2021年03月01日

No.1305 COMPASS枚方 学校が楽しくなるように

No.1305 COMPASS枚方 学校が楽しくなるように

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

月曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方のお友達もまた4月から1年生になります。
初めてCOMPASSに通い始めたのは2年半前の5月でした。

IMG_20210218_153736_resized_20210218_054012492.jpg

枚方の先生達は、当時のお友達のことをとてもよく覚えていると言います。
お友達は、ほとんど発語がなく、うまく行かないときには怒り、癇癪を起こしたり、自分を引っ掻いたり…。
保護者様のご意向を汲み取った個別支援計画には、発語の促し、トイレの自立、ひらがなの読みなどが設定され、お友達との二人三脚の日々が始まりました。

IMG_20210218_152826_resized_20210218_054012960.jpg

まずは着座を促しますが、当時年中さんのお友達にとっては静かに座るなんて、ありえないことだったようです。
すぐに離席してしまい、集中できません。
先生はその度にお友達の近くに行き、お友達が戻るまで、毅然と、しかし穏やかな口調で戻るように諭します。
IMG_20210218_152527.jpg

離席したお友達は気になるおもちゃにまっしぐらで、それを他のお友達が使っていてもお構いなしで、それは当然トラブルの種に。
お友達同士の関わりも課題となり、貸し借りの都度先生が仲立ちに入り、学んでいくことにしました。
気に入らないことや思い通りにならないときお友達は癇癪を爆発させますが、治まるまで先生の語りかけが行われました。

IMG_20210218_153718_resized_20210218_054013153.jpg

日々の発語の指導は続きます。
絵カードで語彙の獲得を目指し、あいうえお絵本による発声練習を飽きるほど続け、絵本の読み聞かせでは言葉をお友達がしっくりくるまで何度も何度も繰り返し行われ続けました。
そして最初の年の季節が秋から冬に移るころ・・・お友達の発語の兆しが現れてきました。

IMG_20210218_153712_resized_20210218_054013383.jpg

その後も継続した支援は続き、最近では話し出すとたくさん言葉が出るようになり、二語分での会話までできるようになりました。
最近では就学に向けて、数の認知や識字の完成を目指して頑張っています。
保護者様からも家庭でもお困りごとは改善され、成長を感じるとうかがいました。

IMG_20210218_153757_resized_20210218_054011961.jpg

春になれば、お友達が向かうのは全く新しい世界。
小学校では時間管理された毎日、新しいお友達、新しい校舎、環境に身を置くことになるのです。
毎日通う学校が一番楽しい場所になってくれるよう、秘訣の1つである「勉強楽しい」と思えるよう基礎学習はマスターしておきたいもの。
これからは更に識字と数の認知の定着を図り、集団活動も楽しめるように関わりを学び、就学に向け、一緒に新しいステージに挑みます。

所在地:〒573-0007
    大阪府枚方市堂山1-44-10
連絡先:072-845-4428

(事業所名をクリックしていただくと、事業所案内ページへ。電話番号をクリックしていただくと電話がつながります。)

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| COMPASSだより | 更新情報をチェックする
100.jpg