

かと思えば、鼻水が出ている小さなお友達にティッシュペーパーを渡してあげたり、いけない事をしている小さなお友達には手で「×」と教えてあげたり、また、絵本の読み聞かせや紙芝居では、先生と同じように絵本や紙芝居を「見て!」とアピールするこもあったりと、お世話やきで思いやりのあるお兄さんっぽい一面も見せてくれます。

IMG_20200118_105643.jpg


やがて、COMPASSでの過ごし方に慣れ、ルールも覚えてくれた頃、お友達は少しずつ成長の変化を見せ始めました。
この頃からなぞり書き(名前や曲線)、数の学習(1、2)、色の学習(青、赤)、発声練習(あ行、か行)に取り組み始めました。

IMG_20200118_105613.jpg

発声は恥ずかしくてなかなかやりたがらないのですが、先生が口を大きく動かして発語する様子を見せ、面白く楽しくやって見せます。
それ自体がゲームのように大きく口を動かすのを真似してもらうことを心がけ、繰り返しました。

5.jpg

やがて、なぞり書きは線描から自分の名前や数字へとステップアップし、数の確認(1〜3)、発声練習(挨拶カード)、絵本読み聞かせ、服の着脱練習など進み、昨年の秋からは、数字は1〜5まで書けるようになり、名前のなぞり書きは、部分的ですがなぞりではなく、模倣で書けるように成長しました。

4.jpg

なんと言っても特筆すべきは発語です。
発声は、先生の口をよく見て真似から自分の言葉で発し、特に「いや。」「ばいばい。」は上手に言えるようになりました。


3jpg.jpg

言葉をひとこと口に出すことにあれだけ抵抗があったお友達、今日も帰り際に「バイバイ」と言ってくれる姿が頼もしく写ります。
お友達の観る世界、お友達の世界の扉があるとすれば、ほんの少しだけそれは広がってくれたかもしれません。

名称未設定 1.jpg

繰り返して、やってみる「出来た!できる!」が自信になって、またやる気につながるという繰り返しで成長を目指すCOMPASSの支援。

2.jpg

もっと広い世界に連れて行ってあげたいと、COMPASSの取り組みはこれからも続きます。

所在地:〒787-0013
    高知県四万十市右山天神町4-31
連絡先:0880-34-8328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

No.991 COMPASS枚方 未来へ続く今日を信じて

No.991 COMPASS枚方 未来へ続く今日を信じて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方のお友達は、昨年の春、新1年生から通い始めました。

IMG_20200117_144739.jpg

保護者様がCOMPASSに決められたきっかけは、言葉でのコミュニケーションを向上させてあげたいとの想いでした。
そこで、プランは語彙の習得を中心に組み込まれます。

IMG_20200117_144520.jpg

お友達をよく観ることからCOMPASSでの日々が始まりますが、先生はお友達の「記憶力」に驚かされます。
例えば、youtubeで見たものなどは完全にコピー出来てしまうのです。

IMG_20200117_154932_resized_20200120_094230476.jpg

それで、お友達の卓越した記憶力の特性を活用し、絵カード等での語彙の習得を図ります。
COMPASSのオリジナル教材を中心に基礎を固め、巧緻性・手先の運動等による脳の発達と集中力の向上を目指します。

IMG_20200117_154936_resized_20200120_094230594.jpg

こうしてお友達との活動が始まりましたが、着座姿勢が続かず、姿勢が崩れてしまうこともありました。
着座して、しっかり目の前の課題に向き合うことを機軸に繰り返しの療育は続きます。

名称未設定 1.jpg

絵カードは大好きで、記憶力の良さが助けになり、たくさんの言葉のシャワーを浴びる毎日です。
今では、先生が言ったことは復唱できるようになってきたお友達。
またお友達自身のやりたい事や、気持ちは言葉である程度伝えられるようになってきました。

名称未設定 2.jpg

先生から教わった言葉を復唱から使えるお友達の道具へ。
繰り返しの毎日で学んだ語彙を活かし、コミュニケーションや作文へと活用を広げて行こうとしています。

IMG_20200117_144557.jpg

少し先の未来では、お友達とみんなでたくさんお喋りして、たくさん笑ってという、そんな情景へ続く今日も大切な1日だと信じて。

所在地:〒573-0007
    大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428

(事業所名をクリックしていただくと、事業所案内ページへ。電話番号をクリックしていただくと電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

