2016年06月28日

NO.340 ブログ CM 書籍出版 

NO.340 伝える事の大切さ…

保護者心得【自閉】LD【多動】【注意欠陥】


DSC01071.jpg

COMPASS熊本の群読の様子です。
 COMPASSとしてこの3月TBSテレビ60周年特別企画「生命38億年スペシャル”人間とは何だ…!?”」で取り上げて頂いたのですが、その時は、全国放送の威力に大変驚く事となりました。

 未だにその時テレビを見てと言われる方々からご連絡を頂いている状態で、実質僅か2分程度ではありましたが、告知力の強さを肌身に感じる事となりました。

 COMPASSの多くの施設が、地域行政や、様々な支援協会等からの招致があっての施設開設でしたが、COMPASS川崎等は、テレビをご覧になられていた方が4割以上であり、開設前ではありましたが、瞬く間に定員に達しており関係者の皆様に感謝申し上げている次第であります。

 COMPASSの開設当初は、「寝た子を起こすな!」と厭忌され、「障がい児は、死ぬまで世話をするから、何もせんでいいんだ…」と嫌がらせの電話やメールが沢山あり、「いくら成果をあげても、国は認めないから…」とまで言われ、独自に広報を行った経緯があります。現実は私共の90%以上は、文科省・厚生省・外務省等の国のお仕事です。

今でこそ、多くの理解ある方々のご支援の中で、一人でも多くの子ども達の支援を実現する事が出来るようになりましたが、「話せないと諦めていた、お友達が話せるようになる」という事実を知らない方々が実に沢山いらっしゃる事が現実です。

先週までの出張相談でも、100%全ての方が、実際にCOMPASSに通う子ども達の成果動画をご覧になって、「ここまで出来るようになるのか!」「こんなに成長するのか!」と驚かれる状態で、適切な支援があれば、きちんと成長出来る事をご存じないというのが実情です。

今回の出張療育相談後のご感想でも
〇事実を目の当たりにしなければ、信じられなかった…
〇ちょっとした対応の違いで、こんなに態度が変わるのか…
〇考え方の違いで、笑顔で接する事が出来るようになった…
〇枝葉末節に拘らず、子ども自身を見つめる事で保護者自身が楽になった…
〇近い未来の成長の姿が見え、安心する事が出来き心から笑えるようになった…
〇何をするべきかを理解する事が出来て、家庭での取り組みが変わった…
等のように、事実を知る事でご家庭の雰囲気も、子ども達の様子も変わったと沢山のご連絡を頂いており、知らせる事の大切さを感じております。

少しでも多くの方々に正しい知識をとの思いで、このブログも始めましたが、思いが天に通じたのか、書籍出版のお話も頂くようになり、言語習得に関しての本を書き上げる事となりました。

実際にISBNコードや、JANコードという出版の為の準備も進め、電子書籍も出版してみましたが、より理解を深める事が出来る本を作ってみたいと思います。私達は、実際には、80種類を超える書籍を出版し、実際の指導にも使用していますが、ほとんどが子ども達のテキストでした。

そしてこんなお話をあちこちにしておりましたら、局の方がCOMPASSのCMを作って下さいました。(下の画像をクリックすると コマーシャルを2本閲覧する事が出来ます。)

cm.jpg
今回申し訳ない事に、オリジナルソングも2曲、プロの方に作詞作曲、演奏までして頂いいるそうです。

今回はパイロット版で、次回は、私達の意向を含め、「言語習得が出来れば成長出来る…」をテーマに制作頂ける事となり、一部地域での放送も行う事となりました。
沢山の書籍がありますが、「出来ない事」を追認する物が多く、逆に保護者の希望を絶ってしまっているのが現状だと思います。

声が出るのであれば、必ず話せます。
声が出なければ、手話だってあるのです。
コミュニケーションが出来れば、思考が変わります。
思考が変われば、機能不全がなければ、発語は出来るのです。
発語が出来れば、会話する事も夢ではありません。
繰り返し文字を教えれば、読めるようになり、
書けるようにもなるのです。

出来ない事を現認するのではなく、出来る事を集め、力を結集した時、新しい成長が獲得出来る事を沢山の人にお伝え出来ればと思います。

次回は自分の手を咬んだり、指を舐めたりするのを止める効果的な方法をお伝えします。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 20:49| 36.言語獲得への道 | 更新情報をチェックする
100.jpg