2020年09月10日

No.1169 COMPASS大村.NEXT 3度目の秋と冬を前に

No.1169 COMPASS大村.NEXT 3度目の秋と冬を前に

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

木曜日のCOMPASSです。
3歳から長崎のCOMPASS大村ネクストに通い始めて2年と3ヶ月。
目覚ましい成長を見せるお友達がいます。
保護者様は「同年代のお友達と仲良く過ごせるようになってほしい。自分の気持ちを言葉で伝えられるようになってほしい。生活リズムが整ってほしい。」と希望されていました。

S__13910238.jpg

その頃のお友達は、あちこちに興味が移り、ソワソワで離席が目立ちました。
何を伝えたいのかは朧げながら伝わるものの、何を見ても「あぱ」という声しか出てきません。
特定のお友達としか関わりが見られず、1人遊びばかりでした。

S__13910237.jpg

個別支援計画の目標にはたくさんの言葉を聞いて覚え、正しい発音で発語できるようになることを設定。
言葉の学びと並行して、周りのお友達と仲良く過ごせるようになり、身の回りのことを自分でできるように成長を促していくことを目指し、お友達のCOMPASSがスタートしました。

S__13910236.jpg

使用するのは「絵カード」「あいうえおのうた」「ひらがなのおけいこ」「かずのおけいこ」次第にレベルアップし、数字は「月例プリント」で優しいところから始めて、計算力をつけるため100問計算へと移行しました。

S__13910235.jpg

とはいえ、着座姿勢の維持が当面の課題でもありました。
お友達の集中時間が少しでも増えるよう、初めは親やすいイラストや絵カードを使って視覚的なアプローチから行われました。
言語指導は力を入れ、一音ずつの発声練習から始め、正しい音を伝え、聞き、覚え、使えるまで何度も何度でも繰り返します。
その日のコンディションによっても異なるお友達の集中力ですが、一進一退であっても継続で得られる成長を願い、お友達との学習は続きました。

S__13910240.jpg

やがて、物と名前の一致ができる様になり、「あぱ」ではなく、ちゃんと言葉を発する様になりました。
次第に語彙数がかなり増え、簡単な会話が成り立つまでに成長を見せています。
お友達は本当に頑張り屋さんで、学習にも真剣に取り組み、できることが増えるにつれて、周りのお友達との関わりも増えていきました。
遊びの内容、遊び相手も幅の広がりを見せ、自然に関われるようになり、年下のお友達のお世話をかって出るなど、笑顔で関わりを楽しむ姿を見せるようになってきました。


S__13910233.jpg

保護者様からも「コンパスに行って良かった。コンパスのおかげで救われました。」とのお声を頂きました。
お友達とCOMPASSで過ごした3度の春と夏を過ごし、3度目の秋と冬を迎えようとしています。
年長さんになったお友達は、小学校への就学を視野に入れ、より高い目標へと向かいスタートを切ります。
楽しい学校生活が待っているよう、素晴らしい人生へ向かって行けるように・・・

所在地:〒856-0017 
    長崎県大村市荒瀬町1083-7
連絡先:0957-46-3278

(事業所名をクリックして頂くと、事業所案内ページへ。また電話番号のクリックで電話がつながります。)
Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.
posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg