2018年06月24日

No.479 ドキュメンタリー動画 Vol.8

No.479 ドキュメンタリー動画 Vol.8

 発達障害  ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

日曜日のCOMPASSです。
2ヶ月、8回に渡り、COMPASSをご利用いただいている方のドキュメンタリーを1本ずつご紹介してきましたが、今回は今日が最終回。

COMPASSしまんとで保護者の方がCOMPASSの療育相談に参加されたため、一緒についてきたお友達。
支援学校に通っています。
せっかくなので、お友達の状況の確認と、指導を体験してみましょうか?ということになりました。
動画はその時の模様です。
COMPASSでこの体験指導を受ける前までは発語は4語のみ。
「おいしい」「いや」「ばー」「ぽい」だけだったとか。
さて、驚きの動画をご覧ください


こちらの画像をクリックすると
動画をご覧いただけます
🔻🔻🔻
250


COMPASS発達支援センターへのお問い合わせ・ご相談は、平日10時から18時の間にお近くの施設へ直接お電話ください。

COMPASS発達支援センター
各施設案内
🔻🔻🔻
22815619_123625238314639_6906157914366596355_n.png
クリックで各施設の連絡先をご覧頂けます。

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

No.472 ドキュメンタリー動画 Vol.7

No.472 ドキュメンタリー動画 Vol.7

 発達障害 
 ダウン症  ADHD  自閉症  LD 


日曜日のCOMPASSです。
先月に引き続き、6月もCOMPASSを利用して頂いている方のドキュメンタリーを毎週日曜日にご紹介しています。

今週の動画は、3歳Kさんの第三回です。

「小学生になった娘の姿を想像できるようになりました・・・」
保護者インタビューでは、COMPASSで教わったこと、通わせてみて気づいたことや、これからの娘との関わりと成長への期待が率直な言葉で語られています。
女の子が通い始めて半年。
動画でその変化をどうぞご覧ください。


こちらの画像をクリックすると
動画をご覧いただけます

🔻🔻🔻
Kさんコピー




COMPASS発達支援センターへのお問い合わせ・ご相談は、平日10時から18時の間にお近くの施設へ直接お電話ください。



COMPASS発達支援センター
各施設案内

🔻🔻🔻
22815619_123625238314639_6906157914366596355_n.png
クリックで各施設の連絡先をご覧頂けます。

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.



posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

No.465 ドキュメンタリー動画 vol.6

No.465 ドキュメンタリー動画 vol.6

 発達障害 
 ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

日曜日のCOMPASSです。
先月に引き続き、6月もCOMPASSを利用していただいている方のドキュメンタリーを日曜日ごとに1本ずつご紹介します。


今月2回目の動画は、3歳のKさんのご紹介Aです。

COMPASSに通い始めた頃は発語がなく、じっと座ることもなく、癇癪を起しては泣きじゃくるばかりだった女の子。
COMPASSでの取り組みで、女の子はどう変化していったのでしょうか?
誰もが驚く成長ぶりをお確かめください。


写真をクリックすると動画がご覧になれます
🔻🔻🔻

スクリーンショット 2018-06-09 07.17.46のコピー.jpg

COMPASS発達支援センターへのお問い合わせ・ご相談は、平日10時から18時の間にお近くの施設へ直接お電話ください。


こちらをクリックすると各施設のご案内へ移動します

🔻🔻🔻

22815619_123625238314639_6906157914366596355_nのコピー.jpg

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

No.458 ドキュメンタリー動画 vol.5

No.458 ドキュメンタリー動画 vol.5

 発達障害 
 ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

日曜日のCOMPASSです。
先月に引き続き、6月もCOMPASSを利用していただいている方のドキュメンタリーを日曜日ごとに1本ずつご紹介します。
今月の最初の動画は、3歳のKさんのご紹介@です。


写真をクリックすると動画がご覧になれます
🔻🔻🔻

スクリーンショット 2018-06-02 07.55.51のコピー.jpg

COMPASS発達支援センターへのお問い合わせ・ご相談は、平日10時から18時の間にお近くの施設へ直接お電話ください。


こちらをクリックすると各施設のご案内へ移動します

🔻🔻🔻

22815619_123625238314639_6906157914366596355_nのコピー.jpg

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

No.451 ドキュメンタリー動画 vol.4

No.451 ドキュメンタリー動画 vol.4

 発達障害 
 ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

日曜日のCOMPASSです。
今月と来月は、COMPASSをご利用いただいている方のドキュメンタリーを毎週日曜日に1本ずつご紹介しています。
今週は5歳のRさんのご紹介のNo.Cです。
こちらは4回シリーズになっています。

写真をクリックすると動画がご覧になれます
🔻🔻🔻

31913806_162427561101073_2574283112368308224_oのコピー.jpg

COMPASS発達支援センターへのお問い合わせ・ご相談は、平日10時から18時の間にお近くの施設へ直接お電話ください。

こちらをクリックすると

各施設のご案内へ移動します

🔻🔻🔻

22815619_123625238314639_6906157914366596355_nのコピー.jpg

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

No.444 ドキュメンタリー動画 vol.3

No.444 ドキュメンタリー動画 vol.3

 発達障害 
 ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

日曜日のCOMPASSです。
今月と来月は、COMPASSをご利用いただいている方のドキュメンタリーを毎週日曜日に1本ずつご紹介しています。
今週は5歳のRさんのご紹介のNo.Bです。
こちらは4回シリーズになっています。


写真をクリックすると動画がご覧になれます
🔻🔻🔻

スクリーンショット 2018-05-20 02.30.02のコピー.jpg

COMPASS発達支援センターへのお問い合わせ・ご相談は、平日10時から18時の間にお近くの施設へ直接お電話ください。


こちらをクリックすると

各施設のご案内へ移動します

🔻🔻🔻

22815619_123625238314639_6906157914366596355_nのコピー.jpg

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

No.437 ドキュメンタリー動画 vol.2

No.437 ドキュメンタリー動画 vol.2

 発達障害 
 ダウン症  ADHD  自閉症  LD 

日曜日のCOMPASSです。
今月と来月は、COMPASSをご利用いただいている方のドキュメンタリーを毎週日曜日に1本ずつご紹介したいと思います。
今週は5歳のRさんのご紹介のNo.1です。
こちらは4回シリーズになっています。

写真をクリックすると動画がご覧になれます
🔻🔻🔻

スクリーンショット 2018-05-05 14.42.45のコピー.jpg

COMPASS発達支援センターへのお問い合わせ・ご相談は、平日10時から18時の間にお近くの施設へ直接お電話ください。

こちらをクリックすると各施設のご案内へ移動します。

🔻🔻🔻22815619_123625238314639_6906157914366596355_n.jpg

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

No.425 COMPASS枚方 お友達の成長とお弁当

No.425 COMPASS枚方 お友達の成長とお弁当

 発達障害 
 ダウン症  ADHD  自閉症  LD 


S__73728022のコピー2.jpg

火曜日のCOMPASSです。
COMPASS枚方で、以前おばあさまからのお手紙をご紹介したお友達。
今回またお手紙を頂きました。
今日は皆さんにもその成長ぶりをご紹介したいと思います。


S__73728039_0.jpg S__73728040_0.jpg 
 

COMPASSに通い始めの頃は自我がとても強かったお友達。
感情のまま苛立ちを募らせ、粗暴な行動や奇声などに彼女のどうにもならない、どうしようもない胸の内の苦しさや辛さが現れていました。
今では少しずつですが発語が見られるようになりました。
何と言っても、5分とじっとしていられず、座ることが難しかったお友達ですが、何と1時間以上着座ができるまでに成長を見せています。

S__73728037.jpg S__73728038.jpg

さて今日はお弁当でお昼ご飯。
お友達と一緒に「いただきます♪」の仕草を見せてくれました。
お友達と一緒に何かをすることも難しかったのですが、お弁当でも和やかな表情が見られています。
少し前までは、こんな食事風景は考えられませんでした。

上手にスプーンとフォークが使えるようになりました。
スタッフの指示が通るようになりました。
「お片づけしよっか?」との声かけに、何とお片づけも自ら進んで積極的に挑戦!


こちらの画像をクリックすると動画がご覧いただけます。

⬇️⬇︎⬇️⬇︎⬇️⬇︎

5e99bb290080b9b7a32cf0164574fa34_sのコピー.jpg

動画を撮影した日のロッカーは荷物でいっぱいで、ちょっとお片づけのハードルは高かったのですが、投げ出さず何度もトライしました。

できなくても、以前のような振る舞いはせず、泣きながらもきちんと助けを求め、最後はきっちり自分で工夫して片付けられました。


お散歩に行っても、ちゃんと一緒に歩くようになりました。

いろんなキラキラが生まれています。

次はどんな成長ぶりを見せてくれることでしょうか?

私たちはしっかりと療育を通してお友達の成長を見守って行きます。



COMPASS発達支援センター枚方

所在地:〒573-0007 大阪府枚方市堂山1-44-10

T E L :072-845-4428


 Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

No.395 感謝のお手紙(枚方発)

NO.395  枚方 成果報告

保護者心得【自閉】LD【多動】

facebookでもご紹介しましたが、
今日はCOMPASS枚方より、お友達に目をみはる変化があったとご家族(お祖母様)からの嬉しいお便りを頂きました。

IMG_5353のコピーブログ用.jpg

〜 コンパスの先生へ

縁あって、今度“コンパス”に私の孫〇〇「H」がお世話になっております

・・・中略・・・

・・でのことが、私も主人も昨日のことのように思っております。3/14日より15・16・19日と通っている「H」は、私たちには宝物です。 このわがままいっぱいな「H」が、2260gでうまれた「H」が、たった3〜4回の通園でこんなにしっかりと成長するんだ!と、ビックリしています。 本当に心から感謝しております。

・・・中略・・・

今、元気に帰宅してくる「H」を娘は落ち着いて見る“目”が出来たように思えます。

京田辺市との交渉も、先生の強い押しに、本当にありがたい!の言葉しかありません。感謝です。市側の言う月4回では、納得できない所でした。

「H」にとって1日1日の時間がどれだけ大切か、コンパスから帰ってくる「H」を見て“感謝”のみです
今後とも、どうかよろしくお願い致します。

・・・中略・・・
私の出来る事が少しでも ひとつでもありましたら、教えて下さいませ。 雑筆 雑文にて 失礼致します。

2018.3.19  (お祖母様名) 記



・・・このお友達は、3月13日に枚方で行われた北田先生の「療育相談会」に参加され、翌日の14日から通い始めた3歳の女の子・Hさんです。

華さんモザイクぶろぐ用.jpg
「Hさん」呼びかけにちゃんと振り向いて・・・

県外から実家のある京都へ移転されたこともあり、環境の変化も手伝ってか、ご家族にとってこれまで以上に、言葉がでない、指示が通らないといったお悩みがとても辛いものだったとか。

華さんモザイクブログ用3.jpg
Hさーん、手を上げて

京都では行政から児童に支給されるのは週1日程度・月に4日だとのことです。
そこでCOMPASS枚方の児発管が個別支援計画を出し、丁寧な交渉を重ね、結果、支給量の変更を月に23日まで出してもらうことができました。

華さんモザイクブログ用2.jpgお返事は?に、
素直に・・・(^^)

Hさんは幼稚園や保育園などに通っていません。
COMPASSには週5日、30分から40分かけて京都から枚方までご家族の送迎で通うことになりました。
通い始めてから日毎に変わる表情、笑顔が増え、落ち着きを見せて来てくれたことに、ご家族の喜びはひとしおです。

COMPASSでご支援させて頂く事でHさんに起きた変化に、ご家族同様、枚方のスタッフも毎日やりがいと喜びを感じています。

今、Hさんは階段を1段ずつ登るように、1日ひとつずつ確実に覚えてくれています。
本当に今後の成長が楽しみなお友達です。



所在地:〒573-0007 大阪府枚方市堂山1-44-10
T E L:072-845-4428
M A P:https://goo.gl/W3ETBA

Copyright(c)2018@compass328 T.0. All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 13:26| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

No.394. 成果報告


NO.394 武蔵新城 成果報告

保護者心得【自閉】LD【多動】


看板部分ブログ用外観.jpg

COMPASS発達支援センター 武蔵新城 から成果報告の動画が届きました。

この動画のお友達はY君、6歳。
春には小学生になります。

「広汎性発達障害、若しくは自閉症スペクトラムの疑いがある」
そう言われて、お母様がY君にあったところを沢山探して、昨年の4月からCOMPASSで療育をスタートされた方です。

Y君は芯がとても強く、その悪い面だけが目立ち、ものごとを素直に受け取れず、反抗的な態度に。
認知のゆがみや思い込みがあり、こだわりが強めという特性から「お友達とトラブルを起こしやすい」ことがご両親にとっては気がかりだったといいます。

最初は、指導員のこれやってみようよ、などの提案に自分のやりたいことだけを要求し、強い不安を表すようなことばや表情が多かったものの、やがて、少しずつ表情が和らいでいき、療育に集中する時間が増えてきました。

Y君には、入学準備として読み書きに加え、読み解きにも力を入れた療育プランを設定しています。

取り掛かり始めたころのY君は、やる気のON/OFFがはっきりしていて、やりたくないことには関心を示してくれません。
ところが、根気よくアプローチしていくうちに、次第に
褒められてうれしい、
できなかったことができるようになった!
という成功体験をいくつも積み重ねることにつながっていったのでしょう。

ブログ用yt_logo_rgb_light.png
☆☝アイコンをクリックしてみてください☝

またCOMPASSの先生たちがお母様とのコミュニケーションを密にしたことで、ご家庭としっかり連携した支援ができた事も要因に挙がるかもしれません。

今では動画でもご覧いただけるように、音読でもきちんと着座して「はっきり言おう」「ゆっくり読もうね」という声掛けを意識して、笑顔で取り組む姿勢が見られるようになりました。

継続は力なり、ということでしょうか?

もう、自信のなかったあの頃は卒業です。
言語を使った感情の表現なども増えてきており、日常生活でも落ち着きがみられるようになってきてご両親を悩ませていたトラブルも次第に減っているそうです。
ブログ用入学式イメージ.jpg

もうすぐ1年生。
入学式で名前を呼ばれ、元気に「はい!」とお返事できる姿が目に浮かびます。
(文/takako)
 ランドセルとさくらブログ用.jpg

COMPASS発達支援センター武蔵新城
所在地:〒211-0044
川崎市中原区新城3丁目17-9三島ビル2F
T  E L:044-948-8481
M A P :https://goo.gl/SEGNRc

Copyright(c)2018@compass328 takako All Rights Reserved.

posted by キー先生 at 15:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

No.393. 芸術家誕生する!?

NO.393 小さな画家誕生!

保護者心得【自閉】LD【多動】ダウン症

facebookでもお知らせしておりました様に、ご報告が遅れておりましたが、実は、とても嬉しいお知らせを頂いておりました。
COMPASS岡山に、もう3年ほど通われているT.M君。
昨年の夏に開催されたNPO法人「FOT」様主催:アール・ブリュット展に出品し、なんと!優秀賞の岡山市芸術祭実行委員長賞に輝きました!


ブログ用賞状.jpg


ご覧ください、賞状を持ってパチリ。
作品名は「いぬにのっておにたいじ」です!

ブログ用.jpg


TM君修正ブログ用.jpg

T君はダウン症、8歳の小学校2年生です。
COMPASSには週3回通って来ています。

それまでは発語も不明瞭で、コミュニケーションも取りづらく、ご両親も気にかけておられました。
そこで、療育プランには発生・発語とともに認知の向上、単語の習得に向けてプランを組み立てました。
通い始めの頃は体力もなく、学校が終わった後での通所はきつかった様で、よく泣いていたとか。
やがて体力もつき、積極的に学習は勿論、色々な事に取り組めるようになって来ました。
そして今ではたくさんの単語を習得できて、言葉の引き出しが増え、コミュニケーションが取れる様になり、いろいろな認知機能も向上が見られる様になりました。

アトリエブログ用.jpg

絵を描くことはもともと好きだったT君。
最初のうちは集中が続かないこともあった様ですが、出品した作品が最高の評価を受けることで自信に繋がりました。
T君自身の頑張りは勿論ですが、ご両親がCOMPASSの方針を深くご理解頂き、しっかり連携が取れ、T君を褒めたり、励ましたりして良い環境を作って頂いたことも大きかったと思います。
また、ご両親がT君のためにたくさんのチャンスを提供され、そのことが心の成長にも繋がったのでしょう。
ご覧ください、この笑顔。
まさに小さな芸術家の誕生ですね。(文/takako)


所在地:岡山市北区東古松3丁目4−14
T E L  : 086-226-3388

Copyright(c)2018@compass328 takako All Rights Reserved.


posted by キー先生 at 17:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

NO.385 奇跡に出会う?

NO.385  魔法かどうか観て下さい。(追記)
保護者心得【自閉】LD【多動】

IMG_1575.JPG


 COMPASSのある施設で初めて来られた保護者の方から
「何をもって魔法の療育なんて言うんですか?」
「誇大広告ではありませんか?」
「本当に魔法なんですか?」
と、何度かお叱りを頂いた事があるのですが、そんな時、一言「うちの代表は、ああ見えてロマンティストなんです…」と説明しているようで、ギャップのせいか、その後和やかに成果動画等をご案内させて頂き納得頂たとの連絡が、4月に入ってから立て続けに数件ありました。

私は強面で通ってはいますが、それは本当です。

IMG_2206.jpg

輪廻転生があったとしたら前世は女性だったかもしれないと思っています。
キラキラした物が大好きで、キラキラした装飾品も好きです。

花も大好きで、社内には沢山花があり、自宅も社内にも花が無い時はありませんし、愛の詩も沢山よみますし、毎日家内に、無視されても愛してると囁き続けています…

魔法の療育とは、子ども達に対して、その問題を見抜き、指導手順を定め、時間をコントロールし、技術的な指導技法や、心理学的な技法、対人面でのスキルを多用して、それまで無理と思われていた事や、問題を解決する力と、その成果を願う気持ちを「魔法」という呼び方で抽象化しているものです。

しかし、私は誇大広告や、出来もしない事を言う妄想族でもありません。

自分でも不思議ですが、初見の数分でおおよその事がわかってしまいます。
家での様子、立ち居振る舞い、態度行動の9割以上を言い当てます。

何故かわかりませんが、30年以上これだけ専念してきたおかげかと思います。

初めて会った時に〇〇出来るようになった…〇回目の指導で、〇〇した、〇〇出来た。という事例は、実際山ほどあります。

動画にも沢山撮っていますが、それを動画に収めても、お子様の個人情報の問題から、ご両親のどちらかが反対されたり、ご両親の許可を頂いても、祖父母が反対されたりして成果動画を公開する事がとても困難である事も事実です。

感謝のメールやお手紙を頂いても、公開NGの物が沢山あります。

良くなれば良くなる程、私達に通われていた事を隠される方が沢山いらっしゃるのが現実です。

親子2代に渡って指導している事例も沢山あるのですが、やはり公開には賛成されません。

一昨年から昨年にかけての、テレビ局の撮影も本当に大変だったのです。
何度途中でキャンセルになったものか…

実績で申し上げれば、
昨年度の受給者証の返納者数はいらっしゃいます。
もう必要が無いからの返納であり、COMPASS卒業者は、毎年いらしゃいます。
行政に返納されるので明らかな事実で隠しようがありません。

知能指数も地域の療育センターで検査された結果でお伝えしています。
例えば、療育のメッカ、北九州市療育センターでの検査結果ですが、生活年齢(実年齢)5歳4カ月のお友達の精神年齢2歳11カ月が、COMPASS通所後4カ月で4歳2カ月にまで成長。その半年後のゴールデンウイーク明けには、生活年齢に精神年齢が追いついた…等隠しようのない事例が沢山あります。

普通学級に進学できた事が偉いわけではありませんが、成長の成果としてわかりやすいのでご説明致しますが、COMPASS本部では、初年度3名全員が普通学級へ進学100%次年度75% 3年目80% 4年目50%(聾学校進学者含まず)で累計76.25%となっています。今年は、4年生が特別支援学級から、普通学級に戻られた事例もあります。全部事実です。このようなお話を聞かれて事がございますでしょうか?

本日5月1日付けでCOMPASSの施設は全国で19カ所、相談支援3カ所 6月には20施設を超えますが、その殆どは担当地域行政からの要請での開設で、それなりの成長成果がなければ、まずお声はかかりません。

いくら言葉でお伝えしても、来所されるか、講演会に出席されなければ動画はご覧頂けませんでしたが、今年、2017年3月末、初めて来所され内容説明をしている間に、私が少しお子様と接した後の変化の様子をご覧いただける事となりました。

今回特別に、お子様のご様子が多くの保護者の皆様の心の支えになればと、ご両親様から動画放映の許可を頂いての貴重な動画公開です。

この春小学校6年生になるお友達で、
とても穏やかな性格
走り回ったりはされません。
およその指示もわかるが、発語が困難で、コミュニケーションが課題で
ゆったりした服の着脱は可能
トイレの小は自立しており、大に関しては時々介助が必要
ハンドサイン(手話)が少し使え
発語は、曖昧で「お・い・し・い」「い・や」「ポン」「ポイ」の4語しか話せない
と、ご説明頂いた直後の動画です。

少し私が2〜3分接した後、スタッフとスタートしてからご様子で、それから小一時間頑張った様子を撮影し、短い時間でまとめております。

机の上に並べてあるカードは復唱したもので55以上話しています。

お母さんも驚いて動画撮影されています。(下の写真)

では動画は下の写真をクリックして下さい。

IMG_1573.jpg

画面をクリックすると動画がYou tubeで再生されます。スマホの方はアプリを全て停止させてからご覧頂く方が良いと思います。

10余年に渡って、ご家族も様々に挑戦され、特別支援学校に進学されてからも先生方の熱心なご指導を受けていたからこそ、この日、私がカギを開けたので、突然話し始めたに他なりません。

職員は双方とも新入社員です。

私は、お友達の内在している力を呼び起こしたのです。
力の発動を促したのです。
孵化する前の卵の殻が厚すぎて、自分で割れないヒヨコが実は沢山います。

自分で割れないと自然界では淘汰される厳しい掟がありますが、私はその殻をコツンと割ってあげているのです。

ヒビが入れば、自分で外に飛び出す事も出来るのです。一緒に殻を砕いてしまう事もそして外に出れば、栄養を与えもっと強く元気にする事も可能なのです。

COMPASSの魔法の療育は。「皆の悩みが消えるように、子ども達も、ご家族も皆笑顔になれるように」を、願っての魔法です。

言語の悩みを抱えておられる方は沢山いらっしゃると思います。
どうぞ上の動画を紹介してあげて下さい。

10歳を超えても、努力し続ければ、適切な支援を受ければ成長出来るのです。
その証左となる貴重な動画です。

A君も出来たのです。お家のお子様も機能的な問題がなければ、話す事は出来ると信じて下さい。嘘ではないのです。私達は本当の事を伝えているのです。

5月に後半に入りましたら、また全国行脚を開始します。

が、目下の課題は昨年頑張って取得した赤ちゃん体操です。

まずは5月7日の赤ちゃん体操・福岡の成功が目下の目標です。

私はともかく、岡山からダウン症協会岡山支部を支え、教育委員会の教育委員もされ、
臨床心理士で、大学で准教授として教鞭をとられながら、沢山のダウン症の子ども達の支援を勢力的にされておられる上地先生の直接指導と、言語・数量の専門家である土居先生、付け足して北田なのですが、この3名が一緒に指導など考えられない豪華キャストです。

赤ちゃん体操の前後には、様々にご質問にもお答え頂けると思いますし、約30分専属でご指導頂ける夢のご指導です。※一部ペアー指導あり※来月からは私とボランティアスタッフだけです。

午後しかもう空いておりませんが、あと3組受け付けられます。休みの感覚がないので、ゴールデンウイークがある事をすっかり忘れていたのですが、GW最終日とはいえ、本当に貴重な機会です。どうぞ奮ってご参加下さい。お友達がおられたら是非、教えてあげて下さい。来て損はさせません。(笑)会場でお待ちしております。

akachantaisou.jpg私もお待ちしおります。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:56| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

NO.381 成果が違います。

NO.381 受給者証返納!?&合格祝い
保護者心得【自閉】LD【多動】

P3300105.jpg


 先月2名のお友達が、受給者証を返納されました…

ん?COMPASSでは、十分な成長成果が得られた場合や、各市町村の療育センター等の専門機関で知能検査を受けられ十分な数字が得られた場合、就学時相談でも十分普通学級進学が可能であると認められた場合、COMPASS卒業となります。

COMPASS本部では3月にはさらに9名のお友達が卒業されます。

寂しくなりますが、これほど嬉しいお別れはありません。

そして、本日もう一つ嬉しい報告が寄せられました。

DSC00187.jpg

1年前の段階では掛け算もおぼつかづ、漢字も書けず、アルファベットも怪しかった中学3年のお友達が、前回の私立高校入試に引き続き、本日、めでたく公立高校合格を果たすことが出来ました。

首都圏の受験事情と異なり、地方では多くの場合、私立高校へ進学するよりも、公立高校へ進学する事の方が難易度も高く、保護者も喜ばれます。(有名進学私立の場合は別ですが…)

朝早く、お友達からうわずった声で合格の吉報がもたらされました。
感動で、涙、涙です。

実は他にもここ数日驚くべき成果が多数報告され、関係者で祝杯を挙げる事が出来ました。

諦めず、焦らず、繰り返し取り組む事で子ども達の未来を大きく変容する事が可能です。

よく蜘蛛の糸のお話をするので、ご紹介させて頂きます。

多くの場合子ども達の目の前には天から蜘蛛の糸がもたらされていると信じています。

しかし、蜘蛛の糸を登るには、握力も必要ですし、根気強く登り続ける忍耐力を含め、気力や体力も必要です。

場合によっては、蜘蛛の糸に手が届かない場合もあるので、家族や支援者(私達)が子ども達を支え、持ち上げ糸に手が届くように配慮しなければならない事もあります。

何があっても大丈夫、頑張れと応援し続ける事も大切な要素となります。

自力を付けなければ、途中で登る事が出来なくなったり、時には手を放してしまったりと悲しい結果に到る場合もあります。

焦ってしまわれて、「どうして成長が得られないのでしょう…どうして成長が止まってしまうのでしょう…」というご相談もありますが、どうぞご安心下さい。

登り始める力を宿すまで、体力を蓄えるため待つ事も必要なのです。

春植えの種を、秋に植えても冬になれば立ち枯れてしまいますし、夏の日差しにたえられず成長を止めてしまったり、冬に植えても芽すら出せない事は誰しもご理解頂ける事であると思います。

時期が大切なのです。
タイミングも重要な成長要素となるのです。

突然発語が得られるのも、それまでの活動がプラスに起因している事が殆どです。

しっかりと基礎力を養う事。
応援し続ける事。
お子様の力を信じる事決して忘れないで頂ければと思います。

子ども達の成長を願って 乾杯。

DSC00180.jpg

某県の某市で、社会福祉法人の設立に関して快いご返事を頂き、大型のセンターの開設を目指す事が出来るようになりました。この勢いでと福岡市内での開設も模索しておりましたが、ようやく来週関係課に面談頂く事となりました。良いご報告が出来れば嬉しいのですが…

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:24| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

NO.377 合格しました。\(^^)/

NO.377 合格しました。
・周知事項・
GS057_72A.jpg
現在中学3年生、大分では本日私学入試の結果発表があり、朗報が届きました。

初めて会ったときは、中学3年生、不登校、引きこもり気味で、学力は小学校2年生前後、他にも様々な問題を抱え、そのままだと高校進学は、無理かと誰もが想像しておりましたが、COMPASSでの努力が実を結び、不合格者も多数出る中で、昨日私学の普通学級へ一般入試で合格する事が出来ました。

最初はゆっくり、コツコツとわからなくなっている所から手探りで始まった指導でした。

不登校でもあり高校へ進学する事も諦めなければ…と感じる事もありましたが、夏には、
「僕、高校に行きたい…」と口にするようになり、学校へも通えるようになって、周りに期待に応えるように、懸命に努力を重ね、特別支援学校の高等部ではなく、私立の高校への合格通知を手にする事が出来ました。

遅くまで、指導していた職員、応援して下さった児童相談所の方々、COMPASSに来れない時は、学校で放課後指導して頂いた先生…歓喜の声を上げる事ができました。

夢は叶うと申しますが、その過程には様々な葛藤と、努力、周りの応援と理解が必要です。

努力を重ねる事で、少しづつ成長し、その成長を一緒に喜ぶ事で、さらに辛い事にも挑戦し、そしてやがて夢は現実に変化します。夢見るだけでは願いを叶える事は困難ですが、少しの努力の積み重ねが、やがて大きな力となり、人生を劇的に変化させる事が出来た好例であると思います。

地方ですので、首都圏と事なり、私学に進学する事を望まれる傾向が強く、今度は、公立高校受験もあり、これからも、ご本人の努力は続きます。

お子様と夢を叶えて下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 15:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

NO.364 気持ちの在り方で…

NO.364 笑顔が全てを陽転させる…
保護者心得【自閉】LD【多動】

DSC03279.jpg


ある日、お友達とお母さんが訪ねて来られました。

高機能のお友達で、記憶力も高く、優れた点が沢山あるのですが、衝動行動、奇抜な言動、好奇心旺盛で、且つ行動力がありすぎで、通われている園でも手に余す状態…

集団行動になじめず、行動が目立ちすぎて、おしゃべりも得意な分あらゆる面で目立ってしまい、苦情が多くなってしまい、お母さんも、お友達も憔悴しきったご様子でした。

悪循環が起こってしまっていたのです。

心配が、心労を呼び、心労が間違いを呼び込む。
お母さんの暗い顔が、お子様の笑顔を奪い、
お子様の素直な行動を迷走させていたように感じました。

お子様の事を愛しているから、大切に思っているから、悩んでしまう。
悩んでしまうから、笑顔がなくなる。

笑顔がなくなるから、明るさが減る。
心労が心労を呼び込んでしまう。

楽しめる事も楽しめなくなる。
喜ぶべき事が喜べなくなる。

私はお友達と、お母さんに魔法をかけました。

自信を取り戻す為に。
心配を取り除く為に。

ご面談から2カ月…

お友達の園からご連絡がありました。まだ課題はありますが、成長が見られるようになったとのお話でした。

お母さんが元気になられ
お友達も自信を取り戻し
素直な行動がとれるようになり
陽転がはじまったようでした。

笑顔が、心が多くの問題を解決した事例です。

問題は知らねばなりませんが、
悪い事ばかりに目を向けるのはやめて下さい。

良い事に目を向ける事も時には大切なのです。
良い事探し、出来る事探しは自己肯定感を高めます。

楽しい事、嬉しい事を反芻させる事、繰り返し思い出し
達成感を得る事で大きな成長が得られるのです。

かけた魔法に関しては、またの機会にお話出来ればと思います。

DSC03268.jpg

魔法も必要ですが、一番大切なのは、心理状態なのです。
おかれた環境や、考え方を変える事でお友達の様子は激変させる事が出来るのです。

笑顔は生活に潤いを与え、
苦痛をやわらげ、
問題を緩和し
心を癒します。

先週45歳の若さで笑顔の似合う友人が天に召されました。
いつも自然体で、気持ちのよい君でした。

嫌な事があっても笑いとばしてくれる君でした。
大変な時にどれだけ救われたか…

笑顔が解決の道を示します。
どうぞ、悲しまず、嘆かず、笑顔でいて下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:40| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

NO.337 療育効果の違いは…

NO.337 支援機会が異なれば、成長にも違いが…集中の原則
保護者心得  【自閉】  LD  

【多動】  【注意欠陥】


DSC00779.jpg

一歩一歩進むしか、たどり着く方法はないのです。近道は出来ません。
 この度約1年通われていたお友達の、知能検査があり生活年齢を、精神年齢が凌駕する事ができ、めでたくCOMPASS卒業、受給者証返納される事となりました。

 このような事はCOMPASSでは決して珍しい事ではなく、例年沢山のお友達が成長を獲得され返納されており、昨年もCOMPASS本部だけでも、7名のお友達が返納されております。

 前出のお友達と、同時期に、同じ問題を抱えたお友達が今も通所されているのですが、残念ながらその成長成果は大きくかけ離れています。

成長の違いは何が原因でしょう。

お二人の家庭環境はほぼ同様でした。それぞれお母様もお仕事を持たれており、おおよそご家庭でお子様と関わるお時間は同じです。

症状はお二人とも言語遅滞で、学齢も同様で、体格差も殆ど変りません。家族構成も同様です。※詳細に関しては個人情報を配慮し省かせて頂きます。

基本的に、それぞれのご両親は、とても熱心な方々です。

本当に何が問題なのでしょう?

今回受給者証返納された方をAさん。
現在も通われている方をBさんとします。

Aさんは、当初月曜日から金曜日まで毎日来られ、支援を受けられました。土曜日の支援がスタートされると更に、土曜日も加え週6日来られる事となり、毎日個別療育支援を受け、日々問題を解決し、後半は飛躍的に成長を獲得し、誰が見ても大丈夫というまでに成長し、とてもお利口さんになられました。

Bさんは、以前通所されていた施設との関係もあり、最初は週1日からスタートされました。2か月目支援の違いを痛感され、週4日私共に、逆に週1日以前からの施設に通われました。4カ月が経過しかなりの成長を獲得する事が出来ました。この調子でと思っておりましたら、寒くなる頃、成長に安心しきったご両親が、運動をさせたいと、運動系の支援施設と、習い事を始められ、通所日数が半分になりました。そして春先には、英会話をとの事で、とうとう週1回来られるだけになりました。

果たしてお友達はどうなられたと思われますか?
残念ながら、逆戻りされてしまいました。平仮名の理解を示し、言葉もほぼ読めるようになり、発語も2語文、そして3語文まで到達する事が出来たにも関わらず、直ぐに使う言葉遣いが悪くなり、「僕」から「俺」に、言葉を注意されると、周りはそんな感じだからと放置され、2語文も単語に減り、平仮名も未定着から、激減し、一度覚えたと本人も思っていた事が、間違いが多くなり、自信を無くしそして逆戻りされてしまいすっかり成長成果も失ってしまわれました。※本記事記載にあたって、それぞれの了解は頂いております。

何度もご注意さしあげていたのですが、ようやく周りのお友達との落差に気付かれ、日々の予定を整理され、現在、気持ちを切り替えて療育に励んでおられます。

期間が同じでも、支援機会が少なければ成果は少なくなります。

坂道を一歩一歩登るのが療育支援です。

坂道ですので、ほっとけばずるずると下に落ちてしまいます。

学齢にもよりますが、週6回のお友達Aさんと、週3回Bさん、週1回のお友達Cさんを比べるとその差に違いが出る事を論理的に説明させて頂きます。

Aさん・Bさん・Cさんはそれぞれ同じ実力で、同じ程度の力があり、同じ程度に忘れてしまうと仮定しお話致します。

1日で覚える力を50 1日あたりの忘却率は20%とします。
ですから1日目に50覚えた事は、何もしなければ、2日目には40に減ります。

3日目には32 
4日目には25.6
5日目には20.4(ここから小数第2位は切り捨て)
6日目には16.3
7日目には13となります。
8日目には10.4 
9日目には8.3 
10日目に6.6
11日目に5.2
12日目に4.1
13日目に3.2
14日目に2.5
15日目に2 
16日目に1.6
17日目に1.2
18日目に0.9
19日目に0.7
20日目で0.5
21日目で0.4
22日目に0.3
23日目で0.2
24日目で0.1
※小数第2位以降は切り捨てで、25日目で0になります。
これはあくまで平均的忘却率ですので、苦手な事等になったり、不快感が強いともっと強烈に忘れます。 

では推論を進めます。

1日目 月曜日
Aさん BさんCさんそれぞれ3時間の支援で、50の力を得ましたが、

2日目 火曜日
Aさんは、いったん40になりますが、指導を受けて90になります。
Bさん、Cさんはそれぞれ40に落ちてしまいます。

3日目 水曜日
Aさんは、72に落ちていますが、指導後122に上昇します。
Bさんは、32になりますが、指導を受けて82に上昇。
Cさんは32になってしまいます。

4日目 木曜日
Aさんは97.6に落ちていますが、147.6にまで上昇します。
Bさんは65.6におちてしまい、Cさんは25.6に落ち込みます。

5日目 金曜日
Aさんは、118に落ちますが指導後168に上昇
Bさんは、52.4にまでおちますが、支援を受けて102.4に上昇
Cさんは、さらに落ち込み20.4に

6日目 土曜日
Aさんは、134.4になりますが、184.4にまで成長
Bさんは、81.9に落ち込み、さらにCさんは、16.3に

7日目 日曜日COMPASSはお休みですので、
Aさんは147.5  Bさん65.5  Cさん13
週1回というのは、何もご家庭で支援しなければ、8日目まで忘れ続けるということなのです。

そしてようやく待ちに待った月曜日の8日目です。
Aさんは、118に落ち込みますが、168に上昇
Bさんは、52.4に落ち込みますが、102.4に復活
Cさんは、10.4にまで落ち込みますが、60.4になります。
AさんとCさんの差は2.7倍つまり約3倍です。
何かで休んでしまうと大幅に減退します。

数字ではこのようになりますが、Cさんの場合ほぼ最初からやり直しです。学齢にもよりますが、精神年齢が幼ければ幼い程、ともすれば指導者とのポジショニングからスタートし、人間関係構築からやり直しで、精神的にもくじけてしまいます。

これを距離で考えると、Cさんは、同じ所を何度も何度も繰り返し通る事となり、次第にやる気が無くなり、成長の芽が枯れてしまう場合も少なくないのです。

成長の機会は常に訪れますが、その進捗は学齢により低減してしまいます。今しなければならない事を決して間違えないで下さい。

運動機能に大きな問題があれば、作業療法等の支援が必要です。これは紛れもない事実ではあるのですが、運動機能はほぼ正常ならば、プロの運動選手に育てるのでないかぎり、しっかりと言語能力を習得すべきなのです。

何をおいても、「語彙能力」を養い、
考える力を獲得するべきなのです。

言語習得が山半ばの場合、英語を学ぶのは早計であり、言語的混乱を招くばかりです。
※ちなみに私が大好きで、英語の指導免許に関しては、小学校では県内でも一番早く取得していますが、適切な時期を選んで頂きたいと思っているだけなのです。

ソウシャルスキルを身に着けようとしても、その意味を把握しなければ、「きちんと」という意味がわからなければ、「ちゃんとしなさい。」と言われてもその行動の本質を理解する事はかなり難しい事となるのです。

言葉があやふやなのは、土台がゆるゆるであるのと同様です。

その上にいくら立派なお城を建てても、その城は傾くか、崩壊してしまうとご理解下さい。

能力獲得には、集中する事
集中する時期が大切です

力を分散せず。集中して下さい。

DSC01252.jpg

集中のその向こうに成長が待っています。迷った時は、どうぞCOMPASSにお出で下さい。ご一緒に考え、お子様の進むべき正しい道へお導き致します。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:37| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

NO.328 出張療育報告

NO.328 2語文でもらい泣き…

【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

4月は、熊本地震が起こる前まで、第2週、第3週と各COMPASSを巡回しておりました。

2回目の本震が起きた当日、最終地のCOMPASS岡山で関西圏から通所されているお友達とお母様に久しぶりにお会いする事が出来ました。

以下の写真はスタッフがお友達専用に手作りした2語文作りの為の指導ツールです。

ママカード.jpg

お友達は金曜日、土曜日と1泊2日で療育に参加されていたのですが、上記のカードを見せて、最初に作った文章は…

IMG_3353.jpg

それを見た、お母様も、関わっていた指導者もみん感動し、嬉しさのあまり皆涙したそうです。

療育に携わる中で、どの子もすくすくと成長してくれれば嬉しいですが、スムースに課題をクリアーしている時もあれば、はたと成長が止まってしまっているように感じる時もあります。

スムースな時と、どうしても比べてしまい、焦りと、不安から不機嫌になったりしてしまいがちなのですが、成長が目に見えているときばかりではなく、内在し熟成を待たねばならない時もあるのが実情です。

関西からのお友達もここ数カ月、思うように成長がみられず悩んでおられたようだったのですが、この一件で心機一転されたようで、私達も安堵し、お見送りする事が出来ました。

斜め45度に成長していけば嬉しいのですが、熟成期間つまり、頭の中で、整理整頓し反芻しながら自分の力に変えていく時期も大切な要件となります。

常々、焦らず、諦めず、あてにせずと申し上げておりますが、どうしても焦ってしまうのが親心です。

成長が止まったように見えて、実はその準備をしている期間もあり、継続して指導する事により突如何等かの契機で成長が現認出来るようになられます。

言語の問題など、言えそうで、言えない、いくら練習しても出来ないと悩まれておられるご父兄も多いと思います。

でもどうぞ、お子様の力を信じてあげて下さい。

今日は駄目でも、明日、継続さえしていれば1週間後に、あるいは1カ月後に、ともすれば3ヶ月後に突如話し始めるという事も少なくないのです。

今回はその好例のように感じ、成果報告としてお知らせさせて頂きました。

大切なお子様の成長は、だれが何と言おうとも、お母さんが信じ、貫き通す事で成果がえられます。

よく私は、「お母さんが信じなくて、誰が〇〇さんの成長を信じるのですか?」とお話する事がございます。

誰が何と言っても、信じてあげて下さい。
指導し続けていれば、刺激を与え続けていれば、必ず成長の芽が伸び始める事をお伝えしたいと思います。

諦めて、指導をやめた段階で、成長の芽は枯れてしまうのです。何があっても、どうぞ信じてあげて下さい。

「おかあさん きれいです。」何よりの褒め言葉だったと思います。
指導し続ければ、こんな奇跡が起きるのです。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 21:43| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

NO323.卒園式が終わって。

NO323.今年の春は…
保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD

梅の花も賑やかに、サクラの花もほころび始めた今日この頃、今年も卒園式の時期となりました。

IMG_0429.jpg

今年のCOMPASS本部は
10名の年長のお友達のご指導を
させて頂きました。 今年も昨年と同様に
8名のお友達が普通学級へ進学する事が正式に決まりました。

その内2名の方は、途中の知能検査の結果、IQも生活年齢の指針を超え、受給者証も返納された方が2名、途中でCOMPASSを卒業されました。

この春返納される方も3名、しばらく様子をみるものの殆どの方が返納される事になると思われます。

通級指導を受けられる方も感情のコントロールが整えば、普通学級へ通われる事になると思われます。

ダウン症のお友達も普通学級へ、問題なく進学される事がきまりました。

明後日、3月21日19時からTBSの番組の中で一部COMPASSの様子が紹介されます。
私共の手法のほんの1部ですが、ご覧頂ければ参考になるかと思います。お時間があれば是非ご覧ください。


IMG_1450.jpg

ちょっとタイトルが療育指導を連想させるものではありませんが、その中でCOMPASSの一端を見て頂く事が出来ようかと思います。予告動画もありますし、放送内容も記載されております。(自閉症のパートの中で放映されます。)どうぞお楽しみに。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 20:15| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

NO321.出張療育報告:追加編

NO321.魔法の手法で in高松B
食いしん坊万歳!?

【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

前回は、土曜日から水曜日までの出張でしたので、木曜・金曜日のお友達に会いにCOMPASS高松に出向いておりました。

2日間の中で、発語能力はもっており、時折お歌も歌える(私は現認はできませんでしたが…)という、お友達なのですが、1日半まったく発語するようすもなく、担当の話では、意味一致つまり、リンゴとは言えても、リンゴの絵や、りんごそのものがわかっているか微妙で、指示が通る時間が短い為確認も困難…

目も合わず、スッとやってきては、トコトコと動き出す…そんなお友達の支援の糸口を1日半かけて探しました。

来所当初は、着座し最初は発語しようと努めるのですが、少し経つと気がそぞろとなります。集中力が途切れると、ふらふらと気の向くまま風のようです。

でも彼が歌うアニメを見せようとすると、目を輝かせて着座します。

ん…

でもそこまで、なかなか次の行動に繋がりません。

何か他のお友達が楽しそうにしていると、とうまきにその様子を観察しているのですが…思うようにリード出来ません。

そして二日目のお昼時間になりました。

指導員の先生たちが、机を移動させ準備を始めると、おや、こちらが促す前に着座し、ニコニコしながら待っています。

これだ〜やっと見つけました。

お友達は体も小さく、とても軽かったのですが、想像以上に「食いしん坊だったのです。」

さっそくお店にいつもと違うお菓子を買いに行きました。

幸いアレルギーはなかったので、えび●んと、チョコポ●キーを買ってきました。最大効果を狙ったチョイスで、他の問題は置てお読み下さい。

まず、先生に食べさせます。
えび●んを一口「おいし〜い」もう目がキラキラしています。

PIC_0122.jpg
おもむろに絵カードをとって示すと「ひこうき」とはっきり発語するではありませんか…

後は堰をきったように、話し出してくれました。

食いしん坊万歳!!

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 23:09| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

NO320.出張療育報告

NO320.魔法の手法で in高松A

【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

COMPASS本部に、マッサージの資格者が新たにスタッフとして加わり、予てから要望していた子ども達への新たな支援方法として準備しております。

その事をCOMPASS高松で話した所、フェイスマッサージとハンドマッサージの経験がある職員がいる事が判明し、午前中の支援の中で、小さなお友達と挑戦する事となりました。

GS078_72A.jpg

極楽マッサージ?
1名のお友達に対して4人がかりで、顔、右手、左手、ついでに足のソフトマッサージが始まりました。

対象は発語がなかなかみうけられないお友達だったのですが、私がお腹をちょこっと触ったところ、くすぐったいようで、「あ~」とか「う~ん」とかいつもと違ってかなり大きな声の発声がみられました。

私達も「え~」なのですが、嫌がっているのではなく、楽し気な声が出るではありませんか、その後の支援もいつもと違って、少しづつ発語しだしたのです。

「あ・う」も出るのなら、他の音もと挑戦すると、ちょっとづつですが、出るのです。

マッサージ効果もあってか、とてもリラックスしている様子で、とても楽し気で、それを見ていたお母様もニコニコでお帰りになりました。

発語のよいきっかけが出来たと考えております。出来れば今週再訪し強化出来ればと思うのですが、このようにちょっとしたきっかけを見逃さなければ、成長に転嫁する事が出来る好例ではないかと思います。

夏までには沢山お話出来るようになると思います。

ダウン症のお友達のケースでは…
初めて二人っきりで別室に入って、発語チェックを行ったのですが、なかなか発語できません。いろいろ試してみますが、指示した言葉はなかなか声になりません。

途中で気がついたのは、とても強い力で噛む事に気が付き、ちょっと頬を両手で触ってみると、上顎と、下顎が時折大幅にずれているようでした。

耳の斜め下側からあるのが咬筋で、耳の上、側頭部にあるのが側頭筋ですので、それを指先と手の平でそっと支えて、顎の位置をただして発音すると、あら不思議きれいに発音出来る事がわかりました。

本人も夢中になって発語します。

その日は、50音表の3音を除いて全てきれいに発音する事が出来ました。

それがわかって指導員も手を頬にあてるようになったのですが、触られるのがちょっと嫌なようで、今日の様子(ネット中継)では、自分で支えて頑張ようになっていました。

今週の目標は「おかあさん」です。

バラバラの音では出来るのですが、まだ声が小さかったり、「・かあさ・」(・はこもった音)ですが、少なくとも月内にはきちんと発語出来るのではと考えています。

ちょっとしたきっかけがあれば、発語に結びつく2例です。


次回は逆に「おしゃべりが多いお友達」の対応に関してお伝えしたいと思います。

アメリカの最新療育に関しては、もう少し整理して、お知らせしたいと思います。

テレビ放映は3月21日に決まりました。勿論全国ネットです。司会は女優の松たか子さんと、安住アナウンサーとの事です。詳細は分かり次第別途お知らせ致します。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 23:01| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

NO319.出張療育報告

NO319.魔法の手法で in高松@

【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

渡米していた先生と入れ違いに、先週末から四国は高松へ子ども達の様子を見る為、こっそり伺っておりました。

IMG_7420.jpg1111.jpg

成長記録は毎月送ってもらっておりましたが、発語の発達が予想よりも遅く、繰り返しの取り組みも高松では※出来るだけ継続的に行っておりましたが、衝動行動を抑える事、集中力の継続性等、もっと伸びても良いはずなのですが、実現できておりませんでした。

※補足事項  現在COMPASSは、福岡、大分、熊本、岡山、香川県で施設展開しております。通例の通所日数は、1か月から8日除いた日数となり、20日前後頂けるのですが、香川県下では高松市のみ最高で15日、平均は8日、少ない方は2日と他府県と通所可能日数が限定されております。香川県でも他の市町村は他府県と同じ支援体制がとれますが、私達が理想とする支援の実現は難しい地域となっております。岡山は岡山市内の事情しか把握できておりませんが、高松市と同様となっております。通所日数に関して、その理由や行政のお考えに関して言及は避けますが、他の地域と同条件ではない特殊な縛りが高松市、岡山市にあることを補足しておきます。

初日2月15日月曜日
本日の目標は、継続的支援の実現です。

ウエッブカメラで子ども達の様子をリアルタイムで観察出来るようにしていたので、おおよその行動パターンは把握しておりましたので、最初の脱出がおこる直前までいつもの先生に発語チェック&トレーニング指導をしてもらい、タイミングを図り、来所20分で私にスイッチしてもらいました。

机の向きをかえ、いつもと違うポジションをとりいつもと違うカードで発語のトレーニングを始めます。小さなカードで1音づつチェックを行います。きちんと言えるとご褒美としてお友達に渡し、机に並べさせます。

小さな声で、うつむき気味にもごもご発語します。でも私の口もとを一生けん命に見てまねします。

並べ終わったら今度は数のカウントです。一緒に指はさせますが、言葉には出来ません。
それから、色の分別選択、タブレットを活用してのなぞり書きの練習、音の組み合わせ遊び、カルタ指導、紐通し5種…3時間半の指導を実施しましたが、途中2度トイレに行っただけでまったくうろうろする事なく、懸命に取り組む事ができました。

途中で大きな声で発声出来たりと、もうすぐ音が溢れ出しそうな様子も伺えます。
職員全員でたくさん褒め、一緒に喜びを分かち合います。

半日一緒にいて、集中力、継続性の獲得だけでなく大きな問題に気づく事が出来ました。

お友達は音の強弱、高低差で聞こえたり、聞こえてなかったりしていたのです。特に低音に関して聞き取る力が不十分な事に気が付く事が出来ました。

そうです、時には自分の発する声も聞き取れていなかった可能性があったのです。

2日目16日火曜日 セカンドステップへ
2日目はお願いし、日程を変更して来所頂きました。お母さんに前日の報告と気づきをお話したところ、難聴を指摘された時期もあったが、通例の生活には特に困る事もなく検査でも聴力が向上したとのお話でした。

普段の生活の様子を伺うと、有益な情報が1つ「お風呂では大きな声で楽しげに奇声を上げる事がある…」一機にもつれた糸が外れました。

本日の支援では課外活動の許可を頂き支援をスタートしました。

昨日と同様、他の先生が指導しても身じろぎもせず頑張ります。途中、顔の緊張をとる為、フェイスマッサージを施すと気持ちよくリラックスしたようで、首も伸びています。

4時間近く頑張り、課外活動に出発しました。

自分の声を拡声し、大きな音を聞かせる場所…

に出発です

お店の方に事情をはなし、出来るだけ他の部屋の音が聞こえないお部屋をお願いします。

マイクをセットし、エコーと、ミュージックを切り、マイクボリュウームを上げて発音トレーニング開始です。

生まれて初めて大きな声を聴いたので、最初は自分の声に目をぱちくりです。

そして奇跡が起こりました。
今まで単音しか出なかったお友達が、最初は2音、そして3音の言葉、4音、5音、濁音に拗音、拗長音、2語文と僅か1時間の間で一杯発語する事が出来ました。以下は担当者の報告です。

困難と思っていた事が瓦解出来ました。

鹿 犬 猿 馬 本 家 帽子 リンゴ ウサギ ヨット 靴 メガネ 象 車 みかん

魚 旗 バス 傘 猫 時計 船 蛇 アリ 椅子 自転車 ボールの発声ができました。

ニンニンジャーの歌の際に「ワッショイ」「ニンニン」と言い曲が終わると「もう1回」と話しマシンを操作し3回曲を繰り返し楽しむ事が出来ました。


GS144_72A.jpg

おうちの方も信じられないといったご様子でしたが、撮影したビデオを見て本当に驚かれておりました。

覚醒した後は、どんどん成長する事が可能です。

今回の出張指導では他にも多くの成果が得られました。
次回は出張療育の別な成果をお伝え致します。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

NO303.一人で出来るもん…

NO303.トイレが出来るようになりました。
保護者心得
沢山頂くご相談の中で、トイレのご相談は必ず頂くお話の一つです。

モデル愛子.jpg

多くの場合、通例のトイレトレーニングを持続的、継続的に行っていけば学齢が上のお友達でもほぼ、解決出来るようになります。

神経伝達の問題等で、尿意を察知出来ない、排せつする直前までわからないというお友達の場合は、食事時間や、摂取量を正確に調査、調整しながら、排尿する時間とタイミングを計測する事により、それぞれの所定の時間にトイレ誘導する事で大きく改善する事も可能で、オムツにたよらぬ生活が送れるようになります。

何かに集中しすぎて、排せつする事を忘れてしまう事も、時間計測と規則正しい生活リズムを確保する事で、改善する事が可能です。

失敗している根源的要素の一つは、周りの大人が諦めてしまっている事ではないかと思います。

隣りの〇〇ちゃんは、〇歳の時にはきちんとできたのに…という考え、育児本等に、何歳までにはこうできる、このように成長すると書いてある事から、うちの子は出来ない、ああどうしよう…となってしまう事に問題があるように感じます。

保育雑誌にのっているのは、平均的なお話です。

子ども達はそれぞれ個性をもっているのですから、枠にはまった考え方は捨てなければなりません。3歳で出来なくても、5歳には出来る事が6歳であっても10歳になってからでも出来るようになるのであれば、いつでも良いという考えを持たねばなりません。

早いに越したことはありませんが、そこで出来ないと諦めてしまう事の方が問題なのです。出来なくて当たり前、もう出来ないと思い込み、指導を止めてしまう事が問題なのです。

どうすれば問題が解決出来るのかという点に注力下さい。

@排せつする感覚がわからないのか。
Aどうすれば気付けるのか。
Bタイミングがわからないのか。
C我慢しすぎていないのか。
Dトイレが狭くて苦手なのか。
Eおまるを使うのが恥ずかしいのか。
Fリビングでするのが嫌なのか。
Gトイレが暑かったり、寒かったりするのが嫌なのか。
H脱着が面倒なのか。
Iお尻を拭いてもらうのが気持ちよいのか…

問題を一つ一つ確認しながら指導を進めていきましょう。
早ければ1〜2週間、殆どの場合は、3ヶ月から半年あたりで自立できるようになります。

小学校1年生でも4年生からでも、諦めず支援をし続ければ出来るようになるとお考え下さい。

現在COMPASSには300名を超えるお友達が通所されており、トイレ問題があった方の8割以上、実に今年は40名近くがトイレの問題を既に解決されておられます。
皆1人で出来るようになられています。

小学生にもなってトイレトレーニング…とお嘆きになるのはお止め下さい。
今ここで諦めるとずっと介助が必要になってしまいます。

小学生でも中学生でも今頑張って1人で出来る様支援してあげて下さい。

やっかいなのは、実は10番目ですので、明日は10番目の対策方法をお知らせします。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

NO300.Merry Christmas

祝・300回がクリスマス
IMG_1780-1.jpg
メリークリスマス。今日は朝から子ども達が、「先生サンタさんが来たよ」と嬉しそうにお話してくれます。「昨日寝てる間に…」「今日夜くるの…」と子ども達も楽しそうです。
PC220020.jpg
COMPASS本部でも子ども達と楽しいパーティーをし楽しい時間を過ごす事が出来ました。この大きなツリーは約30年近く子ども達の成長を見守ってきてくれた思い出のツリーです。

今年は、保護者の方から今まで見た事もない大きなポインセチアも頂き、12月初旬からお祝い出来る日を楽しみに過ごしておりました。

クリスマス・・以降春にかけて沢山の奇跡が起こります。
NO296.成長は突然に…のお友達も、「1・2・3・4…」と数字も言えるようになりました。

NO245.入園許可を頂いて…のダウン症のお友達も、更に成長を続け、なかりわかりやすい発音も獲得し、ダウン症である事を忘れてしまう事がある程に成長を遂げる事ができました。おそらく国内で1番成長を獲得されたと思います。毎日着座して8時間以上も課題にも取り組めるようになっておられます。

自閉傾向が強く、発語の困難なお友達も、まだはっきりと発語にまではいたっておられませんが、傾聴し、行動する事が出来るようになり、関係施設、療育センターからも成長の程を賞賛頂く事ができました。もう少しで発語も獲得出来ると思います。

ダウン症のお友達で、発語も少なかったお友達も、手話を覚え、コミュニケーション能力を獲得し、次第に発語の量も増えて来られており、成長進度に拍車がかかっているお友達もおられます。

ダウン症の小学校さんで、意思疎通も難しく、着座時間も短く、物をなげたり、登校の際には、道行く人付いて行ったり、突然教室から脱走するようなお友達も、今では2時間以上きちんと学習に取組み、文字を書き、覚え、読み、学校にも1人で登校できるようになり、驚異的な成長を獲得されているお友達もおられます。

順番が守れず、他人を押しのけ、おもちゃをとり、気に入らない事があると大声で泣き出し、自傷行動や、他のお友達を叩いたり、けったりしていたお友達も、静かに順番を待って、他人に物をゆずり、独り占めせず、協調して遊ぶことが出来るようになりました。

暴言をはきちらしていたお友達も、やさしい言葉で会話が出来るようになり、周りに沢山のお友達が集まるようになりました。

今年もあとわずかですが、日々成長を獲得する事が可能な季節となっています。
お子様の成長を信じて、努力を続ければ、必ず成長を獲得する事ができます。

神様を信じて…Merry Christmas!
IMG_1621.jpg
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 22:12| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

NO297.にこにこグングン

NO297.お友達に会いに…

保護者心得  【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】


前回の「NO296.成長は突然に…」のお友達に会いに四国に行ってきました

今回は3日間の滞在で、2日目に会うつもりでしたが、ラッキーな事に、初日・2日目とお出会いする事が出来ました

IMG_2675.jpg

初めてお出会いしてから数カ月たったのですが、何とも愛らしく笑顔がとても良く似合うお友達に成長されており、2日目には成長のほとばりしを沢山見届ける事ができました。

ニコニコ笑顔がこぼれており、顔つきも以前にもまして可愛らしく、目元も口元も可愛らしく成長されていました。

お母様も笑顔であふれており、お子様の成長を確信され、更なる成長を大きく期待されているご様子で、私もお友達のご様子を拝見し、さらに成長し続ける片鱗を確認する事ができました。

伝えたい事が一杯で、始終気持ちを伝えようと懸命に頑張っているのです。
沢山の発語の片鱗が見られ、終始笑顔で満ち溢れているのです。

1つ1つに私達も反応出来るほどの成長ぶりで、思わず見ているこちらも笑顔になり、笑顔がそれぞれ共鳴して相乗効果を呼び、笑いが頑張る力を呼び起こし、またその成長に周りも喜ぶ一番良い状態に突入されておりました。

成長のきっかけは、「にこにこグングン」なのです。

学齢もまだ低く、小学校に就学する前には、多くの成長を獲得しご両親も安堵される日は遠くないと感じる事ができました。

意思疎通ができ始めると、笑顔が溢れるようになります。
表情が豊かになり、癇癪を起す事も少なくなり、多くの場合無くなります。

PIC_0061.jpg

お友達も同様で、お母様のお話では、性格も穏やかになり、毎日楽しく過ごしておられるとの事でした。みんな「にこにこグングン」なのです。

春までにはもっと多くの言語を獲得し、沢山お話出来るようになると確信し、帰福する事ができました。ハードな3日間でしたが私もニコニコの3日間でした。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:01| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

NO296.成長は突然に…

NO296.ホップ・ステップ・ジャンプ
保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD

COMPASS丸亀、3歳のお友達のお話です。

春にご面談させて頂いたお友達で、当時は受給者証もお持ちでなく、どうしたものかと、ご親族と一緒にご相談にお越しになられました。

GS137_72A.jpg

タイミングよく私がお相手させて頂いたのですが、当初はしゃべる事もなく、言う事もきかず、怒るとウーっと大きな声で泣き出したり、時にはご家族に手を出すような状態との事で、COMPASSでもお友達の態度はよろしくなかったようで、私の記憶は定かではないのですが、その際、私が厳しく指導しお帰り頂いたお友達がおられました。

後で聞くと、私に厳しく叱責されその日から、ご家庭の態度も変わり、余り無理を通さなくなり、格段に大人しくなられたとの事で、6月頃からCOMPASS丸亀に通われるようになられました。

それから日々、発語のトレーニングと、硬軟とりまぜながら、順番を守ったり、ルールを守る事を指導をさせて頂く事となりました。

6月、7月、8月と夏を越え、秋になり9月、10月、11月と一進一退を繰り返す中で、少しづつ態度も変容し帰る時には、バイバイと手も振れるようにもなりました。

先生達も「さようなら」と言う時、手をふっていたのですが、お友達の手は逆手で手の甲を相手に向ける裏バイバイだったのですが、徐々にそれらの行動も改善されていきましたが、秋になっても発語は困難を極めておりました。

しかし、誰一人諦めず、お友達の成長を信じて、ご家族も私共も粛々と指導の日々を過ごしておりました。

そして昨日もいつもと同様にご家族がお迎えにこられ、先生達も「またね、さうなら〜」と送り出そうとした時、突然それは起こりました。

誰も予想すら出来ていなかったのですが、余りにも突然に一言も発する事がなかったお友達が、

「さようなら、みなさん、さようなら。」

と言ってくれたのです。

歓喜の声がCOMPASS内に響きました。

ご家族も感涙されておられます。

「言った。初めて言えたね。すごい。〇ちゃん、言えたよ。」

お友達も得意げで、それから「さようなら」の連呼です。

先生達も号泣で、その場にいた皆が感激し共にお友達の成長を喜ぶ事ができました。


成長は突然やってきます。

今回のように、その予兆も感じる事が出来ないケースも多々あります。

初めて会った時に発語出来る子もおられますし、1ヶ月、半年、1年かかるお友達もおられます。それは神様しかわからない事かもしれません。

これくらいの間にと大よその検討が付く場合もありますが、ある一つの事を守った人だけが享受出来る成果もあるのです。

継続的な支援をし続ける事。

諦めず、挫折せず、お子様を信じ支援し続ける事。

忙殺され久しく忘れていた、大切な事を思い出す事が出来ました。

GS058_72A.jpg

ホップ・ステップ・ジャンプと勢いよく成長出来ればいう事ないのですが、長〜いホップから突然ジャンプする事があるのです。

一度ジャンプ出来ると、以前より短い時間でジャンプする事が出来るのです。

次は何を話してくれるでしょう?

諦めず適切な支援をし続ければ奇跡は起こるのです。

奇跡を起こすのはご家族です。
頑張ってお取組みされて下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:47| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

NO275.成長のチャンスと、突然の成長

NO275.可能性はふんだんに、変化は突然…

保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

IMG_7673.jpg
お友達と一緒に行動観察演習を実施行いました。
IMG_7726.jpg
サーキット練習です。

平均台、ジグザク走、スタンドジャンプ、一本橋等様々な運動を行います。指示に従い、周りの行動を観察し、見習い、推測し、模倣する。運動のみならず、子ども達にとって多岐に渡って能力を刺激します。

療育支援は机上のペーパーばかりではないのです。上の学齢のお友達が、下の学齢のお友達のお手本となり、しなければならないという使命感を認識したり、あるべき姿を模索する事になるのです。

様々な機会を通じて成長を遂げる事ができるのです。

子ども達には、それぞれ可能性の種を持っています。その種をどう発芽させるのかが問題なのです。様々な機会を通じて発動の機会を誘うの事が大切であるとご理解下さい。

発動の機会が運動ばかりではありません。リトミック等の音楽活動であったり、絵画や書道であったり、珠算であったり、しりとりや、ゲーム、縄跳びや、鉄棒だったり、ご家庭でのお手伝いであったり、兄弟のお世話であるなど、その機会は数多あるのです。

得意な事、出来る事を探してあげて下さい。その芽を伸ばす努力は療育支援には不可欠なのです。

嬉しい成長報告がありました。
小学校就学前のダウン症のお友達の成果報告です。4月からお預かりしておりましたが、距離の問題や、お仕事の関係、支援日数の制限もあって、週に1回から2回のご支援しかできていなかったお友達からの成長報告です。

半年程たってからのお知らせですが、
@保育園で、手話を使いだし、保育園の先生方からも「覚えなければ…」とのお話を頂きました。※そうです、自分の気持ちや考えを手話を通じて表現できるようになったのです。

A50音がランダムではありますが、16文字きちんと読めるようになられました。※時間をかければ、時間がかかっても、言語習得が出来るようになられたのです。半年で16文字ですが、恐らく今後はもっと早いスピードで文字獲得が出来るようになるのではと予測します。知識はスノーボールなのです。雪だるま式に増えていくのです。

B話せる単語がとても増えた。※正確な語彙数を把握できてはおりませんが、これ序章であり、始まりなのです。時間をかければ、繰り返せば繰り返す程語彙把握が出来るという可能性を現認されたのです。

療育支援には個別での連日療育が理想的ではありますが、通例の地域では、1ヶ月に20日以上通所出来る地域が殆どですが、一部の地域では行政判断から、1ヶ月に14日以内または、5日以内しか利用出来ない市町村もございます。

毎日出来る事が理想で、通所日数を確保されておられても、お仕事の関係や、距離の問題等で通えない場合もございます。

如何なる場合においても、ご家庭での支援が大切です。毎日信じてお取組みされる事で多くの問題を解決する事が出来るのです。

前出のご家族も、不安に苛まれながら只々信じてご指導に取り組まれたのであろうと思います。お子様を信じる事、信じて支援を繰り返す事で獲得されたきっかけ、御印であると思います。

努力の先には、成長が必ずあるのです。諦めず、現状に嘆くことなく、お子様の成長を信じて御取組み頂ければと思います。

お子様の成長は、お子様の未来はご家族の手の中なのです。



ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 21:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

