2020年10月31日

No.1211 COMPASS観音寺 諦めないコツは

No.1211 COMPASS観音寺 諦めないコツは

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS観音寺に昨年の紫陽花の頃に保護者様と連れ立ってやってきたお友達。
真っ直ぐ過ぎて正義感が強く、お友達同士の揉め事に仲裁しようと割って入るものの上手に伝えることが出来ず、結果はいつも裏目に出てしまうことなどを保護者様は心配しておられたそうです。
保護者様コミュニケーションの向上と、学習への姿勢などをCOMPASSに期待しておられました。

ちょう結び練習A.jpg

個別支援計画ではコミュニケーションのほか、学習への意欲の向上と、慌てず落ち着いて取り組むこと、集団活動でルールやマナーを身につけることが設定されました。
いずれ社会へと旅立つお友達にとってコミュニケーションの力は、強みになり、武器になり、お友達自身を守る盾ともなります。

名称未設定 1.jpg

しばらくはCOMPASSに馴染まず、余暇の時間にも1人で過ごすことが多かったようです。
学習から遊びへ、遊びから学習への切り替えには時間を要しました。
お友達とは1歩ずつ固い甲羅を剥がしていくようにお友達がしっくり来るまで待つことにしました。
例えばCOMPASSに着いてから「荷物を片付ける」→「手洗いうがいをする」→「学習を始める」と言う流れのリズムを作り少しずつ習慣づけていきました。

LaQ@.jpg

過去の失敗の経験からなのか、苦手だと感じることは最初からやろうとしません。
苦手意識が持ち上がると二進も三進も行かなくなるので、学習でも他の活動でも、つまづいたとき、分からないときやイライラしたときは、無理にお勉強を続けなくていいんだよ、と伝えます。
そして落ち着いてから「どうしたかったのか?」「どうすればよかったのか?」と、先生としっかり時間をかけて一緒に考えました。

少しずつ「できた!」を積み重ねていき、取り組まないと言う姿を変えていきたいと願いながら関わりを深めていきました。

LaQC.jpg

「今日はここまで!」と、学習や課題の目標を定め、見通しが立つように配慮も行いました。
目標が達成されると大好きなブロックや塗り絵、オセロができると約束されたことはお友達の楽しみになって行ったようです。

オセロ@.jpg

また苦手な課題のときは、すぐに投げ出さず、諦めないで済むようコツを教えました。
例えば問題は上から順にやる必要はなく、できるところから考えていいこと、分からないところは質問したり辞書や本を見て調べたても構わないことを伝えます。

オセロA.jpg

人との関わり方を学ぶために、初めは2、3人くらいの小集団から関わる機会を設け、トランプやオセロなど、遊びを通して集団活動のルールやマナーを学んでいきました。
おやつの時間や、季節ごとのイベントなどにも少しずつ参加する機会が増え、一緒にトランプをしたりブロックで遊んだり、仲のいいお友達も増えていき、次第に自分から積極的に関わることも増えていきました。
やがてお友達は、自分が使っているブロックを貸してあげたり、周りを気にかける言葉を掛けたりと、次第にコミュニケーションもしっかり取れるようになってきたようです。

ちょう結び練習.jpg

笑顔と言葉が増えてきたお友達、最近はよく学校や家での出来事を話してくれるようになりました。
保護者様が気にされていた良かれと思ってすぐ仲裁しようとする姿勢は、お友達の優しい性格から起きるトラブルなので、たちまち改善することはありません。
しかし見通しを持った学びの積み重ねで、動く前に考えると言う変化が現れて始め、感情に振り回されて誤解を招くことを避ける術を少しずつ身につけているようです。

ちょう結び練習B.jpg

すぐ投げ出していた「わからないこと」も逃げずに向き合えるようになり、まず自分で解いた後、「先生合ってるか見て!」と確認しに来たり、「先生、辞書貸してください。」と調べて頑張っている積極的な姿を見せています。
その成長ぶりに先生たちも心から喜びを感じているといいます。
何より自分の力でやり遂げた後の笑顔には自信が満ち、一層輝きを放っているようです。

ちょう結び練習@.jpg

今後もお友達と一層関わり、未来を見据えて少しずついろんな「出来た!」と言う経験を積み重ねていき、達成感や自己肯定感に繋げ、考えて行動する姿勢の確立と、楽しく柔軟な会話ができるようにと幅を広げた取り組みを始めていきます。

所在地:〒768-0022
    香川県観音寺市本大町1673-3 本大マンション202
連絡先:0875-23-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

No.1210 COMPASS松茂 座って絵本を最後まで

No.1210 COMPASS松茂 座って絵本を最後まで
 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS松茂のお友達が通い始めたのは6月の初めでした。
保護者様のご希望は「言語の訓練をしてほしい。」と言うことと「椅子に座って何かを成し遂げてほしい。」と言うものでした。

image0.jpg

初回の療育のとき、お友達の様子はと言うと、まず発語がありませんでした。
気が散りやすく、集中が続かず、遊んでいるお友達からおもちゃを取り上げてしまったりとじっとしておらず自由奔放に動き続けていました。
コロナ禍でできるだけお友達にマスクを付けてもらおうとしましたが、一切マスクを拒否。
座るように促して、教材を出すと興味のないものだとわかるとすぐ離席。
先生の指示を無視して、興味のあるものを欲しいとせがみ続けます。

image0 (1).jpg

そんなお友達の個別支援計画の短期目標には先生の声掛けで動けることを増やしていくことを目指し、長期目標では、遊びの中から物と言葉が結びつくよう支援し、保護者様のご意向でもある発語に繋げていくことが設定されました。
選択した教育課題は、絵カード・絵本の読み聞かせ・あいうえおの絵本・手先トレーニング(ストロー落とし・ようじ落とし・洗濯ばさみ・紐通し・ボタン)・手遊び・色のマッチング・シール貼りなど楽しめて集中しやすい課題を選択しました。

image1.jpg

お友達は意思を通すことにこだわり、興味のない療育内容になると教材を机から落としてしまいます。
興味が湧かないものを提示すると嫌がって泣き出し、自分が気に入っている療育グッズをずっと指差ししてこれをやらせろとせがみます。
そこで、マスクができないため他のお友達に影響がないようにと言う意味も含めて、目に付く物の少ない小部屋に机を移動し、目に付くものには布をかけて目隠しをしておくことにしました。
壁を背に机を配置することで自由に動き回りにくい環境を作り、目の前の教材と先生に注視できるように工夫をしてみます。

image2 (1).jpg

嫌がるお友達でしたが、今では命を守る大事な習慣となったマスク着用。
COMPASSに来るたびにマスクを着けられるようにと着用を促し続けました。
すると次第に外して放り投げる頻度が減ってきて、マスクを着けられるようになってきました。
同様に、着座時間も初めの頃よりは長くなり、先生の指示に抵抗も見せなくなりました。

image1 (1).jpg

繰り返し行う発声訓練の成果で、喃語ではありますが、少しずつ発語らしきものが増えつつあります。
ものの名前を理解しようとする姿勢が見られ、絵カードなどを見て可愛いジェスチャー。
最初に比べると、まだ一つのおもちゃでじっくりと遊ぶことはできませんが、ずいぶん長い時間座って遊べるようになりました。
絵本も最初は最後までめくれず放り出していましたが、今では着座姿勢を保ち、最後まで絵本を1ページずつ見終えることができるようになりました。


image3.jpg

お友達の成長を保護者様もとても喜ばれ、先日「外食に行っても食べ終えるまで席を立たずに座っていられるようになって、マスクを付けられるようになったので、安心して外出もできます。」と嬉しいご報告を頂けたそうです。

image2.jpg

5ヶ月が過ぎようとしている今、好き勝手に走り回ったりせず先生の指示を受け入れるようになって、短期目標はクリアです。
これからは療育と遊びを通して喃語から二語文の獲得に向けて活動を広げるよう舵を切ります。
また自分でできることを増やして行くために、手や指のトレーニングを通して巧緻性の強化に努め、成長が加速していくように願い、優しく厳しくじっくりと関わっていきます。

所在地:〒771-0219
    徳島県板野郡笹木野字八北開拓170-1-2
連絡先:088-699-0138
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

No.1209 COMPASS岡山ふれんず 未来への見通しは・・・ 

No.1209 COMPASS岡山ふれんず 未来への見通しは・・・ 

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
今月の半ばで、ちょうど岡山ふれんずにお友達が通い始めてから4ヶ月。
保護者様の気がかりは、言葉がほとんど出てこず、会話にならないことでした。
そして「数年後に小学生になる娘が就学までに、自分で身の回りの事ができる様になって欲しい。」と願い、「笑顔いっぱい、元気いっぱいにみんなと仲良く、一緒に活動出来る様になって欲しい。」そんな想いを語られます。

DSC_0733.jpg

まず半年間の個別支援計画は「落ち着いて着座できる時間を増やすこと」「生活習慣動作の向上」「COMPASSに慣れていき、やがていろいろなお友達・先生たちとコミュニケーションを取れる様になること」が目標とされました。
年少々さんのお友達が興味関心を持ちそうな、楽しく学べる学習課題として、ぬりえ、点描、みつばプリント、顔認知、トング、動物カード読み、ペグさし、洗たくバサミ、フック掛け、型はめ、魚つり絵合わせカード、ひも通し・・・いろいろな教材が選択されました。

DSC_0731.jpg

6月のお友達は、自発的には二語分程度の言葉なら言えるようでした。
言葉の練習を初めてみると、離席が多く、遊びや、やりたいことを止められると大声を上げて泣き出します。
自分の気持ちが最優先で、制限や途中で切り上げるよう促すと、たちまち癇癪です。
パズルを頑張っていたのですが、ピースが嵌められないと、癇癪で床に落としてしまいます。
集団活動で歌を歌うときにも、お友達と同じように歌うどころか、並ぶことができずに走り出してしまいます。

DSC_0848_20201019134901.jpg

計画通りに半年くらいで成長が見られるか、未来への見通しは誰にもわからないことです。
お友達は週に2回、いやでもなんでもCOMPASSで過ごすことになります。
やがて回を重ねるごとに、小さなピースをはめると大喜びしてくれる先生が大好きになっていきました。
綺麗な姿勢で座ると褒められ、上手に発語できると褒められ、一つできると、どの先生もびっくりするほど褒めてくれるCOMPASSが楽しくなってきたようです。

DSC_0853_20201016171524.jpg

最近の様子を見てみると、何とお友達は一切離席せずに45分間も座れるようになりました。
姿勢良く座れて、集中して課題に取り組めています。
できなくて、思い通りにやれないとわかると、爆発のように泣き叫んでいたあの姿も今では優しく嗜めたり促す声をかけるだけで、すっかり影を潜め、切り替えられるようになっているそうです。
先生が「こんにちは」と促すと、お友達から「こんにちは!」と真似で返してくれます。
「オッケー」といえば「オッケー!」と元気に返ってくる声。
「いただきます!」「おしまい!」「ごちそうさま」などのご挨拶や、「バナナ」「ねこ」「あかちゃん」・・・そんな言葉がカードの上だけではなく、生き生きした声で次々と上手に発語できるようになっていきました。
DSC_0839_20201019134909.jpg

トイレに行くときもトイレでは自分で衣類の着脱ができるようになり、成功の回数も増えてきました。
COMPASSに着いても、お片付けしようと声をかけると、くつ、水筒、かばん、連絡帳、トイレなどの準備がしっかりできるようになりました。
半年でもどうだろう・・・という不安が、4ヶ月経たないうちに集団活動で皆と一緒に並び、歌を歌えるまでになりました。

DSC_0862_20201016171519.jpg

お絵かきが大好きなお友達、顔を描くときに目を描きながら自発的に「め」と自然に言うお友達。
できた絵を先生に見せながら、「これなあに?」と聞くと、「レモン!」「ぶどう!」などと教えてくれます。

DSC_0856_20201019141249.jpg

素晴らしい成長をあっという間に遂げたお友達。
今後もお友達のペースを守り、絶対的な語彙を増やし、少し難しい気持ちの表現や事象の表現ができるように会話を向上させていきたいと考えています。

DSC_0865_20201016171515.jpg

新しい未来への希望に満ちた見通しは、明るく輝いています。
もっとお友達同士での楽しい会話を楽しめるように、もっとできることをどんどん増やして・・・と、たくさんの成長と喜びをその手に掴むために一緒に歩み続け、今日もまた1歩ステップを進めていきます。

所在地:〒700-0921
    岡山市北区東古松3丁目4番14号
連絡先:086-222-0178
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

No.1208 COMPASS須崎 悪戯な瞳が輝きを放って

No.1208 COMPASS須崎 悪戯な瞳が輝きを放って

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS須崎に5月から通い始めている小学校1年生のお友達。
言葉がうまく会話として伝わらないことで、他人も自分自身も傷つけてしまうことがあると保護者様は心配されていました。
ご相談された保護者様は、我が子に「たくさんのお友達と仲良く遊べるようになってほしい。」と願い、COMPASSに通うことを選択されたそうです。

1603083954061.jpg

当初お友達が発するのは「いや!」という拒否の言葉だけでした。
通ってくるのが週に1回だけ出会ったため、COMPASSにも、療育を受けることにも、慣れるまでに時間が必要でした。
また、座ってもすぐに離席、座って課題を始めようとしますが、筋力が弱いこともあって前屈みになり、正しい姿勢が取れません。
姿勢の矯正をしながら集中もできるようにと、特製の「知育椅子」を使用してみることにしました。

1603083951864.jpg

個別支援計画に設定した言葉の獲得や、文字や数字の認知をあげていくこと、善悪の判断力などを育てるために「絵カード」「絵本の読み聞かせ」「数カード」「カラーコイン」などの教材を使い、実際に指や手で操作しながら、正しい方法、正しい回答へ導く考え方を育てていきます。

1603084141521.jpg

コロナ禍ではありますが、発語や発音の練習時にはマスクを外し、手作りの飛沫防止のアイテムを使用して練習を進めてきました。
お友達にもこれは意外と好評で、ちょっと面白いと感じてもらえているようです。

1603084136521.jpg

当初はお友達の順列は自分が1番という感覚があるようで、先生に素直に従うことに抵抗を示していました。
またちょっと難しかったり、気が乗らないときは「イヤ!」といい、どうすればやらずに済むかとちょっぴり悪知恵を働かせ、敢えてダメだとわかっていながらいけない行動をとり、笑ってごまかそうとする悪戯な様子を見せていたといいます。
なかなか先生に馴染んでくれなかったそうですが、それでも夏を見送る頃には先生の後に続いて単語が言えるようになりました。
指を使って集合する数の認知では、1〜5までの数の理解もかなり進んできました。

1603083958925.jpg

この5ヶ月で座れるようになり、語彙数の獲得が進むと言葉で伝えようとする姿勢を見せ、発言と行動の一致が見られるまでに成長を遂げたお友達。
ご家庭でも変化は見られ、他者や自分を傷つける様子もかなり軽減してきましたと保護者様も喜ばれています。

1603083955838.jpg

悪戯な瞳はきらりと光る輝きを放ち始めています。
これからも引き続き、語彙の習得・数の理解を更に進めて基礎学力の向上にも繋げ、また集団でも積極的に参加して、他のお友達との関わりが持てるように学びの場を広げ、優しい支援を続けていきます。

所在地:〒785-0036
    高知県須崎市緑町9-27 須崎保岡ビル2F
連絡先:0889-43-9328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

No.1207 COMPASS武蔵新城DASH 春待つ君の声は

No.1207 COMPASS武蔵新城DASH 春待つ君の声は

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城DASHに今年の夏から通い始めた年少々のお友達。
まだ幼く、か弱いお友達に、保護者様は「一つ一つ出来る事を増やしてあげたい。コミュニケーションの上達、指さしや二語文がでるように少しずつ成長してもらえたら・・・」と願われています。

S__108863530.jpg

まだ2歳のお友達、少しでも能力の向上を目指していこうと個別支援計画はお返事を言葉で伝えられるように、発声練習を行って発語を増やしていこうと計画されました。
COMPASSには比較的抵抗はなかったのですが、着座しても集中が続かず、すぐに離席をしてしまいます。

S__108863531.jpg

課題にはCOMPASSのプリント、機能訓練としてストロー入れ、押し込み棒、型はめを行い、発声をあいうえおのえほん、お返事練習、手遊び歌などで進めていき、絵本読み聞かせ、数認知ではプリントやおはじきを用いたり、関わりの課題としておままごとなどが設定されましたが、上手くいかないとすぐに諦めムード。
椅子から滑り落ちたり、名前を呼ばれても無表情、気持ちの切り替えに時間がかかって泣いてしまいます。

2.jpg

つまづきがあっても気持ちよく楽しんで学べるように、集中出来るように、興味のある教材を提示したり、指示の理解に繋がる働きかけを促し続けます。
余暇の時間には、他のお友達とのコミュニケーションを深められる様に、また言葉のシャワーを意識して関わっていきました。
S__108863524.jpg

やがて秋の気配が訪れる頃には、集中して課題ができるようになり、着座姿勢も少しずつ長くなってきました。
よく周りを観察するようになり、人の表情や動きを見てどう振る舞うか考えたり、我慢する姿勢が見られるようになってきたそうです。

S__108863529.jpg

そして今では何と45分の着座ができるようになりました。
無表情は消え、目と目を合わせる様になってきました。
座れるようになると変化は早く、しっかり見て、簡単な指示は理解して行動できるようになり、内容がわかると「うん」と頭を下げられるようになり、順番を守れるようにと大きな成長が見られます。

S__108863534.jpg

周りへの感心が増え、コミュニケーションを取ろうとする行動を見せるようになったお友達。
泣くこともなくなり、遊具の貸し借りなどでは「我慢」する姿が見られ始め「我慢出来たね!」と声を掛けるとニッコリしてウンウンと何度も頷くお友達の姿は何と微笑ましいことかと先生たちも目を細めてしまうのだそうです。
S__108863533.jpg

言葉へのアプローチは、ようやく今始まったばかりです。
今後は身辺自立としてまずはトイレトレーニングから始め、目指すは言葉の発達と楽しいコミュニケーション。
623847199.995116_Moment.jpg

待ち遠しい春が来る頃には、口元には笑みだけでなく、可愛らしい声で言葉も聞かせてもらえるようにと願い、更に深く関わり、歩みを続けていきます。

所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

No.1206 COMPASS丸亀NEXT 積み重ねた月日は・・・

No.1206 COMPASS丸亀NEXT 積み重ねた月日は・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜のCOMPASSです。
COMPASS丸亀NEXTにお友達が通い始めて3年と数ヶ月が経ちました。
当時、発語がなく、保護者様は気にかけておられ「言葉が出るように、コミュニケーションが取れるようになって欲しい!」と言葉への願いと「日常生活で自分でできることが増えて欲しい。」と成長への希望も語っておられたそうです。
20636.jpg

利用当初のお友達が口にしたのは「あっち」「こっち」という言葉だけ。
一つの活動から次への切り替えがほとんどできませんでした。
また気が逸れやすく、1つのことに集中して取り組むことも難しかったそうです。

20637.jpg

お友達の当時の個別支援計画は、言葉でのコミュニケーションと周囲の人たちとの関わりが基本的な項目に設定されました。

名称未設定 1.jpg

NEXTは総合的に感覚を結んでいく運動遊びが得意です。
お友達にも飛び石サーキット、平均台、壁タッチ、雑巾ウォーク、数字カード、クマ歩きなどの基本的な運動療育を用意しました。

20634.jpg


暫くの間、COMPASSに着いてから誘っても療育への切り替えが難しかったといいます。
余暇の時間などに、コミュニケーションが上手く取れないときには周りのお友達に手をあげてしまうこともあったのだそうです。
怒りに感情が支配されているときは、向き合ってもなかなか目を合わそうとはしません。

20633.jpg

それでもCOMPASSに来るたび、いけないことはダメだと優しく制止し、頑張ったことには心から称賛し、お友達との一進一退を続けてきました。
何度目かの夏を過ごし、4度目の秋となった今、語彙の獲得も進み、運動も指示通りに動けるようになって来ると、次第に学習でも集中力を発揮できるようになりました。

20628.jpg

自発的な言葉も多くなり、当初はできなかった色一致もしっかりとできるようになってきました。
これまではコミュニケーションが上手く取れないときには手を上げていたお友達ですが、今は嫌なことがあるといやだと言葉で伝えるので十分だと理解ができてきたようです。

20627.jpg

やがてCOMPASSで年齢の近いお友達と自然に関わることが増えてきて、遊びの中でコミュニケーションをとることもできるようになっています。
手強い課題だった切り替えに時間がかかることは、それでも随分改善してきました。
苦手だった片付けですが、自宅でも最後まで片付けをするということまで身に付いているとお母さんは嬉しそうにしておられたそうです。

20630.jpg

「継続は力なり」といいますが、頑張った月日はお友達の味方です。
これからも活動を通じて学習や遊びへの興味や関心を広げ、経験を積み重ねる事で成長、発達を促せるように関わっていきます。

20629.jpg

目指すのはお友達の未来のイメージ。
更に集団の中での生活を通してルールやマナーを身につけ、他者とのコミュニケーションが取れるよう弛まぬ支援を続けていきます。

所在地:〒763-0082 香川県丸亀市土器町東5丁目220
T E L :0877-35-7218

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

No.1205 COMPASS下関 雨と風と紙芝居

No.1205 COMPASS下関 雨と風と紙芝居

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
今年10月に入って発生した4番目の台風17号(ソウデル)は進路を西に取り、今回は日本への大きな影響はなさそうです。
3611044_s.jpg

しかし、異常気象だと言われ続けてかなり経ち、まとまった激しい雨や風にひとたび見舞われたら、その被害は甚大となります。
いつ何時襲ってくるかわからない災害に対して、COMPASSでは警戒を怠らず、子ども達の命を守るため訓練を欠かしません。

25909.jpg

今回、COMPASS下関でも風水害を想定した避難訓練が行われました。
COMPASS下関の位置は、綾羅木駅そばで平地にあたり、近くには綾羅木川の支流が流れています。
今回は大雨が降り、浸水するかもしれないという風水害被害を想定して、屋上までの避難を行うという想定です。
25910.jpg

お友達11人と共に行われた今回の訓練。
初めに避難訓練についてのお話を紙芝居を使い、お友達皆が関心を持ち、知識を高められるように、問い掛けながら読み聞かせます。
コロナ禍での訓練、紙芝居でも密を避け、児童と放デイそれぞれ部屋を分けて紙芝居のお話を聞きました。
これから行う訓練について、大雨で浸水が始まり、事業所の屋上まで皆で一緒に階段を上って避難するという流れも伝えました。

25912.jpg

また、コロナ禍での訓練ですので、私語や大きな声を出したりせず、先生の指示に従って屋上まで避難します。
訓練中はマスクを外さず、避難訓練が終わり、室内に戻った際は手洗い、アルコール消毒を行うことを約束しました。

25914.jpg

どのお友達もしっかり約束を守り、小さなお友達は先生と手を繋ぎ、小学生は自分で階段を上がって素早く避難する事ができました。
25911.jpg

想像していた以上に大成功に終わった避難訓練。
成功の要因は紙芝居を見てからの避難だったので、落ち着いて避難することができたと思われること。
今回の紙芝居は聞くだけでなく、正しい行動を考えていく問題も盛り込まれているので、お友達にも見通しができたことが良かったのではないかと思います。
どの子も他のお友達を押したり、駆け上がったりすることもありませんでした。
避難する際の靴を履く場面でも、比較的に素早く履いて出ることができました。

25913.jpg

来月にもまた避難訓練が予定されています。
色々な災害への訓練を何度も経験することで皆で命を守ることを常に意識しながらも、幸い何も起こらない毎日に感謝できることが何よりです。
何も起こらない毎日を守るため、お友達の命を守る行動を迅速に確実に行うために取り組みは続きます。

所在地:〒751-0849
    山口県下関市綾羅木本町2丁目2−1
連絡先:083-227-4328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

No.1204 COMPASS吉富 心に話しかけて

No.1204 COMPASS吉富 心に話しかけて

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
春、COMPASS吉富に小学校に入学したてのお友達がやってきました。
お友達は、着座して学習をするCOMPASSのスタイルも当然意に沿わないと、取り組む気配も見せません。
カッとなってモノを投げ、トイレに行きたいと伝えてくれず、順番やルールを守ることもできませんでした。

IMG_1089.jpg

保護者様も気がかりなご様子で、円滑なコミュニケーションや貸し借りができるように、落ち着いて学校生活を送って欲しいと願われていました。
個別支援計画には、自ら尿意を伝えることや、順番を守り、ルールを守れること、そして「貸して」「頂戴」という流れなどがあげられました。

IMG_1074.jpg

自由奔放なお友達、座っての学習に誘っても、着座しようとせずオモチャにまっしぐら。
何とか座って療育を始めようとしても、教材を投げるなど激しい態度で拒否。
コロナ禍で、マスクをつけるように言っても、マスクを嫌がり絶対に着けようとしません。

IMG_1120.jpg

先生とお友達の根比べがここでも始まりました。
お友達に用意した絵カード、運筆、名前なぞり書き、ボタン留め外しなど、どれも成長を助ける大切な課題です。
IMG_1098.jpg

投げられては拾い、離席しては戻し、何度反抗されても声を荒げず毅然とした態度で、尚且つ優しい言葉でお友達に、お友達の心に話しかける先生です。
やがて季節は巡り、暑い夏がやってきた頃、ようやくスムーズに着座が出来るようになったのだそうです。

IMG_1064.jpg

プリントができたら褒め、スナップを留められたら手を叩いて一緒に喜び、モノを投げられた時は悲しい表情で見つめる日々。
やがてお友達は、褒められることに喜びを感じ、反抗的な態度の下に潜んでいた素直な顔を覗かせるようになり、指示に従い、取り組むようになっていきました。
その頃からの変化は見違えるほど。

IMG_1065.jpg

食事の前やお集りの際に、待つ事が出来るようになり、オモチャを使う際などの指示をしっかり耳を傾けて頷く姿が見られるようになりました。
たまに許可を求めず勝手に物をとったり、指示にも「いやいや!」と嫌がることもありますが、「貸して!」と両掌を差し出す仕草が上手になり、衝動的な感情を抑えて従おうとする様子が見て取れます。

IMG_1073.jpg

以前であれば課題をとゆうで放り投げてしまうような場面も、今では途中で投げ出すことはありません。
できないなら別のモノをやるか尋ねてみると、諦めないで最後までやるんだと頑張っています。
これまで手こずっていた文字書きですが、自分の名前のなぞり書きはとても上手になっているそうです。

IMG_1100.jpg

この成長の変化はご自宅でも見られ、自分からパジャマのボタンを留めようと挑戦したり、COMPASSで覚えて出来るようになったことを家でも披露しているのだそうです。

IMG_1104.jpg
今後はもう一歩先までお友達の可能性や成長を引き出して行きたいと願い、学習面ではひらがなやカタカナなど文字の読み書きがさらに上手くなって行くように導き、集団活動でルールやその場の指示を受け入れて行動することをもっと磨いていきたいと思います。
この笑顔がもっともっと輝くものとなるよう、心に語りかける支援は続きます。

所在地:〒871-0811
    福岡県築上郡吉富町広津550-1
連絡先:0979-23-0817
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

No.1203 COMPASS高松.Jr 挑戦する気持ちへ

No.1203 COMPASS高松.Jr 挑戦する気持ちへ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松.Jrでも来春の就学に向けた準備を目指して4月から通い始めたお友達。
保護者様は「癇癪がなくなってほしい。」と気がかりの解消と「 無理をせずに楽しく過ごせるようになって欲しい。」と願っておられました。


IMG_20201016_141550.jpg

最初は、COMPASSが嫌で泣き出し「さあ、お勉強しましょうか。」とニッコリ笑顔で声掛けをしてみても断固拒否。
どうやら「できないこと」は「やらない。やりたくない。」と拒否を決めているようです。
今回の個別支援計画は「小学校入学に向けての準備。 」「お友達と楽しく遊べて、コミュニケーションができること。」「気持ちのコントロールができるようになること。」という3つの目標が設定されました。

IMG_20201014_140108.jpg

お友達は、自分ができないと思うと挑戦しようとしませんでした。
もしもできなかったらどうしよう、恥ずかしい、悲しい、辛いと失敗を想像して立ちすくむようなのです。
そこで先生は、まずはお友達が楽しい!!と思える課題・・・折り紙や制作を一緒にやることで自信をつけてもらおうと企画します。

IMG_20201014_135136.jpg

なかなか学習に入れないでいるお友達に、それでも優しく促しを続けて着座に導き、負荷がかからないようにと気遣いながらも、ブレない姿勢でお友達と根比べです。
それでも1つこなしては笑顔になるように、もう1つ進んでは達成感が味わえるようにと、きめ細やかに配慮を行いました。
IMG_20201014_135036.jpg

ひらがな書き、みつば日記、ひらがなのうた(音読)、制作、カタカナをひらがなでマッチング、おはじきと数字カード・・・数え切れないほど何度もひらがなを読み、書き、少しずつ前へ前へと成長を目指し、半年が過ぎました。
IMG_20201014_141032.jpg

あの頃泣いて泣いて、COMPASSに来たくない、お勉強なんてやりたくないと抵抗していたお友達ですが、COMPASSに着くと、「今日、誰先生とやるの?」と、キラキラの瞳を向け、学習への意欲が伺えます。

IMG_20201014_135042.jpg

ひらがなも上手に読めるようになり、ひらがな表やカタカナ表を見て分からない文字があっても、ちゃんと先生に尋ね、積極的に勉強に取り組む姿勢ができています。

IMG_20201014_140900.jpg

頑張って挑戦し「できた!」の喜びを得て、その経験を積み重ねて自信につながったお友達。
少しずつ気持ちがコントロールできるようになり、自宅でも癇癪も起こすことなく過ごせているそうです。

IMG_20201014_140756.jpg

保護者様からも「次のCOMPASSはいつ? 今日は行かないの?」と口にするくらいやる気満々で、COMPASSが大好きになっているようです、と嬉しいご報告がありました。
何よりもご挨拶がしっかりできるようになったことが誇らしく嬉しいと話されています。

IMG_20201016_133431.jpg

まだ課題はありますが、今後は半年後に迫った就学への準備が本格的に始まります。
感情のコントロール、お友達とのコミュニケーションを培い、学習面の向上も目指してお友達との日々は続きます。

所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 U 号棟
連絡先:087-864-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

No.1202 COMPASS川崎 優しく毅然とゆっくりと

No.1202 COMPASS川崎 優しく毅然とゆっくりと

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
1年前の9月、春に小学校への入学を控えたお友達がCOMPASS川崎にやってきました。
保護者様からは「就学を控え、文字や数字等の学習面の他、着座や身の回りのことなどができるか・・・。」と少し心配なご様子だったそうです。

S__5586962.jpg

見慣れないCOMPASSという場所では、不安でいっぱいの様子を見せるお友達。
また、咄嗟の動きや先生が誘ったり声をかけても、あまり反応が見られなかったといいます。
学習で、どこまでできるかな?と確認してみると「ひらがな」読み書きが苦手で、数字は1〜5まで読めるものの自分で数えられる数量は3まででした。
会話では語彙も少なく、動物や野菜などもあまり多くの名前を知らない様子でした。

S__5586960.jpg

個別支援計画に記載さた目標には、3つの目標が設定されました。
@言葉と意味、数の仕組みの理解を深めること
A音読や計算を楽しめるようになること
B身だしなみや持ち物の管理を意識できるようになること

S__5586959.jpg

療育の課題では「あいうえおの絵本」や「ひらがなタペストリー」等を使って先生と楽しくやりとりをしながら文字と親しむ機会を多く作っていきました。
書字は「指なぞり」から始め、書き順に注意しながら取り組みます。
療育に取り組んでいくうちにだんだん楽しくなってきたお友達、自分の名前を表す文字や大好きな物を表す「お気に入り」の文字を見つけ出して、少しずつ「ひらがな」への興味が広がって行きました。

S__5586958.jpg

こうして毎週1回欠かさず通ってきたお友達、少しずつわかること、できることが増えて行きました。
しかし新しい課題への挑戦で、少し難しいと「もうやらない・・・」と諦めてしまう様子も見せていたそうです。
そこで、諦めが苦手意識に繋がらないよう、出来たときにはしっかり褒め、間違いを正すときの伝え方も配慮しながら優しく、厳しく関わって行きました。
苦手な課題、自信が持てない課題では、目の前の課題に目を向けて取り組むという姿勢が見られなくなってしまいます。
これにも優しく毅然とした声かけを続け、意識が課題に集中できるように図っていきました。

S__5586957.jpg

そして今年の春、お友達は小学生になりました。
小学生となったお友達は、思っていた以上にしっかり自分のペースで学習が進んでいて、文字や数字への関心がさらに強くなっています。
今では「ひらがな50音」は、一切間違えずに読み書きができるようになりました。
苦手意識のあった数については、お友達の好むゲーム要素を含んだ課題を取り入れることで数字と数量のマッチングも20までに大きく伸びました。

S__5586961.jpg

今のお友達は「これわかる!」と意欲的にプリントなどにも取り組むようになってきています
不安でたまらない様子を見せていた最初の頃とは打って変わって、すっかり落ち着いて課題とも周りのお友達とも関わる様子を見せています。
様々な場面や、いろんなお友達と触れ合う機会を作り、初めての環境や場面でも以前見られたような落ち着かない様子を見せることはなくなりました。
関わり方一つで苦手意識が「できる!」という自信と意欲へと変換されるのだと、お友達を通して先生たちも学びが大きいと感じられたといいます。

S__5586956.jpg

あれから1年、お友達のペースを大事に、ゆっくりと確実にCOMPASSでの歩みは続いてきました。
お友達の学習に対する意欲は衰えず、学校でもたくさんの刺激を受けて、新しいことを吸収している様子が伺えますと保護者様もおっしゃっていました。
就学してからのお友達の様子に安心されたようで「これからもいろいろ楽しみながらコンパスに通って欲しいです。」と嬉しい言葉も頂いたそうです。
あと少しだけ気にされている「身だしなみや持ち物の整理整頓、忘れ物などが多いこと」については、COMPASSとご家庭で共に良い方向へと導いていきたいと思っています。

S__5586954.jpg

撒いた種がいつの間にか大きな実りになるように、気づくとそこには成長したお友達の笑顔が見られます。
学習では、今後もっと語彙を増やし、数の構成や仕組みの理解を進め、学校で学ぶ教科の補講も本格的に進めていきます。
また将来を見据えて、身の回りのこと、身だしなみのこと、自分で見通しを立てて豊かに人生を送れるようにと学びを続けていきます。

所在地:〒210-0848
    川崎市川崎区京町2丁目24-2
連絡先:044-201-1148

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

No.1201 COMPASS諫早 「あいうえお」が楽しくなって・・・

No.1201 COMPASS諫早 「あいうえお」が楽しくなって・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS諫早に3月から通い始めたお友達がいます。
あまり発語がないのでと、お悩みを話された保護者様。
「お友達や先生とお話ができるように。就学に向けて、落ち着いて座っていられるように。」と成長を希望されていました。

1602737470233.jpg

個別支援計画では、日常生活でよく使う言葉のスムーズな発語を促し、就学しても困らないように先生のお話を聞いて行動できるようになること。
そして、トイレに行きたいと発信できできて、一人でトイレができるまでを目標に総合的な発達を目指すことが設定されました。

1602737472968.jpg

お友達は、言葉を全く発しないわけではありません。
ただ限られた語彙、限られたシチュエーションで「いや!」と発したり、「貸・し・て」と先生が話しかけるとき、時々マネをして言える程度だったと言います。
お友達にとって誰かが話す言葉は、自分の世界の外で起きていることのように感じられたのか、受け入れ、自分が言葉を話すに至るまでには時間が必要でした。

1602737467381.jpg

また、じっとしていることが苦手で、着座してもすぐ離席してしまいます。
いきなり立ち上がるお友達を制止しようとすると、大きな声で奇声を発して抵抗が始まります。
好きな音楽のCDを何度も繰り返し流すようせがみ、療育を開始するために音楽を止めると癇癪を起こすこともあったそうです。
1602737464494.jpg

慣れない場所であるCOMPASSで食事やトイレも、お友達の安心できる守備範囲から外れたものだったのか、強い抵抗を示していました。
落ち着かない気持ちで抵抗するお友達と、何とか慣れて成長してもらいたい先生達。

1602737446084.jpg

来る日も来る日も行われる取り組みは、しばらく続きました。
音楽が好きなので「あいうえおの歌」を聞くことから始めてみると、興味をもって取り組むことができました。
そしてそれをきっかけとして「あいうえお表の唱和」「あいうえおの絵本」「絵カード」「シール貼り」「COMPASSのプリント」そして「なぞり書き」など、語彙を知り、理解し、増やし、意味ある会話になるまで未来への取り組みがスタートしました。

1602737439996.jpg

あれから半年がすぎ、COMPASSにも慣れたお友達は素晴らしい成長ぶりを見せています。
「あいうえお表」の唱和は、一人で指差しながら正しく言えるようになっています。
COMPASSの基本である「ご挨拶」も、先生のお手本を上手に真似ができるようになりました。
トイレへもひとりで行くことができるようになりました。
そして、先日の余暇の時間のこと、先生達皆にとって嬉しい驚きの瞬間があったと言います。
何とお友達は自ら「あいうえおの絵本」を持ち出し、着座し、声に出して読む姿を見せてくれたのだそうです。

1602737458637.jpg

目標まで続く成長へのステップ。
もう自分の殻を自分で壊し、自分ひとりだった世界から周りの色々なことに興味と意欲を見せるようになったお友達。
これからはお友達の未来へ、また就学に向けて、さらに語彙数を増やし、書く段階へ、新しい世界へと手を取り合って踏み出します。

所在地:〒854-0041
    長崎県諌早市船越町891ー2
連絡先:0957-56-9328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

No.1200 COMPASS中津Sweet 「できる!」が増えて・・・

No.1200 COMPASS中津Sweet 「できる!」が増えて・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津sweetの年中さんのお友達、通い始めてからちょうど1年が過ぎました。

保護者様は「発語を増やしてほしい。」ということと「お友達と関われるようになって、集団活動にも参加できるようになってほしい。」と希望しておられました。
ご意向を反映した支援計画では、保護者様のご希望に沿った課題のほか、日常生活動作の習得(着座、洗面、排泄、食事)が自分でできるようにという課題や、社会的なルールを学ぶことが盛り込まれました。

IMG_4571.jpg

通い始めの頃のお友達は、COMPASSに通うこと自体に拒否が強かったそうです。
「座りましょうね」と促しても、「お勉強しましょう。」と誘っても、泣くばかりで動かず、着座できません。
「どうしたの?」「何が嫌だった?」と優しく声をかけても、言葉は一切聞かれず、ただ泣き続けます。
トイレへの促しも同様で、素直に立って動こうとせず、なかなか行くことができませんでした。

IMG_4581.jpg

決して無理強いはせず、お友達が観念して座るまで諦めずに促しを続け、素直に座れるようになるまで根気よく待ちました。
できたら褒めてもらえることが嬉しいと感じている様子を確認してから、少しずつ課題を増やしていきました。

IMG_4584.jpg

お友達のために用意した学習課題は「あいうえお表唱和」「ひらがなのうた唱和」「絵カード(食べ物、動物)」「COMPASSのプリントB-1」そしてお箸の練習やみんな集まっての「絵本読み聞かせ」などです。
とは言え、ようやく全面拒否から自分で納得した個別の活動についてだけを受け入れたという感じで、集団活動への参加については消極的。
中でもトイレのトレーニングに一番抵抗があり、なかなか促しに応じてくれない状況は暫く続きました。

IMG_4591.jpg

そして一月が経ち、2ヶ月目、3ヶ月目・・・と月日を重ねていくうちにお友達の姿勢に変化が見られます。
着座できるようになり、積極的な姿勢で課題を行うようになると、発語が格段に増え、自発的な発語の機会が多くなりました。
あれほど嫌がっていたトイレにも進んで行き、排泄の手順を全てこなせるようになりました。
苦手だったお箸使いが上達し、お弁当も上手に食べられるようになりました。
集団活動にも笑顔で参加することができるようになったお友達です。

2.jpg

集団活動に楽しそうに参加する姿を保護者様にご覧頂いたところ「格段の成長を感じます。」と嬉しい言葉を頂いたそうです。
「COMPASSに通う度に言葉数が増え、自分から何かを訴えるように話すようになったことに驚いています。」
そう仰った保護者様は、この成長具合に安堵され、お友達の幼稚園への入園を決断されたそうです。

名称未設定 1.jpg

保護者様にお友達の方から話しかけ、楽しそうに親子で会話をしているのを見たとき、喜びで胸がいっぱいになった先生達。
すっかり活動的になったお友達には次のステージが用意されています。

IMG_4631.jpg

今後は更に語彙数を増やし、お友達が自分の気持ちを言葉でスムーズに伝えられるよう、コミュニケーションスキルを向上させる取り組みが始まります。
また基本的生活習慣の向上と確立を目指し、自分でできる事を増やして行きたいと願い、お友達の更なる成長にしっかりと関わって行きます。

所在地:〒871-0016
    大分県中津市牛神町1-22-11
連絡先:0979-22-3078

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

No.1199 COMPASS大野城 イメージを現実に

No.1199 COMPASS大野城 イメージを現実に

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS大野城に昨年の夏から通い始めたお友達は、年中さんになりました。
保護者様の気がかりは「切り替え」と「気分のムラが著しい」ことでした。

TRB.jpg

小さなお友達はあっという間に大きくなり、小学生にと成長していきます。
そこで、総合的な成長の種を育て、就学準備も視野に入れた個別支援計画では「着座姿勢の維持。語彙数の確保。ルールを守る。切り替えをスムーズに」という課題の克服とともに、言葉で自分の気持ちを伝え、コミュニケーションの円滑を図ることが目標とされました。

TRA.jpg

通い始めの頃、興味を持ちそうな絵本やカードを見せ「お勉強しましょう!」と誘っても、全く座ってくれません。
好きなように勝手に室内を走りまわります。
なんとか学習にこぎつけても着座姿勢を崩して「イヤイヤ」が続きます。
集団活動にも目もくれず、全く参加できませんでした。

TRC.jpg

先生がどんなに誘っても大抵は「NO』のサインを出すお友達。
遊びと学びの切り替えを受け入れず、泣き出し、一度泣き出すと、泣き止むまでに時間がかかります。
トイレトレーニングも覚えてほしくて誘ってはみますが、都度行かないと態度で示し、応じてくれません。

TRF.jpg

お友達との駆け引きにも似たこんな攻防は、どの児童にもどこのCOMPASSにおいても見かけます。
素直に聞き入れてくれないこと、勝手に動き回ること、泣いたり大声を出して抵抗することはよく見られる光景だとも言えます。
この状態からどのくらい愛情や熱意で取り組み、工夫して、心から受け入れて称賛できるか、毅然とした態度を崩さないか・・・が正念場。

TRE.jpg

お友達の場合も、どんな抵抗にも怯まず、譲らない姿勢でありながら優しく声をかけ、1つでも何かできたら心から褒め、「できた!」の喜びを積み上げていくことで自信がつき、次第に積極性を見せ、意欲にも繋がっていくはずです。

TRD.jpg

あれから1年が過ぎ、イメージしていた未来のお友達の姿が現実となった様子をご覧いただけます。
お友達は着座して学習に取り組むことができるようになりました。
パンツを試し始めた頃からは、自分で「トイレ!」と口にして、トイレにいくことができるようになりました。
走り回ることもなくなり、お約束を守れるようになり、切り替えの時間もスムーズになってきました。
そして笑顔で他のお友達と楽しく遊んでいる姿には、こちらも笑みを誘われます。

TRG.jpg

保護者様からも「家で良くお話してくれるようになりました!」と嬉しい報告をいただいたそうです。
COMPASSでも頑張って伝えようとする姿勢を見守る先生も思わず心の中で「頑張って!」と応援したくなるのだそうです。
その姿に、語彙を増やし会話のコツを掴み、気持ちを相手に伝えられるようになって欲しいと願う先生達です。
残り1年と少しとなった就学までのカウントダウン。
そのイメージにたどり着くまで、ブレない姿勢で「お友達の成長」ただ1点だけを目指し、これからも一丸となって関わっていきます。

所在地:〒816-0982
    福岡県大野城市畑ヶ坂1-10-22
連絡先:092-586-7328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

No.1198 COMPASS松山 「真似る」は「学ぶ」第一歩

No.1198 COMPASS松山 「真似る」は「学ぶ」第一歩

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS松山に通い始めて4ヶ月目のお友達、2歳です。
保護者様は「発語が少ないので、喋れるようになって欲しい。」と語られていました。
言葉で想いを伝え、会話でのコミュニケーションが円滑になれるよう願っておられたので、個別支援計画は、発語を促し、会話力を育てるための療育と「数の練習、色の認識、集団活動、創作活動、トイレトレーニング、手の巧緻性」などを盛り込み、総合的に成長を促すように計画されました。

IMG_20201003_110158.jpg

通い始めの頃、まだ幼いお友達はCOMPASSに来ても保護者様と離れ難く、不安と寂しさで胸が一杯なのか、涙が止まりません。
言葉の理解が未熟で、周りのお友達とも交わることができず、余暇の時間はひとりで過ごしていたそうです。
療育の一環として歯磨きを指導しているのですが、口を開けず、とても嫌がってやろうとしなかったそうです。

IMG_20201003_105142.jpg

さて、お友達のために用意した課題や教材は「あいうえおの絵本」「絵カード」「お箸の練習」「シール貼り」「紐通し」「色カード」などです。
学習は、「着座」姿勢を維持できるようになると集中できるようになり、その上で理解や定着が進んでいきます。
学習に誘ってみてもお友達は拒否の態度を表し、泣いて怒り、ひっくり返って始末に負えない状態です。

IMG_20201003_104650.jpg

毎週土曜日にやってくるお友達。
時間はだいぶかかりましたが、COMPASSに来ても泣かないようになっていきます。
あれだけ嫌がっていた学習も着座するようになり、少しずつ興味を示すようになっていきました。
カードや絵本を繰り返していくうち、次第に真似することができるようになり、語彙も増えていきました。
シール貼りの課題では「ここ?」と聞いたり、ままごとでは「はい、どうぞ」と言いながら手渡すなど、簡単な言葉や動作を真似る様子がみられるようになっていきました。

IMG_20201003_102734.jpg

歯磨きでは、お世辞にも積極的にとは言えませんが、嫌がりながらも先生に仕上げみがきをさせてくれるようになったといいます。
余暇の時間の過ごし方も変化が見られ、次第に周りの様子が気になってきたようで、先生を仲立ちに他のお友達と遊ぼうとする様子が見られるようになってきました。

IMG_20201003_102839.jpg

COMPASSでも簡単な会話のやりとりができるようになってきた頃、保護者様からは先日園にお迎えに行ったとき「ママきたー!!」と言ってくれたことがとても嬉しかったとうかがいました。
ご家庭でも成長が見られ、動画を見ながら動作や簡単なセリフも真似することができるようになってきたのだそうです。
真似て、言葉を口にすることができるということは、しっかり学んでいるということです。

IMG_20200815_101600.jpg

まだまだ言葉についての学びは入り口にたどり着いたくらいですが、これからもっと語彙を獲得していき、言いたいこと、考えていることを伝えられるように、次に相手の気持ちを理解して対応できるようにと会話のステップを上がっていければと願っています。
最近少しずつ「できた!」という達成感から自信のカケラが芽生え始めているお友達。
生活習慣へのアプローチも継続し、できることを増やし自信を育てて、もっと大きな成長へと繋げていきます。

所在地:〒791-8034
           愛媛県松山市富久町300-2
連絡先:089-989-8138

(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

No.1197 COMPASS本部教室 変わらぬ想い

No.1197 COMPASS本部教室 変わらぬ想い

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS本部教室に保護者様がご出産される里帰りの数ヶ月だけのお友達をご紹介します。
短期間ではありますが、保護者様は「お友達と共有する時間を楽しんで欲しい。集団生活の中で年齢に応じた行動力や理解が出来るようになって欲しい。」と優しい想いを話されていました。

IMG_2253.jpg

気がかりなことは「言葉の遅れ」だとのことで、できるだけ濃密に有意義に過ごせるようにと「友達と共有する時間を楽しむこと。語彙数を増やし、数量3までの把握ができるように。」を目指した個別支援計画が設定されました。

IMG_2249.jpg

利用当初は、お迎えに行くと逃げ回り、車に乗っても大泣きだったお友達。
COMPASSに到着してからは、色々なものに興味津々で、クルクルと瞳を動かし目移りするようでソワソワ落ち着きません。

名称未設定 1.jpg

本部教室では「ラジオ体操」が行われていますが、動きを真似るのが難しいようで、落ち着かなく辺りをソワソワ、ウロウロ。
着座も落ち着かない様子だったので、療育机に切り替えてみました。
すると「静かタイム」や「絵本の時間」「50音唱和」「ひらがなのうたの唱和」そして学習は、着座して参加できるようになっていきました。

IMG_2356.jpg

言葉の習得にはまずたくさんの言葉に触れ、次に言葉と表す状態やモノなどの意味の一致が進み、それから動作やモノが伴わなくても言葉だけでわかるようになって、初めて自分で使える段階に入ります。
お友達との言葉の学びは、日常会話の中で玩具を手渡すシチュエーションなどでパターン化した言葉を交わし、スムーズに言葉が出るように発語を促していきました。
また、数の認識を向上させていこうと、おはじきや色棒を先生と一緒に数えながら学びます。

IMG_2352 (1).jpg

お友達は飛躍的な伸びを見せました。
特に「50音表」や「ひらがなのうた」は順番を覚えて、皆と一緒に堂々と唱和できるようになりました。
「こんにちは」「さようなら」「いただきます」「ごちそうさま」などの挨拶は、場面に応じてきちんとできるように。
IMG_2348 (1).jpg

最初の月こそ療育机で学習していましたが、直近では友達と一緒に机に座って20分間程度の学習ができています。
切り替えや先を見通す力も育っているようで、自由遊びから静かタイムに入る時、自分から着席したり、帰りの絵本の読み聞かせでは、リュックを持って着席する姿も見せるようになりました。

IMG_2355.jpg

学習が終わった後の余暇の時間ではミニカーや電車で一人遊びで過ごしていたお友達ですが、次第に周りのお友達と自然な交流が始まり、玩具やボール遊びを通して友達同士の関わりが持てるようになっていきました。
送迎車では大泣きだったお友達は、お迎えのときに先生に抱きついてご挨拶、いそいそと乗車する姿を見せるようになりました。

IMG_2351 (1).jpg

特別な時間を過ごしたCOMPASSの数ヶ月、お友達の成長は「飛躍的」そのものです。
保護者様は、里帰りを終えて保育園にまた通い始めたときの先生の驚きを楽しみにしておられるのだそうです。

IMG_2300.jpg

秋になり、小さな家族が一人増えたお友達の家庭は先日お住まいのある千葉県に戻っていかれました。
振り返ればあっという間の3ヶ月。
今後COMPASSで会うことはありませんが、今でも時折お電話やお手紙での交流は続いています。
これからも変わらぬ想いで、どこにいてもお友達の未来が輝くものであるように願って止みません。

所在地:〒800-0251
    北九州市小倉南区葛原1-2-35
連絡先:093-475-0449 
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

No.1196 COMPASS高知 いつか大人になる君に

No.1196 COMPASS高知 いつか大人になる君に

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
昨年の初夏、小学校2年生の女の子はCOMPASS高知にやってきました。
まだあどけなさの残る笑顔・・・でも、いつか少女も大人になっていきます。
保護者様は今を慈しみ、未来を見つめて「大人になったとき、娘が困ることのないように。」と身辺自立や学校でも楽しく過ごせるようにと、学習面やコミュニケーションの向上を願われていました。

21891.jpg

保護者様のご意向を踏まえ、お友達の支援計画では、言葉のシャワーをたくさん浴びてもらい、発声練習の他、語彙数獲得のために「絵本」や「絵カード」を計画に盛り込みます。
そして、読み書きの力を向上させるべく、文字のなぞり、数の表を用いて数認識と感覚を磨きます。
また、様々な年代のお友だちとの関わりを経験することで、協調性を学び、良い刺激を受けて、間合いや距離感が身に付くように支援を行っていこうというものが設定されました。

21890.jpg

当初新しいCOMPASSの環境にすぐに溶け込めず、ソワソワした様子を見せてたお友達。
いつも口もとを気にしていて、ついつい口元に手を持っていくことが手遊びになり、度々集中にかける場面もありました。
一方、着座にも学習にも抵抗はなく「ひらがな」への興味を示し、楽しそうに復唱もできていたそうです。
ただお勉強と遊びの切り替えは手こずる場面もあり、落ち着きなく集中できない場面も見られたといいます。
手持ちぶさたになるとすぐ手が口もとに延びるので、口もとに意識が向かないような課題選びを工夫しながら学習は進んでいきました。


21886.jpg

やがて、笑顔でCOMPASSに入ってこれるようになった頃、「ただいま〜」とお友達の挨拶が聞こえるようになってきました。
「ひらがな」への興味が高くご自宅でも「あひるのあ」などの絵本を好んで読んでいて、学習においても習得も早いお友達です。
21887.jpg

実は、始めの頃はオムツで過ごしていたお友達。
最近はトレーニングを行っていた頃の習慣なのか、先生を「一緒に行こ!」と誘うものの、実際は一人でトイレに行き、全て自分で済ませられるようになっているそうです。
色々な言葉に触れ、復唱して確かめ、使ってみて、少しずつ自分の道具として語彙が定着していきます。
何よりお友達が楽しんで言葉を学べていることが成長につながっているようです。

21889.jpg

とはいえ発語の際、母音ごとの発声に必要な口の形を取れないこと、また舌を巻き込む発声に少し難しさは残します。
今後は、明瞭な言葉を発するために、さらに口腔体操など口輪筋の強化も行っていく予定です。
同時に文字を書くことを安定させるために、指先の力・握力の強化のためハサミやドミノなどの細かい課題も取り入れ、鉛筆の握り、筆圧強化に繋げて行きます。

21888.jpg

この笑顔のために今よりも少し未来へ、将来へと、できることを少しずつ広げ、高め、やがて大人になるお友達の糧となるように、お友達とCOMPASSは歩みを進めていきます。

所在地:〒781-8104
    高知県高知市高須1丁目16-24
連絡先:088-802-5328

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

No.1195 COMPASS熊本東 かっこいい小学生へ

No.1195 COMPASS熊本東 かっこいい小学生へ

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS熊本東のお友達は現在年長さん、通い始めてちょうど1年あまりが過ぎました。

image7.jpg

保護者様は、「正しい言葉を覚えて、語彙数を増やし、自分の想いを伝えられるようになってほしい。」と希望しておられました。
また、幼稚園の活動などで離席せず、落ち着いて行動できるようになって欲しいとも願っておられました。
春には小学生になるお友達、身の回りの事も自分でできるようになって欲しいと願っておられました。

image11.jpg

保護者様の気にしておられた言葉ですが、なるほど発音が不明瞭な部分があるようです。
例えば「さ行」が「しゃ行・ちゃ行」と聞こえて耳障りが確かに気にはなります。
また、言葉だけではなく会話のやり取りも、話す時に話がまとまらないのか、「あのね、えっとね・・・」とたどたどしさを残します。

image13.jpg

そこで計画された支援計画には「語彙数を増やして正しい言葉を人に伝えられるようになる。」ことが軸に設定されました。
日常生活の指導としては、「お箸づかい」「排泄時の処理」ができるようにプログラムを構築し、また集団活動への参加を楽しめるよう促すことも盛り込まれました。
かっこいい「デキる1年生」を目指して、お友達のCOMPASSライフがスタートします。
ブログでもお馴染みの「絵カード」「パズル」「あいうえお唱和」「洗濯ばさみで微細運動」「補助箸」「自己紹介の練習」「集団活動」「口腔体操」そしてCOMPASSのプリントなど、盛り沢山の教材・課題をお友達と頑張って行くことになりました。

image9.jpg
始めの頃は周りにたくさんいるお友達や慣れないCOMPASSの空間が気になるようで、長時間の姿勢保持が難しいお友達。
それは学習においても見られ、課題は頑張る姿勢を見せていても、周りが気になり始めると集中がプッツリと途切れます。
やりたくないなあという自分のペースに持っていこうとするお友達を優しく嗜める先生。
先生もお友達も一緒に座り直して、学習も仕切り直しです。
最後まで頑張ること、諦めないことを学んでもらいたいと先生は励ましの言葉を欠かさず、少し進んでは褒め、1つ完成したら褒めちぎり「できた!」という喜びを一緒に味わいます。

image8.jpg

その取り組みは日毎、月毎、そして学習のみならずトイレのトレーニングも、語彙の獲得も、発音の矯正も全てにおいて行われていきます。
やがてその繰り返す学びは着実にお友達を変えていき、身近なCOMPASSで会うお友達の名前を覚えたり、話題が増え、自分から話しかけたり、一緒に遊んだりと、話したいことが溢れてくるかのようです。

明らかな成長はご家庭でも見られたそうです。
連絡帳を通してですが、お家でもよく話すようになったと保護者様からのメッセージをいただきました。

image10.jpg

あのお尻をすぐ上げて、ソワソワ周りを気にしていたお友達は、今まっすぐに就学へ向けて頑張っています。
お友達と二人三脚で目指すのは、そう、かっこいい小学生になること。
今後は発音矯正に重きを置き、みんなの前で自己紹介したり、堂々と発言できるよう機会を増やし、導いていきます。

所在地:〒862-0970
    熊本市東区渡鹿8丁目922
連絡先:096-321-6788

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

No.1194 COMPASS中津 その一言に涙ぐんだのは・・・

No.1194 COMPASS中津 その一言に涙ぐんだのは・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS中津のお友達が通い始めて1年4ヶ月
お友達は母国語が日本語ではない保護者様と二人きりのご家庭で育ちました。
実は保護者様も日本語があまり得意ではなく、お友達にとっては日本語を学ぶ機会が少ない環境だったと言えます。

KIMG0956.jpg

当初は、日本語も、保護者様の国の言葉もどちらもあまり理解が進んでいない状況でした。
翌年には小学生になる我が子に「日本語を覚えてほしい。学校で困らないように、ひらがなの読み書きができるようになってほしい。」という言葉の習得への想いと「お友達と仲良く活動できるようになってほしい。」と強く願われていました。
というのも、誰かと遊んでいても想いが伝えられず、苛立ちから乱暴な振る舞いになり、トラブルが多かったそうです。

KIMG0952.jpg

保護者様の想いが叶うよう、心配が少しでも軽減されるようにと願い、お友達の個別支援計画が立てられます。
それは「自分の気持ちを言葉で相手に伝えられるようになりましょう。」
「小学校生活で最低限守るべきルールやマナーを学び、学校生活を楽しく過ごしましょう。」という大切な2項目のプランです。
小学校に上がるまでの数ヶ月、これは今後のお友達の人生を大きく左右する大切な時期だと受け止めて、お友達のCOMPASSがスタートしました。

KIMG0975.jpg

当初のお友達は、指示がまったく入らず、着座もできませんでした。
思い通りにならないと、大声を出して暴れ、側にいる人に体当たりをしたり・・・
自分がここにいるよと存在を伝えたいからなのか、寂しいことに、周りのお友達にちょっかいを出し、その子が泣いたり怒ったりするのを見て楽しそうにしていたのだそうです。
先生達は、もう何度お友達に「それはダメですよ!」と言ったかわからないくらい、何度も何度もやってはいけないことを教えたそうです。

KIMG0973.jpg
悪いことをして注意を引いて自分に注目して欲しいのか、お友達の行動は走り回る、机に登るなど、とにかく大胆でした。
イヤだとか、これが欲しいと伝えたいときには、大声で叫ぶ、癇癪を回す、先生を叩いて訴える・・・そして是が非でも自分の要求を通そうとしつこく訴えます
ですが、先生は暴力的な訴えには無視するという態度を通して、お友達がどんな振る舞いを見せようと全く相手にしませんでした。
一方、素直に机に向かったり、片付けたりなど善い行いには手放しで褒めて笑顔を向けます。
こうして、言葉のシャワーと同じくらい丁寧に時間をかけて「やっていいこと・悪いこと」がお友達にはっきり身をもってわかるように学習を重ねていきました。

KIMG0965.jpg

そして・・・春が来て、お友達は小学校へ。
お友達は、来所してから、課題に取りかかるまでの準備もスムーズに行えるようになりました。
学習時間も着座して40〜60分ほど課題に取り組めるようになり、一生懸命考える姿を見せるようになりました。
少しずつ発語がみられるようになり、自分から「ありがとう」や「ごめんなさい」と場面にあった言葉を口にできるまでになりました。

KIMG0967.jpg

環境からお友達にとって日本語の習得はとても難しいものだったはずです。
例えば「こ・と・ば・あ・つ・め」(=「あ」がつくことばには何がある?と聞いていくという課題)では、そもそも質問の意味すらわからずに困っていたお友達。
ところが今日、「『ゆ』がつくことばをみつけよう!」という課題で、お友達は『ゆうやけ!』と手をあげてはっきりと答えられたのだそうです!!
これには、先生全員が感動して、殆ど泣きそうだったといいます。
ご家庭でも大きな変化が訪れているようで「家でもとても落ち着いて過ごせるようになって、聞き分けもよくなりました。」と保護者様からも喜びの声を頂戴したそうです。

3618635_s.jpg

ようやく深く厚い霧から抜け出したかのようにたどり着いたお友達のスタートライン。
これからは自分の困りや気持ちを適切に表現できるように、学校でもCOMPASSでも、誰とでも楽しく話せるように、コミュニケーション能力の向上を目指し、知る喜び、話す喜びでますます笑顔になってくれるよう学びを続けていきます。

所在地:〒879-0123
    大分県中津市大字田尻1164-1
連絡先:0979-64-7108

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

No.1193 COMPASS下関 不審者に対応して

No.1193 COMPASS下関 不審者に対応して

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS下関でも不審の侵入に対する訓練が行われました。
今回の不審者は正面玄関から侵入、療育室に向かい、侵入されてしまうという想定です。

24747.jpg

この日の参加人数は児童7人、放課後6人。
2日目には児童6人、放課後5人で延24人のお友達が参加しました。
コロナ禍での訓練であるため、マスクの着用は当然ですが、訓練に際しては騒がず、速やかに行動することをお友達が守れるように配慮を怠りませんでした。

24746.jpg

お友達が「絵本の読み聞かせ」を楽しんでいるところに突然の不審者!
初日には、いきなりのことに怖くて動けなくなるお友達、そのほかのお友達は先生の指示に従って勝手な行動はせず迅速に別の療育室1へ無事に避難する事ができました。
その間に、別の先生がてきぱきと110番通報を行います。
同時になんとか療育室2までで侵入を食い止めるべく「さすまた」で不審者の制御を試みます。

名称未設定 2.jpg

今回は「さすまた」を使って制御を試みたのですが、実は初日はうまくいかなかったそうです。
さすまたは有効な武器ですが、こちらの力が弱ければ簡単に掴まれて奪い取られてしまう可能性もあります。
そこで2日目は2人がかりで対抗する作戦で対応し、バッチリ不審者の動きを止めることができました。

24738.jpg

固まってしまった児童への対応が遅れてしまいましたが、2日目は同じ状況下でも概ね迅速に避難することができました。
訓練後の反省会は、活発な意見が飛び交いました。

24744.jpg

何より迅速さが安全を確保するために有効だったという意見が多く、また下関でもセンターの訓練と同じく不審者に対応するための「暗号」を使用したのだそうです。
先生にしかわからない「暗号」の活用で、侵入者を興奮させることなく、冷静に、安全に、そして迅速に避難対応を進めることができました。

24742.jpg

今後、近隣の警察と連携を構築しながら、通報や「さすまた」等の訓練実施について、検討を進めていく必要性を感じた先生達。
24749.jpg
必ずお友達の命を守り、安全なCOMPASSでの活動を提供していくために、より完成度の高い対応を目指していきます。

所在地:〒751-0849
    山口県下関市綾羅木本町2丁目2−1
連絡先:083-227-4328
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

No.1192 COMPASS高松 考えてから行動すること

No.1192 COMPASS高松 考えてから行動すること

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS高松に昨年のクリスマスから通うお友達、春から1年生です。
とてもユニークで活発お友達、夜中にお家から飛び出し、ひとりでお店に行ってしまったのか。
お友達、どうやら以前テレビで観た「おつかいをする」番組をカッコいいと思ったらしく「自分もやってみたい!」と飛び出してしまったのです。

IMG_20200912_111637.jpg

活発で行動的なことは素晴らしいのですが、興味を覚えたことにまっすぐ進んでしまう大胆さは時に危険なものです。
保護者様も何かあっては・・・と心配され、COMPASSにご相談がありました。
一方、コミュニケーションについてはほとんど取れない状態でした。
年が明け、春には小学生になるのですが、まだひらがなや数字の読み書が完成されていなかったといいます。

IMG_20200912_111326.jpg

個別支援計画は、まず「小学校入学に向けての準備」(=着座、約束を守る、自分の名前の読み書き)
次に「お友達と仲良く遊ぶこと」(=集団行動に参加、ルールのある遊びを楽しむ)
そして「言葉で気持ちを伝えること」(=50音の発声、会話のやり取りをスムーズに行う)を育てることに集約されました。
IMG_20200912_111616.jpg

うまく言葉を伝えるためには、語彙の獲得やシチュエーションでの会話の習得以前に、連続した音を発生するための口の訓練が必要です。
そこで「口と舌の体操」を取り入れ、ことあるごとに話しかけ、会話を行い、パターンのコミュニケーションを学びます。
数認知を育てるために「数字カード、おはじき、ひらがなのなぞり書き、数字のなぞり書き」が選定されました。

IMG_20200912_112213.jpg

令和2年になり、お友達は小学生になりました。
この頃には着座ができて、自分の名前の読み書きができる、会話のやり取りができるまでになりました。
落ち着いて座れるようになって、初めて目の前の課題にじっくり取り組めるようになります。

IMG_20200912_112620.jpg

そこで始まったのが「シチュエーション・カード」を使った学びです。
カードは様々な場面を設定したカードを見て、自分ならどうするのかを考えて行くというものです。
ある場面では「危険」と書かれているフェンスを登ろうとする男の子と、それを見ている男の子の絵が描かれています。
「危険」と書かれているフェンスは登ってもいいのかな・・・?
お友達はキッパリと「登ったらだめ、ケガをするよ。」と回答。
人が登ろうとしていたらどうするか?と尋ねると「(その人に)『だめ』って言う。」と話してくれました。

IMG_20200912_105902.jpg

その他にも、場面カードや表情カードを使って物事の善悪を考えられるように促しました。
「トイレに行きたい」という場面を見て、「行く前と行った後ではどんな顔になるだろう?」と聞いたりという学習です。
IMG_20200909_160902.jpg

お友達は正しく認知していることには速やかに正解していますが、自分の「やりたい」を優先したり、正しく認知できていないことや、例えば「つらい顔とうれしい顔」を逆に答えてしまうことも、まだ時々あるといいます。
IMG_20200912_105653.jpg

考えて正解だったとき、これまで何度先生から褒めてもらえたことでしょうか?
行動する前に「どうすればいいのか」自分で考ることが習慣となって身についてきたお友達。
きっと「やりたいこと」が頭に浮かんでも、夜中に飛び出すことなどはもうやらないでしょう。

IMG_20200912_110710.jpg

COMPASSは母子分離なので、学習する様子をまだ見たことがなかった保護者様、今回のブログ用に撮影したお友達をご覧になり、文字を書いたり、真剣に考える仕草などを大変喜ばれていました。
また、先生たちも日毎に豊かな表情になり、色々な物に興味を持って、積極的に人と話すことが大好きになってきているお友達の姿がとても嬉しくてたまらないのだそうです。

IMG_20200909_160753.jpg

お友達がCOMPASSに通い始めて2度目のクリスマスが近づいてきています。
お友達の学習は、さらに「ひらがなの読み書き」や「コミュニケーション」を育んでいくのですが、「困った時は周りの大人に助けを求められるようになること」「誰とでも親しく楽しい会話が弾むクリスマス」を目指して頑張っていきます。

所在地:〒761-8071
    香川県高松市伏石町2155番地18 フィット伏石 T 号棟
連絡先:087-864-5823
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

No.1191 COMPASS中讃センター 不審者への対応は・・・

No.1191 COMPASS中讃センター 不審者への対応は・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
中讃地区COMPASS児童発達支援センターでは「不審者侵入」を想定した避難訓練が行われました。
福祉施設への不審者の侵入事例でまず思い出されるのが2016年神奈川の「やまゆり園」での殺傷事件でしょう。
これより遡りますが、2005年には大阪府寝屋川市の市立中央小学校の殺傷事件、2019年の登校中の児童を襲った川崎市登戸通り魔事件も記憶に新しいところです。
いつ何時、どんな悪意を持った人物が魔の手を差し伸べてくるかもしれません。

12693153007521.jpg

中讃センターには、いつも多くの児童が通っています。
児童の安全のためには「もしもこうなったら」という最悪の想定で、考えうる最高の備えが必要です。
今回は、入口から不審者が入ったと想定して行われました。
まず男性職員が入ろうとする不審者に声をかけ、身分や目的を聞くことから対応が始まります。

1.jpg

通常、中讃センターを訪問するのは、保護者様か配送業者のような、いわば顔見知りの方々です。
失礼ながら、それ以外の新しい顔には疑いを持って対応することが必要です。
通常の対応は施設外で行われ、施設内に見知らぬ人を入れることはまずありません。

12693152912449.jpg

センターの入り口は二重のドアになっています。
今回の不審者は、隙間の瞬間に外のドアを開けて入り込みました。
中扉の前には男性職員が待機しており、訪問目的などを尋ね、不審者であるかどうか判断します。

2.jpg

この時、男性職員が予め定めた合言葉を用いて他の職員に危険人物の可能性を知らせます。
同時に別の先生が110番通報。
この「合言葉」は相手を刺激しないことと、子ども達が怖い思いをしないで済むようにする大事な目的があります。
12693152912449.jpg

合言葉で危険を察した他の職員は、すぐさま子ども達を誘導。
今回参加した5名のお友達は、おそらく訳もわからないまま普段通りの様子で速やかに一番奥の会議室まで避難完了。
実は中讃センターの奥には複数の個室があり、さらに正面入口とは別の裏口もあるため、場合によってはこのルートで施設外への脱出も可能です。

12693152851311.jpg

一方、避難が進行している頃、玄関先では、無理やり入室しようとした不審者と数名の職員が残されました。
相手を刺激しないよう距離を保ちながら、安全が担保できる範囲内で侵入を防ぐよう頑張っています。
統計では、通報から警察が到着するまでのレスポンスは7分とされています。
おそらく通常はこの辺りで警察官の到着となるでしょう。

12693152883725.jpg

訓練終了後、不審者対応の訓練を振り返り「合言葉」がやはりポイントだったと再確認したといいます。
また、大人数だったら?相手が複数だったら?などなどの様々なケースを考えなければならないという意見もあり、今後の課題として検討していきます。
悪意は、足音を立てず、気がつくとすぐ後ろに潜んでいるかもしれません。
未然に防ぐためには、まずはしっかりと保護者様とも連携を取り、普段と違う人がお迎えに来るときには事前に連絡をもらうように徹底し、通す前には身分のダブルチェックなどの対応を行い、命を守るための取り組みを完成させて行きたいと思います。

所在地:〒763-0082
    香川県丸亀市土器町東4丁目780
連絡先:0877-24-5328

(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

No.1190 COMPASS武蔵新城DASH 書く楽しさ、できる喜び・・・

No.1190 COMPASS武蔵新城DASH 書く楽しさ、できる喜び・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

水曜日のCOMPASSです。
COMPASS武蔵新城DASHに通い始めて1年半のお友達がいます。
それは、もうすぐ小学生になるという寒い時期でした。
初めてのCOMPASSの療育で、お友達は集中力が発揮できず、落ち着かない様子であたりを見回していたそうです。
38066.jpg

保護者様の気がかりな点は「上手く行かないとすぐに諦めてしまったり、涙ぐみ立ち直れず、中々次に切り替えができない。」というものでした。
皆と仲良く、楽しく小学校生活を過ごせるように、身だしなみ(シャツをズボンにいれる、服の前後ろ等)への促しも課題として考えます。
個別支援計画には、見通しを持って行動出来るようになることや、わからないことがあったり、困ったとき、言葉で伝えられるよう語彙を増やし、読み書きの定着も目指すことが設定されました。

38068.jpg

早速COMPASSでは、就学に向けてひらがなの運筆等を始めてみます。
ところが、鉛筆をしっかり持てず、字がうまく書けずに涙ぐむお友達。
しっかり目を見て語りかける先生ですが、その内容をお友達は把握していないことが多かったと言います。
日常生活ではズボンを前後ろ反対に履く、シャツを入れられないでそのままにすることや、どうやら指先の微細な動きが苦手だということもわかってきました。

38069.jpg

まずは着座して学ぶ姿勢を保ち、鉛筆を持ってコントロールできるように機能訓練(お箸等、指先を使うもの)で微細運動をトレーニング。
言語獲得のために「あいうえの絵本」の発声と指なぞり、COMPASSのプリントB1からスタートしました。
課題ができないときや辛いと凹んでしまうお友達、そんなときには優しく励ます声がけを続け、沈む気持ちが明るくなるように促します。
今日はここまで頑張ろう!と見通しを持たせる声かけも繰り返し行っていきました。

38064.jpg

やがて次第にCOMPASSで学ぶことを少しずつ染み込むように受け入れ始めるお友達。
繰り返す微細運動訓練でしっかりと鉛筆をコントロールする力がついてきたお友達。
あんなに苦手だった文字を書くことに抵抗がなくなり、何かで上手くいかなかったり、難しいと感じていても前向きに捉えられるようになり、気持ちの浮き沈みは見られなくなり、落ち着いて自分の課題を見つめられるようになりました。
身だしなみもバッチリとカッコよくなってきています。

38065.jpg

最近は、お家でも文字を読んだり書いたり意欲的に取り組んでいるのだと保護者様から伺いました。
2年生になり、漢字を書く事も増えてきましたが、嫌がる様子はありません。
お手本に向き合い、漢字練習を頑張っているのだそうです。
COMPASSでも余暇の時間には、進んで絵やお手紙などを書く様子も見せています。

38070.jpg

会話の上達を目指して、今後は更に語彙の獲得に力を入れていきます。
音読ではブツブツと切って発声してしまうことも、文節読みをトレーニングしていきます。
活き活きと学校生活を送れるよう、今この時の先に繋がるレールではなく、もっともっと大きく広がり、伸び続ける可能性を目指して、お友達とタッグを組んだ取り組みを進めていきます。

所在地:〒211-0044
    神奈川県川崎市中原区新城2丁目5番9号2階
連絡先:044-948-7328
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

No.1189 COMPASS佐賀中央 風水害を想定して・・・

No.1189 COMPASS佐賀中央 風水害を想定して・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS佐賀中央でも風水害を想定した訓練が行われました。
山が多い日本には珍しく平野が広がる地形の佐賀平野。

2946928_s.jpg

2019年8月の豪雨では、想像をはるかに超えた雨量により、河川やクリークなどの水位が急激に上昇。
平野には水があふれ、3人が死亡、住宅等の被害は6000棟を超え田畑も浸水し大変な被害をもたらしました。

水害避難訓練3.jpg

ハザードマップ によると、COMPASS佐賀中央の位置は裏手に用水路があるものの、浸水を示す色が付いておらず、ひとまず安全なエリアであるといえますし、建物は2階建のため、垂直避難も可能です。
また、避難場所に指定されている公民館も近くではありますが、歩いて5分でCOMPASSの講演会でもお世話になった文化会館などの施設も点在し、外階段で2階に上がれるので更に安全を担保できます。

水害避難訓練4.jpg

今回は避難開始の合図をお友達に伝えるところからスタート。
避難することを声掛けし、慌てず、騒がず2階に垂直避難するよう指示を出します。
速やかに2階へかけ上がり、人数確認・状況確認を行うという設定です。

水害避難訓練5.jpg

コロナ禍の訓練。
三密を避けるため「距離を取ること。大きい声を出さないこと。落ち着いて避難すること。」を事前にしっかり約束して訓練を行います。

水害避難訓練1.jpg

さて、訓練がスタートしました!
今日は、訓練にさん参加人数は、児童のお友達が2人。
先生の指示に従い、2人のお友達は急いで、でも慌てず、落ち着いて静かに避難することができました。
訓練が終わり、上手に避難できたことを褒められてちょっと得意な表情のお友達は通常の療育へ。
先生は、避難訓練を振り返るミーティングへ。

水害避難訓練2.jpg


ミーティングでは「指示が通りにくい子供は、絵カードなどを作成してみてはどうか。」という意見や「緊急の場合は子供を抱きかかえて避難することも想定しておくべき」という意見などが出されました。
中でも今日は2人という少人数でしたが、もし「本番が大人数だったら?」「送迎の時間帯で誘導人員が少なかったら?」そんなあらゆる場面を想定しておく必要があると考えさせられました。

979520_s.jpg

まさに10月も台風シーズンです。
昨日発生した台風14号が週末にかけて日本列島に接近してくる見込みだそうです。
COMPASSの「命を守り、未来を繋ぐため」に行われる訓練は、全国で今後も続いていきます。

所在地:〒849-0922
    佐賀市高木瀬東1丁目1-6-1
連絡先:0952-97-7358
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

No.1188 COMPASS岡山 気がつけば・・・

No.1188 COMPASS岡山 気がつけば・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS岡山のお友達、春には小学校5年生になりました。
小学校1年生の終わりから通い始めて、気がつけばもう4年半が過ぎました。

1600407928441.jpg

当初の保護者様のご希望は、色の認知、読み書などの学習面の習得と向上、そして情緒の安定と会話のマナーを覚えることなどでした。
また、清潔であることや羞恥心の感覚も育ってくれればと願いを語られていました。

1600407928266.jpg

あどけなさを残すその頃、いつもニコニコしていたお友達。
ほとんど集中が続かず、眠くなってしまうようで、いつもアクビでした。
保護者様が気がかりだった色認知では、どの色も「「青色」だと回答。
あらゆる言葉のキャッチボールを試しましたが、会話はほぼ成り立ちません。

1600407928379.jpg

保護者様のご希望に即して作成された「個別支援計画」には「色、形の認知」「50音」「数認識」「自己紹介」「名前を書けるようになる」「指示を理解できるようになる」「手指の巧緻性を高める」など、あらゆる角度から総合的にお友達の成長を促すことが目標とされました。

1600407928406.jpg

身近にある「洗濯バサミ」や「ボルト」や「ナット」そして「箸」や「ハサミ」は「手指・巧緻性訓練」に活かされます。
「数字カード」「数認知」「絵本音読」「50音読み」「ひらがなの運筆」「数字や文字のブロック」「マーク標識カード」「文字合わせカード」そして、COMPASSのオリジナルのプリント 〜C1、色カードなど楽しくわかりやすい教材が選ばれます。

1600407928350.jpg

いつもニコニコ楽しそうな様子はお友達の特性の1部なのだそうです。
このため、お友達と言葉によるコミュニケーションができないうちは、例え笑顔でうなづいていても本当に理解できているか、どんな気持ちなのか先生たちが理解することができませんでした。

1600407928311.jpg

COMPASSの療育に取り組む姿勢は「諦めず、ブレずに、できるまで何度でも」。
そうして1年すぎ、2年すぎ、5回目の秋を迎えました。
お友達の変化していく様子は、とてもゆっくりではありますが、少しずつ薄い衣を脱ぎ捨てるようなその変化は明らかです。

1600407928499.jpg

今では間違えることも時々ありますが、50音は概ね上手に読めるようになりました。
例えば「これはいくつ?」と聞くと、数を数えて正しく答られるなど、先生が問いかける質問への回答も次第に的確に答えるられるようになっています。
先日、ふと今日の天気は?と聞くと、外をみて 「晴れです」と答えてくれたとき、先生は殊の外嬉しかったと言います。
学校や周りの人の名前も、少しずつ覚えてきたお友達、先日も笑顔で先生の名前を呼んでくれたのだとか。
そして、以前は30分と持たなかった着座しての学習も、1時間以上も集中できるようになっています。

1600407928469.jpg

再来年には中学へ進学する皆が大好きなニコニコと優しいお友達の笑顔。
その笑顔がより一層輝きを増すように、社会に出る前段の準備として、ひらがなの読み書きや、日常生活で見かけるたくさんある標識や社会的なルールなど、一つづつその掌に乗せ、触れて、しっかりと掴めたら決して手放すことのないように、しっかりと学びを広げていきたいと思います。

所在地:〒700-0921
    岡山市北区東古松3丁目4番14号
連絡先:086-226-3388
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月03日

No.1187 COMPASS古賀 風水害への備えとお友達

No.1187 COMPASS古賀 風水害への備えとお友達

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
COMPASS古賀でも風水害を想定した訓練が行われました。

84663_s.jpg

今年は令和2年7月豪雨や、台風10号を含めて5個の台風が日本に接近し、各地に風や雨をもたらしました。
台風の場合は発生からモニターができ、対策や事前準備を行うことができる「予測可能な災害」となってきています。
ただし、温暖化を原因とする突発的な俗に言うゲリラ豪雨は対応が難しいと言えます。

IMG_6187[3.jpg

「豪雨」とは、著しい被害が発生するような顕著な大雨現象のことを指します。
集中豪雨とは、ほぼ同じ場所で数時間にわたって強く降り、100mmから数100mmの雨量をもたらすことです。
長時間降り続くため、重大な土砂災害や家屋浸水などの災害を引き起越す可能性が高いものです。

2901625_s.jpg

これに対して「局地的大雨」と呼ばれるものがあります。
数10分の短時間で、狭い範囲に数10mmの雨が降り続くことで急激に河川の水の量が増すため、大きな事故が発生する場合があります。

IMG_6183[900].jpg

ハザードマップ によれば、COMPASS古賀の近くには大根川があり、豪雨の場合には警戒が必要となります。
ただし、幸いなことに子どもの足で徒歩3〜5分程度の場所に避難場所である花鶴丘小学校があり、比較的避難誘導はしやすいようです。

84663_s.jpg

今回は、お友達と「風水害についての紙芝居」を読み終えた後に、質疑応答。
実際に準備してある避難袋を開け、中身の確認等を皆で行いました。
今回はスケジュールの関係で、玄関を出て点呼するところまでで訓練終了となり、残念ながら施設外に出て、避難場所まで歩きてみる避難誘導はできませんでした。

IMG_6185[4.jpg

室内に戻ってから、再度COMPASSにいるとき大雨になったらどうしたらいいか?というシュミレーションを行いながら、安全に逃げるため「大きな声を出さないで、先生の指示に従うこと、慌てず、落ち着いて動くこと」など、お約束を確認しました。

673865_s.jpg

今後も定期的に行う避難訓練ですが、実施後の反省会では次回は避難場所までの避難誘導を必ず行うことを確認して終了しました。
今年、台風は列島に度々接近しているものの上陸はしていません。
11年ぶりに9月までに台風の上陸はなかったものの、10月もまだ台風シーズンです。

IMG_612.jpg

COMPASSでは、これからも気を緩めることなく、お友達の命を守り、未来を拓くための取り組みを訓練や学習で継続していきます。

所在地:〒811-3104
    福岡県古賀市花鶴丘1丁目7番5号一丁目ビル1F103号
連絡先:092-410-2348
(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

No.1186 COMPASS樟葉 伝わる喜びを、もっと

No.1186 COMPASS樟葉 伝わる喜びを、もっと

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

金曜日のCOMPASSです。
COMPASS樟葉に2月から通い始めたお友達、春から保育園に通い始めました。
発語があまりなく、伝わらない想いがあることや、落ち着きを見せないお友達を保護者様はとても気にかけておられました。

IMG_1097.jpg

そこで個別支援計画には発語を促すことが基本課題とされました。
また、将来の就学を睨み「あいうえお絵本」「絵カード」などお友達に馴染みやすい教材を用いて「ひらがな」に親しめるよう促しを始めます。

IMG_1095.jpg

こうして始まったお友達とのCOMPASSですが、学習が始まるとお友達の困りごとが見えてきました。
着座姿勢での学習の際、あちこち気が散ってしまい、一つの課題になかなか集中出来ません。
目の前の課題ではなく、あちこちに目線が走り、意識が飛ぶと、何処まで進んでいたか、何を考えていたかという思考の組み立てがプッツリ途切れてしまいます。


IMG_1096.jpg

お友達の学習は「知識を与える・覚える」という内容そのものより「学ぶ姿勢・できる!という実感」に大きな意味があります。
お友達が集中できる時間を伸ばすにはどうしたらいいか、着座してじっくり考えられるにはどうしたらいいか、あらゆる工夫を行います。

IMG_1092.jpg

予定を立てて終わりをイメージさせることや、シェードで囲むことで周囲の影響がないように配慮すること、対話と見守りでお友達の意識が逸れることがないよう配慮していきます。

IMG_1094.jpg

お友達は次第に先の見通しが出来る様に変化を見せ「これの次は、これをするよ!」と伝えると、目の前の課題に集中することができるようになってきました。


IMG_1091.jpg

COMPASSで過ごす時間が、1日、1週間、1ヶ月と過ぎていくうちに、少しずつお友達の様子が変わってきました。
毎日個別と集団の活動を行うお友達は、次第に「できる!」という達成感が自信となり、発語も笑顔も少しずつ増えていきました。

IMG_1090.jpg

限られたシチュエーションでの会話ではありますが、伝えたいことの言葉を組み合わせ、三語文程度を表現できるようになりました。

IMG_1089.jpg

先日、COMPASSについて学習活動の折に先生が「お昼ご飯に何を食べたの?」とお友達に聞いてみました。
お友達ははっきりと「うどん(と)白いごはん」と回答して、ニッコリ笑顔を見せたそうです。

IMG_1088.jpg

伝わることの喜びがわかってきて、学習活動にも自信がつき、少しずつ意欲を見せてきたお友達。
これからの目標は、語彙数を増やし、応酬話法を学び、二語から三語以上の会話の定着です。
屈託のないこの明るい笑顔を、お喋りな笑顔へと導くために、これからも一緒に頑張っていきます。

所在地:〒573-1116
    大阪府枚方市船橋本町2-9-2 ペブルコート樟葉102号 
連絡先:072-808-6358
(事業所名をクリックして頂くと事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 00:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

No.1185 COMPASS三豊 思い通りにならないことを・・・

No.1185 COMPASS三豊 思い通りにならないことを・・・

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
COMPASS三豊に、小学校に就学したばかりのお友達が通い始めて半年余りが過ぎました。

WIN_20200915_16_04_37_Pro.jpg

当時のお友達は、気に入らない指示には拒否の態度が強い傾向にありました。
叱られたり、注意されると、寝転がってゴンゴンと頭を打ち付けたりと、心配になる態度を見せていたのだそうです。
保護者様はこの何にでも「いや!」と拒絶するお友達が素直に対応できるようになってほしいと願っておられました。

WIN_20200915_16_01_44_Pro.jpg

COMPASSの療育は個別と集団での活動が組み合わされています。
個別支援計画は保護者様の願いを受け止め「集団生活に必要なルールやマナーを理解し、お友達と仲良く過ごせるように促し、自分でできることや得意なことを増やしていくこと。」を目指すことが設定されました。
学習面では「ひらがな・カタカナの練習」「数の学習」を行いながら、苦手な微細運動(スナップ・ボタン・洗濯ばさみどめ等)を行うようにしました。

WIN_20200915_15_56_54_Pro.jpg

当時は集団活動に参加を促すと苦手意識が強いのか素直に従ってくれませんでした。
勝手な行動を制限されたり、意に沿わない行動を指示されたりすると「いや!!」と言ったり、指をくわえてうなだれたりするお友達です。
一方、テンションが高くなると、室内を走り回ります。

WIN_20200915_16_06_47_Pro.jpg


春のお友達は、促されても着座までに時間がかかり、お勉強を始めても、すぐに離席。
取り掛かったかと思えば、苦手な課題になるとやりたくなさそうに笑って誤魔化すお友達でした。
こんなとき、COMPASSの先生は一歩も引くことはしません。
叱るでもなく、声を荒げることもなく、強い口調もせず、ですが何度でもできるまで促し続けます。
今日やるべき課題をお友達が最後までできるように、声をかけ、少しでも進んだら褒め、やり遂げたら一緒になって喜びます。

WIN_20200915_16_14_35_Pro.jpg

やがて春が過ぎ、あの暑かった夏がきて、次第に涼しさを感じるようになってきた頃。
お友達は苦手だった指先を使う「ボタン留め」が段々上手になってきました。
関わるのも避けがちだった周りのお友達とも、楽しそうに話したり、笑顔で一緒に遊ぶ姿が見られるようになってきています。
やりっぱなしに近かった自分の荷物の片付けや帰りの準備など、少しずつではありますが、自分でできることが増えてきました。
今では自分から周りのお友達や先生たちにも積極的に関わりを持てるようになり、物の貸し借りなどもできるようになってきているといいます。

WIN_20200915_16_34_32_Pro.jpg

お友達が初めてCOMPASSに来てから半年。
改めて立案された個別支援計画には「思い通りにならないときにも自分で気持ちに折り合いをつけ、切り替えることができるようになること。」を目指し、集団生活においてのルールやマナーを学び、より豊かな学校生活となるよう、楽しく笑顔で過ごす毎日であるよう願い、支援を続けていきます。

所在地:〒769-1502
    香川県三豊市豊中町笠田笠岡2074番4
連絡先:0875-23-6088

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg