2020年06月13日

No.1096 COMPASS ACCESS 緩やかでも成長を期待して

No.1096 生活介護ACCESS 緩やかでも成長を期待して

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

土曜日のCOMPASSです。
岡山には、COMPASSグループで唯一生活介護の専門事業所があります。
日頃ブログで皆様にご紹介しているのは、児童発達支援や放課後等デイサービスのお友達の様子ですが、ここACCESSには高校を卒業された18歳以上のご利用者様が通所しておられます。

37561-1.jpg

生活介護とは、必要な介護、調理、洗濯及び掃除等の家事、生活相談及び助言、その他日常生活上の支援、創作的活動又は、生産活動の機会の提供、身体機能向上又は、生活能力の向上に必要な援助を行うサービスのこと。
ACCESSではこれまでも毎月のようにご利用者様に楽しく穏やかに過ごしていただけるよう、お出かけやお買い物、そして人気の食のイベントが行われています。

37564.jpg

このACCESSに今年の4月からご利用を始められた方がおられます。
ご家族の皆様は、このご利用者様とのコミュニケーションの取り方について困りごとがあると話しておられたのだそうです。

37562.jpg

ACCESSでは、日常的なサポートだけでなく、できれば少しでも豊かな気持ちで暮らしていけるよう、いろいろな経験を通して生活能力の向上を目指したいと支援の計画を立てました。
具体的には他のご利用者様達と一緒に活動することで、ご自分以外の人という存在を認識し、接することの楽しさを経験していただくことからスタートです。

名称未設定 1.jpg

ACCESSでも、ご利用者様が入室されるときには挨拶を交わすことから始まります。
このご利用者様も、そんな場面でも人の目を見て話をすることが難しいと感じられたのだそうです。
ご利用者の皆様と一緒に作業をすることもありますが、なかなか集中することが出来ない様子がありました。

168034_s.jpg
先日、プリンアラモードを作りました!

ご利用開始の時分には、他のご利用者様の発言や行動に少しも興味を示されなかったと言います。
そこで支援員は、密に声かけをする等のアプローチを繰り返し、反応があるまで続けることを統一して行いました。
通われるたびに行う余暇活動やイベントに参加される経験が増えていくご利用者様。
楽しい経験が少しずつご利用者様の姿を変えていき、ちゃんと目を見て挨拶をしてくださる事が増えてきたのだそうです。

3238950_s.jpg

そうして日を追うごとに少しずつではありますが、支援員との会話が成立してきていると感じる部分が増えてきたのだとか。
利用者様もACCESSで過ごす時間を心地よく感じられ、楽しまれているようで、ご利用中、鼻唄を歌っている姿をよく見かけるようになったそうです。
子ども達の成長と比べると緩やかな変化なのかもしれませんが、これからはご帰宅後に保護者様との会話が自発的に笑顔で行われるようになるようにと期待を込めて支援を続けていきます。


所在地:〒701-1335
    岡山県岡山市北区高松131-15
連絡先:086-905-0228
(施設名をクリックして頂くと、施設案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg