2015年09月30日

NO273.お待たせしました。新施設開設です。

NO273.新しい施設の開設情報です。

保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

8月28日に更新致しまして1ヶ月、忙しさにかまけて更新できずにおりましたが、日々療育に取り組みながら、様々な目標に向けての準備を続けておりました。
20150928_160723.jpg
10月1日より香川県 三豊市にCOMPASS発達支援センターとしては、8カ所目の施設が開設致します。
20150925_110327.jpg
先日9月25日には屋敷払いをお願いし、子ども達の健やかな成長が得られるよう祈念させて頂き、備品もそろいいよいよ指導開始です。
20150928_161354.jpg
広い施設で、園庭も十分で、将来は日中一時も運営可能な施設です。

他の行政からも開設のご用命を頂いており、年内できれば更に3カ所の開設を計画致しております。

1人でも多くの子ども達の成長を獲得し、ご家族の笑顔を取り戻せるよう努めて参ります。

絵本や、遊具をお送り頂いたりと嬉しい日々が続いており、多くの方からのご寄附に心から厚謝申し上げます。本当にありがとうございます。

10月1日2日は私も応援に三豊に参ります。

上記日程にて療育相談のご希望がございましたら0875-23-6088までお電話下さい。
地図等のご用意等遅れておりますが近日アップさせて頂きます。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:50| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

NO252.子ども達と一緒に…

NO252.私達も成長します。
 告知・新しい施設案内・サービス内容拡充
  子ども達は、日々成長と進歩を続けています。発語を獲得し、新言葉を覚え、着座の時間が長くなり、それと共に笑顔の時間も増えてきます。

日々の活動や達成事項をご家族にご報告するたび、ご家族も笑顔がほころばれ、ご家庭でのご支援にも、つい力が入る事になられます。この流れが好循環をよび、更に成長を獲得する事に繋がります。
IMG_6876.jpg

  私達コンパス発達支援センターも子ども達の成長に遅れる事なく、以下の支援体制を確立する事となりましたので、謹んでご報告致します。

 日中一時支援開始 
6月1日よりCOMPASS丸亀で「日中一時支援」がスタート致します。現段階では平日のみのご利用となりますが、人員を増強し土曜日、そして将来は日曜日の支援体制の拡充を目指します。

IMG_0958.jpg

※障がい児の日中における活動の場を確保するとともに、障がい児のご家族の就労支援及び、障がい者を日常的に介護しているご家族が一時的に休息を取ることが必要な場合に、障がい児を一時的に預かる日中一時支援事業を行うことにより、障がい児及びそのご家族の福祉の向上を図ることを目的とされています。詳しくはCOMPASS丸亀0877-85-3428までお問い合わせ下さい。


支援日数が地域により異なり、1月に8日を除いた日数全てご利用頂けるお友達もおられれば、地域により最高でも14日から13日、場合によっては4日程度しかご利用頂けない場合もございます。

不足している日数を、日中一時支援により充足させようと考えております。当面見守り支援が主となりますが、通例の支援の補足的役割も担えるように支援体制の整備を行って参る所存です。


COMPASS丸亀に続き、来月7月1日からは他のCOMPASSでも支援拡充出来る様準備を行っておりますので、楽しみにお待ち下さい。


 COMPASS本部は移転拡充
COMPASS本部は、既存施設を活用して開設いたしましたので、施設の2階部分で療育を実施しておりました。COMPASS中津以降の施設は、全て1階に開設し、幼児から、小学生、中学生、高校生まで支援出来る多機能型として運営致しておりました。

IMG_1967.jpg

COMPASS本部は幼児のみの児童発達支援事業を行っておりましたが、沢山のご用命を頂きまして6月1日をもって、幼児の支援を行う、児童発達支援を10名、小学生から高校生まで支援させて頂く放課後等デイサービス10名の定員20名体制にて定員数も2倍とし、施設も大幅に拡充する多機能型施設として運営を開始する事となりました。

看板等の設置、設備の搬入も8割型と写真紹介は次回とさせて頂きますが、1階に部分に移動する事により、車椅子を利用されているお友達等も気兼ねなくご利用頂けるようになりました。

今まで駐車場は、15台分と少々手狭でございましたが、施設入り口に更に5台分確保し全体で20台駐車できる事となり、送迎車の乗降も楽になりました。

2階から1階に移りますので、住所や電話番号に今までと同様です。

どうぞ新しいCOMPASSにご期待下さい。
IMG_1970.jpg

子ども達の成長と同様に、私達の支援サービスも成長し続けます。

続きを読む
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 18:44| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

NO243.COMPASS本部 規模拡大

NO243.本部が先生も、お友達も
        2倍 2ばい… ごっさんです。ふる〜い
保護者心得【言語】【ダウン症】【自閉】LD【多動】【注意欠陥】
COMPASS発達支援センター本部は今まで小学校就学前までの児童発達支援事業のみ行っておりましたが、今回放課後等デイサービスを加え、それぞれ10名の20名定員に規模を拡大する事となりました。

IMG_6490.jpg

今までの2階部分から施設全体を1階に移設し、利便性をあげトータル的な支援を実施します。下肢に麻痺を持つお友達等、車いすを利用されているお友達の支援も実施致します。

施設バックスペースに園庭も備えており、安全、安心な中で自由に遊ぶことも出来るようになります。

P4300045.jpg

現在COMPASS本部は10名の定員に対して6名の専属スタッフと5名の兼務スタッフという体制で支援致しておりましたが、これからは20名のお友達に対して更に専門スタッフを増強し、更なる療育体制の拡充を目指したいと考えております。

COMPASS本部では昨年の春は全員、普通学級進学という目標を達成致しましたが、今年の春は残念ならが2名のお友達は支援期間が特性に対して間に合わず口惜しい思いを致しました。

あと1年、あと2年あればより高い言語能力獲得出来たり、高い社会性を身に付け社会適合できたと考えられ、昨年12月に高松、1月吉富、4月に岡山、丸亀と施設開所しておりましたが、本部も小学校以上のお友達の支援が可能な放課後等デイサービスを付加した施設運営を目指す事と致しました。
現在6月1日の施設開設を目指してドタバタと準備をすすめております。

パワーアップしたCOMPASSにご期待下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 10:00| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

NO235.COMPASS岡山 施設見学とご面談の様子…

NO235.桜満開、晴天の開設初日…

IMG_9665.jpg

4月1日、COMPASS岡山の施設見学&相談会を実施し、沢山の皆様にご来所頂きました。開設にあたりましてご尽力賜りました、行政関係の皆様、連携医療関係の皆様、発達障がいのお子様のご家族にお声掛け下さいました各障がい者支援団体の皆様にまずは心から御礼申し上げます。

4月はCOMPASS岡山、COMPASS丸亀の2施設の施設開設が重なりまして、御礼のお手紙も出せずじまいとなっており、落ち着きましたらあらためましてごあいさつにお伺いしたいと考えております。この場をおかりしお詫び申し上げます。

COMPASS丸亀の準備もございましたので、当日私は、瀬戸大橋を一路岡山へ

IMG_6679.jpg

告知から僅か数日でございましたが、20名余りの皆様をお迎えする事が出来ました。正面のドアの向こうにも相談室があるのですが、私共の噂をききつけ沢山の保護者の方々がお出でになられました。

IMG_6704.jpg

お子様の状況に併せて、個別にお話をさせて頂いた後、私共の療育成果をまとめた動画をご覧頂きました。(この動画に関して毎回沢山のお問合せを頂いておりますが、一部の大学等の研究機関を除き、残念ながら、個人情報保護の観点から一般公開は不可能で、施設見学の中でしかお見せできません事ご了承下さい。顔出しOKを頂いているお子様も数名おられますが、まとめるまでに時間を要するかと存じます。)

IMG_6709.jpg

成果動画はお子様の成長を予測できるツールであり、信じられない程の療育成果をご確認頂く事が可能です。ダウン症のお友達、自閉、多動、能力遅滞、言語の遅れ、情緒問題等のを克服していていく沢山の子ども達の成長のご様子をご覧頂く事が可能です。どうぞ施設見学にお出で下さい。そしてお子様の成長した姿をそこに見出して頂きたいと思います。

IMG_6705.jpg

待っている間も、せっかくおいで頂きましたので、子ども達にも本当の療育を経験して頂きました。上の写真左は、体幹トレーニングを行っています。右側のお友達は、言葉の構成をツールを使って学んでいます。皆楽しそうでしょう…?

IMG_6706.jpg

こんな僅かな時間でも、体幹が整うと、ほらこの通り、きちんと椅子に着座して学習姿勢を確保し課題に取り組む事も出来るのです。

IMG_6711.jpg

今度は別のお友達も、着座から更に、運筆へ進み、文字の習得に入る事が出来ました。

IMG_6692.jpg

そして、初めて意図して書いた「し」と「つ」と「く」です。僅か相談を受けている1時間程で3つも平仮名を覚えて帰る事が出来ました。※「つ」は持参のメモを逆さまから書いてしまっていますが、りっぱは「つ」で本人もご家族も大喜びです。

IMG_6695.jpg

こんな指導があったのかと、涙された保護者の皆様も少なくありませんでした。職員も思わずもらい泣きする一幕もございました。しゃべりぱなしの8時間でしたが、沢山の元気を頂ける一日となりました。

伝聞の域ではありましたが、「子ども達に指導する事により家族関係が壊れる…」等と信じられない事を説いておられる支援者もおられるようで、今まで何だったのかと激怒されたご家族も数組ございました。

悲しい現実ではございますが、私達はこれらの過ちを正すためにも、最新の療育手法をもってお子様の成長と進歩の獲得に努めて参りたいと存じます。療育という言葉が生まれたのは今から二十余年前、福岡(北九州)労災病院の先生が説かれた言葉で、当初は医療と福祉を一緒にするのかと揶揄されたとお伺いしており、私共の療育手法も多くの方々に認知して頂くまでには長い月日が必要であると覚悟しております。

1人でも多くの子ども達の成長のチャンスを作り、1人でも多くの方を笑顔にする事。沢山の笑顔を獲得する術がある事を社会が認知した時に、新しい療育支援のスタートがなされると考えております。

その為には、1人でも多くの成長を進歩を獲得する事がまずもっての私共の使命であると考え、昨年6月に大分のCOMPASS中津に第2施設を開設致しました。

それから僅か10カ月程で、一般社団法人設立、相談支援事業を開始し、COMPASS、5施設の開設に踏み切りましたのも、1人でも多くの成長を獲得し、私共の教育手法を公知して頂く為の取組みです。(まだまだ開設予定です。)

京都や大阪のような遠方からの通所希望者を受け入れていおりますのも、1つでも多くの成長を獲得するためであり、その積み重ねがいつかどこでも同じ支援が受けられる状況を創設する事が出来ると信じて取り組んでおります。

4月には一般社団法人 特別支援協も立ち上がり、大学等の専門機関からも多くの先生方を顧問にお迎えしてさらに支援の輪を強固に作り上げたいと考えておりますので、どうぞご期待下さい。

次回はCOMPASS丸亀の様子や、12月に開設したCOMPASS高松の成果報告、そして1月に開所したCOMPASS吉富での成果報告と活動報告をお知らせし致しますので、楽しみにお待ち下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 15:48| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

NO234.丸亀・岡山ご認可頂きました。

NO234.お待たせ致しました。

無題.jpg
香川県・丸亀市と、岡山県・岡山市北区大元駅傍に新しいCOMPASSが開設出来る事となりました。謹んでご報告申し上げます。

COMPASS丸亀です。
COMPASSとしては初の戸建施設です。
おしゃれな施設でしょう
IMG_6385.jpg

IMG_6395.jpg

IMG_6396.jpg

IMG_6390.jpg

IMG_6391.jpg
経験豊富な障がい児保育に携わった先生達が保護者目線で取り組む施設です。
IMG_6388.jpg
窓越しに見えるのは、讃岐富士です。サンルームもお庭もある施設となっております。
面接の受付も開始しております。
電話1(プッシュホン)0877-85-3428までお電話下さい。

COMPASS岡山
岡山駅から在来線で1駅の大元駅徒歩10分ほどの施設です。新しいビルではございませんが、とても居心地のよい施設が出来上がりました。夏には規模も2倍となる予定です。

IMG_6402.jpg

IMG_6403.jpg

IMG_6404.jpg
ご近所からは、カフェ…かと思われていたようでした(笑)
施設の目の前は市民公園で、静かで環境抜群です。
IMG_6405.jpg
面談のご予約は086-226-3388までお申し付け下さい。

IMG_6410.jpg
久しぶりにお祝いの嬉しい乾杯が出来ました。

COMPASS丸亀、岡山共に面接の受付を行っております。早々に定員に達する物と思われます。お早目にご予約・ご契約下さい。



ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 03:54| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

NO221.【周知】改訂のお知らせと施設情報&公益法化

NO221.【周知】 分類作業を実施
新たな施設開設と公益法人の設立

 【言語】    【ダウン症】    【自閉】    【LD】    【多動】   

 【注意欠陥】    保護者心得   ←事例です。

最新の療育手法の実践に関して、何とかお伝えしたい一心で、1年と数ヵ月間慣れぬブログに取り組んで参りました。

記事数も総計222を超えましたので、春にかけて、初めての方でも読み進めやすいよう、カテゴリー分類をしなおし、同時に文章の改訂・整理を行いたいと考えております。

IMG_2493.jpg

今まで最低でも3日に1回、多い月は2日に1回記事の更新をしておりましたが、その時、その時実際の療育現場で起こった事をヒントに、記事を書き連ねておりました。

構成の熟考も足りませんでしたので、内容もあっちに行ったり、こっちに行ったりとバラバラで今までご迷惑をかけておりました。

そこで、今月後半から、訂正・整理・分類・削除を実施させて頂きたいと考えております。

読者の皆様には、出来ればこの機会に、今までの記事を再度読み返して頂ければと願っております。

最近頂くご質問も、既報事項に関しての物が目立つようになっておりました。そこで初めての方でも、カテゴリー分類だけでなく、表題の表記等もわかりやすく変更していきたいと考えております。

そして、今回の記事のように、記事の冒頭にどの症状に関係があるのか、 以下のように色分けするなどし、お子様の為にどの記事が大切なのか、わかりやすく出来るよう、工夫して参りたいと考えております。

 【言語】 
言語指導に関しての必読記事 

 【ダウン症】  
ダウン症の最新支援方法に関しての必読記事

 【自閉】 
自閉傾向のお友達に関しての必読記事

 【LD】   
学習障がいに関しての必読記事

 【多動・他害】  
行動抑制が必要なお友達の必読記事

 【注意欠陥】 
AD/HDやADDに関しての必読記事  

 保護者心得   
支援の必要なお子様の保護者の為の必読記事

 【雑談】  
一息して頂く為の記事

こんな感じで、今までの記事の文頭に記載していく予定です。※必読記事と表記しましたが、知っていれば得をするという意味合いで分類します。


更に、今回の文書整理で、

@一部文章の訂正
A一部文章の保留
B一部文章の永久破棄(削除)

も実施したいと考えております。

本来最新の療育手法がある事を皆様に周知頂く事を目的として記事を書いておりますので、無用な記事等は削除して参りたいと考えております。

記事更新は大変で…
実は、記事更新の度に、午前様になっておりました。

平日は、記事作成に没頭できるわけでもなく、平素の業務もこなしておりますので、電話のかかってこない業務終了後となり、気が付くと深夜までかかっておりました。

現在時間も深夜4時を過ぎております。 毎回セコムの退出時間を切り替えながら、更新作業をしておりました。

作業が遅いと言えばそれまでなのですが、スタッフも心配しておりますので、今期からは、健康にも留意し、更新ペースを週2回程度に落とさせて頂き、過去の記事を改訂しながら、出来るだけ読みごたえのある(有意義な)ブログに仕立て直せればと考えております。

IMG_8121.jpg

公知出来るのは30%以下…
私達は現在、文科省の委託研究事業に参加していたり、最新技術を使った新しい療育ツールの開発等にも携わっている関係で、COMPASSの最新の療育手法やその成果に関して、全て公知出来ない立場におります。

療育効果の高い最新療育手法は沢山あるのですが、秘守義務の問題や、機密保持の為、お知らせ出来ないのです。

このブログで周知できるのは、COMPASSの最新の療育手法の2〜3割程度しかお知らせ出来ないのが実情です。

情報開示できておりませんので、噂をききつけた、大学等の専門の研究機関の方が、COMPASSの施設見学にお出でになり、子ども達の実際の成長ぶり驚かれて帰られるのが事実なのです。

療育成果が高すぎて…
COMPASSの最新の療育方法や、その成果が現状行われいる言語療法や、投薬療法等に比べてあまりに成果が乖離しすぎているのです。

実績を秘匿し、成長事例を数多獲得した上で、監督省庁に認めて頂き、国内の標準的な療育手法となるまで、支援効果を薄める事無く、多くの実績が得られるまで、秘匿するしか私達の療育手法の正しさを実証する方法がないのです。

大切なお子様の為、少しでも家庭支援のヒントになる考え方を、許される範囲でお知らせする事が、今私に出来うる事であり、それがこのブログだったのです。

新薬の研究と同じで…
新しい薬が生成され、成果を実証するために、癌に苦しむAさんには投薬しても、同じ症状のBさんは投薬を行えないのが比較実験です。

Aさんは、元気になられ人生を謳歌されるのですが、Bさんは残念ながら他界されてしまう…こんな研究実践の積み重ねの中で、新薬の承認が得られているのです。

承認がおりれば沢山の人に新薬を使ってもらえるのですが、今有効であるとわかっていても使う事が出来ない…今はそんな時なのです。

COMPASSでは今までの療育手法の間違いを払拭し、新たな療育手法の提言が出来るようになるとを目指しており、必ず実現できると確信致しておりますが、如何せんそれには時間がかかってしまいます。

沢山のご相談メールを頂くのですが、今私は、必要な方に、必要な支援方法をお伝え出来ない苦しみの中に立っておりました。

唯一の解決方法は
言いたくても言えない、伝えたくても伝えられないのですが、一つだけ解決出来る方法があるのです。

それはご相談に来て頂いたり、私共の施設に通所して頂ければ最新の療育手法で支援出来るのです。

ご相談、通所の機会が得られれば、最新の療育手法をお伝えする事が可能なのです。

このブログの開設以来申し上げてきたのは
来ればわかるという事でした。

来て見て頂ければ一目瞭然なのです。
今までの間違いを払拭できるのです。

来て頂けるように、見て頂けるように、体験して頂けるように促すしか手段が無かったのです。

COMPASS本部は幼児のみのご支援をおこなっております。その子ども達の8割以上のお友達が普通学級に進学される事になっておりますが、そんな事例が他にあるでしょうか?

言語B1のお友達が3語文を話し、コミュニケーションできるようになられていますか?

自閉傾向の強いお友達の自発的行動抑制が出来ますか?

オーム返ししかできなかったお友達が普通に会話し、文章を読んだり、書いたりする事が出来ますか?

数認識が出来ないと言われているダウン症のお友達が暗算をしたり、日記を書いたり、本を音読したり出来ますか?

全ての答えはここにあるのですが、来て頂かなくては何も出来ないのです。今出来る唯一の方法が来て頂く事だったののです。

よくあるご質問ですが、
Q:
何故COMPASSだけ可能なのか?
A:
それは支援手法が全く違うからです。
根本的発想が全く違うのです。

30年に渡る実践研究の結果です。
付け焼刃ではないからです。

支援の輪を広げる為に…
4月には新たに2施設の開設が予定されており、春には6施設にてCOMPASSの療育支援が始まります。

毎日通所出来るお友達もおられますが、週3回、週1回の方もおられますので、春からは少なくとも100名のお友達の支援体制が実現出来ます。

4月開設施設案内は、行政のご認可が頂ける3月末までに告知が出来ます。もう少しお待ち下さい。

九州南部の方々から何故香川県が先なのかとお叱りのメールも多数頂いておりましたが、粛々と準備を進めておりますので、遅くとも2016年には九州新幹線沿いに施設開設出来るのではないかと考えております。

未だ近畿圏より東での開設は可能となっておりませんが、現在多くの賛同者からご連絡を頂き、支援の申し出等も沢山頂いており心強く思っております。※フランチャイズ化のお申し出や、フランチャイズを希望される方々から沢山ご連絡を頂いておりますが、組織の性格上、施設運営を公益事業と捉えておりますのでお申し出は謹んでご遠慮申し上げます。

一般社団法人 特別支援協
私共は、法人なりをしておりますが、昭和61年から30年教育ボランティアとして支援活動を続けて参りました。※当時NPOの考えがなかったのです。

教材部も海外の日本人学校様300校、国内70校の教材配布をさせて頂く浄財で、多くの支援を実現させて参りました。

幼児部も指導実践を行う中で、派生したものであり、現在のCOMPASSの指導支援の礎となる責務を果たしております。※教材開発は全て三葉で行っております。

2014年度より、福岡県外での施設展開もあり、大学、療育団体等と円滑な連携がとれるよう、組織を分離し事業の公益化を目指し、一般社団法人の設立準備を行って参りました。

現在定款も整い理事候補の先生方に打診を行っている段階です。

4月には公益法人化を目指す第1歩として、一般社団法人 特別支援協(通称 支援協)の設立を行います。

寄付は基金に
昨年来、寄付として現金書留でご郵送頂いたり、書籍や物品のご寄附を頂いたり、沢山の皆様から、ご寄附のお申し出を賜り、実はどうしてよいのか本当に迷っておりました。

30年教育支援という形でボランティア活動を行っておりましたが、今まで寄付を募った事はございませんでした。※収益事業があったからですが寄付のお願いをした事はございませんでした。

ありがたい事に多額な金額のお申し出を頂いても、ご寄附頂いても良いものか、施設開設するためには資金が必要でも、それは正しい行いなのか、折角のお申し出に返答できず、ただ笑っておったのが実情でした。※皆様ご勘弁下さい。

しかし法改正の懸念もあり、施設開設を急ぐ事となり、金融機関のご協力もあって、昨年6月の2施設目の開設をかわきりに、8ヶ月で5施設の開設を電光石火の勢いで行いました。

これは生涯最速、最多です。

卵が先か、ニワトリが先かなのですが、支援の輪を広げる為には、施設開設が必須で、その為にの資金確保は絶対と、恥ずかしながら自問自答を繰り返しておりました。

ご寄附のお申し出を頂いても、善意のご寄附で税の問題等でご負担を掛ける事も心苦しく、如何したものかと考えておりましたが、関係省庁から、基金としてお預かりさせて頂く事をご教示頂き光明を得る事が出来ました。

そうです、全てのご寄附を基金としてお取扱いさせて頂く事で、寄付を頂くのではなく、お預かりする形式をとらせて頂ければ、ご返却させて頂く事が可能となったのです。

支援協の設立にともない、賛助会員の募集と、基金の受付をさせて頂ける事となりました。

私1人の力は微力ですが、沢山のご賛同の方々のお力添えを頂ければ、一人でも多くの子ども達を笑顔に出来ると確信しております。

ここに答えがあります。

どうぞCOMPASSに来てください。

皆で笑顔になりましょう。

GS196_72A.jpg




ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 10:00| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

NO193.高松での療育相談…

123456.jpg

告知が遅れてしまいましたが、1月18日から21日までCOMPASS高松で療育相談を実施します。並行して現在通所されている子ども達の個別支援計画の為の観察指導も併せて実施致します。急な発表となりましたが、内部告知が優先されてしまい一般告知が遅れてしまいました事お詫び申し上げます。

COMPASS発達支援センター高松
   療育相談&観察指導

1月18日日曜日 13時から18時まで
1月19日月曜日 10時から18時まで
1月20日火曜日 10時から18時まで
1月21日水曜日 10時から14時まで

個人情報保護の観点から完全予約制です。
お申込みは
〒761-8081
香川県高松市成合町731
新井ビル1F
代表087-870-4808
アクセス・地図

月曜日、火曜日はかなり埋まっているようですが、日曜日、水曜日を追加しておりますので、お申込みお急ぎ頂きましたらと存じます。18時までとはしておりますが、お仕事の関係等で難しい場合は、せっかくの機会ですのでご相談下さい。

前回も関西圏等からもお出でになっておられました。出来る範囲で駅からの送迎等もさせて頂いておりますので遠方の方もこの機会をご活用頂ければ何よりです。国内最新の療育支援の成果やお子様に対しての具体的取組みが見えてくると思います。勿論主席指導員を務めております私、北田がご対応させて頂きます。

皆様とお会いできる事を楽しみに致しております。どうかお子様同伴でお出で下さい。状況に併せてその場で簡単な発達診断等も無償で実施致します。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 20:29| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

NO179.施設見学会と療育相談会

お知らせ その1

高松・施設見学と療育相談会のお知らせ

療育相談会.jpg

天候が少々心配でありますが、COMPASSを代表致しまして私、北田が四国では初めての療育相談会を実施致します。1組あたり1時間前後を予定しております。

療育相談後は、当日は施設見学並びに、成果報告として私共COMPASS発達支援センターの療育成果の動画をご覧頂きます。基本的に個人情報保護の観点から個別にて予約制で実施致します。また月曜日、火曜日は出来うる限り多くの方とご面談できますように夕方以降も面談を実施致します。混雑が予想されますのでお早目にお電話にてお申込み下さい。明日12月13日土曜日、14日日曜日もお電話にて面談予約を受け付けさせて頂きます。お早目にご予約下さいますようお願い致します。皆様とお会い出来るのを楽しみに致しております。
尚、ご面談の際、より具体的にアドバイス出来ますように、お子様の帯同をお願い致します。駐車場も十分ご用意致しておりますので気を付けてお出で下さい。

吉富:施設見学会のお知らせ

無題.jpg
上記のように12月22日月曜日
COMPASS発達支援センター吉富の施設見学を実施致します。

10時30分から15時まで施設見学会を行います。
今までの活動内容や、成果報告をPVでご案内致します。
皆様のご来場を心からお待ちしております。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:19| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

NO178.施設見学&療育面談開始のお知らせ

面談.jpg

ご案内が遅くなり申し訳ありませんでした。新しい2施設の受付を開始致しております。施設見学等を予定しておりましたが、お問合せも殺到しており順次面談をさせて頂いております。療育支援ご希望の方は、まずは以下にお電話頂きまして面談日時のご予約をお願い致します。

ご面談予約に関してのお願い。

COMPASS発達支援センター高松 087-870-4808

完全予約制にてご面談を承っておりますので、突然のご来訪に対しては個人情報保護の観点からご入室頂けない場合もございます。

必ずお電話にてご予約を頂きましてからご来訪下さいますようお願い申し上げます。

初回面談 その1
初回のご面談にてお子様の現在までの生育歴、療育歴等お話頂きます。
※母子手帳、療育手帳、受給者証等ご持参下さい。
※療育センター様等での療育記録や、知能検査等の結果をお持ちの場合はご持参下さい。

初回面談 その2
私共の療育方針等をお話させて頂き、保護者のご希望等をお伺いさせて頂きます。
※ご希望とは、療育日数や療育曜日、送迎の有無、到達目標等をお話頂きます。
ご事情にもよりますが1時間前後とお考え下さい。

関係機関と連携をとりまして、通所日数を決定しましてご契約後療育支援開始となります。12月第3週 開所予定
コンパス発達支援センター高松
〒761-8081
香川県高松市成合町731
新井ビル1F
代表087-870-4808
アクセス・地図

COMPASS発達支援センター吉富 0979-23-0817
0979-64-7108

現在開設準備中でございまして、まだ常駐体制が完全に整っておりません。お電話頂きましても連絡がとれない場合は、COMPASS発達支援センター中津0979-64-7108までご連絡下さいませ。暫くの間中津でご予約管理させて頂きます。

改装は終了致しましたが、備品関係の搬入等は来週になろうかと存じますので施設見学は今しばらくお待ち頂く事となります。新施設吉富からお車で10分程でCOMPASS発達支援センター中津となりますので、設備搬入が終わりますまで中津でご対応させて頂きますのでよろしくお願い致します。既に半数以上のご予約を頂いておりますのでお早目に御手続下さいませ。尚、COMPASS発達支援センター中津では冬休みの給食も実施する予定となっております。お早目にご予約、お申込み下さい。


2015年1月5日開所予定
コンパス発達支援センター吉富
〒871-0811
福岡県築上郡吉富町広津550-1
代表0979-23-0817

続きを読む
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:05| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

NO175.開設準備でヘックション&高松施設見学秒読み開始

これがCOMPASS発達支援センター吉富の外観完成予定図です。


吉富.jpg
そしてこれが、改装前の外観です。

店舗前.jpg

以前はレストランでご覧のような内装でした。

小_IMG_20141016_181500(1).jpg

まず第1に、大型れ冷蔵庫をはじめとして全ての調理機器の撤去からはじまりました。

IMG_3822.jpg

床を剥がし、電気をはずし、水道、下水、ガスの配管を撤去し、コンパネの貼り付けを行いました。

IMG_20141016_181547.jpg

最終の日曜日に参加する予定でしたが、進行の遅れもあり私も末日の土曜日の夜から初めて大工仕事に参加しました。

IMG_3809.jpg

にわか大工さんでしたが寸法を測り、指定の形に切り出し、淵をとって、面を合わせ、ドリルで固定する。結果月曜日までの3日間毎朝8時から深夜までスタッフと一緒に頑張りました。2日目あたりからはちょっとした大工気分です。

上の写真のように、吊戸棚と冷蔵庫で窓もつぶれておりましたが、2日目の朝窓を発見し、吊戸棚を撤去し採光も可能となりました。風通しも良くなり何よりトレーニングルームが明るくなりました。

DVC00003.jpg

クロス貼りを1日伸ばして頂きましたが上図のように何とか間に合いました。ご覧の通り窓も確保し、サンダーで回りを削り、ペンキを塗って仕上げました。コンパネの削った埃は想像以上で、土嚢袋に埃だけで5杯となり、冷えと埃で大変でした。


IMG_4140.jpg

外の看板の塗り上げがあり、今はソフトバンクのテナントのようになっておりますが、あと数日で完成です。

コンパネの溝をパテで埋めてさてこれからクロス貼りです。ここからは、プロの仕事です。

IMG_3851.jpg

さてどんな仕上がりになるでしょうか?
次回をご期待下さい。

施設開設情報

本日、COMPASS支援センター高松の現地調査が終了致しました。
12月15日には認定を頂けるとの事となりました。
本日よりご面談もスタート致しており、正式な施設見学も12月第3週には実施できようかと思います。

明日12月9日には正確な日程を発表致しますのでよろしくお願い致します。
ご面談のご予約は以下にお願い致します。

コンパス発達支援センター高松
〒761-8081
香川県高松市成合町731
新井ビル1F
代表087-870-4808


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:26| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

NO174.現在、開設準備中…

既報のとおり、新しい2施設の開設を準備しております。
高松外観.jpg
上の図は、四国地域の拠点となる

高松の施設は、大規模な手直しが無くてよかったのですが、福岡東部の吉富町に開設する4番目の施設は内装を大幅に変更しなくてはならなくなったので、現在突貫工事中です。

COMPASSには保育士でありながら、電気、水道、ガス等の工事作業が出来る I先生に在職頂いております。第2施設のCOMPASS中津でも頑張って頂きましたが、今回もI先生に陣頭指揮を執って頂いております。

IMG_2865.jpg

子ども達にも大人気の先生で、柔道有段者の礼儀正しいスポーツマンで、保護者の皆様からも厚い信頼を頂いている先生です。

手先も器用で、実はCOMPASSの壁面等の作り物も担当して頂いているやさしい先生で今までご紹介した壁面構成等も自宅にもって帰ってまで頑張って作成して下さっています。※毎月壁面も変えておりますので本当に大変で、今まで2施設の壁面を他のスタッフと一緒に作ってもらっておりました。

IMG_2921.jpg

COMPASS発達支援センター吉富は、もとレストラン跡でしたので、大量の厨房機器や、業務用の大型冷蔵庫、カウンター等設備を撤去するところからスタートし、照明も全て撤去し、床を全て剥がし、平になるように、凸凹を削り取るなどほぼ1人で頑張って頂きました。下の写真は、夜遅くまでサンダーで床を削り、粉塵で真っ白なサンタさんになった記念の1枚です。

IMG_3778.jpg

頭や、眉毛、髭にまつ毛まで真っ白になるまで子ども達の為に頑張ってくれました。本当に頭が下がります。いい先生達に恵まれて本当にありがたいです。

IMG_3786.jpg

この施設も夏休みや冬休み等の長期休暇中は、配食も行いますので、新たに、下水工事も行われ、本当にものすごい事になっています。

IMG_3793.jpg

完全な工事現場です。大型備品の移動以外は、ほぼ1人で頑張ってくれました。

IMG_3783.jpg

上の白い板はコンパネですが、本日からクロスが張りやすいように、天井や、全ての壁面もコンパネでカバーをする作業が始まり、さすがに天井は無理なので、女性スタッフも本日は加わって、天井打ち付けが行われました。

IMG_3795.jpg

現場写真を見て私も驚いたのですが、脚立に足板を組んでの作業で、びっくりしました。写真奥側が綺麗にしあがっておりますが、板の上の作業だったようで怪我がなくて何よりでした。※スタッフの皆様ありがとうございます。

IMG_3794.jpg

私も指導があるので、明日まで動けませんが、日曜日に仕上げの手伝いに行き、月曜日からクロス貼りをお願いする事となっております。

第4施設となるCOMPASS発達支援センター吉富は、今までにない可愛らしい、機能的な施設になり、子ども達の笑顔であふれた施設になると思います。I先生、スタッフの皆様ありがとうございます。本当に毎日お疲れ様です。





ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:16| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

NO171.施設開設情報

多くの皆様から沢山のご要望と、関係行政からのご要請も賜りまして新たに2施設開設する事となりました。

 footer_logo.jpg


中津市軍師官兵衛推進室から


黒田官兵衛最後の居城、大分県中津市での2施設目の開設(平成266月)に続きまして、大分県と福岡県の県境である山国川を越えて、福岡県新吉富町にて3カ所目の開設申請を行い受理頂きました。第2施設の中津は車で10分程の所にございますが、現在中津では待機頂いているお友達も非常に多く、出来うる限り手厚い療育体勢が樹立出来るように、開設させて頂く事となりました。駐車場はとても広いのですが、私共の施設では一番小さな規模ではありますが、明るく、安らげる施設に仕上がるよう現在工事作業に入っております。開所は来年1月を予定しております。早々に定員になる可能性がございますのでお早目にお申込み頂ければと存じます。


 うどん.jpg


香川県 うどん県 旅ネットから



4施設としては、四国は香川県、高松市内に、四国の中核となる4カ所目の開設申請も受理頂きまして、現在設備等の設置準備を致しております。こちらはまた広すぎる程であり、広いトレーニングルームを最大限に活かした療育支援が出来るように準備をすすめております。落ち着いた小さなお友達の指導ルーム等も備えており、駐車場も広く療育センターからも近くに開設する事が出来ました。12月第3週からの施設運営となります。高速道路も近く、岡山からマリンライナーで50+15分程度で通所頂く事が可能となりました。

内覧会等準備が整いましたらお知らせ致します。


両施設とも早々に定員に達すると思われます。


COMPASS新吉富は

中津教室0979-64-7108で事前予約をさせて頂きます。


COMPASS高松は

087-870-4808 にて事前予約をさせて頂きます。


●両施設とも送迎を実施致します。


●高松の終了時間は18時でます。


●それぞれ何らかの事業で遅れる場合は、延長預かりを実施致します。


小学校就学前の子ども達と、放課後等デイサービスのそれぞれの支援を実施する多機能型施設として運営致します。


それぞれ可愛らしく、機能的な施設になろうかと思います。内覧会を楽しみにお待ちください。



ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 04:04| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

NO164.施設開設準備スタート

書道.jpg-1.jpg
現在支援中の年中のお友達の渾身の力作です。書道指導から6カ月…


新しい施設開設を現在2施設着手しており、平日の指導と文書作業等で日々ドタバタしてしまい記事の更新が大変出来ずじまいで申し訳ありません。

平時の業務に加え、@施設開設準備と共に、A研究事業に参画させて頂いたり、B新しい言語検査を構築し実際に検査検証してみたり、C日本珠算連盟のご協力を得て、療育指導の中にそろばんの指導支援を行ったり、D長距離支援の為の指導要録をまとめたり、E検査用のアニメーションを作ったり、F特別支援用教材のシステムを改良したり、何やら人生で一番忙しくなってしまっており、日本で初めての試みや、驚きの成果もでており、新しい取組みばかりでなく、目から鱗の新たな発見等も沢山ございますが発表出来ずにおります。

どうかご勘弁下さい。

施設開設は認定がおりた段階で正式にお知らせ致します。
現在2カ所開設準備を致しておりますが、春までには最低でも3カ所、出来れば5カ所の新しい施設開設を目指しております。

1人でも多くの子ども達の未来を獲得し、ご家族の笑顔を取り戻す事が私達の使命であると考えております。

びっくりして頂けるような、お知らせを沢山ご用意しておりますので、どうかご容赦下さい。



ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:26| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

NO160.職員研修から相談支援へ

12345.jpg
福慈会のHPは会員専用でございます。残念ながら研修動画は閲覧は出来ません。
職員のモラルの向上、指導技術の向上を図るため、昨年末近郊の児童発達支援・放課後等デイサービス・就労移行支援・就労支援・障がい者訪問介護等の支援を行っている施設が集い独自に毎月研修会を行う「福慈会(ふくじかい)」を立ち上げました。

無題.jpg
第1回 2月度特別全体研修 
 テーマ:「子どもの虐待について」
北九州市 子ども総合センター 児童虐待防止担当課 逆瀬川係長をお迎えして

行政機関のご理解とご協力も頂きまして各専門家の方々を講師としてお迎えし障がい福祉への理解を深めて参りました。当初は、障がい児を対象とし組織名も「福児会」としておりましたが、支援の枠も広がり、障がい者の方々も含めてのご支援がかなうよう「児童」の「児」を「慈愛」の「慈」へと改名し、一般社団法人として活動を行う事となりました。

P3130126.jpg
第2回 3月度特別全体研修
テーマ:「障がいのある子どもとの関わり方について」
児童発達支援センター 到津ひまわり学園 水江園長先生をお迎えして

また平成27年度4月からの実施される「相談支援事業」の一翼を担うべく1月開設に向けて準備も開始致しており、セルフプランではなく専門家の目を通した適切な個別支援計画等の作成に尽力したいと考えております。

DVC00059.jpg
第5回 6月度特別全体研修
テーマ:「北九州市の障がい福祉について」
北九州市 保健福祉局 障害福祉部 障害福祉課長 坂本課長様をお迎えして


536.jpg

レクレーション技能 研修会の一コマ

無題.jpg

全員でダンス等のレクレーションの実技指導を行いました。

3.jpg

全員で、様々な課題に挑戦しました。

9月.jpg

 9月度スタッフ研修会 夏休みの取組みに関しての発表会

PC280013.jpg

年末 ネクストステーション様での、餅つき大会 子ども達も嬉しそうでした。
つきたてのお餅は最高でした。今年も年末が楽しみです。

子ども達とご両親に笑顔をとあるべき支援を模索し続けております。夏休みを除き、毎月の代表者会議とスタッフ研修会を開催し、よりよい支援を目指す仲間が沢山集っております。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 14:15| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

NO115.施設開設に関して

第2施設として開設致しました、「COMPASS発達支援センター中津」も開設から早一ヶ月が過ぎ、現在多機能型の施設開設として運営致しております。地域の状況を鑑み、より専門的な支援を充実出来るよう、近い将来には、多機能施設を分離させ、児童発達支援事業(小学校就学前)専門施設と、放課後等デイサービス(小学生から高校生まで)専門施設に分けた施設運営が実現できればと、夏休みを控え、支援スタッフの拡充も開始致しております。

様々な地域にお住まいの皆様から施設開所のご要望も頂いており、いち早く、ご希望にお応えし、新たな施設開設を目指したい所ではございますが、それらを実現させる為にも、遠隔地に於ける施設運営のノウハウを蓄積し、今後の展開につなげて参りたいと考えております。

GS134_72A.jpg

施設運営には、子ども達の特性をいち早く理解し、保護者の気持ちを汲みとる能力が何よりも重要ではございますが、施設の運営という見地においては、組織の全体を把握し、地域との連携を円滑に進める事が出来る、人間力・管理力の集積が何より重要であると実感致しております。

はやる気持ちをおさえ、力を分散せず、組織管理技術のマニュアル化に注力する事が上策であると考え、管理ノウハウの蓄積を行っております。

第三施設開設に対して、切実なご要望の多い中ではございましたが、準備が整いますまで、今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

施設開設に際しての課題と現状

「支援に関わる指導技術の移植に関して大変なのでは」とのお問い合わせが沢山ございましたが、実は私共にとって教務移植そのものは、問題ではございません。

私共の支援は、学習療育をメインとした支援で、30年に渡って蓄積した独自の「三葉メソッド」を基幹としてシステム開発致しました(特別支援用ダウンロード教材)「えすぷり」も既に完成しており、指導技術の移植に関しては、別班で取り組んでおります「ダウン症のお友達への支援」を除き、新施設開設の妨げではございません。

「えすぷり」は福岡県で認定頂いた、国内初の特別支援用教材であり、コンパス発達支援センターの他を圧倒する療育成果は、「えすぷり」による療育支援がその根幹であり、お子様の様々な力量に合わせた指導を可能にした教材構築システムを全国に先駆けて完備致しております。

※現在、大学をはじめとした、研究機関、医療機関からも注目頂いており、様々な共同研究のご依頼も頂いており、近い将来それらの試みについても、ご案内さしあげる事も出来ようかと思います。

指導にあたっては、人的要因は不可欠ではありますが、ある一定の専門知識さえあれば、充実した支援が行えるシステム完備は出来ており、大学などの研究機関にて今後は実証実験も開始頂けるよう、現在協議もはじまっております。海外の日本人学校様、補習校様に対しての導入のお話も関係機関と進行しており、首都圏をはじめとした一部地域において、近い将来私共の施設と同等以上の療育支援が受けられる可能性も出て参りました。

第1の課題は地域リサーチと場所の選択

新たに施設開設を行おうと致しますと、施設開設に向けての第1の課題は、地域のリサーチと場所の選定が最初に遭遇する難関です。

首都圏での開設希望が多数ございましたが、首都圏では施設取得費が先ず足枷になるとご理解下さい。私共も行政との連携もあり長年都内に事務所を構えておりますが、賃料を含む事務管理費は福岡の数倍です。車の駐車場代が、九州の3lDKの家賃と同じです。必然的に人件費を含めて運営費も高く、都心部での開設を試みますと、金員の問題から都心部ほど歩みが遅くなるとご理解下さい。※福岡と同様な広い施設を求めなければ良い事かもしれません。※大学などでの検証も始まりそうですので、それ迄お待ち頂くのも一案です。

何より、開設を急ぎ希望される場合は、適切な物件をお探し頂くなど、ご自身が先頭に立ってお手伝いを頂く等、開設希望者の助力なくしては、なかなか実現出来ません。

現在、東京、大阪等の首都圏を除いても、開設を希望されている近郊の市外地域だけでも、福岡市・久留米市・直方市・飯塚市・宗像市・行橋市・田川市からのご希望がございます。
福岡県外では、大分県大分市・熊本県植木市・山口県下関市と多くの地域の方々からご要望がございます。そして開設が待てない方の多くは、遠方の地域から本部まで何時間もかけて通所されている皆様も多数いらっしゃいます。(県外からの通所は可能であり、開設が待てない方は、片道3時間を超えてでも、宿泊施設を使ってでも、通所されていーる方も実際におられます。昨今は首都圏からの通所希望も少なくございません。)

「遠すぎて通所出来ないが何とかならないか。」との要望書も沢山頂いており、お子様を思うお気持ちをしたためた長いお手紙や、メール等何通も拝読致しておりますが、まずはその前に何等かの方法で通所頂く術をお考え頂く事が、何よりも現実的だと思います。※「えすぷり」を使っての遠隔地支援も始まろうとしております。先ずは行動して下さい。

私共も何とかしたいと心から考えておりますが、私共だけの単独の取り組みでは、残念ながらどんなに頑張っても、施設取得費にもよりますが、年に2箇所開設が限度と言わざるをえないのが実情です。

私達は教育ボランティアとして30年余り支援活動を続けておりますが、残念ながら公的機関ではございませんので財源や人材の確保が無尽蔵ではないのです。

新施設開設のお知らせをし、開設場所を大分県中津市と公表致しましてから、多くの方から何故福岡ではないのか、何故大分なのかと山のようにお叱りのメールを頂きました。私共の力不足で、実に悲しい事ではございますが、施設開設にあたっては、夢や希望だけでは実現できないとご理解頂きたいと思います。

開設には実務的な問題と、現況リサーチ、そして運営面での問題が付きまとう事を十分認識頂きたいと思います。誤った認識も多く見受けられましたが、私共は残念ながら私企業です。ボランティア団体ではございますが、社会福祉法人などではございません。

開設の際は近隣の見知った場所であっても、その選定では頭を悩ませます。お店を開業するのと同様です。道一本違うだけでもその後の運営に大きな影響を受けてしまいます。知った土地でも迷いに迷うのです。

それが遠隔地になると、実際に地の利も判りませんので、私どもが単独で調査し、選定まで行うとなると、休みの日等を活用して、本当に地道な現地調査からスタートしなければならなくなります。平日は療育活動で忙殺されておりますので、休日を返上し週1回何とか通ってリサーチするという事になります。

信頼できる不動産屋さんを見つけるのも大変です。ちょっと忙しい時期と重なったりすると物件の決定までに数週間から数か月かかってしまいます。※春夏冬休みと、特に9から1月上旬迄は忙繁期で、私は各部門に関わっておりますのでお正月迄休みが一日もございません。開設業務で動けないのです。

また大企業ではございませんので、資金力に任せての、人員を投入してのリサーチ等は出来ないのです。日中は余っている人材は誰一人いないのです。ゆっくりとした休憩もなかなかとれません。子ども達の支援を含め従来業務で一杯一杯なのです。

また私企業ですから、開設に際しても絶対に失敗は許されないのです。失敗をしないためには細かなリサーチと、行政への確認業務等を含めた準備の期間が必要だという事をご理解下さい。※開設をどうしても急がれるのでしたら、どうかお手伝い下さい。

施設要件として、送迎車や職員の為の駐車場も最低5台以上の確保が必要となります。現在本部は17台分の駐車場を常時完備していても足りません。

施設その物の広さも建築基準法の問題もあり、広すぎる施設でも開設は無理ですし、狭すぎても用をなしません。古すぎると今度は消防法の問題も抵触し、条件によっては莫大な改装費も必要となります。

古いのは良いのですが、建てつけが悪かったり、ネズミや虫が出たり、環境が汚れていたりすると子ども達の集中力すら奪ってしまい物件選定には様々な問題をクリアーしなければならないのです。

照明も通例の事務所や店舗とは違いますので、多くの場合は増設が必要となります。送迎支援もありますので交通の便の確認等は、実際に平日にリサーチしなければ正しい状況把握は出来ません。

何処が何時渋滞するのか、緊急時の病院までの距離と時間の把握等、実に細かな調査が必要なのです。そして近隣は煩くないのか、ある程度静かな環境を守れるのか、においの問題はないか等多くの項目をクリアーしなければ施設開設は出来ないのです。※これだけでも大変なのです。

連携する病院等もご紹介頂かねば地縁がございませんので話が先に進みません。

地代も同様で、事務所としてお借りする場合は、敷金・礼金等を含めて必要になるのは最低でも6ヶ月分の費用が必要です。ちょっと都会だと10ヶ月必要です。人件費も最低でも3ヶ月から4ヶ月程度のストックが必要です。

改装費が不要でも、設備もエアコンから、子ども達の使用する机や遊具そして送迎車等も全て購入する必要があります。

パンフレットやリーフレット等もデザインし印刷する必要性があります。開設に関わる事務手続きや届出等も沢山あります。

多くの方からと安易に開設のご要望を頂きますが、上記の問題を全て私達が担保した上で開設に到るという事をご理解頂きたいと思います。

※言うだけなら簡単ですが実際は大変です。リサーチから地元での交渉、折衝、申請業務に、ペーパーワーク、人材手配に、人材教育。挨拶周りと、工事業者の手配、備品購入、設置、搬入、看板設置に清掃作業そして、開設資金準備です。これを平常業務をこなしながら行うのです。

開設は簡単ではないのです。時間も労力もそして決して少なくない金員も必要です。

私どもでも開設準備金は用意しておりますが、他の事業も同時進行しておりますので、何カ所もの開設資金は捻出できません。地代家賃の少ない地域でも少なくとも数百万から1ブロックの資金が必要なのです。

※以前3セク系で、幾らかかっても良いので教室開設をとのお話を頂いた事がありますが、その時のように、あり余る資金があって、人を投入しても、工事費や家賃や敷金が高くても備品や設備費も高くても余裕でOKで、すぐに定員が集まらなくても一年くらいの運営費用を捻出出来るだけの資金を寄付して頂けるなら、すぐにでも何処でも開設可能です。行政の指導期間の問題がなければ、最短60日で開設可能です。それを出来るだけ切り詰めて余分な出費を出さないようにしようとするから時間がかかるのです。言うだけではなく、どうぞ手伝って下さい。

私達は、お国の事業にも携わっておりますので、ある程度は金融機関から開設支援も得られますが、それはあくまでも開設までの資金であり運営は別問題となります。

借入をすれば、当たり前ですが返済が必要となるのです。自己資金であっても毎月の支出分に加えて開設資金の償却が出来なければ金融機関から開設は失敗とみなされます。誰しも同様ですが、失敗は許されないのです。

よく見聞きする失敗例でお話し致しましょう。

お店をしたいと願っている人が、お店の開業までは何とか頑張ったのですが、その数か月後にやめてしまうという悲しい事例になるわけにはいきません。

開業が目的となり運営がおろそかになってしまっては本末転倒です。会社を作りたいといって、会社を作った後で廃業する流れと酷似します。

施設開設までであれば誰でもそれなりに努力すれば何とかなるのですが、開設後の通所される方をどう確保するかがその後の運営の鍵であり、定員に達しなければ毎月赤字運営をする事となってしまいます。

赤字運営は次の施設開設の足を止めてしまい、結局私達が願う「一人でも多くの子ども達の未来を切り拓く」という理念から逸脱してしまう事となってしまいます。

事前の定員の確保が第2の鍵

これを解決するには、開所時にどれ程の通所者がおられるかという事が問題となります。定員の確保がその後の運営計画に大きな影響を与える事となってしまうのです。スタッフも無給ではありません。能力のある指導者を雇用するにはそれだけの給与が必要なのです。

開設後の運営に関しては、最低限、人件費地代家賃、諸費用を含めた運営費を賄えるだけの程定員を確保出来るか否かが重要な問題になってしまいます。

定員が集まらなければ、何らかの広報活動も不可欠となり余分な出費がどんどん増えて行くばかりとなります。

私共も、出来るだけ何とか早く、支援施設を1つでも増やして、一人でも多く支援したいと願っておりますが、熱心に開設依頼・開設陳情のご連絡を頂けるのであれば、もう一歩踏み込んで頂き、希望者を早期に集めて頂く等、具体性をもって、開設場所のご提案を頂ければ、一早くご希望の地域に施設開設する事が実現出来ると考えます。

GS141_72A.jpg

今回の中津の開設は、地域のご要望もございましたが、開設希望者の方々から沢山の援助を頂き実現したに他なりません。

通所希望者の目処も建てやすく、施設を開設する場所の選定も早々に終了。施設賃料も安価に契約頂き、内装工事を含む施設改修工事、害虫駆除に、清掃作業、電気工事を含め多くの援助とご協力を頂いて開設が実現致しました。

地域の協力援助あってこその開設で、私共単独での開設ではございませんでした。

送迎車もご寄付頂いたり、沢山の方からご援助頂いて、立案から最短で開設に至っており、今迄の教室や、事務所開設を15回行ないましたが最も短期間に、安価で、円滑に開所出来たのは
御尽力頂いた方々のお陰であります。

私共の単独ならもっと時間を要したのではと考えます。支援頂いた、応援頂いた沢山の皆様の善意の、お陰だったのです。

お子様の為に開設が急務とされるのであれば、どうか願うだけでなく、もう一歩踏み込んで頂き、リスク軽減にお力をお貸しください。条件が整えさえすれば、開設準備に直ぐに移行する事は不可能ではありません。

お子様の将来を危惧され、何故、第二施設が大分県なのかと沢山のメールを頂きました。お気持ちは痛いほど判っておりますが、私達独力ではまだまだ、力不十分なのです。

地域の情報を教えて下さい。
リサーチに力を貸して下さい。
定員の確保に助力下さい。

現在廃園になった施設や、少子化の為に廃校になった学校等の施設をお借りしての開設も交渉頂いている開設希望地もございます。

使える施設をお持ちであれば、それらを提供頂く等、事前準備のお手伝いをお願い致します。そうすれば開設に一歩でも二歩でも早く近づけるのであるとご理解下さい。

支援を費用とするお子様のお母さんが、支援員として頑張りたいと希望され、開設に向けご準備頂いているケースあります。

共同経営等のお話も頂いておりますが、私どもは、教育支援を行うボランティアという性質上、営利目的の皆様とは一線を引かさせて頂き、全てお断りさせて頂いております。


さて、ここまで、ご一読頂きましたら、願うだけでなく、お子様の為に、一歩、歩みを進めて下さい。前向きなお考えを持って行動して下さい。

願うだけでは何も解決しないとご理解下さい。
他力本願ではいつになるか判りません。
自力で考えて下さい。

本事業は福祉関連事業ではございますが、私が知る限りでも昨年新しく開設された施設が閉鎖または、廃業されておられます。

私どもコンパス本部も最初のスタートから定員になるまで3ヶ月を要しており、同時期に開設された施設で通所者が集まらず苦戦された施設も少なくありません。

私共の療育手法をご評価頂くのであれば、遠慮なく私達の味方になって下さい。私共のと、子ども達の応援団になって下さい。

新しい施設開設希望を述べられるだけではなく私共の側に立って頂いき、お子様の為に私共と施設をつくるという気持ちで御取組み頂ければ何より強い味方あると存じます。

適切な施設が開設出来ましたら、指導技術の移植は可能なのです。「えすぷり」の完成と動画配信技術の向上、Skype等を使った遠隔地教育技術により本部同様の支援が受けられるのです。

発達障がいの中でも・言語問題・自閉症・多動症・アスペルガー・知能の遅れ・精神の遅れ等、今まで改善が難しいと言われている問題に対して、私達コンパス発達支援センターが誇る三葉メソッドを施せば。劇的に進歩と成長が見込まれ、僅かな期間でもそれらの成果を具現化しており、大学をはじめとする研究機関からもご評価頂いている事は、既にご承知の事と存じます。同様の療育支援受けられるかは、保護者の決意にかかっているのです。

嘆かれるのではなく、お子様の為に立ち上がって下さい。

私達に力がもっとあれば良いのですが、指導スキルは有していても組織的には、まだ力不足です。どうぞ現状をご理解頂きまして今回の大分、中津での施設開設の件、あたたかく見守って頂きまして、ご理解とご支援賜りますようお願い申し上げます。
28CCDDDB-9F11-4FBB-84CC-5D40F2FBFF17.jpg
「ダウン症療育センター 」に関して
最後に、コンパス本部の別班が取り組んでおります「ダウン症療育センター」も出来るだけ早期に開設したいと考えてはおりますが、先ずは対象者数を十二分に確保出来なければと考えております。

私共が現在取り組んでおりますダウン症のお友達の成果報告に関しては、訳あって現段階では、公表致しておりませんが、実に抽象的な表現となり申し訳ないのですが、専門的な知識を持たれた医師や、大学などの専門機関の方々からも、驚愕頂く程に、短期間で劇的な進歩と成長を獲得しており、今後国内ダウン症のお友達への基本的教育プログラムになり得るかと考えております。

動画配信されているどのダウン症のお友達にも勝るとも劣らない成果をあげておりますが、残念な事に通われている園は学習活動を全否定されいる園ですので、年中で文字を理解し、手紙を書き、音読し、詩を暗唱し、手話が出来ても、それらを否定されたうえに、退園を仄めかされる状況で、お友達の為に保育施設の開設の必要性も考えており、ご両親と共に悔しい思いを致しております。

※ちなみに、小学校に入る迄、文字等を教えることを否定される教育を実践されておられる、大丸1大丸1自粛大丸1大丸1系の園で、食育や運動、絵画、音楽指導は素晴らしいお取り組みと思うのですが、健常児ならまだしも、言語習得を不得手とするダウン症のお友達に対して、いかなる理由が有ろうとも「療育を受けるな」と成長の機会を奪う様な有様で、同じ教育者として非常に残念に思い、障がい児の為の本格的な療育的保育施設の必要性も強く感じております。独力では開設は数年後のお話しになりそうですが…

 
41A72BDE-C14C-4026-BB1F-EAF183A06AB8.jpg
応援団になって下さい。
皆様の力を貸して下さい。

送迎ボランティアも大歓迎です。
薄謝進呈致しております。

組織的には風通しも良いので
皆んな辞めず賑やかです。
派閥もありません。

食事会は楽しいです。
ボランティア歓迎です。
若い大学生から定年後の先輩まで歓迎です。

321864DC-387E-478D-B19C-9F46475748D8.jpg

ご寄付ありがとうございました。

今回の施設開設に関しまして、多くの方からも絵本や、遊具を頂いたり、清掃を尽力いただいたり、電気空調、床の張り替えや、クロスの張り替え等多くの方にお手伝い頂きまして、通例では考えられないほどに初期投資を落とす事もできました。

また車の寄贈や、匿名等で、お心のこもったご寄附も頂き、皆様のご援助を心から感謝申し上げております。心から御礼申し上げます。

開設後も、行政各担当部門の皆様、児童相談所の皆様、各学校の先生方から、医療関係や相談支援事業に関わる皆様のご支援を頂きまして円滑な療育支援が実現致しております。本当にありがとうございました。

皆様のご期待にそえるよう、職員一丸となって地域療育支援に精勤して参りますので、今後ともご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


施設開設に関してご助成・ご支援・送迎ボランティア等のお申込みは、093-475-0449まで、お願い致します。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 07:00| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

NO69.第2療育施設(中津)開設に関して

第2療育施設(中津)開設に関して

COMPASS発達支援センター中津が6月1日より開所致します。現在開設に向けての開設準備作業を進めております。ダイハツ九州大分工場に繋がる23号線沿道に位置し、渋滞のない非常に交通の便のよい施設が確保できました。駐車場も本部に劣らず広く設けられており1階でございますので、車の乗降もより円滑に出来ようかと考えております。

現在既に開設の噂を耳にされ、多くのお問合せも頂いており、お電話での受付も既に開始致しております。現段階では、初回のご面談は、コンパス発達支援センター本部(北九州市 小倉南区)にて実施させて頂いております。おおよそ5月25日までには内装並びに、設備の取り付け、備品調達も終了し、中津でも順次面談をさせて頂く事になろうかと考えております。

開設が迫りますと、大変混雑する事が予想されておりますので、お早目にご面談等のご予約を頂ければ幸いでございます。

施設見学は6月1日(日曜日)
正式な施設見学会は、6月1日(日曜日)を予定しております。ご案内状の送付等只今準備中となっており、関係機関に持参或いはご郵送させて頂く予定となっております。(※各種行政機関、医療関係、学校関係、幼稚園、保育園等)施設見学会には一般の方もご参加頂けます。朝10時から16時までを予定しております。
駐車場も十分ございますのでお気をつけてお出で下さい。正式に決定致しましたら本ホームページにてお知らせさせて頂きます。

〒879-0123
大分県中津市大字田尻
ご予約・お問合せは以下にお願い致します。
代表0979-64-7108 または、本部093-475-0449


access.png詳細案内が表示されます。

COMPASS発達支援センター中津では、児童発達支援事業並びに、放課後等デイサービスを併設する多機能型の療育施設となります。沢山地域の皆様のご支援を頂いての開設でございます。一人でも多くの子ども達の療育支援が出来る様スタッフ一同心からお待ち致しております。

以上ご案内致します。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 20:23| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

NO62.新施設 開設情報

大分にコンパスを開設致します。

新しい施設開設のお知らせです。

大分県は中津市にコンパス発達支援センター中津として児童発達支援事業では2カ所目、放課後デイサービスを併設する多機能型の施設としては初めての施設を開設する事となりました。既に申請事務手続きは終了しており、5月より開設準備委員会を発足し、6月1日より開設させて頂きます。(6月1日は日曜日ですが、施設見学会を実施する予定です。)

私共では特段の広報活動は行っておりませんが、保護者の方からご支援頂きまして、既にお問合せが続いております。早い段階で定員に達するものと予想されますので、個別療育支援を希望される方は、出来るだけ早くお申込み、ご面談をさせて頂ければと考えております。(既に正式なお申込みが数件ございます。どうぞお急ぎください。)

開設日時 6月1日 日曜日 施設見学 6月2日より療育支援開始
住 所 大分県中津市大字田尻1164-1
電話番号 0979-64-7108(おそらくFAX兼用となります。)
(※5月中旬開通の予定ですので、それまでは093-475-0449にご連絡お願いします。)
支援内容 長文となりますので下記に記載します。
送 迎 基本的に出来るだけ送迎を実施致します。(送迎事例は下記を参照下さい。)
送迎 事例1
ご自宅へお迎え、療育支援後、園または、ご自宅等に送迎※
送迎 事例2
就園先へお迎え、療育支援後、園または、ご自宅等に送迎※
送迎 事例3
学校へお迎え、療育支援後、ご自宅へ送迎※
送迎 事例4 【遠隔地の場合】
学校、園までお迎え、療育支援後、自宅の中継地点まで送迎致します。
【時間厳守が基本となり、遅延が多い場合は、送迎できなくなる場合もございます。】
(※ご自宅以外の保護者の勤務先、ご親族のお家へも可能な限りお送り致します。)
送迎地域はおおむね片道30分以内とさせて頂く予定です。
職員の帰宅路近隣の場合はその限りではありません。

支援内容に関して
〇児童発達支援事業
小学校就学前(2歳前後から幼稚園、保育園児を含む小学校前の6歳児まで)
対称 発達障がい・言語 B1までのお友達等 (1階ではありますが、残念ながら看護師が常駐しておりません。吸引器・呼吸器の設備も完備しておりませんので、身体に重篤な課題がある場合はご支援できません。)
小学校就学前までのお友達に対しての支援は、現在本部センターで行っております療育支援と同等の療育支援を実施致します。
〇午前中は、 親子通園を実施します。勿論個別療育です。
〇午後からは、各幼稚園、保育園にお迎えに伺ってのアフタークラスとします。こちらも状況に併せて、個別療育支援を実施します。個別療育は基本的には、連日療育が有効ですが、状況に併せたプログラムの提供を行います。1DAYでのご支援も想定しておりますが、給食等の設備もなく、残念ながら食事の手配もできておりません。今しばらくお待ち下さい。

基本的には、見守り、レスパイトを中心とした支援を中心とはせず、出来うる限り教育的な療育支援を実施したいと考えます。小学校就学前の子ども達の成長力は通例の常識を遥かに上回るものであり、進歩が促しやすい大切な時期に、出来うる限りその子の成長が促せるような支援を実現したいと考えております。お子様の進歩を願う保護者のお申込みを心から願っております。

1DAYでの支援施設の開設も現在視野に入れておりますが、栄養士の問題、施設の設備の調達等課題も多く、早期実現に向けて、小規模であっても実現できるように関係方面と協議しておりますので、今しばらくお待ち頂ければと思います。余談ではございますが、自治体等から施設提供等が可能となる事を関係者一同切望致しております。私共の療育手法に対して、行政のご理解が深まれば、必ずご援助頂けるものと考えております。

放課後等デイサービスに関して
放課後等デイサービスとしての支援活動は初めてとなりますが、私どもは教育支援事業として20余年に渡って小中学校の学習指導を行って参りました。既出事項ではございますが、私共は、昭和61年に創設されましたが、当時はNPO等の考え方も無く、私どもは組織を法人化し、ボランティア活動を行いながら、同時に企業活動も行う数少ない組織として今に至っております。私どもの組織運営の一翼をになったのは、教育部門の中でも、学習塾部門であり、今まで3000余名の子ども達の学習指導を行っており、そこで培った指導ノウハウをもって中津でも今後教育支援を実施する予定です。

対称者は、小学生から高校生までです。送迎は、基本学校にお迎えに伺い療育後、自宅送迎が基本となります。勿論特別支援校へのお迎えも問題ございません。

特別支援学級用教材「えすぷり」
私共は、平成23年12月に経営革新事業として福岡県の認定を頂きまして、特別支援学級用指導教材「えすぷり」を作成致しております。これは私共が30年余り培った指導教材数万枚をネット上にアップロードした物で、生徒のレベルに合わせた教材を出力するようなシステムとなっており、現在コンパス本部でも使用し、高い成果をあげている国内唯一の特別支援用のダウンロード教材です。

小学校に入学しても、平仮名が読めない、書けないだけでなく、鉛筆が持てない、全くかけない等という事例は後を絶ちません。小学校高学年のお友達は、低学年の1年生、2年生の教材を使っておられるのですが、低学年になれば、使用する教材がないのが実情で、現場の先生方も使用教材に非常に困られておられます。私達は、あらゆるニーズにお応えする為に、指導領域を細かくセグメントして「えすぷり」は作り上げられました。コンパス中津では本格的に小学生以上の皆様にご使用頂くよう準備致しております。

特別支援学級用教材「えすぷり」は点描(点を打つ行為)から始まり、言語、数量、知覚療育を刺激するもので、数か月で、半年、1年以上の知能向上が得られたと医療機関からもお知らせも頂いている夢の教材です。(「えすぷり」に関しての詳細は、現在、行政機関との連携を進めており、それらが決定し次第、一挙公開したいと考えております。もう少々お待ち下さい。)

小学校高学年は、それまでの取りこぼしを補う指導を行います。時間をかけて判らない事を1つ1つ潰して行くような指導であるとご理解下さい。理解し、応用し、そして内容を定着させ、最終的に想起し使用できるまでの手順を踏んだ指導を目指します。

中学生に関しては、各自の問題も更に広い幅を持つ事となりますので、学校の授業の補足、将来の受験指導まで行う指導と、掛け算、割り算等小学校段階から問題がある場合は、その学齢まで戻り、その子の実力に合わせた回帰学習を行います。

高校生に関しては、就業目的か、進学目的か状態を鑑み特性に合わせた指導を検討しております。パソコン等に興味を持つ生徒も多くおられますので、場合によって、プログラム等の専門的な指導も視野に入れて検討致しております。

高学年の指導は指導室も別室となり、静かに学習に取り組んで頂ける環境をご用意致しております。レスパイトよりも少しでも学力定着をめざし、本人の自立が促せる支援活動を目指します。状況によりレスパイト的な支援も必要になる事例もあろうかと思いますが、出来るだけ子ども達の能力の開花の一助に成れる支援を目指したいと考えております。また、コンパス中津では、農業療法も定期的に取り入れた支援活動を検討しております。

沢山の皆様のご見学、ご入会をお待ちしております。既出のようにお申込みも始まっておりますのでどうぞお早目にご連絡下さい。ご面談、ご入会のご予約は暫くの間は093-475-0449までお願い致します。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 13:00| 44.新しい施設開設情報 | 更新情報をチェックする
100.jpg