2017年01月07日

NO.367 記録の取り方…

NO.367 現状を把握する事
保護者心得【自閉】LD【多動】

DSC03195.jpg


 年もあけてあっと言う間に1週間が過ぎてしまいました。

今年の計画立案はおできになりましたでしょうか?

同じ計画を立てるにしても、単純に「〇〇出来るようになる。」と目標設定するよりも、「いつまでに〇〇出来るようになる」と期限を区切る事で、その目標達成がたやすくなります。

とても無理な計画では意味をなしませんが、これくらいなら出来るかも…と思える期間を設定する事から始めなければなりません。期間が未設定だといつまでたっても、よほどの変化が見られない限りその位置にステイしてしまいます。
そして目指す成長までの手順を考えます。
階段をのぼるのに、1段とばしや、2段飛ばしはないのです。

いきなり歩いたり、言葉がでるわけでないのはご理解頂ける事であると思います。
一つ一つのステップを細かく分ける事で、手段が見えてきます。

成長記録を付ける前には、今何が出来て、今何が出来ないかを見定める事も大切です。
まずは、出来る事をしっかりノートに書きだしましょう。

書き出したら、それがどのように成長につながるか考えます。

そして僅かな成長した事をノートに書き記します。
いきなり歩き出したり、話し出したりする事はないのです。
歩き出す前には、立ち上がらねばなりません。
立ち上がるには、足裏が床にきちんと密着しなければなりません。
密着させるためには、膝が伸びなければなりませんし、
関節の動きや可動域も適切でなければなりません。
うつ伏せにもなれなければいけませんし、
上体を起こす腕の力もひつようです。
体を前に押し出す上半身、下半身の動きも大切です。
足を抱えて、膝を伸ばして全体を支える姿勢保持も大切です。

そしてこれらを計画的に指導していく、
指導時間、指導回数を記録しながら、成長ペースを探る。

決して順調ではありませんので、時間がかかる場合は、その課題の内容をさらに細分化して超えやすい物に変更したり、必要な時期や回数を変更して計画全体に幅を持たせます。

勿論、考えていたより早く達成できれば、前倒してもOKです。

成長記録はバックにいつでも入れておける程度の小さなノートや、スケジュール表が良いと思います。
そして時間がある時に、それを見直し、計画を立て直すのです。

記録が沢山たまると、お子様も、ご家族も楽しくなってきます。

「出来ましたノート」と役割は同じです。
今日これが出来た、
昨日はこんな事が出来た。出来かけた。
こんなフォローをすると、あっさりできた。
それが朝だったのか、昼だったのか、寝起きだったのか、夕方だったのか…

起きた時間、食事の時間や、その内容も記しておくと、どれくらいの期間で体重が増えて、身長が伸びたか、指導するのは、早朝がいいのか、夕方がよいのか、夕食前か、後かも
見えてきます。

ご家族ならではの記録を作り上げる事で見えないポイントが見えてきます。
沢山の本に書いてある事とお子様の資質は違うのです。
独自にお子様の可能性を探る為の大切な記録です。
面倒ですが、記録が整えば整うほど楽しさ倍増します。
少しの成長も見逃さず記録をし続けて下さい。
それがご家族のCOMPASSになります。

DSC03195.jpg冒頭の写真は、テレビのCM等によく出てくる角島の灯台です。海に向かうまっすぐな光線は目指す方向です。危険を知らせる灯台の明かりは、支援の道しるべで、明るく周りを照らすのはご家族の見守る姿勢です。目標を見失わず、ご指導し続けて下さい。





ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:06| 15.成長記録の大切さ | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

NO.366 謹賀新年

NO.366 あけまして おめでとうございます
保護者心得【自閉】LD【多動】

年賀状2016年 コンパス用.jpg


 新年明け、1月4日からCOMPASS各施設では子ども達の元気な挨拶を沢山耳にする事ができました。

皆様、あけまして おめでとうございます。 
今年も よろしく お願い致します。

1年の計は元旦にあり…物ごとを計画的にすすめなさい。という戒めを含めた言葉です。

お子様の為に、どのように成長を促すのはご両親のイメージです。

イメージをより具体的にするものは、成長の過程を知る事と、目標を定めて、具体的な計画を立てる事であると考えております。

ほっとけば、大きくなったら何とかなる…という考え方は幻想で、大きな間違いです。

夏までに、春までにここまで成長させるためには、今何が必要なのか、計画をスモールステップに切り分けて、目標を細分化し、小さな階段にしてやり進める事が大切です。

難度の高い課題を分割し、乗り越えやすい課題を少しづつ克服するように計画して頂く事により前進、成長を獲得する事が可能です。

12月末に九大で講演させて頂きまして、頂いたメールやお問い合わせも山のようで、年末年始から対応に追われておりましたが、どなたにも一貫してお伝えしたのは、計画をもって接する事です。

春までには、夏までには、秋には、年末までには、〇〇させる。〇〇出来るようにする。

そのために今月は〇〇を目指す。
そのためにの週の計画を立て、週の計画をさらに細分化すると日々の計画が明確になります。

先の1年の計…はその前の言葉があります。

「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」ともいわれます。

今日取り組むべき事は、朝一番に考えましょうという意味です。
理想的には、前日子ども達が寝静まってから、明日はどんな事に取り組むかを考えるのがベストです。

今日は、これができた、或は、これが難しかったので、明日も復習してから、こうさせよう。
日々の目標をコツコツ達成する事で、必ず大きな目標を突破する事が可能です。

お正月の慌ただしさに計画の立案がまだの方は、是非、来週が明けるまでに勘案頂ければと願っております。
計画が上手く進まない場合は…
1.細分化が十分でなく、週や、日々の目標の設定を低くする事。
2.指導する時間が短い、不足しているかもしれない場合は、時間を増やしたり、繰り返す回数を増やす。
3.身に付ける為の時間が足りない場合は、必要な日数や指導頻度をよく検討する。
4.それでも停滞する場合は、専門家に相談する。

時折目的に対して的外れな支援をされている場合が見受けられます。
言語の指導が必要なのに、パズルをしてみたりというのは×です。

パズルの指導をするのであれば、それが何の基盤になるか、どうその成果が結びつくかを検討し直して頂ければと思います。

年末に頂いたカレンダーを活用されるのも良いと思います。
私の健康面での目標は、
大目標
年末までにあと18キロ絞る。現在27キロ絞っています。
中期目標
6月までに10キロ落とす。
月次目標
1カ月で1.5キロです。これなら楽勝!?
週の目標
1週間で僅か375g落とします。
一日目標
最低5000歩は歩く。
足に問題が出たら、腹筋だけでも行う。
夜油ものや炭水化物は極力食べない。
おやつは控える。
麺類は朝か昼
食事の間を開けない。

恐らくこれで激やせ間違いないはずです。
だれでも出来そうでしょう?

上記のダイエット計画の肝は、毎日の取り組みなのですが、これは療育支援も同じです。

発語を促したいのに、何もしなければ、まず無理ですし、毎日のコツコツ指導するにしても指針と計画、そして目標が大切で、その指導の記録を付ける事も重要です。

次回は記録の付け方に関してお話したいと思います。

IMG_0470.jpg

一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり…計画が成長の鍵となります。この写真は、今年の元旦、北九州空港近くで撮影した初日の出で、4年ぶりにきれいに見る事ができました。何かご利益があるかもしれません。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:12| 15.成長記録の大切さ | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

NO114.カレンダーを使って

私は、カレンダーを使って継続出来た事柄を数字化する事を日課としています。年度により目標設定も異なりますが、ランニングを継続出来た日数記録、散歩を続けた日数の記録、ダイエットをする為にケーキを我慢した日数記録、読書を継続した日数記録等内容は個人の目標で変えられます。

人によりますが、禁煙を続けた日数記録、人にやさしくできた累計記録、アルコールを控えた日数、家庭で支援を継続した日数等いろいろな事を記録する事が可能です。

継続出来た日数管理、累積での日数管理も出来ます。途中で、失敗したり、つまづいたりしてもOKです。そんな時はまた最初からやり直しでOKなのです。

GS088_72A.jpg

怒らない記録
つい つまらない事で怒っていませんか?
そんな方は、怒らずに過ごせた日数を累積して下さい。まず1日、2日、5日、20日、30日、50日、100日目標に頑張るのです。連日日数ですので、来週の日曜日で、60日というように近日設定が可能で、少々の事はカレンダーを意識して我慢できます。

万が一失敗しても、次の日からやり直しです、でも今度はそれに累積日数が加わります。
昨日まで、73日で今日やってしまいましたが、明日からまた1日目スタートなのですが、累積では、74日です。継続性を意識するか、年間の累積を意識するか両方をコントロールする事ができるのです。

1年間は365日です。怒らない日継続記録は、ゴールデンウイークにやってしまったので、1月1日から一旦とだえても、次の日から心を入れ替えて、また頑張ります。お盆でまたやってしまっても、また気持ちを切り替えて年末までがんばれたとすると、年間365日の間に、怒ってしまったのは僅か3日、残りの362日は自制する事が出来た事となります。これを続けていくと、それまで、気難しやで通っていたお母さんが優しいお母さんと周りも認識するようになります。

2年目、3年と続けていくといつの間にか自分をコントロールする事が出来るようになるのです。

私はカレンダーをトイレに貼っています。朝晩内容を確認します。行動を反芻するのです。

お饅頭を我慢できた、ケーキを我慢できた。コーヒーに入れる砂糖を我慢できた。家族もその努力の足跡を見ますので喜んでくれます。

継続し、累積を重ねる事で、理想の状態を得る事が出来るのです。
  1. おはようが言えた記録
  2. ありがとうが言えた記録
  3. 1人でトイレに行けた記録
  4. 幼稚園で怒られなかった記録
  5. 一緒に家庭で療育支援をした記録
上記の1~5は出来たらカレンダーに〇を付けて、数字記録に落とします。
「今日で何日も言えたね。」「今月は〇日出来たね。」

それをリビングにシールでグラフ化したりするものモチベーションが上がります。

上記の6なら、日数もよいのですが、時間管理をして、今日は1時間、昨日は2時間今週は合計〇時間、6月は全部で53時間で、4月からの合計で、併せて120時間…年間気が付くとすごい時間になっています。

すごい時間になっていればさてどこまで成長できているでしょう?

でもやらなければ何も変わりません。

毎日の取組みを視覚化して下さい。毎日の支援時間を記入していきますから、お子様の支援状況を一別できます。足りているのか、足りていないのか一目でわかります。

仕事があったり、ご家族がおられたり、ご兄弟の世話があったり、病人がおられたり、つい後回しになっているのも理解できます。数字は嘘を言いません。

さてこの記事をお読みの方は何を記録しますか?

GS178_72A.jpg

最後に、仮に現在年中で、小学校就学前までに残されている時間は、7月5日現在で、7月が残り26日です。8月が31日9月から12月までが122日 1月から3月末までで90日よって年長までは、243日、小学校就学前までは608日です。

これを出来るときだけする人と、毎日1時間する人、毎日2時間を目標にする人では家庭での支援時間が劇的に変化します。

小学校6年間で2190日、よって中学に入る前までは残り2798日です。中学高校も同じく2190日ですので、18歳までが、4988日、この段階で、就職できるのか、進学出来るのか、施設に入るのか、その後の長い人生の岐路に立つ事となります。

一緒に頑張れるのは5000日です。仮に毎日2時間頑張ったとすると約1万時間となります。1万時間を1日8時間で割ると1250日分、約3年半の余裕を持つこととなります。
他のお友達より優位に時間を過ごした事となるのです。

半分の4時間の取組みと考えると5000日の違いです。365日で割ると何と13年分です。倍得したという事です。ほかの人より倍の年数を頑張った事になります。

療育時間が多ければ多いほど、成長を促す事が出来るのです。健常はお友達を取組み方1つで凌駕する事だって出来るのです。そのような事例は少なくないのです。知られていないだけなのです。

1回より100回、毎日何かの訓練を1クール実践したとします。5000回すれば大概の事が出来るようになると思われませんか?

私には、サリドマイドの友人がおります。
彼女は両腕はありませんが、毎日血の出るような努力をして、子育ても無事にやり遂げました。もう齢50を超えましたが、肝っ玉母さんとし今も私の人生の師匠です。

私は小さい時は、泣き虫で有名でしたので、つもその訓練の様子をみて、「お姉ちゃんが、かわいそう、叔母ちゃん もうやめて。」とよく泣いていたのを覚えています。
食事も足で行うわけですから、その訓練は尋常ではありませんでした。何度一緒に泣いたかわかりません。心配で心配で幼稚園から走って帰って様子を見に行っていたのを覚えています。

毎日何時間も何時間も何度も何度も失敗しても、転んでも、倒れても、諦めずに取り組んだのです。おそらく成人までの時間だって2万時間やそこらではなかったと思います。

本当に、血の出るような努力です。

そして ある冬の日、お姉さんからプレゼントをもらいました。
一生懸命に足で編んだマフラーです。その当時は、ご飯も上手に食べていたのですが、小さいながらに食べさせてあげればいいのに、鬼ババと思っておりました。

後で母に聞きましたが、鬼ババも蔭で泣いていたのです。マフラーをもらった時、小学生ながら、本当に二人ともすごいと思ったのです。

小さいながらに努力すれば何でも出来ると感じたのです。

結果、両足だけで何でもしてしまいます。
そして今では家族も、沢山の幸せも獲得しているのです。
赤ちゃんの世話も両足だけで頑張りました。

子どもながらにその訓練は、壮絶を極めておりましたので、知らない人は、かわいそうと言っていましたが、果たして幼い時の努力はかわいそうな事だったのでしょうか?

努力して獲得し、その後の人生を謳歌できるのは、他界された彼女の叔母様の御蔭で、叔母様も心から安心して旅立たれたと思うのです。

いろいろな障がいを抱えているお友達のご両親がこの記事を読まれていると思います。
記録に挑戦してみませんか?
沢山獲得出来る物があるかと思います。

どうぞ、賢明な皆様は、成長記録を取ってください。
指導記録を取ってください。
療育時間の記録を残して下さい。
どれだけ支援するとどのような効果が出たのか記録して下さい。

時間が皆様の味方なのです。

きっと効果が表れます。
困ったら、093-475-0449までご連絡下さい。

 
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 07:00| 15.成長記録の大切さ | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

NO15.成長記録の大切さ

NO15.成長記録の大切さ

今何ができているのかを正確に把握する事はとても大切です。お仕事をもっておられたり、日々の家事に追われてついなおざりになってしまいがちですが、いつどんな経過で、何がおこったか、何が獲得できたか、それはどのような取組があったからか、どのような原因が考えられるのかを記録される事は大変重要で、療育の大きなヒントになります。

運動能力はどうなのか、食べたり、飲み込んだりいつできたか、スキップはできるのか、線上歩行はできるのか、ボールをどのように投げるのか、椅子に座る姿勢はどうか、どれくらいの間静かにできるのか、スプーンやフォーク、箸の使い方はどうなのか、どのような使い方をしているのか、靴は自分ではけるのか、靴下は気着替えはできるのか、後片付けはできるか、出来る事が大切なのですが、どうしても出来ない事に目がいきます。

毎週沢山の方とお子様の状態についてのお話をお伺いするのですが、出来ない事は列挙されるのですが、出来る事をお伺いするのには大変な時間がかかります。逆にご家庭で出来る事が当たり前になっていて、それを発展させようとするまで思いがめぐらされてなく、勿体ない状態のまま、見過ごされているようなケースが非常に多いのが残念です。

まず出来る事に目を向けましょう。

どうやって出来るようになったかしっかりと把握する事が大切です。出来ない事を出来るようにするのは、出来る事をさらに伸ばすより、時間と手間がかかります。(事例にもよりますが)出来る事を伸ばし続けると、他の要素を刺激し多方面から伸ばす事も可能です。

一般的なお話で、算数が出来るようになったので、ほかの教科も引っ張られて成績が上向くという話は多々あります。出来る事の獲得もこれに良く似ているのです。基本的な要素に大きな違いはありません。

出来る → 褒められる → やる気が出る →
他の課題に取り組む → また出来る → 褒められる → さらに自信がつく

好転スパイラルです。

イケイケの心理状態となり、本来であれば、出来ないと思うような事でも出来るようにもなってきます。これは基本的に誰でも一緒です。私達大人だって、駄目だしをくらい続ければ、好きな事でも嫌になります。

出来れば、出来るほど自信がつくので、出来ないものでも、出来るだろうという気持ちになります。

何かあったら、ここでちょっと魔法をかけると、出来るようになったりします。

まずは記録を取って下さい。
その時の環境も判りやすく記載される事をおすすめします。
次男を妊娠していて〇ヶ月になっていたとか
祖父母の支援がどうあったか、
介護の必要がでて、忙しくなったとか
単身赴任でいなかった
長期出張で家族が離れ離れになった
パートを始めた
仕事の時間が変わった
園の担当の先生がかわった
園での取り組みに変化があった

その時、その時の成長の様子と、子ども達を取り巻く環境の変化に、関係性が見いだせる事例は少なくありません。出来る事が出来なくなる事もありますので、ある一定の変化が起こると〇〇出来なくなると予想をたてる事もできます。

逆に、このような取り組みの仕方をすると、〇〇する事が獲得出来た。という事も把握できます。記録は出来ない記録をつけるためではなく、出来るようになった能力の獲得を知る指針をしてご家庭での療育に大いに活用できます。

成功体験を忘れない事、成功した方法を堅持すること、成功した手法を発展させる事より
新たな能力を獲得する事が可能です。しっかりと記録とり、お子様の観察を行ってください。

観察記録をお持ちになって、頂けると、療育相談にお出でになっても、とてもスムーズにお話しも進められると思います。

私共の施設は
九州自動車道 小倉東インターから 車で5分
北九州都市高速 横代インターから 車で5分
JR日豊線 安部山公園駅から 徒歩4分
(新幹線でお出での場合は、小倉駅で日豊線に乗り換え約20分程度です。)
(小倉駅からタクシーを利用される場合は、2000円程度です。)
(小倉駅からバスでお出での場合は、10番台のバスで約30分早いと20分)
西鉄バス 上葛原バス停から 徒歩1分
福岡方面から高速バスで来られる場合は、三萩野で乗り換え10番台で15分程度
(三萩野からタクシーでも1200円前後です。)
北九州空港から車で20分場合により送迎致します。

必ずお電話にてご予約の上お越しください。療育指導中並びに、他の方の療育相談等で突然のご来訪にはご対応致しかねますので、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。
療育相談は093−475−0449 北田までお願い致します。
療育中、講演会等により不在の場合はこちらからご連絡致しますので、お名前、ご連絡先等受付スタッフにお伝え下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 16:59| 15.成長記録の大切さ | 更新情報をチェックする
100.jpg