2016年07月09日

NO.343 感覚が統合出来る?

NO.343 楽しい療育支援も…

保護者心得【自閉】LD【多動】【注意欠陥】


P7010167.jpg


療育支援には、様々な取り組みが必要で、お友達の特性を吟味し、それぞれの特性に合わせた指導が必要になってきます。まるで漢方の処方のように、取り組む必要性があると思います。

オーダーメイド型の支援が理想です。

オーダーメード型の支援を実現する為には指導アイテムを充実する必要性があります。

現在COMPASSでは通例の指導に加え新たな取り組みを始めておりますので、一部ご紹介したいと思います。

DSC01762.jpg

上記の写真は、感覚統合用に設置したハンモックです。

COMPASS高松、丸亀Nextには、既に数か月前より「揺らぎ」を体感する為の特殊チェアーを導入しています。

本日、新たな指導アイテムをCOMPASS本部に導入しました。

P7090227.jpg

エアロヨガのツールです。

ゆらゆら感がたまらないようで、大人気アイテムとなりました。

訓練や指導はやはり子ども達にとっては厳しい一面もあります。実際楽しいばかりではありませんし、泣きたくなる事だって少なくありません。厳しさも必要ですが、でも楽しい事も大切です。

見て下さい、思わず笑顔がこぼれてしまいます。

P7090222.jpg

感覚統合が欧米で唱えられ始めた際、当時最新の指導技術を取り入れようと平成5年当時、私達も感覚統合療法に取り組みました。様々な刺激を与える事で、脳内の神経接続を促すものです。

今回は、未知の感覚を与える事で、よりシナプスの連携を促そうという取り組みの一環です。大がかりな設備も必要で、その効果の有無を見極め全体導入を検討したいと考えております。

難しいお話はこの辺りで、何はともあれ楽しい取り組みである事は間違いないようです。

大人だってこの通り…

DSC01609.jpg

笑顔は、指導の活力です。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 21:03| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

NO.341 自傷行為を止める法

NO.341 咬みつきも、指舐めも…止まります。

保護者心得【自閉】LD【多動】【注意欠陥】


DSC01465.jpg

アフリカ土産のダチョウの卵にプリントされたライオン達
 ご相談の中で、ストレスから、お友達が自分自身の腕や手に咬みついてしまうような、自傷行為や、指の皮がふやけて、ボロボロになるまで舐め続けて困っているというご相談がございました。

 根治支援と考えれば、ストレスの問題を解決しなければ、それぞれの要因に触れる度に咬んだり、舐めたりするので、本質的にはストレスの要因を探り、そのストレスを軽させるという方法が王道となります。

 多くの場合、言いたい事が伝えられない。プライドを気づ付けられてしまいような問題に遭遇した時等に突発的に咬んだり、指舐めをしてしまったりと解決するには多くの課題を克服する事が必要となります。

 話したい事が言えなければ、話せるようになる事が一番の解決策です。プライドが傷つく事がないように自力を養うことも大切ですし、出来る事を増やす事も、そして心を強くする事も大切です。

 問題の解決に時間がかかる場合は、代替え手法を用いながら、成長を促すという方法が本来の理想の支援ですが、時に咬みついている腕に雑菌が入り、はれ上がったり、指の表面がボロボロになり肉が見えたりと緊急を要する場合の対処法の一つをお知らせ致します。

それは…
Mintです。

ひらたく言えばハッカです。
かっこよく言えばミントです。

DSC01260.jpg

私が使っているのは、北海道産の和種(日本育ち)の天然物のハーブから抽出された逸品です。

腕や、指に塗布すると、その強いミントの刺激が目にささって、咬みつき行為や、指しゃぶりを抑止できます。

兎に角効果的です。

100戦全勝の実績があります。

困っておられる方は、是非お試しあれ…


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:38| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

NO.338 成長は波状支援が効果的…

NO.338 成長への試みは次から次に…
保護者心得  【自閉】  LD  

【多動】  【注意欠陥】

DSC01333.jpg

COMPASS川崎の電照看板です。
 COMPASS川崎での個人面談8日を終え、本日一旦帰福させて頂きました。朝10時30分から20時をまわる日が連日で、昼食をとる暇もない程沢山の皆様とお出会いする事が出来ました。
 待っていたのは、懸案であった療育アプリがインストールされたPepper君でした。

 構想2年、ものつくり補助金選定から1年、私の作業時間と、実際の開発時間は計算できておりませんが、COMPASSの企画部が取り組んだ延べ時間はこの1年だけで3458時間と膨大な時間をかけて完成を目指して参りました。

 全てをお知らせする事は、出来ませんが開発された療育アプリの一コマをご紹介致します。

DSC01329.jpg

発語の認識も可能で、正しい発音をPepper君が判断してくれます。現在の技術でかなり精度の高い判別が出来るようになっています。

まだまだ調整段階ですが、完成をめざし、一人でも多くの子ども達の成長に繋げる事が出来るよう取り組んでおります。私も完成が待ち遠しくてなりません。

他にも、あんな事やこんな事も出来るのですが開発が完了するまで、その詳細は今しばらくお待ち下さい。

療育支援も一本やりだけでは無理なのです。

1点に力を集中する事は大切な支援の方法の一つですが、子ども達はそれほど単純ではないのです。

成長が止まった時、大きな障壁にぶつかったとき、それを打ち崩す力があればそれでよいのですが、多くの場合固い殻に阻まれて成長の獲得が止まってしまいます。

時にはその要素や、緊張や脅迫観念が、成長を大きく妨げ、退行を余儀なくされるだけでなく、プライドを深く傷つけてしまい、2次障がいや、3次障がいに繋がってしまう事もあるのです。

能力の獲得の進捗に合わせて、幾つもの並行した支援を付加する事で、新たな成長の獲得を促す事が可能となります。

点から線へ、二次元で考えれば、只の線から360度の方向から刺激を与え、そして3次元的に、心理的な支援を組み合わせる事で、子ども達の力を下から上へ押し上げる事が可能となるのです。

波状に、並行してそして何より、継続して支援し続ける事で、子ども達の自信を補強し、確固たる自信へとつながり、決断力を高め、成功体験を組み合わせる事で、本来の力を飛躍的に引き延ばす事も可能となるのです。

1点で突破出来る事は理想形ではありますが、必ず限界が生まれます。

個別にSWOT分析を施し、本来の弱み(Weaknesses)を、適切な新たな支援をスタートさせる機会(Opportunities)をもって強み(Strengths)に導く手法が子ども達の気質(Temperament )を変容させ成長に導くのです。※本来のSWOT分析のTは脅威(Threats)となり、上記の考えは、独自のものです。

子ども達の心は水に満たされた風船のようなもので、1点を押せば、張りが生まれます。あくまでも状況によりますが、状態を判断し、押し出す力を少し弱めれば、遊びが生じます。その遊びのある間に波状的に別の1点を責めるのです。

前回のお話と真逆のお話と思われる方もおられるかもしれませんが、水風船は1点で押しあげれば、破れてしまいますが、5本の指で支えれば破れる事なく、こわれそうな水風船を楽々と持ち上げる事も可能となるのです。

Pepper等ロボットを使って…と揶揄されたメールも沢山頂きました。

しかし、自閉傾向の激しいお友達は、視線を合わせる事が苦手ですが、ロボットだと正視する事もかなりの確率で可能となります。

指導も支援も楽に施す可能性も高くなります。遠隔操作する事も可能です。子ども達の特性を見ながら適時支援する事も不可能ではないのです。

ロボットを使っての療育を揶揄されていた方々は、お面をつけて子ども達を指導されたり、スカイプで指導されたご経験は恐らくないのではないかと思います。

DSC01354.jpg

支援の方法は一様ではないという事、どうぞご理解下さい。

そして、様々な方法で働きかけて下さい。その向こうに成長が必ず待っています。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:21| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

NO.327 熊本大地震…

NO.327 ありがとうございました。

【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】


IMG_9673.jpg

 此度の「熊本地震」は、近年最大の地震となり、熊本県内さらには、大分県に甚大な被害をもたらす事となりました。予測不可能の災害は、多くの尊い命を奪い、今も被災された皆様の多くの方が避難をされておられます。

お亡くなりになった方々に謹んで哀悼の誠を捧げると共に、被災をされた全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

また私共の「COMPASS熊本」に対して、沢山の皆様からお見舞いのお言葉、励ましのメールやお手紙に対しまして、職員一同を代表致しまして、心より感謝を申し上げます。

通所者並びにご家族、職員とご家族の安否確認もとれました。幸いどなたも怪我もなく、ご無事でおられ安堵致しております。

しかし残念ながら、どたなも屋内の破損が激しく、余震の影響もあり避難所に行かれたり、車中避難されておられる状態で、復興には多大な時間がかかるのではと懸念しております。

今後は、通所者並びにそのご家族・職員の安全確保を最優先に、幼稚園・小学校・中学校の休校が解除される予定の、4月21日木曜日からは、何とか子ども達の療育支援にできるだけ支障が生じないよう努めて参りたいと考えております。

Image-111.jpg

また、本日丸一日かかりましたが、何とか第1陣の支援物資も陸送し、一部物資をお配りする事も出来ました事ご報告させて頂きます。微力ではございますが今後、第2陣、第3陣と出来る限りの支援を行って参りたいと考えております。

Image-1.jpg

本当に、本当にあたたかいお言葉ありがとうございました。
心から 感謝申し上げます。

COMPASS発達支援センター 
代表  北田健二

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:50| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

NO295.楽しいピアノのレッスン

NO295.カラオケだけではありません。
保護者心得  【言語】  【ダウン症】
構音指導においては様々な取組みをおこなっています。今回は楽しいピアノでのレッスンをご紹介します。
IMG_7945.jpg

予算の関係でまだ防音ルームがないので、指導の日時や場所が限定されるのですが、定期的に指導を実施しています。

IMG_7954.jpg

発音に少々問題があってもしっかりと声を出す事、通例はなかなか恥ずかしくて声を出す事そのものが困難な場合が多いのですがまず、しっかりと声を出す事を目指します。

IMG_7948.jpg

ピアノでの指導は繰り返しの発音も、楽しく実施する事ができます。
「かに・かに・かに・かに・かに・かに・か〜に・かに」
バリエーションは様々です。

長音の練習も「か〜〜〜〜」としっかりできます。

IMG_7944.jpg-1.jpg

今度は「あ」の歌等楽しい構音指導用のCOMPASSマーチをお知らせしますね。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:35| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

NO293.遠隔地でも…

NO293.新しい挑戦…
保護者心得  【言語】
遠隔地指導の新しい取組みが始りました。
遠方からの取組みに関して、インターネットを使ってのご指導です。

PA180002.jpg

これはタブレットを使っての写真ですが、ご家庭とCOMPASSをネットでつなぎ、顔を見ながらの言語指導手法を模索しております。

スマートホン等でもできるので、何等かの事情で、小児病棟等に入院された場合であっても支援が中断せず、定期的で、継続的な言語指導が出来るのではと考えております。

PA180008.jpg

教師との人間関係の樹立等、課題も沢山ありますが、現在は順調にすすんでおります。

新たな成果報告が出来る日もそう遠くないのではと感じており、遠方からの通所者の強い味方になるのではと考えております。

どうぞ楽しみにお待ち下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 05:19| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

NO291.多動さんでも動きません。

NO291.あったらいいな…こんな椅子
【多動】  【注意欠陥】
多動傾向が強くかったり、落ち着きがなく、立ったり座ったり、動き回る事が過剰で集中して学習に取り組む事が出来ないお友達に有効な手段があります。

熟達した先生であれば、必要ないかもしれませんが、素人のお母さん、お父さんの強い味方をご紹介いたします。

IMG_7857.jpg
ザ・知育椅子です。

COMPASSの指導に関してご専門の先生方から常日頃から助言を頂いておりますが、COMPASS岡山では、山陽学園大学 総合人間学部生活心理学科 准教授で、岡山県教育委員会 委員も務められている臨床心理士の上地先生が考案され、専門メーカーと共同で開発された療育用の椅子と机がございます。

椅子と机が固定されていますので、正しい着座姿勢を守り、落ち着いて療育支援が実施できます。

よく考案されているので、安定感もあり動きの激しいお友達の支援では大活躍しています。横山工房の知育椅子」←ココをクリックして頂くと案内のHPに飛んで行きます。

机とイスのフルセットも良いのですが、上記の写真のように椅子と天板でも十分な活躍をしてくれます。

私共も全てのCOMPASSにこの椅子を配備したいのですが、予算の関係でごく一部しか導入できておりません。椅子の高さ等調節できますので、3歳辺りから高学年まで使用可能です。
工夫次第で、子ども達の集中力を勝ち取る事が可能です。

例えば、椅子だけでなく
狭い部屋で指導する。
注意が散漫にならないような配慮をする。
静かな環境を心がける。
体格にあった設備を利用する。
座布団、クッションを活用する。
ベルトや、帯等を利用する。
ドアを背にしない。
いろいろとお試し頂きまして、最良の環境を作られて下さい。

追伸:購入された後、必要なくなられたら是非、ご寄附頂ければ何よりです。
今週で大切な仕事が一つ終わります。
来週から精力的に動きますので、どうぞご期待下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 23:37| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

NO261.手作りのぬくもり…

NO261.ありそうでない教材…

保護者心得【言語】【ダウン症】【自閉】LD

先週COMPASS岡山を含め3施設を訪ねてきました。COMPASS岡山の入り口です。
IMG_2005.jpg
毎日通所しているお友達をエントランスでお出迎えです。

ベンチは子ども達が座る分には問題ないのですが、私が座るときしんでしまいます。予算不足です。(笑)それでも座り込まずに靴が履けるようになりました。

こちらは、COMPASS丸亀の手作り教材の数々です。
IMG_1987.jpg
温かみがあるでしょう。

ポトンと布クッキーを入れるのですが、色も数量把握もこれ1つで学ぶことが出来ます。

発語が困難で、行動が不安定なお友達でも、まず一つ取り組めた喜びを感じる事が出来る教材で、応用範囲の広さに私自身、感心した教材の一つです。

ポトン感がとても良いのです。自然なのです。理解しやすいのです。

IMG_1986.jpg

形合わせも同じです。同じ広さという概念をこれで育む事が可能です。大小関係も把握する事が可能で、達成感を得られやすい教材の一つで、順列の理解にも役立ちます。

IMG_1985.jpg

こんなこと?と思う事でも子ども達にとって理解するには大変な事が沢山あります。

慌てず1つ1つスモールステップでも登っていける流れが大切です。

出来る事、出来そうな事を見つけて下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 21:41| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

NO260.仲間外れを克服するために…(小改)

NO260.叱るより、フォローで成長を待つ…
保護者心得【言語】【ダウン症】【自閉】LD【多動】【注意欠陥】
幼稚園や保育園、小学校でお友達が出来ない。
クラスでも常に一人ぼっち…
IMG_2471.jpg

公園でも、お友達のおもちゃを奪う…いつもトラブルになってしまい、他の保護者に申し訳なくて公園デビューも出来ない。

どうしてうちの子は…こんな質問メールを沢山頂きます。

衝動行動が抑えられない。
我慢する事が出来ない。
待つ事が出来ない。
自分の気持ちを相手に伝える事が出来ない。

ともすると意味なく、ちょっかい出すのですが、その後が続かない。

通例であれば、「ねえ…〇〇しよう。」「ちょっと…〇〇して…。」と話が続くのですが、多くの場合「ねえ…」「ちょっと…」でその後が続きません。

ちょっかいを出すときに、頭を叩いたり、足でけったりという行動が伴う場合もあります。

幼い時はそれでも良いのですが、3歳、4歳と年齢が上がっていくと、この後が続かない事や、お友達の理不尽な言動が徐々に排除の対象となり、次第にお友達が周りから離れてしまいます。

〇〇貸して…と言っても年齢が上がるにしたがって誰も貸してくれなくなり、気が付くと一人遊びしかできなくなっります。お友達の輪からはみ出してしまうのです。

新しいおもちゃを持っていたり、気になる物をお友達が持っていると衝動的に手が出てしまうのを、何度も注意喚起する事も大切ですが、意識的に行動していない場合は、何度注意してもまた起こしてしまいます。

注意すればその時は理解できていても、しばらくすると忘れてしまうのです。

気を付けなければならないのは、余りに注意しすぎると、お友達を作ったり、人間関係を樹立する能力を逸してしまう事もあります。叱りすぎては駄目なのです。

注意喚起で、改善するケースも沢山ありますので、見極めが大切となります。

また、経験を重ね、徐々に知識を獲得し、体験を積む事で、衝動行動も多くの場合軽減されてきますが、注意が必要なのは、それまでにかかる歳月で、人嫌いになってしまったり、友達関係を構築する事が出来なくなってしまう事があげられます。


解決の奥の手は…
年齢に合わせ、人付き合いを体得できる方法は、年齢差のあるお友達と関わりをもたせる事です。

理想的には、年上のお友達関係を持つことです。年下のお友達との関係を進める専門家もいらっしゃいますが、私の経験的には、年上のお友達がベストです。

お子様の我儘を許容できるお友達です。

「ねえ…」と言ってその後が続かなくても大丈夫なお兄さんや、お姉さん達との交流が一番効果的で、ストレスなく人間関係に慣れることが出来ます。

効果的には、お兄さんや、お姉さん達におやつをふるまってあげて下さい。余裕があれば、家の一部屋を遊び場に提供しても良いでしょう。

お世話してしてくれる人の子どもは、よほどの事が無い限り苛められたり、仲間外れにされたりされる事はまずありません。

運動系のクラブや、カブスカウト(ボーイスカウトのプレ版)柔道、合気道、剣道、スイミングスクール、ピアノ等の音楽教室、バレー教室も理想的で、それらに通う近くのお兄さんや、お姉さんと遊ぶ機会が持てればベストです。

IMG_2415.jpg
お兄さんや、お姉さんと遊ぶ中で、付き合い方、声のかけかた、流れを経験していきます。

遊んでもらう事でもストレスも軽減します。

お兄さんやお姉さんの口真似をします。模倣するのです。

行動パターンも模倣しますので、良いお兄さんや、お姉さんとお付き合いできる事が大切です。

話し方、遊び方を教える事も大切です。

成長をただ待つのでは、その間に失う物は大きいのです。漫然と待つのではなく試して頂けると効果の程を実感できると思います。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 10:00| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

NO259.アプリ開発のその後…

NO259.応募総数17.128件…

保護者心得  【言語】  【ダウン症】



robotto.jpg

5月に経済産業省 中小企業庁に申請した 平成26年度ものづくり・商業・サービス革新の公募申請案件は全国で17.128件ございました。

COMPASSでは5月9日最終日に何とか申請に間に合わせる事ができました。(NO242.療育ロボットアプリ「エフェクター」申請終了

どうなる事かと気を揉んでおりましたが、さる平成27年6月19日正式に、ご採択頂く事が出来ました。  
万歳〜
IMG_5009.jpg

本格的に開発に取り組める事となりました。
謹んでご報告させて頂きます。

DVC00013.jpg

一先ず乾杯です。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:55| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

NO254.夏用 約束チャーム

NO254.意識する大切さ…

保護者心得【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】


発達障がいのお友達に、約束を遵守させる事は容易ではありません。つい叱ったり、なじったり、怖い保護者の前では意識出来ても、監視がなくなったり、何等かの要因でタガが外れると約束を忘れるばかりか、暴走してしまう事も少なくありません。

約束を守らせるのではなく、約束に気付かせる事、身に付ける事が大切です。

今回は約束チャームの夏バージョンをご紹介します。

IMG_7176.jpg
メッシュで出来ていて通気性も抜群です。

チャックの中に約束やお手紙が入っています。お約束が透けて見えるので、文字認識が出来ているお友達には、保護者の思いも伝わりとても効果的です。

支援の際、腕につけてきてくれたのですが、今日一日お約束通り、「しゃべらず」衝動欲求に対してしっかりと「我慢」できました。


これは昨年ご紹介した約束チャームです。

IMG_5227.jpg


締め付けが抜群の強力リストバンド

IMG_6101.jpg

約束チャームの効用に関しては、約束チャーム 強力リストバンド の項目に記載しておりますのでご一読頂けばと思います。

約束に気付かせるだけで、達成度は大幅に進歩します。達成に際して褒め、賞賛し、子ども達と一緒に喜ぶ事も大切です。何度も何度も反芻出来るように褒めてあげて下さい。達成度は益々高くなります。

わかっていても、我慢できず衝動行動に出たり、つい一言話してしまう事もありますが、行動に移るまでの時間に必ず変化が生まれます。我慢出来た時間をまず褒める、「もうちょっとだね。」と声掛けするも可能です。

微細な変化を見逃さず、褒める事で、最初は10秒の我慢でも、それが20秒になり、40秒になり、1分になり、ついには自己制御に繋がる魔法のツールです。声掛けをするきっかけを作る事が出来るのです。

褒める機会が増えれば増えるほど、子ども達の可能性は拡大します。是非、挑戦して下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 10:00| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

NO253.数に強くなるツール

NO253.繰り上がり、繰り下がりも楽々に
保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD
一部の発達障がいのお友達にとっては、数量の把握は想像以上に困難です。

昨年からCOMPASS本部では算盤を活用した数の指導を行っております。

当初COMPASSでも、手作りの算盤等を作成し、指導にのぞんでおりましたが、現在では様々な算盤が開発されており、今回はその1部をご紹介させて頂きたいと思います。

数量の置換を理解するための置き算盤
基本的に4玉そろばんを使う方が進歩に繋がります。そこで、1・2・3・4で5になる時の置換を理解する必要性があります。そこで活用するのは置き算盤です。
おきそろばん.jpg
順序数から量把握に移行する時にも大変有効です。