No.990 COMPASS本部教室 優しい気持ちで

No.990 COMPASS本部教室 優しい気持ちで

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
お友達は現在小学校4年生。
COMPASS本部教室には小学生になってから通い始め、春には4年目になります。

IMG_0613.jpg

実は、かなり遠方から通ってきているので、毎週、土曜日が唯一のCOMPASSご利用です。
頻度の少ないこともあり、通い始めの頃はCOMPASSになじまず、先生にも他のお友達にもなかなか親しみを覚えてくれませんでした。
意に沿わないことを提案されると、途端に不快な表情を見せるお友達。
やっていることを中断して他の課題を促すと、攻撃的な振る舞いを見せることもありました。

IMG_0617.jpg

コントロールできるペースだと穏やかですが、自分のコントロール下にないとパニック傾向を見せていました。
学習は嫌がらず取り組む事が出来ますが、体調不良や、他のお友達とのコミュニケーションが上手く取れないとき、すぐに自分の殻に閉じこもり、部屋の隅に入り込んだりします。

IMG_0614.jpg

落ち着いて少し考える余裕を持つと、衝動を制御できることを学んでもらいたい・・・そんな支援を続けていきました。
関わりの中で少しずつお友達は変化してきたと言います。

IMG_0612.jpg

ただ週に1回のご利用なので、COMPASSだけでは継続した学びと定着ができません。
そこで、先生がご家庭で行う学習課題をご提案、お友達は保護者様と共に意欲的に取り組み始めました。
ご家庭でも最後までやる、学習するときと遊びの区別をつけることなどを継続して頑張ったお友達、やがてその成果が見られるようになってきました。

IMG_0602.jpg

日常でもパニックの回数は減ってきているので、学習の遅れなどを支援して欲しいと保護者様のご要望もあり、プランニング。
春頃は国語は「ひらがな」中心でしたが、現在はカタカナ、漢字まで進み、算数も1桁の計算から2桁の計算に移り、九九の練習も始めています。

IMG_0595.jpg


情緒面でも飛躍的に成長がうかがえます。
以前は気を張り詰めさせ、特定の先生しか受け入れられませんでした。
しかし、今はどの先生とでも笑顔で過ごせ、意欲的に取り組む事姿を見せ、激しい感情の起伏もほとんど見られなくなり、落ち着いて過ごせるようになりました。

IMG_0594.jpg


土曜日が来るとやってくるお友達、笑顔で挨拶、笑顔で学習に取り組む姿が見られます。
これからもお友達の可能性をどこまで引き出せるか、優しい気持ちで心に寄り添う支援を継続していきます。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

No.989 COMPASS小倉北 椅子取りゲームで!

No.989 COMPASS小倉北 椅子取りゲームで!

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。

COMPASS小倉北のお友達、今日の集団活動は「椅子取りゲーム」です。

DSCN3734.jpg

このゲームは、椅子の周りをみんなで音楽に合わせて回り、音楽が止まったら椅子に座って席を奪い合うゲーム。

まずは、お友達の数より一つ減らした数の椅子が用意され、外側向きに円を描くように並べられました。
ひとりで回れないお友達は、最初、先生と手を繋いで椅子の周りを歩きます。

DSCN3781.jpg

音楽が流れ初め、いきなり音楽が止まり、それを合図にお友達は一斉に椅子に座ろうと一斉にお尻を沈めるのですが・・・。
お友達の数より1つ少ないので、椅子に座れないお友達がひとり出てしまいます。
座れなかったお友達は、ゲームの輪の外へ。

DSCN3762.jpg

その次は、また椅子を一つ減らしてゲームが再スタート!
さっきまで回れなかったお友達が、ゲームに慣れてひとりで廻り始めました。

DSCN3752.jpg

キラキラの瞳で絶対椅子に座るんだと目を凝らしています。
さてゲームは、次々に椅子を1つづつ減っていき、いよいよ1:1の勝負となりました。
最後に残ったお友達が今日はWinnerとなって、みんなから拍手を浴びました。

DSCN3734.jpg

短時間の間にゲームに加われないお友達がひとりで、それも楽しみながら参加できるようになった椅子取りゲーム。
お友達にも大人気で大盛り上がりで終わることができました。
名称未設定 1.jpg

時にはこんな屈託のないゲームで心をほぐしてあげたいものです。
また次回の活動を楽しみに、今度はしっかり個別指導で椅子に座ってプリント活動を始める小倉北のお友達でした。

所在地:〒802-0062
    北九州市小倉北区片野新町1丁目3-53 おかたビル1F
連絡先:093-931-8438
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg