2020年05月30日

No.1084 COMPASS中津 言葉を交わし、気持ちを通わすために

No.1084 COMPASS中津 言葉を交わし、気持ちを通わすために

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

一昨年の秋の終わりにお友達はCOMPASSにやってきました。
非常に賢く、大人とは積極的に関わることができるのに、同年代となると関われないお友達を心配されていた保護者様。
そして言葉を増やして明瞭な発音で話すようになって欲しいとも願っておられました。
行く行くは少人数の保育、療育を受け、将来的にはこども園を利用して、楽しく過ごして欲しいとおっしゃっていました。

7827.jpg

そんなお友達、最初から着座ができて、落ち着いて学習に取り組むことができていました。
とても礼儀正しくて「ありがとう」が言えたり、動物の名前を言ったりする姿を見せています。

7826.jpg

COMPASSではそんなお友達に最適な方法としてお友達自身のポテンシャルの高さを生かし、コミュニケーション能力を引き出して、集団活動の中で周りと関わったり会話に興味関心を持ち、ハキハキとした言葉遣いや意思表示を目指します。
そこで選択したのは「動物カード」「あいうえお表唱和」「みつばプリントA1~」「洗濯ばさみ」「積み木」「絵本」などなど、言葉の学びのために特化したツールやおもちゃなどです。

7824.jpg

予想していた通り、お友達の学習はどれもスムーズに運びましたが、その一方、コミュニケーションは全く苦手でお友達同士の関わりも苦手。
大人のような発言も度々あって、先生を驚かせることも度々でした。
また、体幹が弱いためか動くのも苦手でなかなか歩こうとせず、移動時やトイレ介助はかなり支援が必要でした。

7825.jpg

お友達のCOMPASSは、とにかく言葉の習熟を目指した学習を繰り返します。
少し不明瞭だった発音が聞き取りやすく、はっきりした発語になって行った頃、周りのお友達にも少しずつ興味を示し、関わりを持とうとする姿を見かけることが多くなってきました。
毎日の繰り返しで、少しずつ体幹も強くなり、トイレトレーニングも成功。
お友達、お手伝いなしで一人でトイレに座われるようにもなりました。
自信がないことは当たり前のように大人に手伝ってもらうことが日常だったお友達、文字を書く時も「一緒に(鉛筆を)持って」とおねだりが見られていましたが、今では一人で書けるようになってきています。

7829.jpg

1年半の月日は、お友達の人との向き合い方、話の運びで楽しかった成功体験が積み上がるために、とても大事な時間でした。
ちゃんと向き合うこと、会話を交わすこと、そして気持ちを通わせることは、お友達には高いハードルでしたが、最近はお集まりにも嫌がらずに参加し、簡単なゲームに参加する様子を見せています。
笑顔と同じく、発語も増え、はっきりとした言葉を口にするようになりました。

7828.jpg

あの頃と比べて、最も大きな違いは「他のお友達に興味を持つようになった」ことです。
保護者様からも家族でお出かけした時など、周りにいる子ども達に目を向け、興味を持ち始めたこと、発語が増えてきたことが本当に嬉しかったと嬉しいご報告をいただきました。

7831.jpg

この春、目標の一つだった幼稚園に入園したお友達。
より大きな集団で色々な体験を積めることは、きっとお友達の大きな成長への素晴らしい影響をもたらしてくれることでしょう。
新しい生活でも楽しく学ぶことができるよう、COMPASSでは幼稚園と担当者会議を開き、COMPASSでの様子・支援内容など細かくお伝えしました。
これからは保護者様と、幼稚園とで綿密な連携と情報交換を行い、お友達の過ごし方や成長の様子などを共有しながら、次のステップへの関わりを行っていきます。

所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

No.1083 COMPASS松茂 その経験を力に

No.1083 COMPASS松茂 その経験を力に

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS松茂がオープンした3月の終わり頃から通い出したお友達は、小学校1年生になったばかり。
シャイ、というより極端に人見知りのようでした。
保護者様も「一部のお友達としか遊べないので、どんなお友達とも一緒に遊べるようになってくれたら・・・。」と願い、更に「言葉を覚えて、コミュニケーション能力をつけ、自分の思いを伝えられるようになってほしい。」と希望を語っておられたといいます。

23913.jpg

そんなお友達、実際にCOMPASSでも慣れるまでは緊張が手に取るようにわかったそうです。
口数も少なく、先生が質問しても答える声もとてもか細いものでした。
文字の練習でも、全体的に筆圧が弱く、線もまっすぐ引けません。
日記も1人では何を書いたらいいのかわからず、先生が聞き取ってペンで書いたものをなぞって書くところから始まりました。

23908.jpg

保護者様の想いを汲み取り、支援計画には「50音の正しい発音」ができ、「読み書きができるように」という目標を軸に、気持ちのコントロールができるように導くことも組み込まれました。

お友達と頑張っていく教材は、COMPASSの日記、お口や舌の体操、プリントC-1、なぞなぞ、点つなぎ、数字の練習、ひらがなの練習、音読などなど、言語指導を軸に多彩なアプローチを狙って選択されたものです。

23914.jpg

正しい姿勢で座ること、そして気になっていた筆圧がもっと強くなるように、鉛筆を持つ手に先生の手を添えて一緒に書いて感覚を掴んでもらおうと指導します。
イメージの力もつけてあげたいと、連想ができるように「なぞなぞ」を取り入れたり、お友達が答えたことに対して具体的な質問をするなどでお話の内容を組み立てることや、考えを口にする練習にも取り組みました。

23907.jpg

今年は特例の多い2ヶ月ということもあり、お友達は来る日も来る日も頑張りました。
わずかの間に、なんと日記が1人で書けるようになり、明らかに筆圧が高くなり書く文字もしっかりしてきました。
か弱い線がはみ出していた文字も、枠の中に納めて書けるようになりました。
何より文字を書くことがとても丁寧になり、間違えることも減ってきました。

23910.jpg

こうした取り組みは短い期間にお友達の心も強くしてくれたのか、自信がついて行動が変わってきました。
例えば、周りのお友達ともじゃんけんをしたり、先に帰ったお友達のことを話題にして気遣いを見せるようになりました。
あれだけ寡黙だったのに、今では分からないことがあれば、近くの職員に質問することができ、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が微笑ましくもたくましいものになりました。

23912.jpg

自分で気づいて修正することができる、これは、本当に理解してそのお友達のものになった力です。
自分で書き順や誤字脱字、字のバランスが違うことに気がつき、一人で直すことができるようになり、1時間ほども離席することなく最後までお勉強を頑張ることができるようになったそうです。
その姿勢がCOMPASSだけでなく、学校でも勉強面や生活面で褒められることもあり、定着を感じます。

23909.jpg

これからも目標に向かって明るく、屈託のない笑顔の向こうにしっかりと歩んでいく力がついていくように願い、課題を進めていきます。
お友達が楽しんでくれている「伝言ゲーム」や「なぞなぞ」「絵本」を読んだあとの感想や内容を質問すると言った自然な指導の中で、イメージができるように心も育てていきたいと思います。
みんな笑顔で、みんな一緒に楽しく学び、たくましく成長を。
COMPASSの活動を通して豊かな未来を気づいて欲しいと全職員一丸となって関わっていきます。


所在地:〒771-0219
    徳島県板野郡笹木野字八北開拓170-1-2
連絡先:088-699-0138
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

No.1082 COMPASS大村.NEXT 自信へと繋がる試みを

No.1082 COMPASS大村.NEXT 自信へと繋がる試みを

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS大村.NEXTがオープンする2ヶ月前からCOMPASS大村に通い始めたお友達。
今年の春、お友達は小学校4年生になりました。

30438.jpg

当初、保護者様は「文字の読み書きが出来るようになってほしい。」と習熟度を高めることを希望しておられました。
さっとやってしまえば住んでしまうものを、準備や取り掛かりに時間が掛かりがちなお友達。
そんなマイペースなところが宿題を片付ける時間が大幅に増える原因なのだとか。
会話はできるものの、上手に自分の気持ちを伝えるとまで上手ではないため、気持ちを伝えられるようになって欲しいとも願われていました。

97279.jpg

お友達の行動を妨げているのは、1つは苦手意識。
読み書き、計算など学習全般に苦手意識が強く「やりたくない、早く終わりたい、家に帰りたい」などの不満を口にします。
気が乗らないので集中できず、学習中の私語や離席も目立ち、1つの課題を終えるのにやはり時間がかかります。
97277.jpg

中でも教科書の朗読は特に苦手で、読み始めるまでに時間がかかり、声も小さく自信がない様子が窺えました。
文章に対する苦手意識が強く、プリント学習の問題文を自分で読んで理解する事が出来ず、読んで説明して貰うと理解する事ができるという状況です。
生活リズムにも課題があり、夜遅くまでゲームで遊ぶ「夜型」だったため、来所後は欠伸をしたり、眠そうな様子が見られ、それも集中力の欠如の要因の一つでした。

名称未設定 2.jpg

個別支援計画では、楽しく学ぶことが出来るように、言語指導に特化した支援を行い、並行して学習意欲を高めていくことを目標に。
遡って、小学校1年生からの読み書きを徹底して行い、2年次の国語、算数へシフト出来るようプランニング。

学習はできることを繰り返し何度も行うことで、達成感を得られ、自信に繋がります。
お友達の場合も、COMPASSのプリントはいちばん優しい「A」からスタートしました。
並行して、一年生の簡単なプリント課題や文章を作ることに慣れるためにCOMPASS日記をチョイス。

名称未設定 1.jpg

Aのプリントから始めたお友達、自分一人で問題文を読み、一人で出来た!という成功体験が毎日毎日積み上がっていきます。
また、最初の頃は学習しているところを他のお友達に見られることを嫌っていたので、先生と1対1での丁寧な個別指導でしっかり学びました。
では、分からない漢字一つ一つにフリガナを振り、それが1人で読める体験を積み重ね、があったそうです。

97280.jpg

あれほど取り掛かれなかった国語の音読。
国語の教科書にフリガナをふると、読むことがさほど嫌ではなくなり、自分から音読を始めることが出来るようになりました。
文章に対する苦手意識は、読めたという体験の積み重ねで、徐々にお友達の自信につながっている手応えを感じたといいます。

30438.jpg

数字の概念が育つ途中のお友達。
足し算、引き算など算数全般に苦手意識はまだあるようです。
ですが、九九の表を見ながらかけ算の100問計算を行ったり、自分で頑張ろうとする姿を見せるように。
見通しをつけることもお友達に大切な要素で「今日はここまで」と目標を決め、その日のゴールに向かって集中できるようになってきています。

3154398_s.jpg

半年ほどの短いCOMPASSでの学習の成功がきっかけとなったようで、自分のやりたいことや要求を言葉にして伝えることが出来るようになってきたお友達です。
すっかり離席も見られなくなり、一定時間の学習が落ち着いて出来るようになってきてもいます。
また、生活リズムの指導も、夜のゲームの使い方や時間をしっかり先生と話したり、ご家庭にも協力をお願いし、早い時間に就寝出来るようになってきて、来所後に眠そうな様子は見られなくなったと言います。

30439.jpg

言葉の数が増えてきて、よくお話するようになったと保護者様も喜ばれていました。
新年度になり、新しい教科書にフリガナを書いてほしいと職員の元へ持ってきました。
フリガナを書くと「聞いててね。」と言い三回も読んで聞かせてくれました。
COMPASSの小さなお友達が、コンパス日記に何を書くか困っていると、「何したの?嬉しかった?楽しかった?」など、お話を聞いて下書きしてくれました。

867058_s.jpg

これからは周りの状況に惑わされず、学習が出来るようになることを目標にして、いわば「ふわふわ言葉」「チクチク言葉」を心で理解し、相手を傷つける言葉を知り、優しい言葉をいつも口にできるように導いていきたいと思っています。
また、自分の荷物の整理なども習慣づけて行って欲しいと願い、これからもお友達と一緒に学び、丁寧に、厳しく、優しく関わっていきます。

所在地:〒856-0017 
    長崎県大村市荒瀬町1083-7
連絡先:0957-46-3278

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

No.1081 COMPASS須崎 正しい行いと、楽しく話すこと

No.1081 COMPASS須崎 正しい行いと、楽しく話すこと

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS須崎に今年の3月から通い始めたばかりのお友達がいます。
会話に困りごとを抱えていたお友達、保護者様は「言葉によるコミュニケーション」の上達を願われていました。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0003.jpg

お友達はニコニコの笑顔でふわっと周りを和ませてくれています。
初めてのCOMPASSでも同様にニコニコで、先生のお話もきちんと聞いてまたニコニコ。
どうやら、COMPASSに通うことをお友達自身がとても嬉しい様子です。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0004.jpg

活動を通じて、学習や遊びへの関心を広げてくれるよう願い、COMPASSでは支援計画を立案。
お友達のために選択した課題の1つはリズム運動、音楽やキーボードを使用して体を動かします。
正しい発音では、絵カード、50音表、簡単な絵本を使って練習を。
そして会話のコミュニケーションでは、相手の目を見て話し、相手の話を聞くようにその都度声をかけて促しを続けていきます。
COMPASSの児童用の机椅子を気に入ったお友達、今日は何をするのかな?とでもいうように学習意欲を見せています。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0007.jpg

そんなお友達ですが、集団での活動となると少し問題がありました。
例えばお友達と一緒に遊ぶことはできていますが、執着が強いところがあり、貸し借りで毎度トラブルが発生。
ポケットにこっそりCOMPASSのおもちゃを入れて持ち帰ろうとしたことも何度かあったといいます。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0009.jpg

その課題に対してCOMPASSの先生たちは、おもちゃで遊ぶ場合は、必ず貸し借り、順番を守ることを確認するようにしました。
そのお約束が守れなければ、お友達はおもちゃで遊ぶことができません。
余暇の時間でも先生が必ず見守りについているので、ポケットにおもちゃをいれようとすると、すぐに何を入れましたか?と穏やかに諭すように。
「してはいけないこと」「どんなに大好きなおもちゃでも、これはCOMPASSのもの」という理解ができるよう繰り返し言葉で伝え続けました。
これが功を奏し、お友達がおもちゃをポケットに入れたりする様子は見られなくなったそうです。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0009.jpg
さて学習には意欲的なお友達。
すっかり学びの姿勢が定着し、離席することなく綺麗な姿勢のままで学習を続けています。
発音は自信がついてきたのか、カードを見て大きな声で発音することができるようになりました。
普段のおしゃべりもお友達にとっては「学習」です。
先生と目を合わせて話し、先生も必ず目線をあわすようにしゃがんで話をすることを心掛けています。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0002.jpg

入所時は1時間の利用でしたが、すぐに慣れてくれたこともあり、土曜日は終日の利用をすることに。
ニコニコで異年齢、異性と関わりをもつことができ、自分から話をしていく場面がよくみられます。

療育面では担当者に対してもこだわりを見せてしまい、あの先生は嫌、とはっきり発言するときもあります。
お気に入りの先生が他の児童の療担をしていると、ヤキモチをやく場面も見られたりしますが「頑張ってお勉強を済ませたら、あとで一緒に遊ぼうね!」と声がけをし、その先生が「待ってるよ!」というサインを見せると、気持ちを切り替えて「頑張ってくるー!」とニコニコの笑顔を見せてくれるようになりました。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0001.jpg

遊びの場面では、遊びたい様子で片付けができない時、片付けを指示されておもちゃを投げたり踏んだりと言った癇癪を見る場面もありますが、しっかり理解する力はあるお友達なので、一つひとつ、片付けのやり直しをするように丁寧に伝え、片付けをするように促しています。
このような指示や促しは先生全員が統一した関わり方を行っているので、お友達の中で「正しいこと」が早く定着したようです。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_50465155_200518_0005.jpg

わずか2ヶ月の間ですが成長は素晴らしく、以前は特定の先生にだけ話かけていたのですが、今はどの先生にも自分の気持ちや意見を伝えられるように成長が見られます。
COMPASSに着くと挨拶もしっかりでき、手洗い、消毒、マスクなどコロナ対策もお手本になるほど完璧です。
ところで、ほとんどのお友達がなくしてしまいがちなマスクですが、お友達は今まで一枚も無くしたことはなく、お母さまも「凄いでしょ!」と目を細めていらっしゃったことが印象的でした。

名称未設定 1.jpg

周りの人と歩調を合わせる、上っ面の話だけでなくちゃんと意味をとり、相手の気持ちを図る。
単に話ができるだけでなく、本当のコミュニケーションの力をこれからの能力向上の課題として取り組みをスタートします。
やがてくる小学校への進級、その先の長い未来でも、愛されて、笑顔いっぱいの幸せな人生であるようにと願い、これからもお友達との取り組みは続いていきます。

所在地:〒785-0036
    高知県須崎市緑町9-27 須崎保岡ビル2F
連絡先:088-855-9338
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

No.1080 COMPASS高松 会話を交わし、心を育むこと

No.1080 COMPASS高松 会話を交わし、心を育むこと

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松に通っているお友達もずいぶん成長を見せています。
COMPASS5年目のお友達は9歳、小学校三年生になりました。

287.jpg

保護者様からは「落ち着いて生活して欲しい。」とのご希望でしたが、確かに当時は勧めても椅子に座りませんし、とにかく気に入らないことがあったら激しい感情を見せたり、何か取り組んでいても飽きてしまったらそこで活動は終わるという状況でした。
いつも何かに怒りの感情をぶつけている状況。

285.jpg

たくさんの課題を抱えたお友達でしたが、COMPASSでは小さな1歩をたくさん積み上げて成果に結びつくようにスモールステップでの支援計画を慎重に立てました。
言葉はたくさんの影響を子供たちに与えます。
お友達の場合も感情のコントロールをするために言葉で考える道筋を育てることが結果を産むことに繋がる可能性があります。

289.jpg

そこで、友達と関わること、表現の幅を広げるために会話を交わし、それを文章に起こすこと、またひらがなから漢字、計算の学習も組み込み、それを手先の運動として行いながら統合を促すことに。
そのためにハサミやノリを使うと言ったシンプルな課題も取り入れました。

288.jpg

多用したのは、COMPASSの日記、漢字の復習、計算の反復、そして様々な制作活動です。
この日は「母の日」の制作で、折り紙を使用し、カーネーションを折り、上手に糊付けで仕上げました。
プレゼントされた保護者様はきっと喜ばれたのではないでしょうか。

283.jpg

感情に支配されがちなお友達は、気に入らない事があると、ずっと怒りを抑えられない状態が続くため、学習に向けての気持ちの切り替えができません。
そこで、先生はお友達がCOMPASSに到着すると、今日の課題を確認し、感情が乱れたとしても最後まで頑張ることを約束してから取り組むことにしました。

284.jpg

あれから4年が過ぎ、お友達は次第に気持ちのコントロールが出来るようになり、不満や怒りがあっても頑張る姿勢を見せるように変わってきました。
以前は学習の途中でも気に入らないと度々離席していましたが、着座姿勢をキープして取り組めるようになると、示された内容の理解が深くなったようでほとんどの課題で最後まで取り組むことができるようになりました。
286.jpg

COMPASSに相談に来られた時、保護者様が願っておられた「落ち着いて欲しい。」というご希望は、だいぶ目標に近づいてきたようです。
先生達も、お友達が姿勢を崩さず着座ができていること、鉛筆等正しく持つことができていること、先生の話を前のめりで聞こうとする姿勢に成長が感じられ、何より嬉しいのだとか。

282.jpg

それでもまだ、不満があると笑顔が消えてしまうお友達。
今後は感情をコントロールし、COMPASSに通う他の友達や先生との会話を磨き、心から楽しいと思ってくれるよう、集団活動を通して人との関わりを学んで行って欲しいと思っています。
もちろん学習も欠かすことなく、漢字、計算なども最後まで取り組み、自分の力で達成できるようにと願いながら次のステップへと進んでいきます。


所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 T 号棟
連絡先:087-864-5823

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

No.1079 COMPASS丸亀 お喋りとお友達と鯉のぼり

No.1079 COMPASS丸亀 お喋りとお友達と鯉のぼり

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀に通い始めて4年になるお友達、小3になりました。

8991.jpg

小学校への入学前のお友達、保護者様のご希望は消極的なところがあるお友達を心配して「母子分離が出来、指示に従えるようになって欲しい。」ことや「失敗を怖がるので、いろんなことに挑戦できるようになって欲しい。」と願っていらっしゃいました。

8990.jpg

随分前のことではありますが、当初のお友達は発語が不明瞭だったので会話が難しかったそうです。
そこで「ひらがなの読み書き」「集団の中でコミュニケーションが図れる」という目標を目指し、数字の認識を進めて「繰り上がりの足し算が出来るようになる」ことを目指しました。

8994.jpg

そこで選択した教材は「あいうえお表唱和」「ひらがなカード」「絵カード」などを楽しく学べるように選択しました。
8992.jpg

お友達がCOMPASSに来るたびに、欠かさず音読やあいうえお唱和を頑張ります。
笑顔がだんだんと増えていき、言葉も伝わりやすくなっていきました。
最近ではお友達とのコミュニケーションが上手になってきて、楽しそうに過ごしている姿を見せています。

8993.jpg

集団活動で今月「こいのぼりの製作」を行いましたが、最後まで取り組めて、後片付けも自分から進んで行う姿に先生達も目を細めて成長を喜んだのだそうです。
自信がなくて消極的だったあの子はもうどこにもいません。

8995.jpg

これからは、読み書きや音読を中心に学びを続け、ルールやマナーを身に付けて、もっと他者とのコミュニケーションを磨いてほしいと願います。
8996.jpg

これからも続くお友達との毎日は、きっと自信に溢れ、光り輝く未来へと繋がっています。

所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東2丁目75-1
連絡先:0877-85-3428
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

No.1078 COMPASS小倉北 成長の喜びを明日へ

No.1078 COMPASS小倉北 成長の喜びを明日へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS小倉北のお友達、お喋りを楽しめるようになることを目指して、毎日頑張っています。保護者様のご希望は、来年の就学に向けての自立や、周りのお友達と仲良く遊べるようになって欲しいということ。

S__13565954.jpg

通い始めたのは昨年の春、お友達が年中さんの頃からでした。
その頃の様子は、とてもこだわりが強く、一つの物に執着すると癇癪を起こし、途端に泣き出します。
想いをうまく伝えられない苛立ちから、ただ座るどころか、怒りに任せて物を投げたり、奇声を上げたり・・・
S__13565956.jpg

やはり鍵になるのは「言葉の習得」です。
語彙力を育み、会話のやりとりを学び、楽しいお喋りへと繋がるように支援計画は立案されました。

S__13565957.jpg

お友達と一緒に取り組むメニューは「静かタイム」「ひらがなおけいこ」「プリント」それから「サーキット運動」です。
ですが、強いこだわりを見せるお友達、どんな課題でも、何に誘っても、頑なに拒否の構えを崩してくれません。
そこから先生とお友達の挑戦の日々が始まります。

S__13565958.jpg

この1年間、お友達がプイっと教材から顔を背けても、何か飛んできても、大泣きされても、常に優しく着座を促し、課題を示し、そして時にはダメなものはダメだと一切許容することなく、優しくて厳しい支援を続けてきました。

S__13565959.jpg

1回目より2回目、一月経ち、半年経ち・・・お友達はCOMPASSに来ると、ご挨拶をして、荷物をしまって、手洗いやうがいをして、指定された場所に着座して少しずつ課題に取り組むようになり、声をかけなくても活動にも参加できるようになってきました。
お友達にとって「静かタイム」は鬼門の課題でしたが、嫌がらずに着座姿勢を保とうと頑張れています。

S__13565961.jpg

最近ですが、余暇の時間にお友達と赤ちゃん人形を使って「ごっこ遊び」をして遊ぶ場面が見られました。
また、泣いているお友達に「大丈夫?」と声をかけ、気にかける場面がありました。
先生たちはこの1年を思い、このお友達の成長が本当に嬉しかったといいます。

S__13565960.jpg

お友達から物が飛んでくることは無くなり、代わりに可愛らしい満面の笑みとヤンチャそうな瞳を向けてくれるようになりました。
お友達も来年は小学生へと進みます。
笑顔はそのままに、来年の就学に向けて発語を増やし、もっと会話のやりとりを学んでいきたいと思います。

所在地:〒802-0062
    北九州市小倉北区片野新町1丁目3-53 おかたビル1F
連絡先:093-931-8438
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

No.1077 COMPASS高知 同じ歩幅で明日へ

No.1077 COMPASS高知 同じ歩幅で明日へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS高知に2年半通っていたお友達は、今、小学校2年生。
平成の終わる前にCOMPASSに通い始めた時、お友達はまだ年中さんでした。
小学校までに字が読めて書けるようになること、コミュニケーションがとれるようになることを目指して通い始めたお友達。

16131.jpg

いくつかの「できる」を手に入れて小学校へ入学。
小学校に上がってからは、勉強についていけるように楽しく通えるようにとCOMPASSを続けていました。

16129.jpg

幼くて頼りない通い始めの頃のお友達は、お迎えに行っても保育の先生と離れられず、泣いてしまうこともありました。
環境の変化に弱く、COMPASSにも慣れるまで半月ほどかかったようで、その間なんと一言も話すことはなかったといいます。
何かをやろうねと先生から言われても、完全にスルーです。

16130.jpg

入学するまでのお友達の目標は「正しい発声を身につけ、言葉の意味を理解する事やあいさつをする事」だったのですが、小学校に上がってからは拗音、促音を入れて日記などの文章を書けるように取り組み、同時に恥ずかしがらずに大きな声で読めるように、挨拶もきちんとできるように取り組み、また数の理解を深め、足し算・引き算に繋がることを目標に設定しました。

16128.jpg

当時環境への対応策として、慣れてくれるよう気遣いや対応に配慮し、安心して活動できるように環境作りをしていました。
気分の起伏が激しく、落ち込むと一切しゃべらず、勉強にならないこともありました。

16132.jpg


そんなお友達のために、選択した学習教材は、絵本、絵カード、おはじき、お話し、集団活動、平仮名合わせ、また挨拶の練習、本の視写、あわせていくつ、残りはいくつというアイテム等、進学を睨んだものです。
起伏が激しいところを見せたりすることもありましたが、COMPASSに慣れてきた頃からきちんと座ってお勉強する事ができています。
お友達は少し環境変化に弱いところがあるので、小学校入学も少し心配でしたが、学校でも同級生に友人もでき、お喋りを楽しんでいる様子です。

16127.jpg

今では完全無視するような態度もなくなり、多少はふらふらしたり、自分のペースに持っていこうとしたりするものの、むしろ積極的、意欲的な面が伸びて、取り組む様子も随分変わってきました。
平仮名の書き順を自己流で覚えているところの修正を行うことが今後の課題の1つ。
また字を見たり、絵を見てパラパラとめくるのではなく、ゆっくり読んで内容を理解できるように習慣化していきたいと思います。

3299786_s.jpg

本年度からは、平日は他の施設を利用するようになり、COMPASSは土曜日だけの利用になりました。
COMPASSでは引き続き、これから上級生になりその先へ世界を広げられるよう、しっかりとした足取りで明日へと向かっていけるよう、これからもお友達と一緒に同じ歩幅で支援していきます。

所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 17:41| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

No.1076 COMPASS樟葉 きょうぼくは・・・

No.1076 COMPASS樟葉 きょうぼくは・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS樟葉のお友達は、通い始めてから1年、小学生になりました。

お友達は発語がほとんどなく、保護者様は心配しておられました。
話しかけても言葉というか音を聞き取れないのか、伝わる実感がないのだそうです。
言葉を理解して、お話ができるようになってほしいと願いを語られていました。

11434.jpg

通い始めた頃のお友達は、着座姿勢を保つことができませんでした。
保護者様の言葉通り、指示も通らない状況でした。
11433.jpg

個別支援計画では身辺自立、自主的な発語、着座して課題を行うことが当面の目標とされました。
お友達のために用意した教材は「ひらがなおけいこ」「あいうえおのえほん」など音の聞き分けに効果があると考えられるもの等です。
また、お友達に合わせて指示行動に使う色のボールや積み木も加えられました。

3274756_s.jpg

どうやらお友達は1音ずつしか聞き取ることができないようでした。
そこで、繰り返し、繰り返し1音ずつの聞き取りや発声を促し、音を聞き取る訓練です。
その過程の中で、最初はあまり先生に目を向けることのなかった状態から、何を言おうとしているのかとでもいうように、しっかり注目してくれるようになりました。
そうして繰り返し毎日行われる音への挑戦は長い間続き、今では4音以上の単語を聞き取れるようになってきました。

11432.jpg


保護者様もお友達から言葉を聞かれるようになり、また保護者様の言葉も理解できるようになってきたと喜ばれています。
今はひらがなを大切に、一言、一言お手本を見ながら書くことにも挑戦しています。

11435.jpg

ようやく「聞いて」「反応できる」ようになってきたお友達。
文字もしっかりと書くことができるようになりこの日は「きょう ぼくは おべんきょうを がんばります」と書く練習を行なっていました。

11436.jpg

道具として言葉を使いこなす、楽しくお喋りするまでには、まだまだゴールへの道のりは長いかもしれませんが、これからも一緒に言葉の学びを続け、一層の指示行動と言語理解、そしてやがて来る小学校への入学を睨み、着座しての学習を頑張って支えていきます。

所在地:〒573-1116
    大阪府枚方市船橋本町2-9-2 ペブルコート樟葉102号 
連絡先:072-808-6358
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

No.1075 COMPASS観音寺 作品に込められたもの

No.1075 COMPASS観音寺 作品に込められたもの

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS観音寺に2年前の春から通い始めたお友達がいます。
当初保護者様が望まれていたのは、手先の巧緻性の向上と、「気持ちの切り替えがスムーズにできるように」「集団活動に上手く入れるように」というものでした。

当番活動A.jpg

COMPASSという新しい場所で、お友達の様子はどうなのか観察してみます。
当初は、その時の気分によって集団活動に参加したり、しなかったり。
確かに、なかなか気持ちの切り替えができず、個別の療育やおやつの時間など次の活動に移る際、時間がかかったり、頑なに拒否を表す様子を見せました。
お友達はいつも来所後に着替えや片付けをしていますが、他に気になることがあると、スムーズに行動できないこともありました。
当番活動@.jpg

細かい作業は決して嫌いではありませんでしたが、丁寧さが足りなかったり、楽しくなってなのか気分が高揚すると大雑把になったりします。
能力的に「できない」というよりは、むしろ挑戦したことがないためにやる気が起きず、結果「できる」ことが限られていた状態でした。

2.jpg

個別支援計画には「気持ちの切り替えがスムーズにできるようになる」ことや、「集団活動のマナーやルールを覚える」こと。
また、意欲的に取り組む姿勢を身に着け、自信へとつなげていくことができるようにと目標が設定されました。

ぬりえC.jpg

そこで、お友達の状況に合わせて「ちょうちょ結び」「当番活動(配膳、台ふき、食器洗い)」「塗り絵」そしてプリント学習など、積み上げて成果を目指す課題が選ばれました。

毎日クルクル変わるお友達の気分。
気持ちが切り替えられないときには優しく声をかけます。
無理に活動させようとすると余計に意地になったり、素直になれずつらくなってしまうため最初は気持ちが落ち着くのを待っていました。
名称未設定 1.jpg

予定がわかると見通しがついてくれることを期待して、スムーズに気持ちを切り替えられるようにあらかじめ時間を決めておいたり、ここまでときりのいいところまで終わったら、次の活動に移るよう約束をしました。
また、途中で中断しないといけないときは、あとで時間があればできることを伝えて納得できるように図ってみます。

織機A.jpg

色々な働きかけや工夫が身を結び、お友達に少しずつ変化が現れてきました。
できなくなると思うとやめたくないと言う気持ちが強くなってしまいますが、あとでできることが分かると納得して切り替えることができるようになりました。
着替えや片付けも納得して一連の流れができたことにより、習慣としてスムーズに行動できるようになってきました。
織機B.jpg

集団活動のマナーやルールは、元々面倒見のいい優しいお姉さん的な一面があるので、ルールが分かると周りのお友達にもたくさん教えてくれたり、集団活動に誘ってくれたりします。
ちょうちょ結びや織り機などはお手本や手順表を見て、手順や方法がわかるとすぐに習得しました。飲み込みが早く急成長!
塗り絵も図形や線を意識して「丁寧さ」を心がけるようになり、はみ出すことも減ってきました。

織機@.jpg

手先を使うことがだんだん上手になってきた最近のお友達は、織り機を使ってコースター作りにも挑戦しました。
小さくても、一生懸命織り機の手順に従って仕上げたコースターは大切な作品です。
コースターの形をしていますが、お友達の達成感と成功体験そのものです。

織機C.jpg

こうしてできることが増得てきたお友達は活動の幅も広がり、集中も長時間できるように。
そのことが学習にも反映されているようで、プリント学習なども長時間取り組めるようになりました。
継続した取り組みは自信となり、ゆとりが生まれ、自分のことだけでなく、周りのお友達のことも気にかけてくれて、先生が助かることもたくさんあるのだそうです。

織機D.jpg

今後もいろいろな活動を行い、できることを増やしていくことで興味や関心の幅を広げて行けたらと願います。
指先の器用さを活かした活動をたくさん取り入れて、もっと自信につながるように。
気持ちの切り替えは大分早くなってきていますが、まだ時々難しいときもあるので、今後も継続して支援を続け、豊かな未来に繋げていきます。

所在地:〒768-0022
    香川県観音寺市本大町1673-3 本大マンション202
連絡先:0875-23-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

No.1074 COMPASS武蔵新城 見えてきた目標へと

No.1074 COMPASS武蔵新城 見えてきた目標へと

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城のお友達、通い始めてもうすぐ3年になります。

26919.jpg

通所を決めた当初、保護者様は衝動的な行動を起こすことのあるお友達を気遣っていらっしゃいました。
COMPASSへの希望には、人にケガをさせないように、感情をコントロールできるように、そして集団生活に参加できるように、また会話ができるようになって欲しいとの願いが語られていました。

26920.jpg

通い始めた頃の3歳のお友達、着座姿勢が悪く、集中力が続きません。
学習中も難しいと感じてしまうと、すぐに諦めムードで気が乗らない様子です。
一緒にやろうと促してみるものの、集団活動は参加できず、余暇には一人きりで遊んでいたといいます。

26917.jpg

個別指導の目標には、コミュニケーション能力の向上、感情の安定を図ること、そして学力を向上させることが組み込まれました。
学齢に合わせた絵本、絵カードによる「ひらがな」の発声練習、数認知として数唱や数のマッチング、それから手先の機能訓練としてコイン落とし、洗濯ばさみの訓練、COMPASSのプリントによるなぞり書き、鉛筆の持ち方の訓練を行うことにしました。

26915.jpg

先生たちは工夫に工夫を重ねます。
どうしたらいい?関心を持たせるためにはどうすれば?この方法は?ダメならこうすれば?
療育の方法は100人いれば100通り以上のアプローチがあります。
お友達の場合、発声の際、意欲的に取り組めるように大好きな乗り物カードを取り入れてみると、積極的な発声が見られたといいます。

26914.jpg


また、COMPASSのオリジナルプリントの「道徳判断」を活用して、気持ちを表現する言葉を学習した上で集団活動への促しを行っていきました。
その成果があり、集団活動にも参加し、その際コミュニケーションを図ろうとする姿勢を見せ、やがて自分の言葉で伝えられるようになっていきました。

26916.jpg

月日は廻り、お友達は6歳、この春小学生になりました。
COMPASSの3年は大きな歩みを見せ、お友達はもう、今は投げ出さず、分からなくても諦めたりすることはありません。
苦手だった集団活動でも笑顔を見せ、お喋りをしながら落ち着いて取り組む様子が見られています。

26913.jpg


とはいえ、まだまだ課題はあり、大きな飛躍の一つ手前と言ったところでしょうか。
でも目指す場所はすぐそこまで見えてきました。
26918.jpg

これからも学習や人との関わりの学びは続け、楽しく豊かな日々を送ってくれるよう願いながら楽しい学びの時間を共に過ごしていきます。

所在地:〒211-0044
    川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
連絡先:044-948-8481

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

No.1073 COMPASS枚方 楽しい会話を目指して

No.1073 COMPASS枚方 楽しい会話を目指して

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方のお友達は5歳、まだ通い始めて8ヶ月目です。
お喋りは上手な友達ですが、何だか一方的です。
保護者様は積極性を身につけて欲しいことや、小学校への進学を睨み、学習を頑張ってほしいとのご希望でした。
DSC_0339.jpg

COMPASSでは先生の指示を素直に聞き入れて、気持ちの切り替えが出来るように、また楽しく学習に取り組み、集中力や自信、自制心に繋げられるようにと支援計画が立てられました。
そして、お友達と一緒に頑張る素材として「ひらがなのおけいこ」「かずのおけいこ」「COMPASSのプリント」それから「絵カード」や「図鑑」などを選択です。

DSC_0336.jpg

お友達に着座を促してみましたが、少し続けると、着座姿勢が大きく崩れがちでした。
いったん崩れた姿勢から元の正しい姿勢に戻すのは、ちょっと大変です。

DSC_0334.jpg

会話はやりとりとはいえず、お友達が自分の話したいことを繰り返し話すばかりでした。
カードもですが「ひらがな」の文字ではなく、絵を見て答えてしまいます。
集団活動で工作のときなどにも、道具の貸し借りが難しく、一人占めしようとしてしまいます。
こんな風に実際に一緒療育をやっていくと、わからなかった課題も見えてくるものです。

2.jpg

半年が過ぎた頃から、お友達はずいぶん長い時間姿勢の保持が出来るようになりました。
絵を見て答えていたカードですが、これまでの学習の成果があり「ひらがな」の識字率がずいぶん上がってきました。
工作でも、先生の声かけが無くても、道具の貸し借りをする様子も微笑ましく見られるようになりました。

1.jpg

お友達との楽しい会話を目指してコミュニケーションスキルの行動と定着を目指し、巧緻性の向上も目指しながら進学への準備を進めます。

所在地:〒573-0007
    大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428

(事業所名をクリックしていただくと、事業所案内ページへ。電話番号をクリックしていただくと電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

No.1072 COMPASS諫早 ひらがなという道具を得て

No.1072 COMPASS諫早 ひらがなという道具を得て

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS諫早の5歳のお友達、もうすぐ2年になります。
お友達は発語がなく、気がかりな保護者様は「自分の気持ちを少しずつでもいいので表現できるようになってほしい。」と願い、COMPASSへ通うことを決められたそうです。

2863.jpg

実際にお友達は声をかけても、何も言葉を返してくれません。
それだけでなく当時3歳と言う幼さも手伝ってか、衝動的に走り出したり、勝手に棚を開けたりと、指示もなかなか伝わりませんでした。

楽しくお喋りができることをイメージして、日常生活でよく使う簡単な言葉の発語ができるように、そして先生のお話を聞き行動できるようになることを当面の目標にしてCOMPASSの日々がスタート。
発語のためには多くの音を体験し、自分のものにする必要があります。
そこで、口に出せないまでもしっかりと「あいうえお表唱和」や「ひらがなのうた」に参加すること。
シールでの文字マッチング、ひらがなカード並べ、ひらがなのなぞり書きから課題を進めました。

2859.jpg

お友達がイヤイヤではなく、楽しく学びを進められることが何より大事です。
お友達の場合は、色ぬり、シール貼り等の大好きな課題では長時間着座できるようになってきました。
苦手な課題ももちろんありますが、頑張って終わらせられたら、最後に好きな課題をご褒美としてできるように図ってみます。

2858.jpg
こういったご褒美は「強化」と呼ばれ、基本的には「好ましい結果」そのものが強化子となります。
望ましい成果が上がると、例えば先生から褒められる、仲間から称賛される、お菓子やお小遣いがもらえる、ゲームができる、遊日ができる、休憩時間が伸びる、達成感が得られるなど、プラスに働くものが強化子です。
逆にネガティブになる働きかけは弱化と言われます。

2864.jpg

お友達とCOMPASSの2年間の道のりは少しずつですが変化を見せながら続いています。
現時点ではまだお喋りできるところまでは至ってはいません。

ですが、最近は言葉はまだ出ないものの、こちらが言っていることは理解できているようです。
毎日の学習の習慣が定着してきて、落ち着いて取り組めるようになってきています。

2857.jpg

次第にひらがなへの興味が湧いて生きている様で、あいうえお表唱和の際には、じいっと表の文字や先生の口元を見入っているお友達。
先生が文字を書いていると、身を乗り出して覗き込んだり、自由時間にひらがなの50音カードを持ち出して、部屋の隅から「あ・い・う・え・お」と順番に並べている場面もありました。

2862.jpg

以前は鉛筆を持たせると紙を塗り潰してしまいましたが、なぞり書きは線の上をなぞるんだと分かってきて、手をそえると嫌がらずに取り組むようになり、自分の名前や簡単なひらがなのなぞり書きは先生がいなくても今はできる様になりました。

名称未設定 1.jpg

全く関心のなかった頃に比べて、ご家庭でもひらがなに興味を示す様になってきたと、保護者様もお喜びなのだそうです。
「ひらがな」の世界を手に入れたお友達。
これからは自分の気持ちを表すための道具として使うことをマスターし、同時に発語へと繋げて行けるよう、温かく、優しく支援を続けていきます。

所在地:〒854-0041
    長崎県諌早市船越町891ー2
連絡先:0957-56-9328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

No.1071 COMPASS本部教室 桜が咲いた、さしすせそ・・・

No.1071 COMPASS本部教室 桜が咲いた、さしすせそ・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS本部教室に通い始めて1年半すぎたお友達、3歳になりました。

名称未設定 1.jpg

通い始めた当初はCOMPASSに着いても、お母さんと別れるのが辛くて大泣きだったお友達。
それを宥めながら、ほとんど言葉も発しないお友達に絵カードや積み木などで興味をひき、少しずつ着座を促したり、言葉が出やすいように関わっていきました。
どんなに声掛けしても、お友達は興味がないことには見向きもせず、まるで無反応。
人見知りや気分のムラもあり、指示を聞き入れるのが難しい状態がしばらく続きました。

S__10715151.jpg

当初の支援計画で目標にしたことは、語彙数を伸ばし、言葉でコミュニケーションがとれるようになること。
保護者様からも少しずつ身辺自立ができる様に、例えばコップで水分補給が出来るように、自力でトイレができる様にとご希望がありましたので、支援計画に加えます。

S__10715150.jpg

学習や活動に誘っても気分がのらないときは、イヤ!と言って絶対に自分の意思を通すところがあり興味を引くことが大変だったとか。

S__10715154.jpg

そこでまず着座姿勢を保ちながら楽しく学ぶことを覚えてもらえる様に、お友達が興味を示した絵本や型はめ、積み木、月例プリントを使用して着座を促し、50音復唱、ひらがなのうたを通して発語練習も行なっていきました。
お友達の好きな絵本を一緒に見たり、ままごと遊びを一緒にしたりとコミュニケーションを大事にしながら信頼関係も築けるよう関わりました。

S__10715155.jpg

1年半の年月はお友達の意欲を育ててくれました。
語彙数が増え、50音表やも全て覚え、時には自分で表を持って復唱しています。

S__10715147.jpg

4月には送迎中の車の中から桜が見えると「さくらがさいた、さしすせそ・・・」から始まって「ひらがなのうた」を全部暗唱してくれました。
お友達の声は、美しく響き、先生も周りのお友達もハッピーにしてくれます。

S__10715149.jpg

目標だったコップで水分補給も出来るようになり、トイレはまだ自主的な排泄はありませんが、誘うと嫌がらずに行くことが出来ています。
自分の気持ちを言葉で伝えることが出来る様になり、日毎に笑顔も増えていきました。

S__10715152.jpg

とはいえまだ気分のムラが顔を出し、そんな時は頑固さが際立ってしまい、指示を受け入れてくれないことも時折あるお友達。
今後は出来ることを増やしながら、自己抑制が出来るよう関わり、社会性や協調性が育まれるよう支援していきたいと思います。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

No.1070 COMPASS唐津 苦手を工夫で乗り越えて

No.1070 COMPASS唐津 苦手を工夫で乗り越えて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASSオープンしたばかりのCOMPASS唐津に春から利用を開始したお友達がいます。

341.jpg

お友達は中学校1年生。
集中することや着座しての学習に問題はなく、むしろ、頑張り過ぎてしまうような過集中があるくらい。
一方、熱中してしまうと、今度は気持ちの切り替えが難しいという状態です。

340.jpg

まだ日が浅いので、COMPASSでも自由に自信を持って振る舞うという状態には及びません。
不安からなのか、一人で学習に取り組む場面や自由時間の遊びの時も、いつも先生を呼び、関わりを求めるお友達。
その呼びかけは、先生が他のお友達と学習しているときでも、お構いなしに飛んできます。
これも一つの課題として、日々の学びに組み込んでいきます。

339.jpg

さて、COMPASSの過ごしかたを掴み始めたばかりのお友達。
学習での目標は出来ることを増やしていくこと、そして苦手な漢字を中心に学力の定着を図ること。
生真面目に取り組むお友達ですが、苦手なプリントが出されると気分はノリノリというわけにはいきません。
他の理解できていて進めやすいプリントと比べ、集中もみられず、進み具合は極端に遅くなります。

338.jpg

お友達が少しでもやる気になってくれるようにと、先生たちはプリントの文字を大きくし、問題数を少なく見せるようにレイアウトを見直してみます。
その成果があり、プリントのレイアウトを見直してからは、少しずつ頑張れる枚数が増えてきたといいます。
それは人懐こさなのか、それとも不安からなのか、学習中もたくさん先生への話しかけがありました。
やがてお構いなしに話しかけることも、他のお友達と先生が話しているときにお構いなしに話しかけてくることも、少しずつ減ってきました。
集中できるようになってきた最近は、担当の先生への学習への質問のみになってきたそうです。

342.jpg

そろそろCOMPASSにも慣れて、学習の姿勢が定まってきた様に見られる様になってきこの頃。
保護者様からも「COMPASSに行くのが楽しい様だ。」とのお声をいただきました。

343.jpg

これからはまず社会性の習得を目指し、先生との距離・お友達同士の距離や関わりを学び、習慣付けを目指していきます。
学習についても、苦手科目が嫌いなものから嫌ではなくなり、好きになり、得意になってくれる様にと願いながら、工夫を凝らしたアプローチの取り組みを続けていきます。

所在地:〒847-0821
    佐賀県唐津市町田1丁目8-5前田ビル1階101
連絡先:0955-53-8638
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

No.1069 COMPASS下関 学びを力に変えて

No.1069 COMPASS下関 学びを力に変えて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS下関に昨年から通い始めたお友達、来年には中学生になります。
優しい愛情で育てた保護者様、COMPASSに通うことを決められたとき「たくさんの人に出会って、色々な体験をして成長してほしい。座学を通して生活する力もつけばいいなと願っています。」と希望されていました。
18828.jpg

明るい性格のお友達、歌やダンス、読書が大好きでひらがなを読むことも上手です。
動の動きが得意なのですが、対して「静かタイム」などはとても苦手。
じっと座っていられず、離席しまうこともありました。

まずは着座して集中することを学んでもらうことからスタートです。
支援計画には「ひらがな」の更なる理解を深め、他のお友達との関わりから善悪の判断ができるようになることも組み込まれます。

18827.jpg

日々通ってくるお友達が苦手なじっとしていること、着座して行う課題を積み上げていきます。
「月例プリント」「50音書」「日記」「本読み」「50音唱和」でも初めは離席や活動の切り換えに少し時間がかかる時もあったといいます。
ですが、次第に学習の後に行われる大好きな歌やダンスをするを楽しみにすることで、学習も最後まで集中できるようになりました。

18826.jpg

日々の学習の継続がお友達の学ぶ姿勢を育てていきました。
習慣化すると意欲的に学習に取り組めるようになり、集中力がついてきます。
その結果、自分で今何をしなければならないのか、考えられるようになり、離席がみられなくなりました。

今も変わらずお友達は体を動かす事が大好きで、ラジオ体操でもキビキビと動き、50音唱和も元気に発声できるように。
書ける漢字も多くなり、自分の名前もスラスラ書けるようになりました。
何よりも新しいことに学ぶ喜びを感じてくれるようになり、どんな課題でも積極的に取り組む姿勢に変化が現れてきました。
18825.jpg


積み重ねた月日、学びが力となって、お友達の行動に成熟がみられます。
新しいお友達や、小さなお友達をよくお世話してくれる優しいお姉さんへと成長してきたお友達です。

18829.jpg

キラキラと周りを優しく照らすようなお友達の笑顔。
来年の中学校を目指して、更に明瞭でクリアな発音や語彙力を伸ばし、しっかりと言葉で感情を表現できるように学習も進めます。
また、仲が良いというだけでなく、これからは集団生活を通して行動の規範を学び、社会性協調性を育んで行けるように支援は続きます。

所在地:〒751-0849
    山口県下関市綾羅木本町2丁目2−1
連絡先:083-227-4328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

No.1068 COMPASS三豊 歩みを進められるように

No.1068 COMPASS三豊 歩みを進められるように

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS三豊に通うお友達、COMPASS歴は今年の冬で5年、小学校2年生になりました。
いつもずっと一緒な感じで、どんなお困りごとがあったのか、もう思い出せないくらいの成長を見せています。
Rくん2 (1).jpg

当時、思い通りにならなかったり、見通しが立たないとパニックになり、着座も難しく、言語獲得と周りとのコミュニケーションにも難しさを感じていたお友達。

Rくん療育3.jpg

学習に誘ってもこだわりが強く、すんなりと従わず、指示が通りませんでした。
保護者様も随分言葉も覚えて会話が成立することも増えてきたので、これからも成長して欲しいと願います。

Rくん1.jpg

お友達のプランは、まずコミュニケーションの上達のための課題、集団活動でのルールやマナーの理解と実践、応酬話法(正しい言葉使い)、ひらがなの学習、そして数の学習です。

Rくん療育6.jpg

成長してからは、座学での学習に重点を置き、COMPASSのプリントや数の学習、音読の繰り返しが中心になりました。

Rくん療育7.jpg

人懐こいことは良いことですが、お友達の場合は人との距離感をつかむのが難しく、「やめて」と言われても、嫌がっていることに気付くことは、お友達には難しいことでした。
例えば自分が楽しい気分だと、嫌がられていても、周りが引いていても止めることができません。
逆にお友達自身が嫌なことは止めて欲しいと伝えることはできます。

Rくん療育1.jpg

お友達はよく見ることが得意です。
ものまでも上手なのですが、それが良く出る時と悪い印象になる時があります。
そのタイミングを言葉で伝え、いい時悪い時の理解を促しました。
統一した指導は、実はご家庭でも保護者様にもご協力頂き、良い事・悪い事を繰り返し伝えて下さったため、お友達はしっかり学び、習得がみられます。

Rくん療育5.jpg

今では、周りから気を遣われるより、周りに気遣いができるようになって成長した姿を見せています。
言葉にも興味を持ち、また簡単な絵本も自分から積極的に読もうと意欲を見せます。
小さなお友達が泣いていたり、先生が「痛っ!」と声を出した時に、このお友達は真っ先に「大丈夫?」と駆け寄って声をかけてくれます。

Rくん療育4.jpg

小さな手で「よしよし」とさすってくれるお友達。
周りを見ている分良く気がつき、とても優しい一面を見せてくれるようになりました。

Rくん製作1.jpg

お友達との日々は続き、正しい言動で、正しい振る舞いで他者とのコミュニケーションの上達を目指していく事はもちろん、思い通りにならないときにはまだ心が乱れることがあるため、これからも感情のコントロールを学んで折り合いをつけられるよう導いていきます。
Rくん製作2.jpg

お友達がしっかりと歩みを進められるように、COMPASSはこれからもずっと支えていきます。

所在地:〒769-1502
    香川県三豊市豊中町笠田笠岡2074番4
連絡先:0875-23-6088

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

No.1067 COMPASS丸亀Wish 苦手なことでも最後まで

No.1067 COMPASS丸亀Wish 苦手なことでも最後まで

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
これまでも年齢や学齢に合う同じエリアにある幾つかのCOMPASSに通っていたお友達。
いよいよ高校生、そして社会への旅立ちの準備が始まり、最近Wishに通い始めました。

294.jpg

保護者様も息子の成長を願い、これからは自立に向けて色々なことができるようになって欲しいと願っておられます。
例えば時計を読み、時間を理解し、お金の計算などを身につけてほしいというご希望でした。

293.jpg

例えば会話でも表現のバリエーションを多くすること、集団の中で楽しく過ごせるようになることを願い、また電卓を使って計算をすることなどが支援計画に組み込まれました。
COMPASS自体は4年目のお友達、Wishでは手先の動作練習(折り紙、はさみ、アイロンビーズなど)からスタート。
苦手分野の文字の習得、数の概念、認知、時間・時計の概念へ新たな挑戦が始まります。

290.jpg

COMPASSに通い始めた頃のお友達は、難しそうだと思ったことにはとても消極的。
やってみようという気が起きないらしく、学習を始めても手こずるとすぐ諦めるところがありました。
そんな状態から4年、今では随分理解の幅が広がって、一桁の計算やひらがなや、簡単な漢字の習得はできるようになっています。
細かい作業についてはまだ苦手な様子で、引き続き頑張って取り組むように促していきます。

316.jpg

4月の頭からは、遊びの中で「けん玉」に挑戦しているお友達。
しかし、一度も成功することなく、いっそ止めてしまいたいという様子のお友達です。

295.jpg

そんなある日、偶然の産物なのか、何と1回だけあっさり成功してしまいます!
周りの職員から「うわぁー、すごい!」「できたねー!!」とみんなに褒めちぎられたお友達。
すると俄然やる気を出し、その後は長い時間取り組む姿がありました。
最近は、成功する目標回数を自分で決めて、達成できるまで頑張っています。

名称未設定 1.jpg

少しずつ成功体験が積み上がってきたお友達の今。
電卓での計算などは、周りのお友達に教えられるまでになっているといいます。
Wishに来だしてまだ日が浅いので大きな変化は見られないが、より実用的に使えるようにしていきたい。

296.jpg

これからはけん玉だけでなく、もっと手先を使った内容を取り入れ、また、実用的なお金の計算や、時間概念の獲得を目指していきます。
Wishで出会ったけん玉はまた一つ自信につながって、お友達の積極性を育ててくれました。
これからも成功体験を重ね、様々な課題に積極的に取り組めるようになってくれるよう温かい支援で支えていきます。

所在地:〒763-0091
    香川県丸亀市川西町北2034-2
連絡先:0877-35-8328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

No.1066 COMPASS.Jr 卒業後の未来へ向かって

No.1066 COMPASS.Jr 卒業後の未来へ向かって

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS.Jrに通うお友達、通い始めてから1年、この春から高校生になりました!

COMPASSにやってきた頃と比べると、ずいぶん成長した姿がそこにはありました。
保護者様のご希望へ配慮し、繰り返しの練習により出来ることを少しずつ増やしていけるよう学習支援を行い、生活リズムの確立や、すぐ崩れる姿勢をキープできるように、積極的に、かつ正しく行動を選択して実行できるようにとプランは立てられました。

DSC05384.jpg

通い始めた当初、1年前のお友達は「静かタイム」を行うときも立腰姿勢を保つことが出来ず、猫背になったり、椅子の上に足を上げたりしてしまいます。
注意をされたり、先生の促しにもどこか反抗的な振る舞いを見せます。

DSC03621.jpg

机に足を上げる、それはお友達も悪いことだとわかっています。
ですがこの時は、精神的にも着座姿勢を保つことも、お友達にはとても受け入れがたいことだったようです。
同じように、学習でも難しいと感じた問題には手が止まり、学習は中断。
また、これをやりましょうと次の課題を示すと、反抗する姿勢を見せます。

最後まで諦めずに頑張ることをお友達自身が理解して、進んでやろうとなってくれたら・・・そう願い、COMPASSは対話に重点を置きました。

DSC03854.jpg

会話を重ねることが相互理解につながるよう、遊びの中でも、学習でも、ひたすらお友達と話をするよう図っていきました。

月日が流れ、COMPASSの先生に対してお友達は少しずつ心を開いて信頼を寄せてくれるように。
毎日のルーティンである挨拶、学習、集団活動のも次第に受け入れ、笑顔を見せるようになってきたお友達です。
DSC05525.jpg
悲しい気持ちになった時でも、相手に気持ちを伝えられないもどかしさがイライラとなり、頑なな態度になりがちなお友達。
基本学習の中で解決の糸口を探り、平仮名とカタカナの読み書き、日記の作成、計算をCOMPASSの「漢字ドリル」「算数ワーク」「カタカナ表」「国語ワーク」そして「日記」など、言葉をスムーズに口にすることができるよう学びを進めていきました。
すると次第に伝えたい、伝えてみよう!という姿勢へ変化を見せるようにもなってきました。

345822_s.jpg

同様に、学ぶ姿勢にも変化が現れ、積極的に問題を解く姿勢を見せてくれるようになりました。
例えば計算。
最初の頃は百玉そろばんを用いて足し算・引き算を解いていたのですが、徐々に指を使って計算する練習に切り替えていきました。
定着するまでには時間時間をかけましたが、梅雨に入る頃には指を用いて一人で計算することが出来るようになりました。

DSC05841.jpg

その後、サクランボ計算を用いて繰り上がり・繰り下がりの計算の仕方を伝えると、10月ごろにはスムーズに解けるようになってきたそうです。
計算の力は素晴らしく向上し、現在では足し算引き算の筆算に挑戦中で、繰り上がり繰り下がりは目下奮闘中ですが、繰り上がり繰り下がりのない計算は最初から一人でスムーズに解けるのだとか。

DSC05837.jpg

あの、姿勢をキープできずに足を上げてしまっていた「静かタイム」。
それが今では「小さなお友達が真似してしまう。」ことを伝えると、徐々に態度が改まってきて、現在では姿勢正しく着座することが出来ているのだそうです。

繰り返しと信頼関係の構築、そして「できた!できる!」の喜びは、気持ちも溶かし、生活面でも学習でも受け入れること、さらに前へ進むこと、諦めない頑張りをしっかりと掴んでくれた1年と言えるでしょう。

DSC05846.jpg

高校卒業後のことを踏まえ、状況や場面を踏まえた適切な言葉遣いや振る舞い方を身に着けられるよう支援は続きます。
学習でも、日常生活や将来の就労を視野に入れ、時計やお金の計算や、読み書きを中心に取り組んでいきますが、この得意そうな笑顔で「大丈夫。頑張るよ!」とキラキラの瞳が語りかけてくれているようです。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1丁目3−5
連絡先:093-472-3288
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

No.1065 COMPASS須崎 まだ2ヶ月、そしてこれからの・・・

No.1065 COMPASS須崎 まだ2ヶ月、そしてこれからの・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS須崎の2年生のお友達、コミュニケーションの上達を目指して通い始めて2ヶ月目を迎えました。

送迎車にて.jpg

最初の頃、人懐こいお友達は先生にべったりだったそうです。
構って欲しくて仕方がない様子で、甘えるばかり。
人なつこさが幸いして泣くことはなく、比較的スムーズに学習に取り組むこともできていました。

折り紙.jpg

なんと言っても目的は会話の上達です。
まずは正しい発音で話せるようになれることを目標の基軸において、計算、文章問題などの学習も進めていくという取り組みを計画。
コミュニケーションは一方的にならないよう、相手の目を見て話すこと、聞くことが出来るようになるように。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0009.jpg

まずは絵カードや50音表などを使用し、発音練習を行います。
先生はお友達に「音」をしっかり捉えてもらおうと、ゆっくり話をするよう心掛けていたのだそうです。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0008.jpg

学校での学習にも役立つように、また言葉によるコミュニケーションも会話をまとめ易いように、学習でも簡単な文章問題から取り組み「出来る」という自信に繋げていけたらと願い、課題を設定しています。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0018.jpg

学習面では、毎日その日の新しい課題、前日までにやった復習の課題を何度も何度も繰り返し取り組み、定着を狙います。
間違うことが怖くてビクビクのお友達でした。
c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0003.jpg

「できた!」が自信に繋がるためには、その答えが正しくなければいけません。
お友達は問題を間違えたとき、先生の指摘がとても嫌だと感じられるようでした。
答えの誤りが重なると、もう、答え合わせも気が進まない様子でした。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0007.jpg

そこで、落ち着いて取り組むこと、終わったら見直す習慣付けも促していきました。
そして間違いに自分で気づき、修正することもできるようになってきて、今では答えを聞くことを恐れることがなくなってきたと言います。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0006.jpg

会話は相手があって初めて成立します。
そのためには、相手の目を見て話をしたり、顔を見て話をしっかり聞くように、どんな場面でも、その都度声掛けを行っていきました。
会話をする相手の出方、どんな話なのかを緊張しているかのように、様子を伺うお友達。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0005.jpg

通い始めの頃は、会話に乗れず、お友達同士の関係づくりもハードルが高く、うまく付き合えない場面もありました。
そんな時は先生が間に入り、双方の意見を代弁するほんの少しのお手伝い。
意思疎通のコツを掴んで、今ではCOMPASSの他のお友達との関係性もよく、自分から積極的に話かけるようになってきていると言います。

名称未設定 1.jpg

COMPASSに通い始めてまだほんの2ヶ月なのですが、保護者様から「この子の言っていることがはっきり聞き取れます!」と嬉しいご報告をいただきました。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0016.jpg

実はお友達、他の事業所も併用しているのですが、そちらの職員からもお友達の成長に関して同じことを聞いたり、感じたりすることがあると喜んで頂けているご様子です。

カラオケ2.jpg

今も勿論発生練習は続け、朗読も集中できて、先生の指示をしっかり守り「ゆっくり読む、話す」を意識して伝えようとする姿勢が見られます。
周りのお友達との関わりや遊びの場面では、当初、揉めることもありましたが、この一ヶ月で「順番を待つ」「相手の意見や考えを聞く」ことができるようになり、正しい選択を考えることができるようになってきていると言います。

カラオケ1.jpg

最近は先生一人ひとりの名前もしっかり覚えてくれたのがとても嬉しいと先生は言います。
それでも、まだ焦って早口になる部分もあり、完成された完璧な会話、それには程遠いのですが、お友達の努力と時間がきっと味方になってくれ流でしょう。

c34d7ca1594a55253214da25f1d382854_49828356_200507_0013.jpg

ほんの少し道筋を示しながら、繰り返し、何度でも・・・そんなお友達の頑張りを暖かく優しく支え、見守っていきます。

所在地:〒785-0036
    高知県須崎市緑町9-27 須崎保岡ビル2F
連絡先:088-855-9338
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

No.1064 COMPASS松山 会話とこれからの学びと・・・

No.1064 COMPASS松山 会話とこれからの学びと・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS松山に2月から通うことになったお友達、現在2年生です。
通い始めてまだ2ヶ月あまりのお友達、保護者様のご希望は「スムーズな会話」の確立でした。

IMG_20200413_131311.jpg

落ち着きなく歩き回り、着座時間も短いお友達。
着座できないと言うことは、学ぶ姿勢や気持ちが伴わず、集中に欠け、しっかり聞くことも難しいと言うことになります。
なので、ソワソワだったお友達は、聞き流しているだけで、指示や学習の理解する力や、記憶する力発揮できません。
相手の気持ちを推測することが難しく、話すことのイメージがつかず、自分の気持ちを伝えることもなかなか厳しいようでした。

IMG_20200413_131314.jpg

まずは日常生活に生かせる取り組みから「ひらがな」や「月や日付」をマスターできるよう、支援計画が作られました。
具体的には「あいうえお表」「絵カード」「出来事日記」などで、言葉を使いこなすことができるよう学びます。

IMG_20200317_124829.jpg

始めの頃は、座ること何か1つでもすることが厳しい毎日でした。
COMPASSで過ごす日々が重なるごとに、ソワソワで座ることができなかったお友達の様子が変わっていきます。
お友達がすぐ理解できること、すぐ成功できることから課題を進めていきます。
やがてお友達の着座時間がソワソワから10分、20分と伸びていきました。

IMG_20200317_124837.jpg


着座する時間が長くなり、成功体験が増えていくと、次第に取り組むことができるようになって行ったお友達。
見通しも大事にして、学習する範囲を決めることで集中力が保てる様に変化が見られるようになってきたのだとか。
巧緻性の学びで行う折り紙も、落ち着いて正確におる事が出来る様になって来ました。

IMG_20200414_141458.jpg

確かに「褒めること」は子どもの成長にとってとても大事なものです。
ですが、なんでもかんでも褒めてもらえるわけではありません。
約束したことをしっかり達成すること、成果が出ること、ご挨拶やありがとうがしっかり言えることが褒めてもらえることの第1歩です。
ですが、COMPASSでのルール、お友達同士で遊ぶとき・取り組むときのルールが守れているときにのみ手放しでの称賛が与えられます。

IMG_20200414_141513.jpg

繰り返し、繰り返しの日々がお友達の理解を深くして、「わかる!」の喜びが自信にと繋がっていきました。
少しずつ日付も分かるようになり、少しずつ自分の気持ちも相手に伝えることが出来るようになってきました。
ルールに従い、約束事を守ろうとする気持ちが芽生えてきたようです。

IMG_20200330_143243.jpg

長い休みが明け、学校が始まるころには心の成長も目指していきたいと思います。
着座時間こそ長くなり、学習も嫌がらなくなってきましたが、お友達同士の関わりはまだまだのところが見られます。
相手の気持ちを考えて言葉を発し、お友達同士でのオモチャの取り合いが起きないよう、先生の許可なく「いいですか?」と尋ねてから行動できるようにと難しいのですが、大切な学びを開くことなく繰り返していきます。

所在地:〒791-8034
           愛媛県松山市富久町300-2
連絡先:089-989-8138

(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

No.1063 COMPASS小倉北 得意げな笑顔で

No.1063 COMPASS小倉北 得意げな笑顔で

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS小倉北に通って2年半になるお友達をご紹介します。

言葉を発することがなかったお友達、何を欲しているのか、どうしたいのかわからないことに保護者様も悩んでおられたそうです。
やはり、保護者様も言葉を伸ばしてあげたい、その想いが強かったと言います。
言葉を得て、その先に自主性を持って生き生きと暮らして欲しいと願っておられました。

S__13131784.jpg

その当時、半年ほど通っている幼稚園でも1度も自分から発言していなかったお友達。
言葉の獲得にCOMPASSの基本でありご挨拶や、「ひらがなのおけいこ」「ひらがな絵カード」などを通して学んで欲しいと願います。
支援計画には、同年代のお友達と関わる中で、お友達と触れ合う楽しさを学ぶこと、特定の子にこだわらず、会話を増やすこと、COMPASSの日記を活用して日記作成で、記憶力、語彙力の向上を目指すことが設定されました。

S__13131787.jpg

学習の過程の中で、お友達は時折、質問されたことが分からないとき、目線を外す仕草が見られました。
学習中なのによそ見をして、指導員の声かけにも無反応なこともあったそうです。
また、周りが気になって仕方ないようで集中できずに、常にキョロキョロしたり・・・。

S__13131788.jpg

お友達が、答えに詰まっているとき、先生は「わからない」と言葉で伝えるよう促します。
お友達は決して言葉を出せないのではなく、うまく言葉にできず呑み込んでしまうようでした。
そうして、お友達との頑張りはいくつもの季節が過ぎる間続いていきました。

S__13131781.jpg

そうして2年経ち、お友達は分からないこと、出来ないことがあったときには、言葉で先生に言えるお友達。
たくさん時間をかけて取り組んだ「ひらがなの読み書き」や、「数字の読み書きも」しっかりできるようになり、着座時間、キョロキョロすることもなく、集中する時間が増えました。
学びが面白くなってきたお友達は、自発的に学習に取り組む様子も見せるようになり、お勉強の始まりのご挨拶が終わると、「ひらがなおけいこ」を見ながら「今日は【し】!!(だね)」などと嬉しそうに先生に教えてくれて、実に楽しそうに取り組んでいます。

S__13131785.jpg

最近では少しずつ「したいこと」「やって欲しいこと」等の要求をきちんと言葉で伝えることができるようにもなりました。
保護者様からは、会話が増えて楽しいと嬉しいご報告をいただきました。
人との関わりも得意とは言えなかったお友達ですが、話しかけやすいお友達には、自ら「遊ぼう!」と声をかけることができるようになっています。

S__13131783.jpg


言葉を得てからはいろいろな場面で積極性が見られ、それまで自信がなかったせいで、質問しても先生が答えを教えてくれるまで待っていることが多かったのですが、今では堂々と答えることができるようになり、その得意げな笑顔は、ついつい先生たちをほっこり笑顔にしてくれます。

S__13131786.jpg

さてお友達、来年は小学校へ進学です。
就学に向けて誰とでも自発的な関わりができるよう、更に語彙力の向上に努め、会話でのコミュニケーションの向上を目指して新たなスタートを切ります。

所在地:〒802-0062
    北九州市小倉北区片野新町1丁目3-53 おかたビル1F
連絡先:093-931-8438
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

No.1062 COMPASS丸亀Link 女性として、社会へと繋ぐために

No.1062 COMPASS丸亀Link 女性として、社会へと繋ぐために

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS丸亀LINKのお友達、4月で3年目の春を迎えました。
保護者様からは、社会に出ても困らないよう、お金の計算や時間の理解が出来るようになってほしいと希望を託されてスタートしたお友達のCOMPASSです。

今ではすっかりリラックスして、与えられた課題に精一杯集中して取り組むことができる、みんなのお手本になるお友達ですが、利用開始間もない頃は、コミュニケーションはとれるものの、周りの音や動きにとても敏感で、気もそぞろ、落ちついて取り組むことがとても難しかったといいます。

5794.jpg

当時まだ中学生だったお友達、いずれ社会へ旅立つその日をゴールに見据え、支援計画が立案されました。
そのプランとは、集団での生活を通してルールやマナーを身につけ他者とのコミュニケーションが円滑になるよう支援していくことや、実戦として
必ず必要な「お金の計算」「時計の理解」が出来るように支援していくことでした。 

5795.jpg

この2年間、お友達は頑張ってきました。
例えば、簡単な日記などで順序だてた会話や文章作りや、グループワークなどでの状況に合った言動を行うこと、座学では、計算機の使い方や時計の長針、短針の意味を理解して、読み取れるようになること、そして硬貨の種類やそれぞれの価値と区別を判断できるように支援します。

5796.jpg

頑張ろう、その姿勢は見えるのですが、やはり時折周囲が気になって上の空になることも度々ありました。
集中していないと積み上げた経験がバラバラっと崩れるように定着が削がれます。
乗っている気分に、しっかり集中できるよう促しながら、まさに二人三脚で繰り返し、繰り返し学びの時間は温かく過ぎていきました。

5793.jpg

やがて、だんだん集中できる時間が長くなってきたお友達。
最後まで頑張る姿勢は素晴らしいものです。
言動も、言葉を選ぶことも身についてきて、年下のお友達には優しく、職員には敬語で話せるように成長が見られます。
何か言ってくれ、提案してくれるのを待っていたようなお友達でしたが、今は、余暇の時間にも集中してパズルをしたり、好きな事が見つけられるように過ごし方も変わってきました。

5792.jpg

お金、特に硬貨の違いが理解できてきた時、笑顔で「先生分かりますよ!」と答えてくれたり、お友達にも「教えてあげる」と声をかけたりするお友達。
「分かる!・できる!」と言う実感が、お友達を変えてくれました。
自信はお友達を成長に導き、高校生になって、社会への旅立ちを身近に感じられたことも手伝っているのか、少しずつお金の大切さ、時間では「◯◯時ちょうど」が読みとれるようになったりと、社会に出て働く事への意識が芽生えているようです。
今は時計が30分、15分単位での読み取りに自信をもって答えられるよう、少しレベルをあげた目標へと向かっていきます。

5797.jpg

高等部のお友達、そろそろ女性らしい振る舞いも意識し、異性を含めた適切な距離感を取れるようにも成長を促していきたいと願います。
集中できる時間は長くなったものの、集中できる時間は長くなったものの、ムラのない継続して落ち着いた学習姿勢がとれるよう支援し、それは同時に働くことにも繋がることであり、取り組みの姿勢はこれからも大事に育てていきます。継続して落ち着いた学習姿勢がとれるよう支援し、それは同時に働くことにも繋がることであり、取り組みの姿勢はこれからも大事に育てていきます。

所在地:〒763-0072
    香川県丸亀市山北町465-1
連絡先:0877-43-7328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg