2016年09月01日

NO.353 COMPASS大運動会

NO.353 みんなと一緒だから頑張れる

保護者心得【自閉】LD【多動】

台風9号、10号で被害に遭われた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

IMG_4004.jpg

一人で走れなければ、ご一緒に…


夏休み最終日、8月31日にCOMPASS中津・吉富・Sweetの3施設が集結してCOMPASS大運動会を執り行いました。

46名のお友達と、職員32名、保護者の皆様も平日にも関わらず60余名のご参加と20余名の来賓を賜り、某公立中学校の体育館をお借りして今年で2度目の運動会を開催する事が出来ました。

IMG_3994.jpg

はじめの言葉からラジオ体操、障害物競争では、歩行困難なお友達も含めて幼児から小学生、中学生、高校生まで一丸となって競技に参加する事が出来ました。

かけっこ、玉入れ、しっぽとり、お盆明けから皆で練習した、全員でのダンスも、最後の合唱まで3時間少々取り組む事が出来ました。

COMPASS中津が出来て2年と2カ月…

笑うことも、話す事も出来なかったお友達が、応援し、仲間に声援を送り。

じっと座っている事が出来なかったお友達も、指示に従いきちんと待ち。

目も合わず、何事にも我関せずを決め込んでいたお友達が応援し、

誰一人、奇声を上げる事もなく。

懸命に取り組む姿に心から感動する一時でした。

IMG_3999.jpg

最後まであきらめず走る姿…

周りの応援、お友達の鼓舞する声がお友達の原動力です。

期待に応えたい…

負けたくない…

頑張りたい…

もう一歩…

これが、お友達と一緒に取り組む効用です。

お友達と一緒だから頑張れるのです。

一緒だから頑張りたいと思うのです。

あの子も頑張ってるから、もう一頑張り出来るのです。

あの子が出来た事だから、自分も出来ると思えるのです。

完璧でなくても、大丈夫。

頑張っただけ評価されれば、さらに前に進みたい気持ちが生まれます。

時には、お友達とご一緒に挑戦してみて下さい。

IMG_3977.jpg

今日から9月2学期の始まりです。

今年も残り4カ月、春の進学まで200日少々です。

1日1日を大切に、子ども達と関わって頂ければと思います。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:28| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

NO278.特性を伸ばせば…天才となる

NO278.才能を潰さず伸ばせるか…

保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】

アメリカのお友達のお話です。

彼女は、1歳になる前から見つめ続けて来たお友達で、才能を認められ、この度全米の1%と言われる天才児として正式に認定され、全米の特別プログラムに参加する事となりました。
IMG_0156.jpg
そもそもの出会いは…
私達は教育支援のボランティア団体として昭和61年に創立致しました。最初の活動拠点は市の児童館をおかりしてのものでしたが、ボランティアの概念も希薄な時代で、不登校や、家庭内暴力、学習遅滞の為の支援であっても、施設費も毎回支払が必要な状態でした。

NPOも一般社団法人もない時代で、社福にするわけにもいかず、学生だった私達は、会社組織としての運営が始り、収益を確保する傍ら、教育支援を行う団体として活動する事となりました。

私共に、教育部門があったり、教材事業部で、全世界の日本人学校に学校教材の提供を行わせて頂いているのも、ボランティア活動を行うための収益事業の一貫であり、私共は独自の成長を遂げる事となりました。(苦労話っぽいので詳細は割愛します。)

教育部門でも無償、有償にて4000名を超える子ども達の教育支援を行い、そんな中で、20年前に出会った中学生が、その後も努力を重ね、大学から渡米し、努力を重ね欧米の大学を卒業し、そして母として彼女を神様から頂きました。

異能の資質は問題か、それとも天才なのか…
小さい時は、ごく普通のお友達でしたが、成長するに従って異能の才を発揮する事となりました。集中力は凄まじく、大人を圧倒する力を持っていると思えば、ふとした事には全く興味を示さず、母も専業し彼女の成長を見守る事となりました。

4歳になる頃には、日本語、英語、そしてフランス語を自由に操れるようになり…というと華々しい感じがするのですが、通例の生活には様々な問題もあり保護者を悩ます事となりました。

今回はそれらの問題には言及致しませんが、日本国内であれば、受け入れる事が難しい問題も、欧米の取組み方、教育環境の違い、スタンスの違い、良い意味での個人主義、才能を伸ばそうとする教育環境もあり、彼女の良い資質を伸ばす事となりました。

周りが彼女を受け入れたのです。

彼女の資質を認めたのです。

保護者も支援し続けたのです。

詳しくは来年彼女の取材にテレビ局が渡米する事となったので、全国ネットの春のスペシャル番組で、その様子や抱える課題をご覧頂ける事になると思います。

今、彼女の興味は音楽です。
世界中の音大の教授を務める、バイオリンで有名なロバートダビドビッチ(Robert Davidovici)の最年少の内弟子になりました。明けても暮れてもバイオリンを離しません。僅か数カ月で何十年分のプロの技術を凌駕出来ているそうです。

受け入れる事、認める事から全てが始まるという良例です。

何が大切なのかを見極める事
究極に大切なのは、生きる力だと思います。

生きる力とは自立できる事であり、一般生活が普通に送れる事だと思います。

人を傷つけず、盗む事をせず、ルールを守り社会に順応する能力です。

きちんと職につき、結婚し、家庭が築く事が出来る事が多くの保護者の願いです。

現在の日本では、万一就労する事が出来なくても、社会保障制度の中で生きていく事が可能です。贅沢をしなければ、餓死したり、路頭にまよう事はありません。

職につくといっても、軽作業から、複雑な知識の必要な物の違いで収入に差が出来るので一般的にはより良い職業に就くために、知識を獲得し、中学よりも、高校へ、高校よりも専門学校へ、専門学校よりも短大へ、短大よりも大学へ、大学よりも大学院へと難度の高いスキルを求めてしまいますが、長い年月子ども達の成長を見続けていると何が幸せなのか考え込んでしまう事も少なくありません。

今は大学を卒業しても就職がない時代です。教え子の中には上の学校には行かず中学から就職した子ども達も少なくないのですが、不幸なのかと言えばそんなことはないのです。

陶芸家になったお友達は、自分の窯を持って第1線で活躍しています。

大工さんになったお友達は、技術を磨き、今では立派な棟梁になった子もおります。

農家を継いだお友達も、何反も田畑を耕し額に汗しながらも幸せな家庭を築いています。

皆勉強は苦手でしたが、生きる術を早くから磨いてきた結果です。
幸せに導く結果は一様ではないのです。

障がいという問題を抱えたお友達が、就職するという能力まで手が届かなくても年金の受給もあり、社会生活が送れれば、自分で買い物をしたり、食事を作ったりと社会に適応する事も出来ると考えます。

あるお友達は、学校が大嫌いで中学を卒業するまで1ヶ月も学校に行きませんでしたが、ネットを活用し自立した生活が出来ている子もおります。

お風呂が嫌いで、清潔観念が乏しくても、土作りが上手で立派な農業家になる事も夢ではないのです。

お友達の名前が覚えられなくても、時計が読めなくても、別な才能を伸ばす事で生きる力を得ることが出来るのです。

臭いに敏感なお友達は、香料師になりました。
手先の器用なお友達は、何度も何度も国家試験を受けてとうとう美容師の免許を取る事が出来ました。数字は苦手でも、漢字は覚えられなくても、出来うることはあるのです。

才能を見つけてあげる事も一つの支援です。

平均的な能力ばかり見つめてしまいがちですが、お子様の特性を逆手にとって将来の道に繋げる事も出来るとお考え下さい。

幸せには様々な形があるのです。
能力も伸ばし方でその子の未来が変わります。

COMPASSで使用している問題の8割以上を作成した上席指導者が彼女に逢いに渡米し欧米の最新の療育を学ぶ為に留学する事となりました。

海外ではダウン症のお友達が、トップの成績で大学を卒業したり、議員として活躍しているという事例もあります。才能を開花させた成果であると思います。

世界は広いのです。
IMG_0150.jpg
受け入れる事、才能を伸ばす事、支援し続ける事で未来を変えることが出来るのです。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:21| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

NO266.女の子らしく…着衣の問題

NO266.利便性よりも形重視…

【知能遅滞】  【ダウン症】  【能力遅滞】    保護者心得  


女の子のお友達の多くがズボンをはいて来られます。


GS184_72A.jpg

決してズボンが悪いというわけではありませんが、楽な姿勢を取るために、足をひらいたり、座り込んだりと女性らしい所作を身に付けるまでに時間がかかります。


ズボンだと時間がかかるだけでなく、間接の問題、骨盤や、取り巻く筋肉の影響等で成長が進んだ段階で、綺麗な姿勢を維持したり、足を閉じて座る事が出来なくなる可能性も出て参ります。


ズボンだと下着が見えたり、お腹が冷える心配はありませんが、「女性らしさ」という課題からは逸れてしまう可能性が大きく、早い段階からスカート等を身に付ける事が大切ではないかと考えます。


これは女性蔑視ではありません。個人的にはパンツルックも嫌いではありません。


近頃は見えても大丈夫な下着もあるようですし、短パン等を組み合わせる方法もあると思います。


馬子にも衣装ではありませんが



汚れれも大丈夫な服を着せていれば、汚れても気を遣う事はありません。汚してもよい服装であれば、汚れても平気なのです。食事の時にケチャップが飛んでも、醤油がついても平気です。


汚したくないとおもうような服を着ていれば、汚れを気にします。


地べたに座り込む事もありませんし、鼻水を袖口で拭きとる事もありません。汚れを服で拭くようなマネもしなくなります。


服装の乱れは心の乱れなどもと言いますが、だらしなくしていても平気であれば、だらしなさが服装だけでなく、態度、行動にも影響してしまいます。


多くの場合時期を見て服装のテイストをチェンジして頂くのですが、その効果は絶大です。椅子に座っての着座姿勢等も徐々に女の子らしい姿に進歩させる事が出来るのです。


臭い物には蓋ではないのです。座り方が悪いからズボン、下着が見えるからズボンでは駄目なのです。


問題こそ、掘り下げる事により、将来解決できる事が沢山あるとご理解下さい。


その時は便利でも、身に付けるべき事が身につかぬまま成長する問題がある事を、ご理解頂きたいと思います。


DVC00041.jpg
服装…身だしなみは全ての面に大きな影響を与えます。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:23| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

NO176.リース作り&壁面構成

壁面構成に関して様々なご意見を頂きました。

子どもの集中力を損ねるのではないか?
壁は白のままが良いのではないか?
目線に掲示するのは間違いではないか?

旧来の指導手法からの考察もいくつかご案内頂きありがとうございました。

IMG_3907.jpg

子ども目線では、例えば上のピンクのウサギはどうなのか?オレンジや、紫のペンギンはという考え方もございますが、創造力を養うという観点からすると決して悪い事ではないと考えます。

守破離という考え方もございますが、形に縛られるのではなく、自由な発想を養うのは別角度からの刺激から生まれる物であると考え、ペンギンは黒と白と決めつける考え方こそが子ども達の自由な発想を縛る物であると考えます。(模倣を否定するわけではありません。色彩感覚は体験から得られる事が大であると申し上げたいだけです。)

また、集中出来る環境は大切ですが、現在社会は、日常生活においても、学校生活においても、園生活においても非常にカラフルで子ども達の興味をそそる物が沢山あります。私達は、それらを払拭する集中力を養う事が大切であると考えます。

何も置いていない教室はございません。無機質な環境で育てられた子は、1つの変化でも動揺し、集中力を欠いてしまうのは自明の理かと存じます。そして本当に集中した時には、それらの物は目に入らなくなるのです。

「出来ないから見せない」では駄目なのです。子ども達をずっと守るわけにはいかないのです。子ども達は自力で立ち上がる力を養う事こそが大切であると考えます。

刺激が与えられる環境こそ、子ども達の発達を促せるとと考えます。無機質な環境ではプラスは得られないのです。発達は得られないのです。刺激がなければ、反射は起こりません。

そして何より、毎月の季節の行事を加味した壁面構成は、時間の経過、季節の移り変わり等を自然と体得する重要な役割を演じます。COMPASSの子ども達は、秋には紅葉があり、コスモスが咲き、落ち葉を拾い、焼き芋を楽しみ、七五三がある事をしっています。

冬にはクリスマス、1月はお年玉がもらえる楽しいお正月がある事を理解しているのです。それは、毎日教え導く作業の中から養える事であると考えております。

決まりきった色を使うのも、創造性を育むという観点においてはマイナス要因が強いのです。私達は現在300を超える学校や幼稚園に訪れておりますが、真っ白な壁面のままの施設は1か所たりともございません。

療育技法の多くは欧米で早くから開発され取組みが行われてきましたが、時代の流れと共に色調による室内構成等も含めて行われており、楽しい雰囲気を演出する努力は支援者の大切な役割であると考えられております。

そして、変化は時に必要な作用であり、正しい演出により子ども達の意識をも変革する事が可能であると考えられています。更に、作品を展示する等の作業も、評価を得たり、次の活動に繋がる大切な側面的支援であると言われています。

私達COMPASS発達支援センターでは大変ではありますが、スタッフの協力も得て、毎月壁面を変えております。50名を超える子ども達の支援を行っておりますが、壁面のせいで集中力が欠けるというような事案は一度も発生しておりませんのでどうぞ安心してご家庭でも壁面構成に挑戦されてみて下さい。

また来たい教室を演出する。
暖かなぬくもりのある演出をする。
参加する事による喜びを分かち合う支援を行っております。先月は、子ども達が自分でミノムシの顔を描きましたが、12月はクリスマスをにらみ、皆でリース作りをする事となりました。

IMG_3763.jpg


本格的に蔓(つる)で作りたいという希望も子ども達からでておりましたが、折り紙でオリジナルリースを作る事となりました。どの子も真剣で、自分で折り紙を選び、構成を考えながら一生懸命取組みました。

IMG_3765.jpg

幼稚園さんから、小学校6年生まで皆で仲良くリース作りに取り組む事ができました。教室はシーンと静まり返り、一生懸命に飾り付けも行いました。

IMG_3771.jpg

はい、出来上がりです。

IMG_3905.jpg

そしてCOMPASS中津のスタッフにより12月の壁面構成です。サンタが持つ白い大袋にはどんなプレゼントが入っているのでしょうか…

IMG_3908.jpg

私は過去30年に渡り3000名を超える子ども達を直接指導して参りました。良い活動は残し、改良を重ねながらの30年でしたが、壁面構成はプラスにこそなれマイナスにはなりにくい支援技法の1つであると認識しております。

そしてベストは子ども達と一緒に取り組める事で更なる支援に繋げる事が可能な取組みです。する前から書籍に惑わされるのではなく、まず挑戦してみて頂ければと存じます。



ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 03:32| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

NO169.季節感

ここ九州でも、この間まで暑いとおもっておりましたが、ちょっと涼しくなったと思ったら、朝夕はコートが欲しくなる寒さです。遠方の方が、九州は雪が降らないでしょう?等と話を頂く事がありますが、もうすぐ私もスタッドレスに履き替えます。もうすぐ、大分、熊本には雪がつもります。スキー場だってあります。

IMG_0325.jpg
ちょっと話題になった湧田山です。

子ども達も寒くなると服装が変わる事実生活の中で、季節も理解できますが、季節と行事、月日の流れを効果的に理解させるのはやはり壁面構成です。

PB150108.jpg

ハローウインから、落ち葉や、ミノムシ等の壁面構成を作ってもらいました。子ども達が自分で、ミノムシの顔を書いています。自分も参加する事で、より理解を深める事が出来るようにもなります。
PB150109.jpg

葉っぱが紅葉する事、常緑樹もあること、いろいろな事を理解する事ができます。

IMG_3699.jpg
ちょっと写真が暗くなったのですが、どれも子ども達のお気に入りです。

IMG_3698.jpg

ご家庭でも簡単な壁面構成を作る事は可能です。保育雑誌等を参考にして頂くとよいと思います。苦手な方はコピーを貼って作られると簡単に作れます。一度挑戦してみて下さい。

今度は、クリスマスそしてお正月…
楽しい行事が目白押しです。
お子様とご一緒に取り組んでみて下さい。



ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:08| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

NO156.壁面構成 その3

IMG_2105.jpg
夏が過ぎ、秋となり、気分はハローウィン。それぞれの施設でも様々な取組みがなされている事と思います。以前お伝えした壁面構成その2にもありましたが、清潔な環境、季節に合わせた変化を共有するには、壁面構成は大変効果的です。

IMG_5304.jpg
夏の壁面です。ひまわりがきれいでしょう。

IMG_5305.jpg
夏休み一緒に食べたかき氷。

IMG_5306.jpg
家族と行った海水浴

IMG_2913.jpg
教室もハローウイン仕様に模様替しています。

IMG_2920.jpg
秋の運動会、幼稚園、保育園、学校で毎日練習しています。

IMG_2921.jpg
秋はやっぱりコスモスです。

壁面はスタッフ総出で自宅に持ち帰ってまで作って頂いており、感謝、感謝です。
美しく整備された環境はとても大切です。

教室の環境を整える事はとても大切です。きれいにしても放置すれば劣化します。ちょっとここに置いて後で片づけようの繰り返しで、物の上に物が積み重なってしまいます。そこに埃がたまり、ゴミがたまり、大切に扱っていた備品も乱暴に扱うようになり、物の紛失が起こりとどんどん連鎖し、宿題忘れに繋がったりしてしまいます。

壁面をすると、教室をきれいに私達もかたずけます。施設見学も多いのでその度片づけるのですが、ついある場所に滞留させてしまいがちになりますが、壁面構成をして教室内を一新するとこれがなくなります。

決められた場所に、きちんと自分の物をなおす事も定着する事にもつながります。ちらかっていると、カバンをどこにおいても水筒をどこにおいてもわかりませんが、整理され、自分の机、自分のロッカーが決まると、そこにあるべき物、直すべき行動規範も身に付き忘れ物も無くなります。

風がふけば桶屋がもうかる的ではありますが、ボディーブローのように確実に効果があがってきますので、面倒ですがご家庭でも挑戦されてみる事をお勧め致します。

今度は冬に向けての壁面構成となりますが、どんな物が出来るか楽しみです。ご期待下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:17| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

NO125テレビに関しての考察

夕飯時、夕食の支度でドタバタする間、ちょっと子ども達をテレビの前に座らせて、好きなDVDや、アニメ等を見せて時間を繋ぐという事がよく見受けられます。テレビだけではなく、タブレット等から動画等を見たり、ゲームで遊ぶ等という事も保護者の皆様のお話を総合すると少なくない事実であると思われます。


一部の放課後等デイサービスでも、「見守り支援」として、子ども達を預かっている間中、ずっとテレビを見せている、ビデオやDVDを帰るまで見せる等という支援をされている所も実際は少なくないようです。

帰宅後もご家庭でも見守り支援と同様の対応をされているとういお話もよくお伺いしており 、今後どのように成長して行くのか、社会に順応できるのか、非常にふあんです。

強く反対は致しませんが、テレビの使い方を十分考えた上で使用するべきだと考えております。
IMG_5239.jpg

「好きだから」「静かにしているから」果たしてそれで良いのでしょうか?

どうしても手が離せないような時、一役かってもらう時は大変便利な道具です。手離れも良く さしたる費用もいらず、テレビ鑑賞は本当に手間いらずで、楽です。

「テレビを消すと暴れる(泣く・叫ぶ)から…」でも、ずっと見せ続けて良いとは決して思いません。

嘗て、グループホームの立ち上げに参画した事があります。祖父母、両親も見送って来ました。最初は、退屈しのぎに見ていたテレビの前から、次第に離れられなくなります。動きが鈍り、足腰が弱り、徐々に認知が始まる。睡眠時間が乱れやつれていく…そんな事例をつい思い出してしまいます。

あくまでも経験則ですが、長時間の視聴は、本来目指すべき理想的な生活から程遠い気がしてなりません。深夜、真っ暗な部屋で、テレビに見入る何とも退廃的な空気が頭から離れません。視聴から、束縛にいつの間にやら変容してしまうのです。選択する力も失せ、只々見ている姿は怖さを感じずには、いられません。将来が不安になられませんか?

寂しさを紛らわせ、一時の楽しみである間は良かったのでしょうが、ある時点から、見ているという能動的な状態から、見せられているという、受動的な、危険な状態に変貌するのではないかと思われます。

言葉が少なくなり、体力が落ち、正常な意識を維持出来なくなり、人格が徐々に壊れる…顔付きが変わり、悲しい最期を迎える…

そんなこんなで私は、テレビが苦手です。だから平素はまず見ません。年に数時間だと思います。長く視聴する殊に抵抗があります。ブラウン管から、液晶になって更に怖さを感じることが増えました。

番組を選択出来る間ははまだ良いのですが…カチャカチャと落ち着きなくチャンネルを変え始めると不安になります。

一時的な使用は、良いとしても、少なくなくとも、常態的な長時間の視聴は、やる気を減退させ、思考力を鈍らせ、認知力をおとし、集中力を短くしてしまうようです。

子ども達の場合、社会性の育成にも著しい問題が、浮上するのではと危惧してしまいます。中毒の一種とお考えになるドクターもおられます。

子ども達は、将来の事を考えると、四六時中テレビを見続けるのというのは、絶対に避けるべきです。

取敢えず大人しく出来るから…をいつも使うのは省みて頂ければと思います。使用時間は厳選して下さい。中身も精査すべきです。

喧嘩になる可能性があっても、テレビの個人ユースも避けるべきです。個室ビデオかと思われる支援を行う施設もあるようですが、ほうにんすれば、チャンネルを譲る事すら出来なくな来ます。

楽しい事を否定しませんが、娯楽をいつも与えると、楽しさも判らなくなります。食事も一緒で、たまにご馳走を食べるから美味しいのです。感動するるのです。アドレナリンが湧き出るのです。慣れてしまうと駄目になります。

テレビにも良い番組は沢山あると思います。教育的見地からみても優れている物もあると思います。知識を増やす事に繋がる番組もあると思いますが、いくら良い物でも、過ぎたるは猶及ばざるが如しなのです。

番組は、厳選すべきです。1日30分内が理想です。短くて良いのです。見ない日があるのがより理想です。

お母さんが、専業主婦であったり、祖父母が同居されていたり、しっかりした兄弟がいるのであれば、思い切って、テレビから子供達をひき離す事が出来れば、新たな成長の可能性を得る事に繋がるのです。


川に行きましょう。海に行きましょう。外にでましょう。テレビ以外の刺激を与えましょう。


刺激こそ、成長の種なのです。絵本を読んだり、図書館から紙芝居を借りて来て、毎日読み聞かせをしてあげて下さい。


読み聞かせは繰り返しの効用もあり、読めば読む程、理解を深める事が出来るのです。


テレビでは、繰り返し見せられるCMを覚えるだけで、子ども達の進歩や成長にはなかなか繋がりません。


テレビは、四六時中見せるのではなく、時間を決めて限定的に見せましょう。

どうせ録画するおであれば、有益な物を録画し、早起きしてその時に見せるようにするのが望ましいと考えます。

「朝テレビ」は、早起きすると、大好きなテレビが見れる、という意識づけで、早起きが実践で、ストレスも軽減し、余裕を持った行動が可能になり、状況を好転させる力が得られると考えます。

では総括です。
@テレビは、長時間見せない。
A夕食後、夜は見せない。
B番組は、内容をしっかり吟味。
C夜は、テレビを消し間接照明で早寝を!
D見たいテレビは、朝テレで…

まずは、実践あるのみです。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:03| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

NO124.「朝テレビ」早起き実践法

GS023_72A.jpg

既に「早起きでストレス解消」でその効用を科学的にご説明さしあげたのですが、実際に早起き実践をして頂く上で、どうすればスムースに取り組む事が出来るのか、多くのご父兄にチャレンジして頂きました。

多くの皆様が独自の取組みで、早起きに挑戦頂きましたが、その中で最も効果的方法と思われる「朝テレビ」をお伝え致します。既にこの方法で、沢山のお友達が朝方の生活に変化し、保護者と共にゆとりある生活をすすめられておりますので、皆様も是非、実践されてみて下さい。

@(事前告知)
事前に明日から夕方テレビが見られなくなる事を伝え、その分朝見る事が出来ると伝える。(ゲームや端末操作も同様)

A(実践・対応)
夕方のテレビを見せない。(ゲームもやらせない。タブレット等も触らせない。)ここは泣いたり、騒いだりしても駄目な物は、駄目で触らせない。運動をしたり、おもちゃで遊んだり、ピアノを弾いたり、本を読む事は容認する。ここで暴れたり、大泣きしたり、暴言を吐いたりするかもしれませんが、しっかりと対応して下さい。協力者が得られるのであれば、その日を待つ事が良いと思います。ここが踏ん張り時と考えて、見せない事を死守して下さい。泣いてもわめいても、駄目な物は駄目で通して下さい。他に興味をひける物をぶら下げて頂くのが最も良いと思われます。テレビを修理に出したというのもありましたし、壊れて見れないというのが一番楽にすすめられそうです。アンテナをはずしたり、裏の配線を抜いたりしても良いようです。強硬な所ではコンセントを切ったという事例もありましたが、ここを通り抜けると上手く運びます。

B食後は間接照明に
夕食と、お風呂が終わったら、家全体の電気を薄暗くして下さい。明るいと寝られません。2500ルクス以上の電気に出来るだけさらさない事が、睡眠を誘発します。薄暗くすると自然と睡魔がおそいます。通例の時間よりも早く寝せる事も可能です。夕食は8分目に、おやつは出来るだけ与えません。空腹でなければ、朝の目覚めが悪くなります。

C(解放・視聴・操作)
次の日の早朝(朝最低でも6時)出来れば5時30分起床。早く寝れば寝るほど早く目が覚めます。起きたら、カーテンをあけ、窓も出来れば開け放して、お日様に当たりましょう。お腹もすいているとすっきり目が覚めます。

今は2014年7月で、夏ですので5時になると夜が明けています。この機会は秋分の日までです。秋分の日までに、早起きの習慣を身に付けさせましょぅ。この時期に早起きになったら、冬の間も体のリズムで早起きが持続できますが、この期を逃すと、辛いものになり、春分の日まで待たねばなりません。

さて朝起きたら、待望のテレビを見せてあげて下さい。DVDでも良いですし、ゲームでも、ただし時間の制約を設け、その後は、登園するまで、言語指導等の療育指導に取り組んで下さい。
テレビを見せる事に関しては、その内容に関しては一言ありますが、今回は早起き実践する為の導入ツールとしてご案内させて頂いております。

勿論見る内容は、精査されて下さい。見てためになる番組を選んで下さい。人を卑下したり、馬鹿にしたりするような物は止めましょ。アニメの内容も吟味して下さい。「おしりフリフリー」と言われても困ります。見せても良い物にして下さい。
まず早起きになって、ストレスを軽減させましょう。全てはそこから始まります。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 15:42| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

NO104.壁面構成 その2

壁面構成 その2

大分の施設の壁面構成です。
IMG_5192.jpg
落ち着かないのは困りますが、うきうきするような環境設定は大切です。

変化に慣れる力を養う。

特に、毎日通所しているお友達がいる場合等、こだわりが強いお友達や、環境の変化に慣れる事が出来るように支援する事が大切です。

支援を必要とするお友達の素養や構成によって、変化にならせるという意味で、ご家庭でも、リビングを毎月配置換えする等し、こだわりをゆるく出来る様に徐々に支援する事が必要と考えます。

極端な変化を求めると壊れてしまいます。

竹を曲げるのも、徐々に力を加えて時間をかけて形成します。
子ども達も一緒で、いきなり力を加えると、ぽっきり折れてしまいますが、ゆっくりと段階を経ていけば、
思う姿に導く事が可能なのです。

焦らず、少しづつ変化を求めてみて下さい。

環境設定にはそんな意味もあるのです。

また、いつもきれいにしている事は既出ですがとても大切です。
綺麗な環境設定をしていると、子ども達もゴミを拾いますし、ちらかしません。

汚れていると、ごみを出しても平気です。

さて、何匹カエルがいるのか、何羽鳥がとんでいるのか、増やしたり、減らして数に変化をつけると、来所の度に計数をする事にもつながります。

観察眼は、観察するべき内容を教えなければ身に付きません。

さて、おうちの模様替え、トイレから?リビングから?子ども部屋から?楽しみながら挑戦して下さい。







ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:23| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

NO98.壁面構成

壁面構成
IMG_4538.jpg
指導室の壁面はどのようにするべきか?落ち着かない、集中しないから良くないとの見解もあるようですが、それは指導者の資質の問題であると考え、私共の施設では、出来る限り、季節に合わせた図案を壁面に掲示しております。

梅雨なので、少し涼しく構成してもらいました。

PIC_0190.jpg   

PIC_0188.jpg
近日本物のおたまじゃくしも、近くの畑からやってきます。

季節感も身に付きます。

PIC_0187.jpg

時間の感覚、季節の違いも、身近な物から理解が得られます。

巧緻性身に付けられます。
IMG_8394.jpg

壁面構成も使い方で子ども達の成長を促す事が可能なのです。

IMG_8393.jpg

巧緻性の指導で、毎日自分達で作った折り紙を張ったこともあります。こんな難易度の高い物が作れるのかと思うような物でも作れるようになります。 

お花の写真をカードにして季節分けゲーム等も出来るようになります。

IMG_3424.jpg

目標設定が出来るようになれば、自分の目標を掲示し、責任のある行動をとったり、行動の抑制や、意思表示も促せます。

IMG_3871.jpg

さらに、成長が顕著になると、自宅に下のような掲示物が張り出してされているご家庭もあります。下は季節の絵で横が目標設定です。

DSC01182.jpg

トイレに行くまでに全部読み上げてから入るそうで、定着もいち早く促せます。
DSC01189.jpg

ご自宅でも、楽しい壁面構成をされてみて下さい。必ず力に変える事が出来ると思います。




ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 18:58| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

NO93.落ち着かない部屋 その1

落ち着かない部屋 その1

発達障がいのお友達にとって、整理整頓された環境はとても大切です。さて皆様のご自宅はどのような状態でしょうか?

玄関、必要以上の靴は出ていませんか?
必要以上の靴があると、お子様の状態にもよりますが、どれを履くのか迷います。左右を理解しなかったり、どこに脱いだらよいのかわからなかったりします。玄関に置く靴は、最低限度にして、必要に応じて下駄箱から出すという事を心がけて下さい。どこに脱いでよいかわからない場合は、床にテーピングしたり、シールを貼ったりしてあげましょう。決められた場所にきちんと置く事が大切です。但し、その作業が極端なこだわりに結びつかないような配慮も必要ですので、定期的に場所を入れ替えたりといった配慮もお忘れなく。

リビング 整理整頓できていますか?
大人でもそうですが、散らかった部屋はどんなに言い訳をしようが、子ども達の療育環境には適しません。私達大人でも落ち着きません。ゴミが散乱していたり、着た物が脱ぎ散らかしてあったり、使ったカバンが放置されていたりといった環境は最悪です。欧米の研究でも片づけられた部屋と、散らかった部屋での作業効率の差は30年以上も前から指摘されている事実です。

どこに何があるかわかっている…忙しくて…片づけが苦手で…お子様の未来を本気で切り拓きたいなら、この週末にしっかりとお片付けをしてください。

IMG_1872.jpg

片づけが出来ると、何はともあれ気持ち良いものです。気持ちよい空間を持つことが何より大切です。集中しなさいといっても、雑然とした部屋で集中できるはずはありません。物がゴテゴテに置いてあって落ち着けるわけはないのです。無理です。どんなに言い訳しても無理です。

私の知人にも片づけが大の苦手な方が何人もおられます。私も得意ではありません。苦手であれば、得意な人を巻き込んで下さい。自宅にお客を呼ぶだけでも掃除するものです。私は自宅に整体の先生に良く来てもらうのですが、それを意識して綺麗になります。クリーニングをとりに来られる日も、宅配で無農薬野菜等が届く日も、玄関や応接はいつもより綺麗になります。家庭訪問のお家が綺麗になるのと一緒です。

苦手な方は誰かに手伝ってもらって下さい。お小遣いに余裕があれば、ダ〇キ〇等のホームメードサービス等を活用するのも一つでしょうし、実家のお母さんにヘルプをお願いするのも良いでしょう。体の調子が悪い場合は、ヘルパーの方にお願いする方法だってあると思います。

巷では「お部屋の片づけテクニック」のような書籍等も沢山あります。「断捨離」で検索されても片付けを促して頂ける有名サイトがいっぱい出てきますので頑張って実行して下さい。不要な物を捨てる、あげる、整理する、部屋が片付いて、お子様が落ち着いたという事例も一つや二つではないのです。たったこれだけで変化するケースも少なくないのです。片づけて下さい。

寝室は、寝やすいように、洗面やトイレ、ふろ場等風水の本などを参考にされても良いと思います。生活しやすい環境を確保する事でまずはお子様の落ち着きを取り戻しましょう。

マローとミンツの法則的にも療育支援には片づけは絶対必要不可欠な内容です。私も体験的に、ぐちゃぐちゃなお部屋で生活している方で、良かったですねといった好結果が得られた試はありません。

部屋が新しい、古いという事が問題ではありません。きちんと掃除されているか、片付いているかが問題なのです。騙されたと思って片づけて下さい。毎日少しづつでも大丈夫です。1日目はリビング、2日目は玄関…とか、最初はお風呂場、次に寝室から子ども部屋…でも良いでしょう。台所から始められたケースもあります。

とりあえず一つに部屋に緊急回避をして、余分な物を一旦全部逃がしてから徐々に取り組むのでも良いと思います。まず1アクションです。お子様の為に頑張って下さい。

私は3カ月から半年に1回家の中で、部屋の引っ越しをしています。それだけで気分も変わりますし、不用品の整理も出来ます。教室も最低でも年に2回は模様替えをします。実は昨日も2日がかりで施設の大掃除をしておりました。やれば出来るのです。辛いですが気持ちのよい作業です。私の家内は少しづつ2週間前後かけて片づけを定期的に断行しています。片づけで得られる物は多大です。是非お願いします。

掃除が終わったら、問い合わせが多かった、勉強部屋(子ども部屋)の設定に関してお伝えします。

子ども部屋のカーテンはピンク色で、カーペットもピンク…なんてお部屋は可愛らしいですが、落ち着いて取り組む事は出来ません。何を目的としている部屋なのか…ご家庭の片づけがおわった頃に、今度は「色」についてお話し致します。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 12:00| 49.環境設定に関して | 更新情報をチェックする
100.jpg