2020年04月30日

No.1061 COMPASS丸亀NEXT 豊かに生き、笑顔で暮らすために

No.1061 COMPASS丸亀NEXT 豊かに生き、笑顔で暮らすために

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀NEXTに元気に通ってくるお友達は、1年と7ヶ月の間、とても頑張ってきました。
今ではトイレや食事、その他身の回りのことは殆ど自分一人でできます。

8459.jpg

通い始めた当時小学1年生の秋、お友達は着替え、トイレ、食事、どれも一人でうまくできませんでした。
人の言うことをよく聞き、してはいけない事や、周りの迷惑になることを判断できるようになって欲しいと保護者様は願っておられました。

8452.jpg

COMPASSに通い始めの頃のお友達は、周りのことが気になり集中にかけるところがありました。
また、お友達同士の関わりも得意とは言えませんでした。

8453.jpg

お友達の課題を克服していくために、さまざまな運動器具を使用し、感覚運動・身体運動をすることでバランス感覚や集中力を養い、体感を整えていくことを考えました。
また、周りとのコミュニケーションを円滑にとれるよう、言葉や対応を学んでいくことも課題としました。

8455.jpg

NEXTは運動療育を得意とするCOMPASSです。
お友達と一緒に体を動かすことで体幹やバランス感覚を身につけ「指示を聞く」「体と考えること」のバランスをとることを経験を積んで学びます。
8456.jpg

色々な運動から、お友達に適したバランスボール、壁タッチ、ぞうきんウォーク、数字カード、くま歩き、そしてストレッチをチョイス。

8454.jpg

学習ではどの科目でも、運動の場面でもお友達は1つのことに集中するのが苦手でした。
運動からお勉強に移っても、着座はできるものの周りが気になり、姿勢が崩れやすくなかなか進みません。
分からないことがあっても質問ができず、遊びであっても話しかけることも恥ずかしくて憚られます。

8449.jpg

月日が流れ、お友達が何度もCOMPASSのドアを開け、何度も着座して・・・
やがて指示が通るようになり、少しずつではあるが周りのことを気にせずに集中する時間が伸びてきています。

8448.jpg


話すことをあんなに恥ずかしがっていたお友達ですが、分からないことは小さい声ではあるが先生に聞くことができるようになりました。

8450.jpg

また、同じ時間を共有することで呼吸が合うようになってきたのか、先生とだけでなく、自分から他のお友達に関わりに行く姿がよく見られるようになってきているといいます。

8458.jpg

自身の判断で予定や行動の判断をすることはまだ難しいようですが、そんな時は見通しを伝得ることで理解が進み、少しずつお友達に身についているようです。

8451.jpg

ルールやマナーを守り生活ができるように、興味や関心を広げ、できることを増やして行けるように・・・
生きていくのに必要なこと、豊かに生き、笑顔で暮らすために欠かせないことを得て、お友達の力に。
保護者様の優しい願いを叶えられるよう、お友達の学びはこれからも続きます。

所在地:〒763-0082 香川県丸亀市土器町東5丁目220
T E L :0877-35-7218

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

No.1060 COMPASS武蔵新城DASH 学びを力に・・・

No.1060 COMPASS武蔵新城DASH 学びを力に・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城DASHに通うお友達、1年と少しになるでしょうか?

49607.jpg

マイペースなお友達、でも時に気持ちの切り替えや、一度嫌な事があるとクールダウンに時間が必要になります。
会話については不明瞭な発声もありました。

29180.jpg

細かい作業、例えば鉛筆を使うことや、折り紙でも角を合わせて折ることが苦手だったり、COMPASSのお友達同士で遊んでいても、学習への促しにすぐに応じられず、待たせてしまいます。

29179.jpg

保護者様が気にかけていたのは、約束やお願いしたことも忘れてしまいがちな傾向があることでした。
COMPASSでは短期記憶お力を伸ばし、言葉で気持ちを伝えること、機能訓練や折り紙で指先の微細な動きを全体の成長のために繋げていこうと考えました。

29181.jpg

「あいうえおの絵本」を使い、発声や文字の指なぞり、みつばプリントで運筆や「くしつ」からひらがなの練習、小さなキャップの開け閉め、そして折り紙を折ったり、聞き取りの練習などなど・・・テンポよく課題を切り替えていきます。

29179.jpg

不明瞭な発声の練習については、励ましながら繰り返し、会話を楽しめるような場面を作りながら、嫌になったり恥ずかしくないよう、ニコニコで褒めて、話すことに自信を持てるよう促します。
巧緻性の伴う指導に活躍hしたのは折り紙で、これも苦手意識にならないよう、楽しんで取り組む工夫を行いました。


49598_0.jpg

その成果はちゃんとこの笑顔に現れています。
もう最近は苦手意識は薄れ、自ら進んで折り紙をしたり、職員やお友達と楽しくお話しをしています。
言葉の練習、ひらがなの書取りの練習も頑張っています。
49599.jpg

気になっていた記憶の訓練、今は口頭で伝えた内容をしっかり覚えている事を確認するゲームのような訓練で、お友達の記憶の定着を促しています。

2.jpg

あれから1年。
最近のお友達は、切り替えが随分早くなってきたのですが、時折フォローの声かけが必要です。
確かな成長を感じる一コマは、苦手な事にもトライする姿、わからない時や困った時にちゃんと言葉で、文章ではっきり先生に尋ねられるようになった事。

名称未設定 1.jpg


そして世界的に大変な状況下ではありますが、ピカピカの1年生になったお友達。
これからは、日常の中にあるメリハリに対応できるよう切り替えを成熟させ、学習の音読や読み解き、表現力や理解力の向上を目指します。

49604.jpg

何より頑張ったお友達、繰り返す体験から得た学びを力にする事で、未来の大きな成長に繋がって行くのだと、誰もがその笑顔に確信しています。

所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

No.1059 COMPASS熊本 不安から「大丈夫!」へ

No.1059 COMPASS熊本 不安から「大丈夫!」へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS熊本に保育園から通い始めて、現在小学2年生になったお友達がいます。

3230467_s.jpg
写真はイメージです

4年前、保護者様は、ほとんど言葉を発することのないお友達をとても心配しておられました。
こちらの話はしっかり理解していますが、言葉を口にすることはありません。
特に大人、とりわけ男性が苦手なようで、男性の先生の顔を見ることもなく、視線すら逸らしてしまうという状態でした。

3088279_s.jpg
写真はイメージです

保護者様と十分な時間をかけて話し合い、お友達が想いを声に出せるように、慣れない人や場面でも屈託なく笑顔を見せてくれるようにと願いながら支援計画は立てられました。
COMPASSではお友達のペースでゆっくりと心を開いていけるよう、少しずつでも積極的に人と関わっていけるように集団活動を通して学びの場を、個別ではひらがなの習得、語彙の獲得を目指しました。

3091276_s.jpg
写真はイメージです

見慣れない場所も苦手なお友達、COMPASSでもかなりの期間、硬い表情のままでした。

お友達は、周りから身を隠したいかのように、まさに殻に籠るような様子でした。
個別と時間を分けて毎日行われる集団活動。
「あいうえお」唱和など、前に立って発表するという場面があります。

3088276_s.jpg
写真はイメージです

そんな時お友達は、指名されると、下を向いて泣いてしまう場面もありました。
それでも毎日繰り返し、イヤイヤだったは思いますが、経験を重ねていくお友達。
やがてプログラムは、少しずつステップを上げて、集団活動での発表、日記などの会話振り返りにと歩みを進めていきました。

3096900_s.jpg
写真はイメージです

保育園から新1年生になる頃、その変化は見られるようになりました。
大人と会話をすることや、集団の前で発表することが難しかったあのお友達が、自信がなくうつむいていた集団活動で、自ら「はい」と手を挙げる場面が見られたのです。

3091279_s.jpg

それからは、だんだん集団の目でハキハキと大きな声で返事をして、発表出来る場面が増え、大きな成長が見られています。
また、ご挨拶は関わりのきっかけとしてとても大切なものですが、それもとてもスムーズに行えるようになりました。

3217452_s.jpg
写真はイメージです

日々の繰り返しでできるという経験を積む、これはとても大切な学びになります。
お友達の中にあった不安も、この経験値が上がることで「大丈夫!」になって行ったようです。
これからも初めての場面でも落ち着いて恐れず対処出来るよう、いろんな環境や場面設定での対応を一緒に学んでいきます。

COMPASS発達支援センター熊本
所在地:〒861-8074
    熊本市北区清水本町22番34号
連絡先:096-342-4458

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

No.1058 COMPASS中津 ルールを受け入れて

No.1058 COMPASS中津 ルールを受け入れて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津に通うお友達は5歳、昨年11月から通い始めて半年になりました。
実はこのお友達、これまでは長崎・諫早のCOMPASSに通っていましたが、以前も中津を利用していた時期がありました。
6783.jpg

それは、ご実家が近かったお母さんが出産の近かったひと月ほどの間です。
なので、お友達にとってもCOMPASS中津は懐かしくて、楽しい場所のようです。
6777.jpg

保護者様のご希望は、語彙を増やし、しっかりお話が聞けるようになってほしいということや、お片付けができるようになり、順番を理解して回りの子と同じ行動が取れるようになってほしいというものでした。
諫早と中津の事業所ではお友達の成長や、今の課題などについて情報を共有し、成長の促しを検討します。

6780.jpg

お友達はまだ発展途中。
しっかり着座はできるようになっていますが、自分の興味のある事しかやりたがらず、集中が途切れる傾向がありました。
一方で、好きなことや興味のある事にはびっくりするほど集中できるという一面も見られました。

6779.jpg

諫早での成長をお友達の次のステップへうまくつなげていけるよう、中津での取り組む課題やプランを慎重に検討します。
考案された支援計画での基本的な目標は、個別や集団活動など様々な体験を重ねて、発語を促すとともにお友達との関わりや集団での最低限のルールを学んでいってほしいというものに。

6786.jpg

ご挨拶の後、すぐに学習を促すと気が乗らない様子のお友達、集中できません。
そこで、時間を決めてお友達の好む積木やレール遊びをやってから、学習への切り替えという流れに変更すると、スムーズに学習に移行できました。
勿論、学習の後で遊ぶ時間があることも楽しみです。

6782.jpg

そんな取り組みでお友達が頑張っているのは「ひらがなのうた」「絵カード」「スポンジトング」「箸の練習」「表情カード」、そしてCOMPASSのプリントでの学習です。

6778.jpg

「片付ける」という生活の課題には、お友達の大好きなおもちゃで学びを図ります。
遊んでいるおもちゃを一旦片付けてから、次のおもちゃを出すというルールを決め、都度声かけを行っていきました。
これは効果的な取り組みだったようで、COMPASSのルールは少しずつお友達の中でルールになってきつつあります。

6785.jpg

言葉へのアプローチも続いています。
なぞり書きや名前の練習を続けていて、今では上手に書けるようになりました。
不明瞭差を残すものの、語彙の数は増加して、たくさん言葉が出るようになってきています。

6784.jpg

こだわりや抵抗を見せることはあまりみられなくなり、大好きなおもちゃなどのルールを受け入れられるようになったことをきっかけに、お友達はスポンジのように学びを吸収してきているという実感があると言います。
6781.jpg

来年の小学校入学に向けて、今次のステップへと向かっているお友達。
ひらがな50音の読み・書き、10までの数を完全に習得できるように、そしてSSTを中心とした個別、集団活動によって優しい触れ合いや楽しく暮らすことの基本となる人との関わりを身につけて、ニコニコの笑顔で学校生活を送れるよう支援を続けていきます。

所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

No.1057 COMPASS松茂 お友達の1ヶ月

No.1057 COMPASS松茂 お友達との1ヶ月

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS松茂はオープンして1ヶ月が経ちました。

22100.jpg

そのオープン仕立ての松茂に通い始めた可愛らしいお友達。
保護者様は、自分の意思をしっかり伝えたり、必要なときに他者への助けを求められるように、コミュニケーションや会話能力が向上してほしい。そして、自宅以外に心を許せる居場所ができた・・・と思いを語られます。
お友達は、苦手なこととして例えばお片付けが苦手、切り替えも難しい。
また相手の気持ちを考えることも難しく、できないことを極端に嫌って、自信のないことには挑戦することができないのだといいます。

22102.jpg

通い始めてまだ1ヶ月になるかならないかですが、通い始めの数日でお友達の困った様子ははっきりわかるほどでした。
自分のやりたいことを優先して、勉強中のプリントに絵を描いたり、職員が話していても話しを聞かずに一人でプリントをすすめたり・・・。

22104.jpg

個別支援計画に描かれた未来は、お友達とコミュニケーションが図れるように、読み書きができるように。
気持ちのコントロールができるように心も育てて、切り替えができるように成長を願い、豊かな楽しい人生であるように導きたいと言うことです。

そこで、小学校1年のお友達と取り組むのは「日記」「ひらがなのうた」「絵本の音読・暗唱」「みつばプリントC1.C2」「お箸の練習」など、どれもお友達の成長の基礎となる課題です。

22103.jpg

自分の好きなように・・・許される時ならいいのですが、お勉強の時間・遊びの時間と区切りをつけて切り替えられないままだと、最後にはお友達が困ってしまうことはわかっています。
特に多いのがお絵かきが好きで、一度書き出すと先生の指示を無視して自分がしたいようにしてしまうこと。
時折、自分の思い通りにならないと叫ぶこともあるのだそうです。
日常動作で大切なお箸の練習では、苦手意識がかなりあるのか、先生の顔も手元も一切見ようともしません。
抵抗、抵抗の日々が続いた1ヶ月あまり・・・

22105.jpg

この過程の中で先生が挑戦したことは「お勉強の時には、プリントに絵を描かない」と言うルールを決め。
素直に受け入れたお友達、お勉強が終わったら好きなだけ絵が描けることを理解し、守れるように変化が現れ始めています。
また、1つのルールを受け入れてからは、お箸の持ち方を嫌がらずに、練習できるまでになり、お家でも練習するようになったのだとか。
COMPASSはできたことは手放しで大仰に褒めるのですが、それが功を奏して「片付けをしたら教えてもらう」と決めたら、自分で片付けられるようになっていきました。

この1ヶ月の大きな発見と成果は、お友達はとても真面目で約束を守れる姿勢を見せていることです。
日々を重ね、経験を積んでいくことで、これからもまだ「切り替え」がもっとスムーズになるように促しを続け、相手との言葉のキャッチボールの練習でコミュニケーションや会話能力の向上を図ります。

22101.jpg

笑顔を見せ、すっかりリラックスしてお絵描きするお友達。
新しいことに恐れず勇気を出して挑戦ができるよう、COMPASSの先生はお友達の伴走者として一緒に頑張ります。
そして、それはCOMPASS以外の場所でも堂々とやれるように、未来のお友達の成長を目指していきます。

所在地:〒771-0219
    徳島県板野郡笹木野字八北開拓170-1-2
連絡先:088-699-0138
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

No.1056 COMPASS丸亀 スプーンの向こうに

No.1056 COMPASS丸亀 スプーンの向こうに

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀を1昨年の夏から利用しているお友達。
通い始めた夏のお友達、ご飯は手づかみ、着座もままならず、発語もなく、自分の思うようにならないと癇癪を起こしてしまうところがありました。

8171.jpg

当時は小学校へのスムーズな進学を願っていた保護者様は、
「少しでも言葉がででほしい。」
「思い通りにならなくても我慢できるようになって欲しい。」と願っておられました。

まずは発語を促すことと並行して、日常生活でお友達が困らないように生活の動作や、スプーンやフォークを使って食事を取れるようにと支援の計画を立案しました。

8170.jpg

その日からお友達の毎日は、発声の練習、そしてスプーンの練習です。
着座を促すのですが、椅子に座るのを嫌がります。
そこで好みの玩具で遊ぼう!と誘いながら、少しずつ机上で何かを行うことから始めてみます。

8169.jpg

着座をしてくれたら、スプーンでカップからカップへモールなどを移動させ、1つできると大喜びで褒めていきます。
また1つ、こぼれたらあーあ、と残念がり、1つうまく運べたら手を叩いて褒めちぎる・・・
根気よく、何度も何度も、来る日も来る日もそれは続いていきました。

8167.jpg

その頃のスプーンは、お友達にとって気に入らないモノでしかありませんでした。
着座も、何もかもともかく嫌で、自由にさせて欲しいとばかりに気乗りしない様子の日々が続きます。
それでもCOMPASSは諦めず、叱る代わりにまたスプーンを拾って渡す日々が続きます。
お友達が諦めて課題に取り掛かると、先生は優しく見つめながらお友達のスプーンがモールをすくうのを、もう1つのカップに運ばれていくのを根気よく見守り、成功すると手放しで喜びます。

ある日のお昼ごはんで、お友達もふとスプーンを持ってみようとする姿勢が現れます。
上手にはできませんが、その日から周りでも道具を使っていることを意識できて、お友達も自分から使おうとしてくれるようになりました。

8168.jpg

お友達はこの春小学生になりました。
今も発音練習は毎回の療育で取り入れています。
お友達は全てに抵抗する姿ではなく、真剣に取り組もうとする様子に変わっていきました。
最近のお友達は集団での遊びの中で順番が守れ、楽しく笑顔で交流することができるようになっています。

8166.jpg

手指の練習や、スプーンの練習はまだまだ続きます。
集団の中で、思ったことが言えるお友達、優しく周りを気遣うお友達、そして豊かな日々を送るお友達の姿を目指し、これからもコミュニケーションや周囲の皆と触れ合う機会を多く持つことで生活動作を身に着けつたり、基本的生活習慣を身に着けて行けるよう、着座してニッコリできるようになったお友達への支援を続けていきます。

所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東2丁目75-1
連絡先:0877-85-3428

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

No.1055 中讃地区COMPASS児童発達支援センター 1年後の笑顔の君へ

No.1055 中讃地区COMPASS児童発達支援センター 1年後の笑顔の君へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
中讃地区COMPASS児童発達支援センターのお友達は年長さんになりました。
COMPASSの児童発達支援殻数えると、頑張っている時間は1年半になろうとしています。

S__102932516.jpg

本能的に自分を守ろうとする子どもは、時に攻撃的な姿勢を見せることがあります。
気に入っている環境を守ろうと、思い通りにならなかったり切り替えができないと泣いて暴れることがありました。
保護者様としても、日々を落ち着いて過ごしてほしいと願い、苛立ちをなくしてあげたいと、もう少し言葉がはっきり喋れるようになってほしいとCOMPASSへの希望を語られていました。

S__102932517.jpg

思い通りにならないと、お友達の感情は怒りで支配されてしまいます。
イライラすると物を投げたり、噛んだりする事がありました。
気持ちの切り替えもお友達にとってはとても難しいことのようでした。

5970.jpg

2年前、まだセンターができる前のCOMPASSの頃からお友達の目指す方向性は一貫しています。
個別支援計画での目標は、まずは基本的生活習慣を身につけることから。
周りのお友達と楽しく遊べるように、集団の中で落ち着いて生活できるように、そして自分の気持ちを言葉で伝え、他者とのコミュニケーションが円滑に取れるように。
自分だけしか居ないような世界から飛び出して、興味関心を広げ、自信を持ってできることを増やせるように・・・そして小学校への進学を睨み、
学習に意欲をもち落ち着いて取り組むことができるよう支えていきます。

名称未設定 1.jpg

こうしてお友達のCOMPASSの日々がスタートしました。
言葉を獲得するために、絵本の読み聞かせ、あいうえお表唱和、絵カードを。
認知能力を向上し、見通しを付けられるようになるために、コイン落とし、木製パズル、COMPASSのオリジナルプリントを。
集中力を高め、スムーズな学習や生活を送れるように、スナップやボタン付け外し、そして数の表。