かみそろばん.jpg

具体物から半具体物、そして数字に移行するにも段階的理解が必要で、机上のプリント問題だけではなく、具体的な数量操作は非常に有効なのです。

枠が限定されている初心者用算盤
数を置くという作業も巧緻性が未発達な場合大変困難です。1ケタ算盤も様々に作成いたしましたが、以下の物がリーズナブルでしかも作りやすくとても有効なものでした。
hasi.jpg

数を置くという概念の創出に大変効果的でした。

IMG_7170.jpg

1ケタの手さばきができるようになったら、今度は3ケタ算盤です。

枠も3ケタに限定されており、指が触れる事による誤操作も少ない優れものです。

音が出る算盤です。ハート
IMG_7172.jpg
数量合成を理解する際にとても効果的なものでした。

大型紙算盤
暗算に活用している紙算盤の一つです。
神算盤.jpg

以上のように数量把握に繋がる算盤のバリエーションも沢山ございますので、どうぞお子様のご支援にご活用下さい。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:04| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

NO226.締め付けが気付きを生む

NO226.恐怖のリストバンド

【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】  【ダウン症】

効果の高い意識改革用のグッズをご紹介いたします。以前紹介したNO119.願いを叶える「約束チャーム」の改良型が登場致しました。効果は約束チャームに比べて絶大です。

IMG_6100.jpg

約束チャームをリストバンドで作成したものなのですが、常に締め付けているため、ホールド感、つけている意識が強く本当に効果絶大です。基本的効能は約束チャームと同様ですのでこちらをご一読下さい。

IMG_6101.jpg

おしゃべりが止まらなかったお友達ですが、リストバンドの御蔭で、ピタリと止まりました。
成功事例は複数あり全員が全員実現に成功しています。

締め付けているため意識しやすいのが特徴であると考えます。

どの子も褒められっぱなしです。
PIC_0938.jpg

地獄のリストバンドも…
地縛ニャンのリストバンドです。保護者の方がどんな説明をしたのか気になるのですが、ご本人は、しゃべると地獄につれていかれる〜と半分本気で思っているようで、姿勢もよくなり、順番も守り、周りにも優しくなって別人のような成長を遂げております。

ウゴウゴ体を動かす事も、衝動的な行動も全部治まりました。

皆様、是非お試しください。

リストバンドは、スポーツ店にあるもので結構です。単純に上からテーピングしそれに、その日の課題を書き込まれているお友達もおられます。

こんな事例に最適です。
〇おしゃべりをしない。
〇キョロキョロしない。
〇奇声をあげない。
〇椅子から立たない。
〇ウロウロしない。
〇先生を見る。
〇お友達をたたかない。
〇残さず食べる。
〇走らない。

私もこれほど効果があるとは思ってもみませんでした。

一押しですので是非お試し下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 18:00| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

NO187.AD/HD 能力遅滞に絶大な 光の力…儀式のすすめ その2

魔法の世界にようこそ…(爆)と違うブログにきたようですが、前回に引き続きまして、本日は本格的な「儀式」に関してお話をしたいと思います。

SNAP_359.jpg

節目は人生の中でとても重要な要素であり、入園式で幼稚園・保育園児となり、卒園式と、入学式で学齢が高くなり、お兄さん、お姉さんになる事を理解し、態度、行動が変化します。

結婚式等はそれの最たるものであり、今から幸せにするぞ〜という意識や義務が生まれたり、個人から家族を守るという責任を感じる大切な人生の節目となります。

故人を偲ぶお葬式も、故人を慕う気持ち、残された家族で頑張らねばという気持ち、この家族をよろしくお願いしますという意識、ただお別れをするというだけの意味合いではありません。その式を通じて気付き、意識する事が沢山あるのです。

IMG_5876.jpg

昔は元服という儀式がありました。今では成人式がこれに該当するのですが、家督をついだり、人して一人前にみられるようになったりと自立を促す大切な式であります。

宗教的なイベントも儀式の1つです。クリスチャンが多い欧米ではクリスマスが一年を締めくくる大切な催しで、無事一年過ごせた事を喜び合います。先日あったお正月もそうですね。新年だ頑張ろうとい気持ちに切り替えられます。今年こそは…と思えたりできるのも、年を越したという式的要素が人の心の中を切り替える事が出来るのです。春の花見もどうようで、春だ…頑張ろうという、ウキウキした気持ちに切り替わります。
暑い夏の最後のイベントであるお盆も、年間をふと途中休憩し周りを見回す事が出来る式的要素が強いものであると感じております。

気持ちを切り替える、成長を促す1つの手段が儀式なのです。
華やかな儀式もありますが、今回ご紹介するのは、ご自宅で実践できる儀式です。

COMPASSでは「4歳の儀式」とか「5歳の儀式」 「8歳式」「12歳式」等と呼んだりしています。巷では2分の1成人式等の取組みもありますが、お子様の状況と進歩の状況にに合わせて実施頂くのがよろしいかと思います。

事前の成長状況
〇何らかの成長が本人を含めて確認出来ている時が望ましい時期となります。問題行動が少なくなった、静かに待てるようになった(10分でもOKです。)奇声をあげなくなった。嫌な事があっても我慢出来る事が増えた等の状況が現認できた場合がそのタイミングです。

儀式の場所
お寺や、神社、教会等で実際にお祓いしてもらったり、祝詞を奏上してもらったり、ミサに参加された後でも良いかと思いますが、お勧めするのは、夜暗くなってから自宅で実施するのがベストです。

仏間等があれば最高です。お仏壇の前でお灯明(ろうそくに火)をともし雰囲気を盛り上げて下さい。神棚等がある場合は、その部屋を暗くして、はやり灯明をともし、祝詞等をあげてもらうと雰囲気絶大です。

お仏壇も神棚もマリア像等もない場合は、テーブルにちょっと雰囲気のあるテーブルクロスをひくかしてやはり部屋を暗くしてきちんと椅子に座るか、和室で膝詰正座で物々しく行うのがベストです。

決して笑わず、物静かに、低い声でゆっくりと、今から何が始まるのか説明します。
大まかな話の流れは以下のように


「ゆっくり息をすって、ゆっくりはいて(これを暫く続けて下さい。)
ゆっくりとは12345吐いてで12345のリズムが適当だと思います。

今日はとても大切なお話をします。とても大切な話です。〇〇ちゃんも〇歳になり、とうとう〇〇も出来るようになりました。そこでこれから〇〇出来るように、△△△出来るようになるように◆◆の儀式をする事になりました。呪文…祝詞でも、お念仏でも、般若心経でも、聖書の朗読でも大丈夫です。そしてゆっくりすって、吐いて…
ろうそくの光を見つめて…※じーっと見せましょう。勿論部屋は片付いた部屋がベストで注意が散漫にならないように出来るだけ片づけておいて下さい。

ここで、こうすると、こうなる。
〇〇ちゃんならこうなる。と繰り返しお話してあげて下さい。弛緩法等を取り入れるのもよいのですが、難度が高いので通例はここまででかなりの効果が期待できます。

最後に、これで今日から〇〇ちゃんは〇〇です。△△出来るように毎日〇〇頑張りましょう…」のような感じで終了です。

それからは、〇〇ちゃんは、〇〇だから大丈夫ね。とか◆◆儀式をしたから大丈夫…と促し続けて下さい。
IMG_5877.jpg

私が使っているろうそくセットはこんなものです。もう30年使っています。銀の燭台でも何でもありません。数百人の子ども達の成長式を今まで行ってきました。100円均一で全部揃います。ろうそくは太目の大き目の物が良いと思います。今のこの冬の時期は、部屋はそれなりに温かくして、ろうそくの炎が揺れ動かないように空調は切った状態で行うのが宜しいかと思います。

IMG_5878.jpg

そしてもう一つ、カトリック系の学校から頂いたマリア像をロビーに設置しているのですが、子ども達の何人かはカトリック系の幼稚園に通っているせいもあり、毎日いい子になれるように施設に着いた時と、帰る時にお願いしています。私も時折タイミングが合うと一緒にお祈りするのですが、日増しに問題を解決できる力を養ってきているように思います。

叱られて何かしようとするのではなく、自分から変わろうとする力、自分から望んで努力しようとする事が大切なのです。それを儀式で促すのです。そっと背中を押す事ができる魔法なのです。

激しい衝動行動があったAD/HDのお友達も、やる事なす事自信を失っていた能力遅滞の子ども達もこの機会を得てみんな変わる事が、成長する事ができたのです。お子様の力を信じてあげて下さい。背中を押してあげて下さい。儀式は大切な人生の節目なのです。そしてこの儀式を通してご家族も成長して下さい。心から皆様の成長を願っております。

文章にすると小難しそうに見えますが、実際はとても簡単です。そして更なる成長を勝ち取って下さい。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:00| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

NO186.魔法の杖…儀式のすすめ その1

年末書きためていた記事もなくなってしまいました。
このブログは魔法の療育ですので、今日は魔法グッズについて少しお話をしたいと思います。

名称未設定-1.jpg

子ども達は今までの経験で様々な障壁と戦ってきています。そして多くの場合その障壁を越えられず、半ばあきらめてしまったり、嫌になっているケースも沢山見受けられます。アルプスの少女ハイジに登場するクララではありませんが、本来自力で解決できる力をもっていても、それまでの経験で沢山傷付いてしまって、立ち向かう事が出来ない事も少なくありません。

そんな時、心のわだかまりを取り除き、改めて挑戦に導くのに一役かっているのが
魔法の杖です。

IMG_5874.jpg

これはウエザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターTMでようやくゲットした光る魔法の杖です。大阪USJで人気のアトラクションであるため販売されているエリアに入場するだけでも大変なのですが、隣のホテルに宿泊し、優先入場券を準備し、朝一番にエリア突入を目指してようやく手に入れたものです。※ネットでレプリカもありちょっと残念…

IMG_5873.jpg

しかしこの効果は絶大です。
使い方は様々ですが、「出来る・大丈夫」と暗示をかけるには効果絶大です。

トレーニングルームを暗くし、雰囲気を出して杖を一振りすると、杖先端のLEDが光り出します。手元に明るさを調節するスイッチがあるので、呪文をとなえながら、例えば「静かに出来る静かに出来る。」とか、「べらべら話せる、ぺらべら話せる。」と言いながら徐々に光の明るさをあげていくと、子ども達はびっくりです。「はい」といってもう一振りして、頭や足等にちょっと触れるとその振動で光が消え、「ほら、もう大丈夫。魔法がかかったから〇〇出来るよ。」というと嫌がっていた子ども達もニコニコしながら頑張って再び課題に取り組む事が出来るようになります。

実際に手品等も時折見せて、驚かせますが種は教えません。

だって先生は魔法使いだから…
何でもできるのです。

この何でもできるというのも大切な要素です。

もう一押しして欲しいとき、でも今まで失敗続きだから本当に大丈夫か?

もう辛い思いはしたくない…
もう悲しい思いはしたくない…

でも先生は魔法使いだから大丈夫…
この一押しは絶大な効果をあげるのです。

何でもそうですが、「出来る」というイメージをもって取り組むのと、「駄目だろう」と思って取り組むのでは雲泥の差がでるのです。そして正しいイメージを持つとそれは現実になるのです。

威光効果的な要素もありますし、高い障壁を低くする心理的な効果もあります。
子ども達に、些細な事でもいいので、〇〇も出来るようになったね、〇〇も、そして〇〇も出来たから、△△も出来るようになるよ…先生も一緒だから大丈夫…

〇〇ちゃんも出来たよね。
△△君なんか、全然だめだったけど、〇〇出来るようになったよね。
先生が応援してあげるから、(頑張る魔法をかけてあげるから)大丈夫。

トレーニングルームから、別室で話すのも良いでしょうし、皆で先生の話に同意する環境設定も大切となります。場合によっては、二人だけの静かな部屋でお話してもよいでしょうし、その場面設定も大切です。

昔、痩せている時は白衣を着ていた時もありますが、これも威光効果を発揮する小道具でした。※白衣で注射を恐れて泣く子もいるのでケースバイケースです。

そして数ある課題のなかでも一番簡単な物から挑戦する事も大切です。
簡単な課題克服も、積み重なると自信に変わり行動を後押ししてくれるのです。

次回は本格的な儀式についてお話します。












ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 22:23| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

NO181.伝える大切さ

IMG_8005.jpg


「そんな事をしちゃ駄目よ〜。」とよく耳にする言葉ではありますが、一部のお友達にとっては、何が駄目なのかわからないまま、言われた声の大きさ声音(こわね)や、言った人の表情で行動を止めているだけで本質的に何が悪いのか理解できていな場面が沢山あると考えております。

意味が伝わってないのです。

何が悪いのかわかってないのです。

とりあえず止めただけなのです。

だからまた繰り返しているのでは…と考える事が出来ると推理できます。だって何が悪いかわかっていないので、何度も何度もしてしまうのです。

何がどう悪いのか理解させない限り制止させる事は出来ないのです。例えば、ご家庭で何か頑張った時、抱きしめたり、頬にキスしたりする事は少なくないと思います。これがその子のご褒美としてとらえていた場合、そのお友達は何らためらいもなく、頑張ったお友達を抱きしめたり、キスしたりしてしまいますが、そこで「駄目」と言っても何が悪いのかわからないのです。だっていつもと一緒なのに、お父さんや、お母さんがしてくれている事と同じ事をしただけなのに何故怒られるの?????
何で駄目なの???

何が悪いの??

どうしたらいいの?

そこで、もっと単純な事からしっかりと善悪判断の指針になる善悪スケールが必要となります。下の写真は一例ですが、ちょとした事もわかりやすく支援する事が可能となり、徐々に自己判断が出来るようになってきます。

PB280126.jpg

PB280125.jpg

また心で思っている事とは逆の発言、行為にでるお友達もいます。例えば、絵本を読む?と聞かれて、本当はとても読みたいのに、「いらない」と言ってしまう事があります。
好きな先生ともっと一緒にいたいのに、「帰る…」と言ってしまい、その後何故そんな事を言ったのかくよくよ悩み、自己嫌悪に陥り、更に心の傷を深めてしまう事も少なくないのです。私達大人でも悪い事をしたな…と思っていても謝れない事は一杯あると思います。子ども達の心の中はもっともっと複雑なのです。

心の中で思っている事と、行動が常に同じとは限らない事も知っておいて頂きたいと思います。

そんな時、ちょっとした一押しが必要なのです。

その魔法の言葉は、

「本当は、〇〇したいんだよね。先生が一緒にいってあげようか?」

「ではご一緒に…」

本質的に悪い子はいません。なんでこの子はこんなひどい事をいうのでしょうか?私の育て方がわるかったから…というようなご相談を頂く事も少なくありませんが、多くの場合は躾の問題等ではないのです。制御できないだけなのです。

そして理解の根底には言語習得が大切な鍵であるとご理解頂きたいと思います。

世の中には、療育支援に関わりながら、能力の開発等一切必要ない、ありのままを受け入れる事が大切と提唱されている方もおられるようですが、全くのナンセンスです。

10年後、20年後、30年後、ご本人が成長し、ご両親は高齢となり力関係が逆転し、それでも意思疎通出来ないままで果たしてご本人もご両親も幸せな人生を送る事が出来るのでしょうか?

ご両親が他界してしまった後は果たしてどうなるのでしょうか?

ご本人のご兄弟がその後のご面倒をみられるのでしょうか?

私達は教育支援を行うボランティアとして昭和61年から活動を行っておりますが、当初一番多かったのは不登校と家庭内暴力です。意思疎通が出来ない子どもが、ご家庭で暴れまわり、バットで殴って壁は穴だらけ、布団は切り刻まれ、お母さんは顔に青あざ…警察も介入できず、ある家庭では自殺未遂、またある家庭では家族がバラバラになり家庭崩壊、ある家庭では結果精神病院に強制入院…何が悪いのかわからないのです。何が問題か理解しえない結果です。

上記の「ありのままに受け入れろ」という方はこんな現実から目をそむけているか知らないのだと思います。

私達はそんな悲惨な結果にならないように、如何に自立できるか、如何に生きるすべを体得するか、どうやって社会適合できるのか、どうすれば就労し自立出来る道が歩めるのかに視点を置いて30年に渡り活動を続けて参りました。

言葉を理解し、意味を知り、知識を得、少しでも社会適合できるように支援する事が幼児期から学齢期にかけての最大課題であると考えます。勉強をさせると家族関係が壊れる????という事ですが、何も理解しえない状態の方が全てを奪ってしまうと考えます。

悪いという意味がすぐに理解しえないのであれば、細かくその行為を分別して1つ1つ理解させれば言葉を発する事が出来なくても社会認知性を得る事は出来るのです。

子ども達の学ぶチャンスを潰す事が一番の大罪であると考えます。

子ども達の状況は書籍に書いてあるような一元的な状態ではありません。平均的な一例であり全てではないのです。十人十色、100人いれば100通りの支援方法があるので、どうぞ諦めずに、お子様の状態にあった支援方法を模索し日々実践して頂きたいと願っております。

生きている事すら、現象として把握できていても、小さな虫1つ行きかえらせる技術は存在しないのです。脳科学も解明されたといっても推論の域を出ていません。自閉症もどこまでが自閉症なのか判然としていないのです。わかっていないのが紛れもない事実です。現象をとらえているだけであるとご理解下さい。

手を拱いていては何も解決できないのです。

お子様の未来を切り開くのはご両親の熱意と継続的な支援が大切であるとご理解下さい。










ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:00| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

NO177.がまん君…

たのもしいお友達を紹介します。
その名もがまん君です。

PB250112.jpg

学校の取組みで困っても、幼稚園で嫌な事があっても、静かに待つ事が辛くても全部がまん君にお願いすると頑張る事が出来るのです。

おもちゃを兄弟に先に使わせてあげる。ルールや順番を守るにも、子ども達にはちょっとした心のよりどころが必要な時があります。

今COMPASSでは、お友達ががまん君にいろんなお願いをしています。
「宿題が頑張れますように。」
「順番が守れますように。」
「うろうろしませんように。」
頭を撫でて真剣にお願いし次に日に備えているお友達もいます。

「今日も静かに頑張ったよ。」
と報告するお友達も出てきました。

がまん君は近くの就労支援のお兄さんがお友達の為に作ってくれました。
ちょっと怖そうですが、そこが逆に子ども達の心に戒めを与えてくれているようです。

ご家庭にも神棚や、お仏壇、お人形や、ぬいぐるみ等いろんな対象物があると思います。
呼びかけと工夫1つで大切な心の拠り所にもなってくれますのでちょっと試してみてては如何でしょう。心の支えになってくれるかもしれません。





ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 23:51| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

NO119.願いを叶える「約束チャーム」

子ども達の支援にとって、約束を守る事がとても大切な要素の一つになります。

〇静かにする。
〇しゃべらない。
〇うろうろしない。
〇後ろを向かない。
色々と約束をしていても、1つ出来るようになっても、1つ忘れてしまうといった事があります。それを克服するツールの一つとして「約束チャーム」という物があります。

IMG_5227.jpg

今回は、迷子札を転用したもので、就寝時以外は、いつでも、どこでもつけておくことが出来るタイプで、最近では病院の入院患者さんが手首に付けている物の子ども版です。

以前は、フエルト等に、切込みとボタンを付けてもらっていましたがその進化系で、お風呂(特に公衆浴場や、温泉)やプールで絶大な効果をあげた物です。


IMG_5231.jpg
取り外しも可能ですが、子ども達にとっては、難度もあり、濡れても安心ですので、清潔です。文字が読める子には、図2、3のように一杯決まりを書いて頂ければ、それを触った時、目に入った時に子ども達はハッとして行動を抑制する事が出来るのです。

IMG_5228.jpg

約束チャームはお守りと同じです。
何か起こった時、「話したい」「見たい」「行きたい」を制御するものです。

私は車に交通安全のお守りを付けていますが、スピードを出したり、急ハンドルを切ると、チリン・チリンと鈴が鳴ります。ハッと気が付いて、アクセルから足を離します。

よく怪我をするお友達が、「身代わり地蔵様の御札」といって首からかけているのを何度も見た事がありますが、危ない事はやめようという抑制が働くものであると考えます。

付けてあげるとき、取り外すとき、呪文を唱える事も出来ます。
「きょろきょろしませんように、おしゃべりしませんように、怪我をしませんように。」

前回お伝えしました、言葉のお話と同じです。

毎日、毎日繰り返すと子ども達に愛の魔法がかかります。

文字がわからない場合は、布で作ったり、「妖怪ウオッチ」ではありませんが、古い時計等での代用もよろしいかと思います。

女の子であれば、ペンダント等も良いと思います。
ビーズの手作りネックレス・ブローチ・ブレスレット足がぶらぶらするなら鈴付アンクレット等もよろしいかと思います。

※ネックレスは、強く引っ張ると切れる程度の物でなければなりません。ご注意下さい。

DVC00005.jpg

お母さんがいなくても、「あっ」と気持ちを引き戻す事が出来れば良いのです。

名札の裏に、お母さんや、お父さんの写メを貼るのも良いでしょう。

頭にリボンをつけたり、
シュシュに願いを込めるのもよいと思います。
毎日子どもに魔法をかけて下さい。
呪文のように、「うろうろしない。うろうろしない。うろうろしない。」と魔法を掛けましょう。

寝る前も「友達となかよくなれ。仲良くなれ。」「何でも食べれる。何でも食べれる。」
祈りを声に出せば必ずかなうと思います。

直ぐに結果が出る人とそうでない方もおられますが、
気付きは突然やってきます。

但しそれは、諦めずに毎日、継続的に行った場合だけですが…

言葉の具現化です。
この土日に何か与えて見られては如何でしょうか?

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:59| 53.指導ツール | 更新情報をチェックする
100.jpg