NO257.極めれば力…

NO257.神様からの贈り物

保護者心得【言語】【ダウン症】【自閉】LD【多動】【注意欠陥】

初めて出会った時は、一言も発する事が出来なかったお友達…発語が可能となり、文字を覚え、文章を理解できるようになったある日、強く言葉に惹かれるようになり辞書が愛読書になったお友達がいます。
画像 168-1.jpg
漢字も好きになり、漢字検定にも挑戦し、次々と検定に合格し漢字博士になったお友達がいます。まだまだ計算は苦手ですが、長所が目立ち、短所を克服してくれています。
IMG_6305.jpg
音楽が好きで、バイオリン大好きになり、世界的なバイオリニストの直弟子となり、小学2年生でバークリー音楽大学(Berklee College of Music)のプレスクールに推薦がもらえたお友達もいます。

DVC00041.jpg

ピアノも僅か数週間でプロのピアニストを凌駕するほどの腕前になってしまうのですが、時計は読めませんし、お友達の名前も覚えません。衛生観念も若干欠如していますが、皆に可愛がられ長所が短所を消失させる事となっています。

IMG_839.jpg

25年前の出会いでしたが、ある男の子は折り紙が得意になり、それを契機に徐々に学校の勉強にもついていけるようになったお友達もおりました。今では建築士として第1線で活躍するほどになりました。未だにお風呂は嫌いだそうですが、子どもを1人授かり幸せな家庭を築いています。

P4010214.jpg

一度作ったクッキーを皆に褒められて、それ以来お菓子つくりに没頭しているお友達がいます。算数は苦手ですが、分量は間違えません。国語も苦手でしたが、お菓子の本を読むために努力して読めるようになりました。今はパテシエを目指しておりフランスに留学するための資金集めをしています。

極めれば力となります。

短所を覆い隠す程の力となります。長所が目立ち、長所がまぶしくて短所が見えなくなるのです。短所が気にならなくなるのです。

極める為には努力し続ける力が必要で、それは周りに褒められた経験や、周囲の励ましが大きな原動力となります。好きな事、打ち込める事が見つけられるのは幸運な事なのです。

得意な分野を持てる事はとてもラッキーで、好きな物に没頭できる事で様々な問題を解決する事が可能なのです。出来ない事ばかりに注意を払ってしまいますが、出来る事を大切に伸ばしてからでも短所の克服は遅くないのです。

人生に規定路線はないのかもしれません。ちょっとした賞賛が人生を変えるのです。


続きを読む
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 03:07| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

NO250.音楽療法の成果 その2

NO250.ゲームから忍耐と規律を

保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

前回に引き続き、COMPASSにおける音楽療法の取組みについてお話したいと思います。

音楽療法で、ほどよい挫折と忍耐力を
音楽療法を基盤とする様々なゲームにより、遊びの中で、様々な社会適応力を身に付ける事が出来ます。

IMG_5047.jpg

本気の椅子取りゲームもその一つです。

学習でも運動等でも周りで応援したり、励ましたりして克服する事は出来ますが、あくまで1人で立ち向かわなければできません。心が脆弱なお友達の場合、その障壁を乗り越える事が出来ません。

それは様々な課題に1人で立ち向かっているからです。

リトミックのような音楽療法では集団での取組みが可能で、1人という立ち位置から解放されます。

仲間を得る事で、乗り越える力が出るのです。皆が支えてくれるのです。

IMG_5058.jpg

上記のように、ちょっとしたゲームなのですが、負けると泣いたり、寝転がっはぶてたり、ふてくされてり、奇声をあげて大声で怒ったりと感情をコントロールできなくなってしまう局面に出会います。

繰り返し、一緒に楽しみ、ルールを共有していけば、感情をコントロールする事が出来るようになるのです。本気のゲームですから、写真のように最初は暴れてしまうような事もありましたが、今では皆楽しく取り組む事が出来るようになっています。

普通のゲームと音楽をベースにしたゲームでは能力の覚醒が段違いで、リズミカルなせいか、歌の効用で、調和性が高くなるためか、スムースな切り替えが出来るようになります。

皆で「ご一緒だから」かもしれません。

音楽をベースに指導していくと、「次に踏み出す力」を得る事が出来るのです。皆に応援される事で、ルールを守る力が得られるのです。

負けを認め、自分を押さえる、そして次のゲームに参加する。この繰り返しで心のコントトールが容易くなります。心を制御する力が得られるのです。

IMG_5083.jpg

気持ちを切り替える単純な方法です。繰り返し行えば、よりスムーズに心の制御が可能となっております。

音楽による日々の取組みを実践すれば、より高度な忍耐力へとつなげる事が出来ると考えます。

机上の指導だけではなくこのような取組みでも子ども達の社会性を育てる事が可能なのです。音楽の力も大切な療育支援に繋がります。

軽視せず楽しく取り組む方法の一つとして試みられて下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

NO249.音楽療法の成果

NO249.歌と音楽の効用

保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

全国の沢山の施設で、お友達の社会性を育もうと様々な取組みが行われております。

現在COMPASSでは昨年より実験的にリトミックを多用しての取組みを行っております。成長を示す一例として今回ご紹介させて頂きます。

IMG_4281.jpg

気持ちの切り替えが…出来るのです。
私は、幼稚園の園長をしておりました。園では登園時間はバラバラで、早く来たお友達は、本を読んだり、園庭で遊んだり、ブロックで遊んだりバラバラな活動をして遊ぶのですが、遊びから全体活動へ移行させる段階で、「はじめの歌」を斉唱します。

最初は切り替えが出来ないお友達も、毎日の繰り返しで気持ちの切り替えが可能となります。降園の際も同様です。「終わりの歌」を斉唱するともっと遊びたいという気持ちを切り替える事が可能となります。

おかたづけ〜おかたづけ〜さあさ みんなで おかだずけ〜もとても効果的な音楽療法の一つであるとお考え下さい。

発達障がいのお友達の多くは「切り替え」が不得意です。切り替えを促す材料として音楽はとても有効です。1人で頑張れなくても、皆と一緒だと乗り越える事が出来るのです。
周りの目、お友達との関係、成長しようとする気持ち、周りの成長全てを包括した上で、一緒に歌を謳う事で力を得る事が出来るのです。

COMPASSにも「COMPASSのうた」があります。

IMG_4034.jpg
1番は「はじまりの歌」、2番が「終わりの歌」です。

何度か動画をとったのですが、声が大きすぎて割れてしまっていますのでもう少し上手になったらお聞かせします♫
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

NO245.入園許可を頂いて…

NO245.幼稚園の入園許可を頂きました。

保護者心得  【言語】  【ダウン症】  

昨年の1月(年少の1月)から、ご指導させて頂いてきたダウン症のお友達。それまでは無認可の保育園に通っておられましたが、4月からお試し入園の機会を幼稚園から頂いて、先日正式に入園の許可を頂き、制服に袖を通す事が出来ました。
IMG_7092.jpg

ピカピカの年長さんです。
よく似合うでしょう。

発音に課題は残っておりますが、1年数か月をかけて、トイレの問題、言語理解の問題等多くの課題を克服しこの良き日を迎える事が出来ました。

入園許可のポイントは様々あったのですが、幼稚園の先生の指示を理解し行動する事が出来るという事が最大の評価ポイントでした。


数日前より、口頭試問の練習がスタートしました。
口頭試問ですので、試験官の質問に対して口頭で応える試験の為の練習です。様々な設問に対してスラスラと答えられるようにする為の練習です。

設問数は数百種類にも及びます。ようやく全ての設問に対して適切な答えをご用意して頂きました。

これから毎日正確に答えられるようにする為の訓練が始まります。

明日から1日5文 10日で50文 ロスカットもありますので、150日後には少なくとも500種類以上の設問に対して、速やかに、正確な発音で応える事が出来る様、ご家庭でも特訓して頂きます。勿論COMPASSでも毎回実施します。

実際は少し違いますが、以下のような簡単な質問から始まります。

Q1.お名前は
A1.〇〇〇子です。

Q2.お年は
A2.6歳です。

Q3.どこの幼稚園ですか?
A3.〇〇幼稚園です。

この積み重ねが出来れば出来るほど、意思疎通が可能となります。

私達の会話はこれらのような応酬話法の組み合わせで対応する事が可能です。

応酬話法
商品販売を行うにあたり顧客(買い手)の質問や、反応に応答するための基本的なセールス・トークをさします。多くの場合、顧客の対応には一定のパターンがあり、そのパターンを分析し、対応の仕方をマニュアル化する手法です。顧客を安心させたり、納得させて必要性を掘り起すためのノウハウで、通例ではマニュアルを準備し、セールス担当者に模擬訓練をさせすトークスキルをさします。

会話をマニュアル化が出来れば、その後は解答内容に変化を付け、更に複雑なコミュニケーションを行う事が可能となるのです。

欧米ではコミュニケーションスキルを指導する学校もあり、スピーチに関して高度な研究がなされており、ダウン症のお友達でも健常な方と見まがうほどの進歩を獲得しております。

以前紹介しましたが、Megan Bomgaarsの新しいスピーチをご覧下さい。
3分36秒のスピーチです。翻訳の許可をもらえたら今度日本語訳を添付したいと思います。youtubeの設定を触って、日本語訳にすれば英語が苦手な方には伝わりやすいかもしれません。


努力をすれば、ダウン症のお友達もこんなに素晴らしくスピーチする事が出来るのです。
口頭試問の取組みもこの一環です。

秋口までには、この成長報告も行えると思います。
ご期待下さい。

P4170195.jpg
会話をマニュアル化が出来れば、その後は解答内容に変化を付け、更に複雑なコミュニケーションを行う事が可能となるのです。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 10:00| ★★.成果報告★★ ☆TN☆ | 更新情報をチェックする
100.jpg