S__12271630.jpg

最初の頃は、それはそれは手強かったようです。
気持ちの切り替えがなかなか出来ず、物を投げたり、暴れたりして怒りをぶちまけます。
自分の気持ちを伝える事が難しく、気に入らないことには、すぐに手をあげてしまいます。
着座して学習スタイルを促しても、特に「ひらがな」等にはさっぱり興味が持てないお友達。
自分の気に入った教材や、気分が乗っている科目以外の教材を見せるだけでも、怒り爆発といった感じです。

S__12271627.jpg

COMPASSの先生は、感情で怒ることを手放していますが、お友達がどんな振る舞いをしても、決して引き下がることはしません。
それは冷静に、でも優しく、目の前のお友達の様子ではなく、お友達の中にあるお友達の未来を見つめているからです。

S__102932501.jpg

一貫した長期の目標の途中、繰り返し繰り返し「できた!」の体験を重ね、手応えを感じるたびに受け入れることを学んできたお友達。
数ヶ月前までは全く興味が持てなかった「ひらがな」。
カードを見る事も嫌がったり怒っていたが、今では8割以上わかるようになってきていて、とても意欲的に取り組めるようになってきました。
周りのお友達とのトラブルで怒る事も減ってきました。
すぐに機嫌が悪くなるような場面も姿を潜め、最後まで椅子に座り、頑張って療育に取り組む意欲を見せています。
S__102932512.jpg

小学校まで、残り1年間どこまで伸びるか。
お友達とCOMPASSの新しいステージはすでに始まっています。
自分の気持ちを簡単な言葉で伝え、他者とのコミュニケーションが円滑に取れるようになることを願います。
数の認知を向上させ、数えられるように成長を促し、ひらがなの読みだけでなく、書くことも出来るように促していきます。
S__102932511.jpg

COMPASSの集団活動を通して集団生活の仕組みやルールを理解し、その中で会話や遊びを通じて楽しく過ごし、学習や遊びへの興味や関心を広げ、経験を積み重ねる事で成長を促せるように願い、1日1日を大切に過ごしていきます。
ゴールまでの取り組みの先にある、満面の笑顔を目指して。

所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先:0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

No.1054 COMPASS高知.Jr 記憶に残らなくても・・・

No.1054 COMPASS高知.Jr 記憶に残らなくても・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS高知.Jrに3月いっぱいで卒業してしまった2歳のお友達。

絵本 (3).jpg

昨年の12月、まだ小さかったお友達にとって、COMPASSは受け入れ難いものだったようです。
「こんにちは!」話しかけてもお友達は玄関から動こうとせず、話しかけるのも、触られるのも頑として拒否。
トイレに誘うと、騒いだり、パニックを起こしてしまいます。
保護者様は、言葉でのコミュニケーションを願い、自分の気持ちを言葉にできるようになってほしいと語っておられたそうです。
正しい言葉を覚えてほしい。

絵本 (2).jpg

保護者様の願いを受けて、まずはCOMPASSに慣れ、安心して過ごせるような配慮から関わっていきます。
できるだけ楽しんで、たくさんの言葉に触れ、おしゃべりが楽しいものであるようにとCOMPASSでは目標を設定しました。
シール貼り.jpg

まずはお友達の好きなもの、興味のあることを探るところからスタートです。
試したのは動物カード、パズル、COMPASSのえすぷりというプリントでの「どっちが大きい?と選んだ方にシールを貼る」というような課題が始まりました。
どうやらお友達は、動物カードの学習がお気に入りでニコニコで挑戦していたようです。

クリスマス飾り付け.jpg

確かに体力の問題もあったと思いますが、療育の後半になると集中力が切れ、周りをキョロキョロ見渡す動作が始まります。
好きな動物のカードや、大好きなテレビの戦隊もののお話をして、コミュニケーションを取り、笑顔を誘うよう配慮しました。

通い始めてすぐのCOMPASSのクリスマス。
クリスマスの飾り付けをお手伝いしてくれたお友達、この日はずっとご機嫌でニコニコが続いていたと言います。
洗濯バサミ (2).jpg

お正月が過ぎた頃からCOMPASSにも慣れてきて、ここでは着座して、何かをするんだという理解が進みます。
そこで、次回のCOMPASSでは〇〇をやろうね、と必ず声をかけて見送るという決め事を行っていきました。

シール貼り.jpg

生活面では、トイレが難関でした。
促しても排泄をするのが難しかったのですが、大好きなキャラクターのオマルで誘い、だんだん抵抗をなくしていく作戦です。
やがて、お友達自ら大人用トイレに座り要を足せるようになってきました。
この頃から着座の時間が長くなり、落ち着きがみられ、療育に集中できるように変化が見えてきました。

名称未設定 1.jpg

実はご事情で年度末でお別れすることになったお友達。
3ヶ月前までは気に入った遊びから中々離れようとしなかったお友達ですが、3月には保護者様が迎えに来ると、さっと遊びをやめ、切り替えて帰ることができるようにもなっていました。
あんなに玄関にしがみ付いて抵抗していたお友達が、「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」の挨拶ができるようになっていました。

職員からのメッセージ.jpg

名残惜しいのですが、COMPASSでの経験は、ずっと先の未来にお友達の記憶に残っていなくても確かに成長のきっかけとして刻まれていくことでしょう。
「さようなら」「ありがとう」そう可愛い声を残して、お友達は明るい未来に向かっていきます。

所在地:〒780-0925
    高知県高知市西町86-1
連絡先:088-855-9338
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

No.1053 COMPASS高知 道の途中・ゴールを目指して

No.1053 COMPASS高知 道の途中・ゴールを目指して

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

COMPASS高知、春に年長さんになったお友達がいます。
まだ発展途中ではありますが、笑顔いっぱいで頑張っています。

15182.jpg

昨年6月、保護者様に連れられてきたお友達。
小学校には普通級を希望されているので、そのために必要な様々なスキルを向上させたいとご希望でした。
コミュニケーションの円滑さ、勉強面の補完、そして何より集中力がつけば嬉しいとおっしゃっていました。
何事にも自信を持って取り組めるようになって欲しいという願いを託されて始まったCOMPASSです。

15183.jpg

通い始めの頃から「緊張する。」と自分の気持ちを表現する事ができたお友達。
かなり語彙数も多く、数も数えられていて会話には困らなかったと言います。
ところが一転、パズルなど手先を使う苦手なものになると、早々に「やめたい。」と投げ出す傾向にありました。

15180.jpg

COMPASSがお友達の成長のために考えたもの、それは、ひらがな50音が読めるようになること。
他者との適切な距離感、接し方を知ること、そして、お箸や鉛筆など日常のものがうまく使えるようになることを目標とすることに。

お友達にとって最適と思われる課題は「50音表」「あいうえおの絵本」「絵カード」「数カード」等でのコミュニケーションの向上を目指し、また巧緻性指導として「お箸の練習」などに取り組みます。

15181.jpg

保護者様からお聞きしていた様に、やはり集中力が続かない傾向が見られました。
先生と絵本などを読んでいたときでも、不意に思い付いたことをその場で次々に話し出してしまいます。
そのたびに声かけが必要で、引き戻すのに時間がかかってしまいます。
園へお迎えに行ったときも気持ちを切り替えられず、「行きたくない。」と乗車を拒み、気持ちが崩れ、引きずってしまいます。

15184.jpg

それでも少しずつ成長が見られ、学習も進みます。
保護者様からも「名前がなんとか書けるようになったことが嬉しい!」と、連絡帳でお知らせ頂きました。

お友達の目標までの期限は、小学校へ入学するまでの1年。
やっと入り口というところですが、課題ごとに集中できることが増えてきた手応えを感じています。
送迎時の切り替えも、話題を変えることで徐々に切り替えられるようになってきました。

15179.jpg

お友達も、一番伸びるときを、芽生えの時期を、今、迎えている様です。
継続は力なり、と言いますが、やはり日々の経験を積み重ね、それが日常になり、自分の一部になるまで継続こそ力なのだと改めて思います。
新しい何かを手に入れるためには、馴染んで自分の一部になっているものから「これまで」を手放さなくてはいけません。

3dc86202bda9dd8c2ff71bf7d6ae2c5e_s.jpg


手放したその手のなかには、大きな成長に育つ芽生えの種が育まれています。
今はまだ学ぶ姿勢にばらつきが見られますが、少しずつ声かけで切り替えられる場面が増えて行っています。
COMPASSではこれからもゴールを目指し、継続した声かけを行い、お友達の成長を見守っていきます。

所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

No.1052 COMPASS高松.Jr クリスマスの願いをこれからも・・・

No.1052 COMPASS高松.Jr クリスマスの願いをこれからも・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
去年のクリスマスにやってきたお友達。
COMPASS高松Jrのお友達は4歳、年中さんになりました。

53225.jpg
お友達は大人しい男の子。
COMPASSで様子を見ていると、一度で指示を聞いて理解するのは難しい様子でした。
行動に移すまでと、移してから行動が完了するまでの間、何度も声かけが必要だったそうです。

53227.jpg

保護者様も「1対1でなく、集団でも指示が通るようになってほしい。」ということや、学習面では「数の概念や大小、長短の理解ができるようになってほしい。」と願っておられました。
保護者様と出会った昨年のクリスマス、その願いが届く様、COMPASSがしっかり支援していきますとお約束したのだそうです。

53224.jpg

真冬のさなかから春まで、お友達のCOMPASSの学びはゆっくりと時間が流れていました。
目標にしたものは「言葉の理解を増やす、数に興味を持つ、友達や職員とのコミュニケーション」などなど・・・
53226.jpg

いつものメニューである「50音発音、絵カード、数字カード、数のマッチング」を行います。
そして、COMPASSのプリントも必須アイテムです。

特に気をつけたのは、声かけを必ず視線を合わせて行うこと。
また、指示は簡潔に!ということを大切に関わっていきました。
周りに意識をとられ、注意が逸れることが多いので、様子を見つつ、声かけや励ましの回数を増やしていきます。
53228.jpg

最近のお友達は少しずつ成長に兆しを見せ始めました。
例えば数に興味が出てきて「数字のうた」で 数字が少しずつわかるようになってきたことも大きな変化です。
コミュニケーションは遊びの中で大きな学びがありました。
他のお友達の様子にどうやら関心を持った様子のお友達。
そっと「一緒に遊ぼうって言ってごらん?」などと関わりを促すと、その友達に「・・・しよう?」と言えることが増えてきました。

クリスマスに聞いたお母さまの願いは、まだ全然イメージ通りではないかもしれません。
ですが、確かな兆し、キラッと光る輝きをお友達の瞳は見せています。

53223.jpg

療育の様子、お友達の様子は毎日連絡帳や、送迎時に様子をお知らせしていることで、保護者様も安心して見守ってくださっています。
お友達が元気で楽しく伸び伸び過ごせているのが何よりだと、温かい理解を示してくださっています。
夏も、秋も、そして今年のクリスマスも、保護者様の願うこの願いが達成できるその日まで、COMPASSは歩みを止めず、お友達をゴールまで導く伴奏者として関わっていきます。

所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 U 号棟
連絡先:087-864-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

No.1051 COMPASS岡山ふれんず 芽生えの春を迎えて

No.1051 COMPASS岡山ふれんず 芽生えの春を迎えて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS岡山ふれんずに昨年、眩しい陽射しを連れて、お友達はやってきました。

名称未設定 1.jpg

蒸し暑さが始まろうとしていた頃、通い始めのお友達は毎回COMPASSに泣いて行くのを嫌がっていたそうです。
促されて行うご挨拶も蚊の鳴くような小さな声、少し不明瞭な発音で、自発的な発語はほとんどありませんでした。
落ち着かず、着座もできません。

1649.jpg

保護者様は、小さな困りごとがたくさんあったようです。
食事のときも、お箸を嫌がり手づかみで食べたがり、お茶も飲まずにこぼして遊んでしまうこと。
歩いていても繋いだ手を振り切り、走ってしまうこと。
そして、言葉が不明瞭であること・・・

1650.jpg

保護者様は「自分の想いを言葉で少しずつ伝えられるようになってほしい。集団に馴染められるよう慣れてほしい。」と語っておられました。

1658.jpg

お友達の希望の種は掌の中にあって、芽生えの時を待っている。
その手を開いて新しい未来が掴めるよう、まずは目標として発語を増やすことが選択されました。
事業所や、小集団での活動に慣れてもらいたい。
もスプーン、箸など食器を使ってストレスなく食事を楽しめるように・・・そんな願いを込めて支援計画を立案。
1659.jpg

お友達が関心を持ってくれそうな絵本、絵カード、五十音唱和、手遊び、歌など、気分がノリノリになる課題から始めます。
それからCOMPASSの基本のご挨拶、時間をかけてプリントA1〜から頑張ってもらい、お箸使いの練習も徐々に増やしていきます。

1657.jpg

なかなか集中できないお友達、時には興奮すると椅子から立ち上がろうとしてしまいます。
時折、個別療育中にも壁や机を触ったり、足をバタつかせるなど姿勢が崩れることもあったといいます。
先生が進めるタイミングが気に入らず、自分のペースや順番で強引に課題をやろうとすることもありました。

1652.jpg

夏が来て、秋が来て・・・冬が過ぎ、
着座して落ち着いた様子で取り組む姿が当たり前のようになった頃、お友達の掌の種は芽吹きを見せ始めます。
1657.jpg

笑顔が増えたのと同じくらい話す言葉も増え、いきなり走ったりすることはみられなくなっていきました。
「これわかる?」そう尋ねる先生に、「分かる!」と答えるお友達です。
笑顔で先生にもちゃんとご挨拶ができるようになりました。

1654.jpg

駆け出すことがなくなったお友達と手を繋いで楽しく歩くのは楽しい時間になりました。
食事でも手を使わず頑張ってお箸を使って食べようとしています。

1653.jpg

芽吹きから次は開花へ。
今、お友達とCOMPASSの目標は、引き続き語彙数を増やし、言葉の使い方を練習し、3語文での会話ができるようになること。

1655.jpg

お箸から、次は筆記具を上手に使えるように、またボタンやファスナー等、指先を細かく使う作業が出来るようになり、もっと自信に溢れた笑顔になってくれることを期待して、芽生えの季節の扉を開ようとしています。

所在地:〒700-0921
    岡山市北区東古松3丁目4番14号
連絡先:086-222-0178
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.


posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

No.1050 COMPASS小倉北 逃げないで向き合って・・・

No.1050 COMPASS小倉北 逃げないで向き合って・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS小倉北のお友達がCOMPASSにやってきたのは、一昨年の秋の盛りの頃、2歳でした。

698c3b340b7f9833bcd22f438a22b3ac_s.jpg
写真はイメージです

気に入らないとすぐ怒り出す癇癪もちで、何か促しても切り替えてくれなかったといいます。
何事も不器用さが気になって・・・と保護者様はご心配でした。

b66fa9aea122d51536ef9bb4cfee4dd2_s.jpg
写真はイメージです

COMPASSでは、保護者様との充分時間をかけて聞き取りを行い、読み書きの練習を行うことや運動面を補完していけるように支援計画が設定されました。

お友達にはまだ馴染みのない文字の練習として「ひらがなおけいこ」「月例プリント」それに加えて「サーキット運動」を取り入れました。
まだ甘えたい年代のお友達、どうやら苦手な事、ちょっとやってみて出来ない事はスルーしてしまおう!と決めていたようです。

0ad16ed8a70f6c1bfd1293b18a2bce96_s.jpg
写真はイメージです

気に入らないことは、取り組もうとしなかったお友達。
そこでCOMPASSではお友達が自分の課題に自ら惹かれていくようにスモールステップでの道筋をつけ、根気よく促していきました。

5937ac0e2517bce16cd73073272d2f1d_s.jpg
写真はイメージです

楽しい色塗りから始め、そこで正しい鉛筆の持ち方を学び、徐々に筆圧がついてきて、書くことが楽しくなって、覚えた自分の名前が書けるようになって、得意顔を見せます。
少しでもやる気を見せて、少しでも出来たら、先生全員で手放しで褒めて自信をつけるように心掛けました。
時折つまづきがあるものの、なだめたり励ましたりしながら「できた!」という体験を重ね、また挑戦する気持ちになれるよう繰り返しました。

08a1661d4bcff85d7b19220ab34b233c_s.jpg
写真はイメージです

今では絵本の読みが上達し、同じように会話がしっかり出来るように成長を見せています。
苦手だったひらがなが書けるようになりました。
運動でもケンパや縄跳びが上達してきています。
できないと思っていることでも、怖がらずに頑張ろうとする姿勢、しっかり向きあおうとする姿勢を見せています。

1ef9a6197bfd297d5a03977b31c33777_s.jpg
写真はイメージです

今が一番延びるとき。
これからは小学校への進学を目指し、お友達との関わり方を学んで欲しいと願い、プランも上方修正です。
さらに高いレベルのコミュニケーション能力の向上を目指して、お友達は今、新しいスタートを切ります。

所在地:〒802-0062
    北九州市小倉北区片野新町1丁目3-53 おかたビル1F
連絡先:093-931-8438
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

No.1049 COMPASS武蔵新城DASH その時間が魔法になって

No.1049 COMPASS武蔵新城DASH その時間が魔法になって

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
お正月気分の余韻が漂う頃、まだ2歳のお友達はCOMPASSにやってきました。
活発なお友達「じっとしていられないし、突然走り出してしまうので心配です。」とお悩みを話しておられた保護者様。
27530.jpg

スタートした頃、玄関先でお母様と離れた後、泣いて職員との関わりも拒否があり、室内を逃げ回り、人のいない所に逃げ込もうとするお友達。
泣いてはいるのですが、全く発語がありません。

27531.jpg

まだ2歳ということもあり、最初はスローペースでと「事業所に慣れ、好きな事を一つでも探り、興味を増やしていきながら発語をうながし、着座時間を増やしていこうという目標が設定されました。

27533.jpg

お馴染みの「あいうえお絵本」「木製パズル」「絵カード」「絵本」そして「機能訓練」がお友達のメニューです。
拒否の構えが強かったお友達。
目の前にどんな課題を出しても集中力が続かず、椅子からずり落ちるように床に座り込みます。

27529.jpg

姿勢を正そうと、先生が支えて着座を促すと、後退りして泣きながら身をよじって退けぞらせ、その場から離れようとします。
毎日の繰り返しの中で自然に慣れてもらおうと、毎日入室してから着座までの流れを作り、テンポよく課題を提供していきます。
27528.jpg

そんなお友達ですが、3ヶ月目くらいからCOMPASSの流れを覚えてさほど抵抗が見られなくなりました。
入室から着座までスムーズに行えるようになり、不明瞭ではあるが、少しずつ発語が増えてきています。

27525.jpg

これがきっかけかな?と思う1日があったそうで、その日玄関でお母様にバイバイ!をして自ら靴を脱いで下駄箱にしまい、先生の声掛けで服を掛けたり、集中して課題に取り組み着座が出来たといいます。
その日を境に変化が現れたお友達。

27527.jpg

ちゃんと座れるようにもなり、その時間も何と45分も座れるようになりました。
一連の様子を見ていた先生達は、わずかの期間に、2歳の泣いて逃げ回っていたお友達が、こんなに立派に行動できたことは先生の胸を熱くしたといいます。

27532.jpg

座れるようになると、心が色々なものを受け入れることができるようになります。
欠けた時間分、確かに時間の魔法がお友達を変えていきました。
今後はもっと課題を落ちついて着座をしての療育時間を増やし、言語での意志表示を増やせるように、お友達の中に眠る奇跡のタネを健やかな芽生えに向けて育てていきたいと願っています。

所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.


posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

No.1048 COMPASS大村 未来のキャンバスを笑顔でいっぱいに!

No.1048 COMPASS大村 未来のキャンバスを笑顔でいっぱいに!

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS大村のお友達、2月にもブログで紹介していましたが、今月で通い始めてから9ヶ月、小学校2年生になりました。

598.jpg

マイペースというか、自分のルールにとても強いこだわりがあって、行動や気持ちの切り替えが上手くできません。
自分の思うようにいかないときには、我慢できない苛立ちを人にぶつけるといった行動もあったと言います。

606.jpg

語彙も少なく、自分から発する会話もやはり聞かれず、事業所でも1人で過ごすし、よく眠っている姿がありました。
先生が声をかけても、学習や遊びに誘っても、頷くだけだったのだとか。

603.jpg

人は一人で生物としては生きていくことはできますが、人として豊かだとは言えません。
学びの多くは人との関わりの中で、喜びや辛さや苦悩を経て得られるものです。

601.jpg

お友達にも人やモノに関心を持ち、自ら関われるよう、様々な活動を通して楽しさや積極性を学んで欲しいと支援計画が立てられました。
大村2.jpg

学習では、COMPASSのえすぷり、ひらがなのおけいこ、そして塗り絵、数字の認識、大小の比較等からスタートです。


600.jpg

最初は、言ってることが伝わってるのか、その判別が難しいほど反応がなかったと言います。
学習にしても、ふざけているのか、真面目にやっているかの区別がつかない状態でした。
学習中に先生が「教えてくれる?」と言うと、ふざける様子もなく、しっかり学習はできていましたが・・・

604.jpg

やがて、年を越した頃からCOMPASSでの過ごし方を受け入れて素直に従ってくれるようになったお友達。
着座姿勢もキープでき始め他のもこの頃からです。
最近は素晴らしい笑顔が多くなり、お友達や先生に自分から積極的に話しかける姿をよく見せてくれます。
気分にムラがあるのは否めませんが、それでも集中して積極的に学習へ取り組むことが出来るようになってきました。

605.jpg

保護者様からもいつの間にか数字やひらがなを書けるようになっていると、とても喜んでくださったと2月にもご紹介していますが、本当に成長が目覚ましいこの頃です。
書くことに慣れ、筆圧が安定し、文字もそうですが絵がとても上手くなってきたお友達。
絵も素敵なのですが、冬からは少しレベルを上げて「ひらがな」を正しく書けるようにと課題を頑張っています。

大村1.jpg

伝え合う喜びを知って欲しいと願い、コミュニケーションを楽しんで、言葉を役立てて武器にしてもらえたらと願いながら言語指導も継続していきます。
お友達の未来のキャンバスを笑顔でいっぱいにするために・・・

所在地:〒856-0832 
    長崎県大村市本町259-1-2F
連絡先:0957-54-3288
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

No.1047 COMPASS本部教室 あれから9ヶ月経って・・・

No.1047 COMPASS本部教室 あれから9ヶ月経って・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
昨年の8月2日にご紹介したお友達、ずいぶんと成長を遂げたので・・・と本部教室から報告がありました。

IMG_0858.jpg

昨年の5月から通い始めて、そろそろ1年になるお友達は、今年小学校2年生になりました。
当時は「小学校で楽しく過ごせるようにと、失敗が続いていたトイレや身辺自立を願い、また集団活動に加わることができるように」という目標でした。

IMG_1661.jpg

1年が経ち、自分の身の回りのことはかなりできるようになってきたお友達。
保護者様の語られるお友達の成長へのご希望も「言われてするのではなく自ら毎日することができるようになって欲しい。」ことや「するべき順序やルールを学んで、実践出来るようになって欲しい。」というものに変わってきました。

IMG_1608.jpg

確かに目を見張る成長があるお友達。
通い始めの1年前は、学習面では集中力が続かず、離席が多く、またスムーズに次の行動に移れませんでした。
先生の話を聞いているのか、あまり指示が通り、行動できているとは言えない状態。
身辺自立で特に頑張ったのは、トイレです。
当時は紙パンツが取れず、自分からトイレに行くことが難しい状態でした。

IMG_1706.jpg

1年たった今の目標は「自分の身の回りことができるようになること。」を軸におき、学習では「鉛筆で上手に線や数字、字を書けるようになる。数の1〜10までの理解ができるようになる。」ことが目標です。
学習面ではみつばのひらがなのおけいこ かずのおけいこ 月プリで成長を促します。
また集団活動を通して、学校生活を豊かに、社会に出たとき支え合えるように友達や周りの人と上手に関わることができるようにと導きたいと思い、課題を進めています。

IMG_1719.jpg

学習時間も指導員が側についていると、落ちついて取り組むことができるようになり、40分間の着座時間が確保できるようになりました。
鉛筆の正しい持ち方を身に付け筆圧が強くなり、ひらがな、数字が書けるようになってきているとのこと。
ひらがなの単語、短文が読めるようになり、数量1〜10までの理解が進み、自分の名前が書けるようになりました。
IMG_1701.jpg

文字の大きさやバランスは訓練が必要ですが、今は1〜10まで書けるようになってきていて、一人で書けるひらがなも増えています。
生活の実践では、お箸を使って上手に食べれるようになり、トイレはタイミングを見て誘ったり、自分から尿意を伝えることが出来たときは、きちんと褒めてあげることにより、意欲が上がり、成功につながってると思います。
IMG_1581.jpg

少しずつ先生が介在すればお友達同士でも遊ベるようになってきていましたが、今は先生がいなくても、お友達とごっこ遊びができるようになりました。
これからも更に身辺自立の成長を促しながら、遊びや学習の準備や片付けも進んで行うことができるよう、するべき順序を理解して行動することができるように促しを続けながら、お友達の豊かな未来への架け橋になれるようにと支援を続けていきます。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

No.1046 COMPASS三豊 パーソナルスペースの感覚を育てる

No.1046 COMPASS三豊 パーソナルスペースの感覚を育てる

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS三豊のお友達は5歳、通い始めて2年と3ヶ月をすぎました。
写真のお友達はどれも笑顔、落ち着いて療育を受け、たくさんのとお友達と関わって楽しそうです。

名称未設定2.jpg

ところが通い始めの頃は、お母さんにべったりなのに気持ちがくるくる変わり、落ち着きなく、人との距離がうまく掴めず、それがうまくいかないと、怒りの感情に支配されてしまうという状態でした。
名称未設定 1.jpg
「一人でいるときでも他の人と仲良くして欲しい、お母さんと離れても、不安なく楽しんで過ごせるようになってほしい。」
そして「他のお友達とトラブルなく、仲良く関われるようになってほしい。」そう願いを語られていたそうです。

Uちゃん5.jpg


利用が始まった頃のお友達は、まず座って何かをできるという様子は見られなかったそうです。
療育もできず、勉強部屋への移動も難しく、COMPASSの他のお友達との関わりも全く関心がない様子。
嫌なことには泣いて抵抗し、気持ちの切り替えが難しかった為、促しても行動に移すことはなく、指示が中々通らなかったといいます。

Uちゃん7.jpg

COMPASSが目標としたことは、落ち着いて他者とのコミュニケーションをとれるようになることでした。
まずは、お母さんと離れても不安の感情に支配されないよう、離れる時間に慣れてくれるよう導きを開始です。
当時お友達との学習は、絵本の読み聞かせ、着座、集団活動への参加を促すことでした。

Uちゃん3.jpg

COMPASSに通っては来るものの、大好きなお母さんとの別れがたいそう辛いらしく、すぐに泣いてしまいます。
COMPASSは母子分離での療育が基本ですが、本当に嫌で仕方がなかったのかおやすみも多かったそうです。
これにお友達はなかなか慣れてくれませんでしたが、きっとそれ以上にお母さんも後ろ髪を引かれる思いだったことでしょう。
泣いて嫌がったらどうにかなることが当たり前になってはと、お母さんに協力して頂き、お母さんと一緒にCOMPASSまで来て「次はちゃんとCOMPASSに来ます。」と職員とお約束をしてから帰ることをルールとしました。

Uちゃん10.jpg

本当にお母さんは頑張って下さいました。
COMPASSで過ごしてもお母さんがいないことでパニックにならないよう、お迎えやお勉強について流れを伝え見通しをつけられるように配慮しました。
スケジュールが狂ったことで、混乱して感情的になったときは、本人が納得するまで見守りを続け、気持ちが切り替えられるよう、何度も優しく促すことに努めました。
やがて、お母さんの協力もあり、時間がかかりましたが、だんだんとお母さんと離れることに慣れていったお友達です。

Uちゃん13.jpg

今では、お垢さんにちゃんとバイバイできてCOMPASSに入ることができているお友達。
母親と離れても不安なく過ごせるようになってきて、泣く事があっても気持ちの切り替えに必要な時間も少しずつ短くなってきているそうです。
最近では、集団活動も問題なく参加して、周りのお友達に興味をもち、拘ろうとする姿を見せ始めています。

Uちゃん4.jpg

同年代のお友達との関わりが増え、お友達に折り紙の折り方を教えたり、少しずつではあるが自分のペースでなく、お友達のペースに合わせて待てるようになってきたお友達。
今の課題は、コミュニケーションの向上、ひらがなの練習、プリントもBに進みました。
時折お友達とトラブルになった際、泣くだけでなく、ちゃんと自分の思いを伝え、解決しようとする姿が見られるようになってきたといいます。
集団では、お友達と一緒に作品を作ることも、笑顔でできるようになってきて、大きな成長の手応えを感じています。
Uちゃん12.jpg

人が他人に許容できる範囲をパーソナルスペースといいますが、それは人それぞれに違います。
ちょうどいい距離感、経験で覚えていくものですが、それがお友達にはまだ謎のようです。
確かに関われるような成長は見られるものの、その距離が近すぎで、周りのお友達を驚かせてしまうこともあります。
Uちゃん2.jpg

お母さんの願いも「落ち着いて穏やかに過ごせる時間が増えて欲しい。」
「すぐ怒ったりすることが減って欲しい。相手の嫌がることをしたり、手を出したりしないでほしい。」ということに変わり、お友達の更なる成長を願われています。
250のコピー.jpg

COMPASSでは新しい願いを受けて、支え、支えられる素晴らしいお友達同士の人間関係の成長を願い、相手への気づかいを身につけることができるように言葉で、経験で、自分で考えて理解でき、ふさわしい行動ができるよう、これからも優しい支援を続けていきます。

所在地:〒769-1502
    香川県三豊市豊中町笠田笠岡2074番4
連絡先:0875-23-6088

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

No.1045 COMPASS枚方 気分を乗せて・・・

No.1045 COMPASS枚方 気分を乗せて・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方に今月2年生になったお友達がいます。

IMG_20200318_142042.jpg

大切な我が子の成長をCOMPASSの支援に預けてくださった保護者様。
お友達の将来を想い「静かに座っていられるようになって欲しい。」ことや、
「コミュニケーション能力の向上や、母の補助なしで自分で出来ることが増えて欲しい。」と希望は膨らみます。
IMG_20200318_142005.jpg

COMPASSに通うこと自体は、あまり抵抗を見せなかったのですが、何か話しかけてもあまり答えを聞くことができませんでした。
発語が少なく、意思を言葉で伝えることが難しかったようです。

IMG_20200318_141201.jpg

COMPASSではまずは発語、単語の習得、1〜10の理解を課題としてプランを立てました。
当初はCOMPASSの「ひらがなのおけいこ」プリントや、絵カードを使い、発語と単語の習得を繰り返し行っていきました。
お友達は少しつまづくところがあると、動きを止めてしまうお友達です。

IMG_20200318_141201.jpg

それでも、わからないことやつまづきがあっても、なんとか最後まで頑張ろうと促しながら、行きつ戻りつ課題をこなしていくうちに、いつしかお友達の笑顔が増えていきました。

IMG_20200318_141506.jpg

語彙の習得が進み、今は何をどうして欲しいかを発信したとき、先生と一緒に答えかたを復唱するというパターン学習に移り、頑張る姿を見せています。
中でも「何を、どんなふうに、どうする」という動詞や形容詞の習得を目指し、会話の上達を目指しています。
IMG_20200318_141358.jpg

数認識も少しずつ進み、足し算・引き算は、一問ずつ確認なしで答えを書き込めるよう何度も何度も繰り返します。
頑張るお友達には少し自信のある笑顔が増えてきました。
最近では、3語以上での会話、他者からの指示・指摘を聞き入れて行動することも課題に入れて広い視野で学習は進んでいます。

IMG_20200318_134028.jpg

一方、まだ時折見せる行動の癖ともいうべき切り替えの難しさが残っています。
それでも、通い始めの2年前と比べると、COMPASSで過ごしたたくさんの成功体験、先生との信頼関係の構築が進むにつれて、指示を聞き入れることに抵抗を見せなくなってきているのは嬉しい成長です。
最近の切り替えの難しい時は、特に体調に左右されるところが多いのですが、うまく切り替えられたノリノリの気分であれば、課題の集中や習得は素晴らしいと先生も大絶賛。

IMG_20200318_133425.jpg

これからもお友達と成功を積み上げるパートナーとして、COMPASSでは成功体験を増やし、自信を持って行動出来るよう、自身の間違い等を指摘されたときもスムーズに気持ちの切り替えが出来るように、お友達の芽生えを大きな花として咲かせたいと願っています。

所在地:〒573-0007
    大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428

(事業所名をクリックしていただくと、事業所案内ページへ。電話番号をクリックしていただくと電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

No.1044 COMPASS中讃センター 身辺自立のアプローチ

No.1044 COMPASS中讃センター 身辺自立のアプローチ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS中讃センターのお友達、春から年長さん、来年には小学生です。

S__100188198.jpg
最初の出会いは4年前。
保護者様の優しい想い。
それは「日常生活で必要なことが身につき、一人で出来るようになってもらいたい。」ということや「まだ未勢塾な発語が増え、人とのコミュニケーションが取れるようになってもらいたい。」そんな我が子の将来をしっかり見据え、幸せを願う想いでした。

名称未設定 1.jpg

いつか独り立ちするお友達のために。
個別支援計画では、まず身辺自立を軸に置きながら発語発音練習や様々な能力を開花させられるよう設定。

センター.jpg

根を詰めた知識の詰め込み学習ではなく、楽しく経験で学びとるという手段を選び、絵カード、ひらがな表、ボタンやスナップのつけ外し、みつばプリント、絵本、ひも通し、発音練習、お箸の練習、洗濯バサミつけ外し、棒通しなど短い時間で成果が出るもの、成功体験が積み上げられるものを選択します。

S__100188204.jpg

素直なお友達、先生との関わりを楽しみ、目の前の課題を一生懸命頑張っていました。
心の成長が著しい幼年期のお友達、一時期はなんでも嫌がり、教材やプリントで遊んでしまい、全くやる気配を見せない時もあったのだとか。
しかし、そういった成長の階段を超えて、今では頑張って応えようとする積極性を見せるお友達に成長しています。

S__100188203.jpg

通い始めの頃のお友達、確かに自主的な発語はあまり聞かれず、課題のカードの復唱も2、3文字の単語だとノリノリで行いますが、長い単語は言いにくいのか黙ってしまったり、語尾のみの復唱だったそうです。
少し前までは、やはりまだ長い単語は復唱しづらそうでした。

S__100188192.jpg

身辺自立で特に力を入れたのがトイレトレーニング。
トイレに行きたい感覚を誰かに伝えたり、自発的にトイレに行くのが間に合わないところからのスタートでした。

S__100188193.jpg

そして4年。
見事な成長とはまさにお友達のことかと思うほど、まるで別人のようです。
成長のきっかけとなったのは、まずCOMPASSのお友達。
お友達にとても興味を持ち、一緒に学習したり遊んだりするお友達の名前をいつの間にか覚えていました。

S__100188202.jpg

以前と比べ、カードで復唱する時には苦手だった長い単語でも、ゆっくり発声し、一緒に復唱出来るよう工夫して取り組んでいます。
不明瞭さが改善し、理解して使える語彙が増え、自分の言葉で思っていることを伝えようとするようになりました。
C920900B-4428-4048-92D5-6CE2A227F19B.jpg

集中力も増し、一つ一つの療育に集中して取り組めるようになってきました。
「ままごと」を好み、成長の要素の1つでもある模倣遊びも以前より長く楽しんで遊べるように変化が見られます。
トイレも失敗がなくなってきて、スナップやボタンなどの身の回りの事にも少しずつ取り組めています。

03E7CF60-1F6C-4D44-AAAA-CE0E1C041147.jpg

お友達の身辺自立へのアプローチはこれからも続きます。
身の回りの事を少しずつできるように、集団の中での生活を通してルールやマナーを身に着け、他者とのコミュニケーションが取れるように優しい支援を続けて行きます。

所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先:0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

No.1043 COMPASS武蔵新城DASH 思いを声にのせて・・・

No.1043 COMPASS武蔵新城DASH 思いを声にのせて・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城DASHのお友達、春から3年生です。
ナイーブなお友達、言いたいことを伝えられないもどかしさを溜め込んでしまう傾向がありました。
なので、周りのお友達とうまく関われないことが多かったそうです。
追い詰められてしまうのか気持ちのコントロールができず、またルーティンではない突発的なことに気持ちが乗れず対応できないということもありました。

27624.jpg

そんなお友達はCOMPASSに通い始めた頃、控えめで発言も少な目。
何でも自分の思いを言えず、譲ってあげてしまうことばかりです。
言いたいことはお母さんに言ってもらうという状態でした。
我慢を重ねて、心のもやもやが増えると気持ちのコントロールが難しく、そうなると少し大変だったといいます。


27622.jpg

COMPASSの目標には、関わりをスムーズにしていくことが設定されました。
お友達との関わりの中で気持ちを受け入れられない時は、少しだけ先生が間に入って理解を深めるお手伝いを図ります。
コミュニケーションの基本は、まずあなたからどうぞという気持ち。
そしてお友達の番には、言いたいこと、思いを素直に相手に伝えられるられるよう促します。
お友達のなかにある不安を少しでも軽減し、新しい課題に前向きに取り組めるようにと願いながら課題を提案していきます。

27623.jpg

お友達には特にグループ学習を取り入れ、意見交換する場面も取り入れてみました。
お友達が発言しやすいよう、思ったことを伝えられるような雰囲気作りに努め、そんなとき、先生はゆっくりと耳を傾けるように努めます。
そうやって、言いたいこと、思いが伝えられて嬉しい!という体験を増やしていきました。
27621.jpg

しばらくは課題でも「う〜ん…」「…わからない」自信のなさからこのような発言ばかりが目立ちます。
いろいろなことを自己決定もできず、「どっちでもいい」といいますが、本心ではないため乗り気でない表情を見せます。
積極的に思ったことをどんどん言おう!間違ってもいい、言ってみて一緒に考えよう!
そんな体験が多くできるように場面を作っていきました。

27620.jpg

決まったルールで過ごせないと、少しパニックになりがちなお友達。
COMPASSではおやすみしても振り替えて別の曜日に来ても大丈夫なんだよということを分かりやすく説明し、どの日なら来られるのかを先生と一緒に考えて自分で計画し、選べることを理解してもらうように努めました。
どうやらお友達の中で決まったルールがあって「COMPASSは◯曜日!」と決め、それを変更することに抵抗があったようでした。
お友達にしっかり理解してもらい、恐れなくていいんだとわかってからは、スケジュールの変更を受け入れられるようになって、COMPASSの回数が増えてきました。

27626.jpg

少しずつ学習で「できた!」という経験が積み上がり、周りに気後れしたり、相手の顔色を見たりせず「言ってもいいんだ!」と勇気を出して話そうとするお友達の姿が見られるようになりました。
思ったことも、小さい声ながら発言するようになってきました。
お母さんがいなくても先生に自分の気持ちも伝えられ、振り替え希望日を決められるようになったことはお友達にとって大きな成長だと、ご家庭でもたいそう喜んでおられたとのことで、先生も本当に成長を実感して嬉しかったと言います。

27625.jpg

ほんの少しの関わり、拘った考え方の方向修正、そして友達との関わりでは意見交換できるようにほんの少しのお手伝い。
きっかけ掴めたこと、そのチャンスを最大限に活かし、話すことができるようになったのは、実はお友達のなかに眠っていた力です。
これからは、また1枚、1枚と硬いベールを剥がし、苦手意識を軽減し、学習にも自信をもって取り組めるように一緒に頑張っていきたいと思っています。

所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

No.1042 COMPASS諫早 褒める技術・学ぶ意欲

No.1042 COMPASS諫早 褒める技術・学ぶ意欲

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS諫早のお友達は小学校2年生、通い始めて1年半になります。

2506.jpg

保護者様のご意向で特にコミュニケーションと文章の力を伸ばすことを重点的にプランニング。
でも当時のお友達はCOMPASSでの学習を促しても、集中力が途切れやすく「嫌だ!」「もうしない!」と投げやりになることも多かったといいます。
また、学習でも遊びでも気持ちがついていかないのか、切り替えが難しいという状況でした。
集団でも独りよがりな態度が目立ちます。
そこで、遊びを通してお友達との関わり方を学び、ルールを守って遊ぶ楽しさを知ってもらいたいと働きかけました。
ボカシ加工.jpg

文章力を伸ばすには、COMPASSの日記が最適です。
COMPASSの日記はテーマが決められていて、お出かけや遊び、食べ物などのテーマに沿って「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」という構成になっています。
文章の力がついてくると、同時に時系列でお話することができるようになっていくことを狙って、会話や文章のルールを踏まえたコミュニケーションがとれるよう、都度構成に配慮した会話となるよう促しを続けました。
2504.jpg

集団活動で見せる自分勝手な振る舞いには、COMPASSのえすぷりというプリント教材で、「この行動はいいか?悪いか?」の判断や、どう行動すればよいかの知識を与えながら、自分で行動を考えてもらうように図りました。
2502.jpg

褒められること、それは子どもにとって、自己肯定感を育て、大きな自信となり、積極性を培います。
お友達にもできたこと、得意なことは褒めて、褒めて、どんどんお友達自信の頑張りを認めていきます。
もちろん間違った振る舞いや考えは、理解できるまで対話で誤りを諭します。
これは一人の先生ではなく、COMPASSの先生全員が一貫した指導として中心においていることです。

2503.jpg

その結果、今では年下の子の面倒をよくみて、一緒に遊んでくれるようになりました。
「ここまでする」と約束した課題は、投げ出さず、最後までやり遂げることができるようになりました。
お友達同士のトラブルもなくなり、全ての面で自分を律することを学んでくれたようです。

それどころか、他のお友達の学習を手伝ってくれたり、他のお友達の場面に沿わない行動に「だめだよ」と声かけしてくれたりしています。

2507.jpg

今、伸び盛りの季節を迎えたお友達。
さらに言葉の意味を理解し、主語 述語を使って文章力を高めるよう学習のステップをあげていきます。
集団での活動の中では、お友達との関わり方を学び、ルールを守って遊ぶ楽しさをもっと知ってくれるよう図っていきます。

所在地:〒854-0041
    長崎県諌早市船越町891ー2
連絡先:0957-56-9328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

No.1041 COMPASS.Jr 新しい場所での未来を・・・

No.1041 COMPASS.Jr 新しい場所での未来を・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS.Jrでは、学校はお休みの期間でも元気なお友達の声が溢れています。
昨年、一年生になった夏からCOMPASSに通い始めました。
保護者様のご意向に沿って、読み書きを始め、学習の定着を目指します。

DSC04199.jpg

夏休みにじっとお家にいるわけでなくCOMPASSにはたくさんのお友達がきていました。
玄関先でお母さんと別れると、どうにも我慢できず外に飛び出しそうになったこともありました。
促しても着座出来ず、室内を走り回って大声を上げるお友達。

DSC04195.jpg

集中できないと、学習の定着も望めません。
お友達とまず挑戦したのは「ひらがな」の読み書き、数量の把握です。
児童にも使う、比較的優しいところからスタート。
ひらがなのおけいこ、月例プリント、日記の作成、50音唱和、50音マッチング、数字マッチング、絵本の読み聞かせ、音読が行われました。

DSC02336.jpg

この中で誰のいうことを聞き入れるべきか?
それがポジショニングの基本姿勢です。
お友達は先生より自分の気分を優先して、ポジショニングを勘違いしていたことで、ソーシャルスキルも定着がみられません。
先生は場面場面によっての行動について、何度も何度も話をしました。
その結果、だんだん母子分離がスムーズになっていったそうです。

DSC05540.jpg

同様に、他のお友達が学習していても、そばで走り回ったり大声あげたり泣いたりしていたお友達、何をする場なのかを伝え、他のお友達の様子も見せることで、「いつでも何でもやっていいんだ」という考えが誤っているのだと気づき、学習する姿勢が次第に変わっていきました。
ひらがなの学習は、最初は自分の名前の字も読めなかったお友達ですが、学校の先生とも連携を図りながら、学校教材をCOMPASSでも併用して取り組み、習得を図りました。

DSC05691.jpg

夏休みから2〜3回の利用で約1ヵ月でひらがなの半分が読めるようになり、9月上旬には1文字ずつ指で押さえながら音頭も出来るようになりました。
着座も嫌がることなく、落ち着いて1時間程度の学習を取り組めるようになりました。
利用開始時には全く読めなかったひらがなも完全マスターして、自信がついて積極的に学習に取り組めるように成長が見られます。
秋には清音を読めるようになり、冬からはカタカナの学習も並行して行うように。

DSC05540.jpg

今では見通しを持って進んで行動出来るようになり、得意な算数もサクランボ計算で繰り上がりや繰り下がりのある計算を頑張っています。
周りのお友達とトラブルなく笑顔で遊べるようになり、落ち着いて行動出来るようになって、自分からすすんで「次○○してきます!」と報告してくれたり、自分で考え判断して進んで行動出来るようになって日増しに笑顔で過ごせるようにもなりました。

4f3faa7aafaaacfd5a706df9e5a57f32_s.jpg
写真はイメージです

3末でお引越しの為、COMPASSでの日々は終了となりました。
先日、お引越し先で通う事業所に引き継ぎを終えて、少し寂しさの残る.Jrとなりました。
ですが、お友達の航海はこれからです。
自分の中に眠っていた成長のかけらが綻び始めたお友達、これからも未来に向けて引き続き頑張ってほしいと願っています。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1丁目3−5
連絡先:093-472-3288
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

No.1040 COMPASS武蔵新城 冬から春へ、そして楽しみな夏を・・・

No.1040 COMPASS武蔵新城 冬から春へ、そして楽しみな夏を・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城のお友達は今ノリノリで学習を頑張れるようになりました。

S__4390934.jpg

我が子との楽しいお喋りを楽しみに毎日話しかける保護者様でした。
少し舌足らずな声でお喋りを始めようとするお友達ですが・・・
それは会話にならず、話せる言葉を口にするとき、そばにいても激しい騒音の中で叫んでいるかのようにとても大きな声。
遮ると、お友達の癇癪の引き金になってしまいます。

S__4390936.jpg

保護者様は願われます。
「場に合った声の大きさで過ごせるようになってほしい。」
「自分の思い通りにならないと癇癪を起こすのを直してほしい。」と。

ぼかし加工必要.jpg

まだ3歳のお友達。
当初は、入室時に送ってきてくれたお母さんとのお別れが辛くて、離れられず、泣き出してしまうことが多かったといいます。
COMPASSの習慣に従って着座を促しますが、気もそぞろで着座も難しく、すぐに周りが気になり歩き回ってしまいます。

S__4390938.jpg

珍しくご機嫌で、気に入ったおもちゃで遊んでいるとき、他のお友達には絶対に譲ろうとしません。
貸し借りができないし、感情のコントロールが難しいといった、生活面では全て介助が必要な様子でした。
発語は「パパ」ママ」「にいに」ぐらいで、語彙や表現方法は上手とは言えず、その発音は不明瞭で、わかってあげられないことが多かったそうです。

S__4390935.jpg

そこでお友達には声の大きさの調節、他者との関わり、運筆の線描・点描、スプーン練習、二語文以上の発声練習を支援計画の課題としてスタート!

S__4390937.jpg

秋から冬にかけてCOMPASSに慣れてきて、着座練習や発声練習を中心に、お友達が関心を示すものを探しました。
初めの頃は絵本を見ることなく「いーや」「おしまい」と拒否が見られましたが、少しずつ楽しみながら取り組む姿勢が見えてきました。
発声で気になったことは「さ行」が「しゃしゅしょ」「つ」が「ちゅ」に聞こえることです。

S__4390931.jpg

クリスマスの頃からは単語カードの発声練習や絵本の読み聞かせなどにより、語彙が少しずつ増えてきました。
自身から進んで話しかけてくるようになり、とても笑顔が増えてきました。
着座の時間も伸び、集中が持続してきています。
お友達と一緒に遊ぶ様子も見られてきました。

S__4390930.jpg

保護者様もお友達の着座の様子や相手の目を見るようになってきたこと、発語が増えてきたことを保護者様は大変喜ばれていました。
繰り返しの効果で、「大きさの目安になる表」を見ながら、近くの人には小さい声でも聞こえることを意識し始めています。
お友達自ら表を指差して、先生と確認する仕草も見せるようになってきました。

S__4390932.jpg

お友達のやってきた晩秋から春になり、泣き顔からニコニコになりました。

S__4390933.jpg

本当にキラキラの笑顔で声の大きさの調節、感情のコントロール、場面や気持ちの切り替え、二語文以上の発声、善悪判断に至るまで、楽しそうに頑張るお友達の今年の夏は、どこまで伸びてくれるか楽しみで仕方のない先生達でした。

所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

No.1039 COMPASS松山 その日まで・・・

No.1039 COMPASS松山 その日まで・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS松山には1月から新しいお友達が通ってきています。
お友達は7歳、4月から小学校2年生。

IMG_20200305_110434.jpg

保護者様の願いは「理解力を身につけ、話の内容や順番を組み立て、相手に伝えることができるようになってほしい。」と言うものでした。

気が散りやすいことも気になると伝え聞いていたのですが、やはり着座は難しいようです。
座って挨拶、さて学習と言うときに不意に立ち上がって走り回り、先生が捕まえに行ってまた着座を促し、そしてまた追いかけっこ・・・この状態も珍しくありませんでした。
何かをやっている時、学習に誘ってみても全く聞く耳を持ちません。
お話をする時も、ちょうどいい距離を軽く無視して近づきすぎるので、他のお友達からも敬遠されがちな様子です。

IMG_20200305_110450.jpg

COMPASSの指導の一つに「知力を上げることで衝動を抑えていく」と言う考え方があります。
言葉を得て、伝えられなかったもどかしさから解放されたとき、ほとんどのお友達は他害・自傷・他児とのトラブル・ものに当たったり奇声をあげたり、泣き叫ぶといった行動がおさまっていきます。
同じように経験を積んで知識を自分の力にできたとき、衝動的な行動や振る舞いが「いいこと悪いこと」の判断や、場面、タイミングを理解できるようになるので自然に態度や姿勢が変わっていくことを期待します。

IMG_20200305_110410.jpg

そこで、お友達の計画には「理解力を高める」ことがまず記載されました。
具体的にはお友達にとっては、少々根気が伴う「ひらがな」をしっかり覚えると言うことなどがあげられました。
シンプルにひらがなの音読、学習姿勢の基本である着座、絵カードの遊び、数字の読み方数え方など。

IMG_20200311_155206.jpg

お友達の心をコントロールしているのは、目に付くことに左右される衝動的な移り気な感覚です。
しっかりと伝えたこと、指示や順番を理解しているはずなのに、気になるものの出現で、数秒前に、伝えたことをすぐに忘れてしまいます。

IMG_20200310_141633.jpg

当面は着座して何かに取り組むことを最初のステップと設定し、来る日も来る日も着座をできるように促します。
5分と持たなかった状態から今では少しずつ着座姿勢を保つことができるようになりました。
お友達自身も「頑張って座るんだ。」と言うことはわかっています。
すぐに30分、1時間とは行かないまでも、頑張る姿勢はみられるようになってきました。

IMG_20200311_115823.jpg

向き合う、説明をする事柄をお友達のフィルターを通して、お友達の力でちゃんと理解をして、納得して、という過程を経て、お友達の中に定着してくれたらと・・・と願いながら続く毎日です。
やがて笑顔で語り合うことができるその日まで、お友達との日々は続いていきます。

所在地:〒791-8034
           愛媛県松山市富久町300-2
連絡先:089-989-8138

(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

No.1038 COMPASS丸亀Link 人に助けを求められるように

No.1038 COMPASS丸亀Link 人に助けを求められるように

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
丸亀Linkに通い始めたのは2年半前、お友達は今月中学3年になります。

あと数年経てば、お友達も社会人の仲間入りです。
そこで、じっくりとしっかりとCOMPASSで「身辺自立」を身につけ、「状況に合わせた切り替え」ができるよう、また「友達との関係」がうまくいくようにと願う保護者様からのご希望でした。

3900_0.jpg

当時中学1年生だったお友達ですが、まるで小さな子どものように繊細で、COMPASSが嫌だと泣いてばかりいたそうです。
COMPASSとしては他社とのコミュニケーションが円滑に取れるように導き、状況に合わせた切り替えをできるように訓練し、ルールやマナーを守り楽しく生活できるよう促します。

3902_0.jpg

お友達がイヤイヤ通っては来るのですが、好みの課題は楽しそうです。
そこでお気に入りの「塗り絵」や「10までの数」をお友達の時間の流れに沿って確実に定着するように導きます。
4112.jpg

世に言う「やる気スイッチ」はどこ?
そんな気になる程、気分に左右されやすく、気分が落ちてしまうと活動への取り組みに時間がかかってしまう傾向にあるお友達。
ノリノリでやること以外は他の課題を促しても、やらない!と頑なな状態になり、宥めても賺しても効果なし。
本当に切り替えが難しかったと言います。

4110.jpg

2年半と言う時間はお友達の成長の味方になってくれました。
闇雲に真似るだけだったところから、今では10までの数は一致している様子で、足し算も少しずつ正解できるようになっきています。
最初は笑顔を返すところから、少しずつ他児とのやり取りができるようになり、関わりたいような様子を見せてきました。

4111.jpg

最初の頃と変わらず気分のムラは見られますが、それでも「今やるべきこと、やるべき時」だと言うことはしっかりわかってきています。
そんな気分が乗らない事も、少しずつ受け入れられるようになり、大きな成長を感じさせてくれています。

3901_0.jpg


今年は最上級生になり、社会へのカウントダウンが近づいてきたお友達。
社会に出ると、人に助けを求めることも、人の手助けをすることも、とても大切なことになります。
まだまだ一人遊びも多いこともあり、先生が間に入ることできっかけとなり、他者とコミュニケーションが取れるようにしていきたいと思います。

所在地:〒763-0072
    香川県丸亀市山北町465-1
連絡先:0877-43-7328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 09:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

No.1037 COMPASS熊本東 声の響きを・・・

No.1037 COMPASS熊本東 声の響きを・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS熊本東のお友達、5歳になり、COMPASSに通い始めて1年です。

お友達はいつも一緒にお出かけをするお母さんを困らせていました。
お買い物でも公園でも、やっていることを制止されると、直ぐには気持ちが切り替えられません。
例えば突然離席したり、お買い物に出かけると、お店でいきなり大声を出したり、突然走り出したり・・・
トイレもなかなか上手にできるようになってくれないと困っておられました。

3eb53307af6c63e8f35009dee8811696_s.jpg
写真はイメージです

COMPASSに通い始めても、お友達は着座姿勢がキープできるどころか、突然の離席ばかりでした。
気に入らないのか、興奮したのか、COMPASSでも突然大きい声を出してしまいます。
「みんなびっくりするから、ね」と小さい声で話すように諭すと、「ママー!!」と言って号泣。
何か話しても、返事が帰ってくることはなく、療育もすぐにふざけ、注意すると寝転がって抵抗。

お友達はみんなと一緒にいるのに、たった一人の世界に棲む暴れん坊でした。
そこでまず当面の目標としたのが「色々な場面に合わせた声の大きさを使い分けできること。」
「トイレや衣服の着脱を自分でできるようになること。
「自分の気持ちを言葉で伝えられるようになること。」
の3点に絞り、アプローチを行います。

f749e39b43c7e35fd6b07f6c1758aa9e_s.jpg
写真はイメージです

教材はたくさんありますが、種類や数に限りがあり、児発管の指導と先生の工夫で無限の活用法が生まれます。
まずはゲーム性のある「プットイン」を用いて終わりの学びに挑戦です。
プットインとは、モノをいれることです。
この「プットイン」で経験値を上げると片付けの模倣や、全部入れたら「終わり」という概念を学べます。

また「声の大きさボード」を用いて、視覚的に声の大きさの認識の促しを行いました。
自分の声が今どのくらいか、視覚と感覚を使って確認します。

洗濯バサミは好まれる指先の練習で、細かい作業や力の加減を学ぶことができます。
また、COMPASSの絵カードや「えすぷり」というプリントで、モノと名前の認識一致、発語の促しを行います。
口腔体操や舌の体操で発語の促しを行い、あいうえおボード、あいうえお唱和での発語発音の促しを繰り返します。

b52165eaf189726c3d62269f5dbf32ff_s.jpg
写真はイメージです

お友達少しずつ「できる」という成功体験が積み上がっていきます。
それがいい方向の時は自信になるのですが、時折、自己肯定感が高まると、興奮してふざけたり、席に座っていられなくなって離席ということになってしまいます。
当然、だめよと静かに諭しますが、叱られたり、注意されると黙り込み、働きかけを完全無視という態度が続きました。

a50557b9ed60021081b24fbd9dd115ef_s.jpg
写真はイメージです

それでも、毎日毎日繰り返すうちに、お友達の世界の視野が少しずつ広がり、人といること、何をするべきか感じてくれるようになっていきました。
先生や他のお友達の存在やお友達の話を受け入れる成長を見せるようになり、声の大きさを自己認識できるようにもなってきています。
また、トイレや衣服の着脱など、自分でできることが随分増えました。

c9c0cc28e36d0b163500aa5e5363cf5b_s.jpg
写真はイメージです

あれから1年。
お友達に話しかけてみると、ニッコリ笑顔とお返事が返ってきます。
ごく普通に会話ができるようになり、一緒にお話やダンスの動画を見ている時など、笑ったり、踊ったり模倣や反応が見られるようになりました。
1年間練習してきた発音は、随分はっきりして、伝わりやすくなり、そのぶん癇癪も見られなくなってきました。

8a9149fdc20f0ff45eb2cd41d23802ca_s.jpg
写真はイメージです

今年から年長さん、どんどん吸収してくれていますが、もっと自分でできることを増やしていくことで楽しい毎日になるように願います。
小学校への修学を睨んで挑戦は続きます。
場面ごとのルールに従って行動できるように、ちゃんと成立する会話、自分の気持ちを上手に言葉で伝えることができるようになるように。
ドアを開ける音、元気に挨拶の声が聞こえ、また今日もお友達との学びが始まります。

所在地:〒862-0970
    熊本市東区渡鹿8丁目922
連絡先:096-321-6788

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg