2016年10月11日

NO.360 心の在り方が…その2

NO.360 服装が態度を変える… 

保護者心得【自閉】LD【多動】


123.jpg


30年前の話です。
独身時代、洗濯が間に合わず、白衣を着て子ども達の指導をしようとした事がありました。見知っているお友達なのですが、顔面蒼白となり泣き出してしまいました。白衣を見るたび思い出してしまいます。

これは一例ですが、服装は対峙する相手の思考に影響を与えます。

時折療育相談でスーツではなく、COMPASSのユニフォームでお会いしたりするのですが、場面設定の問題もありますが、ネクタイ着用の方が説明の飲み込みが早く、専門家として意識しやすいという事もあります。療育相談では意識を引き戻す為に映像をお見せしたり、実際の様子をお見せする事で内容把握をふかめています。

ポロシャツの解説者と、スーツの解説者では、同条件であれば、見た目の印象から、スーツの人間の方の信頼感が高くなってしまいます。様々な心理実験でもそうですが、着衣からの印象はとても大切な効果があります。

お子様の服装はどうでしょうか?

汚すから、直ぐに地べたに座り込むから、袖で涎(よだれ)や口周りの汚れをぬぐうから、「汚れても良い服」を着せるのが常であると思います。

「汚れて良い服」という感覚はご家庭によっても様々で、洗濯された清潔な物を着せている事が多いと思うのですが、中には汚れるからと、洗濯されていない、薄汚れた服を着せている事例もあり、多くの場合お友達の状態はよくなる事はありません。

今年COMPASS農園も3倍に拡張されたのですが、農園の管理は若手の職員に任せて私は出向いていないのですが、最初は一人で野良仕事をしていました。野良仕事ですから、汚れても大丈夫な古い服です。最初はしゃがんで雑草を採っていたのも、その内膝をつき、座り込んででへっちゃらになるのです。

夏の暑い時は、やぶ蚊に襲われるので、遠慮なく虫除けスプレーを振りまき、泥がはねようが、どれだけ汚れようが平気になってしまいます。汚れて良い服を着ていれば、汚れをいとわぬ行動に出てしまうのです。

逆に「汚れては困る服」を着るのはどうなのでしょうか?

以前、七五三のお洋服をお友達に着せた事があります。

本人も「汚したくない」「汚してはいけない」という意識が「大切にしなければ」という思いに代わり、背筋がのび、ポケットに手を突っ込むことがなくなり、地べたに座る事もなく、袖口で汚れをぬぐう事もなくなり、濡れた手を服でふき取り事もなくなりました。

そうです態度、行動が激変したのです。

IMG_1826.jpg

ある女の子の場合すと、ズボンからスカートに変化しただけで、足をそろえて座るようになり、身のこなしが女の子ぽく、エレガントになります。

汚れを気にしてやはり、座り込む事も寝そべる事も無くなります。

姿勢も変わり猫背も改善され、基本的な立ち居振る舞いに変化が生じてしまいました。

周りも汚れに気をつかいますから、それが伝わります。
汚さないようにしようと努める事が出来るようになるのです。

服装の影響でそれぞれ理想的な姿を演じる事が出来るようになるのではと考えています。それを続ける事が、それらの行動が当たり前のように吸収される事に繋がるのです。

可愛らしく着飾っていると、不思議と周りも寄ってきます。清潔な服装をしていると、傍に寄っても違和感を持たれる事もありません。

百難隠すのです。

可愛らしい服装になると、それにあった髪型も必要となり、それまで髪の毛を触られる事を嫌がっていたお友達も、直に髪をとかせるように成長した事例もあります。

洗顔や歯磨きが苦手なお友達も積極的に出来るように成長した事例もあります。

鼻水が垂れていたお友達、涎がたれていたお友達も、それそれの行為を改めようとしはじめます。

だらしなく服を着ていたお友達が、きちんとシャツをズボンに入れるようになるのです。

きちんとした行動を願うのであれば、きちんとした服装をさせてみて下さい。

最後に一つ笑い話を…

私は夏から夜にウオーキングをしているのですが、人相が悪いせいか、服装が問題なのか初めて4日で5回職務質問をされてしまいました…

どこまで怪しい人と思われたのかとう話ですが、夜遅く住宅街を普通の服で歩き回るのはそれ以後、遠くからでも目立つ白の上下に、懐中電灯をぶら下げて歩くようになりました。

懐中電灯が点滅しているせいか、今では「ピコピコさん、こんばんわ〜」と見知らぬ人に挨拶されるようになってしまいました。私が歩いていると安心するのだそうです。(笑)

最近は、パトカーが挨拶がわりに赤色灯をキュルンとまわしてくれるようになりました。(爆)
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:55| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

NO.359 心の在り方が… その1

NO.359 環境が気分を変える… 

保護者心得【自閉】LD【多動】


IMG_8411.jpg


もうすぐハロウィンです。この写真は古いものですが、今年も楽しいイベントを行いたいと考えています。

同じシチュエーションで、同じ人物に、同じ内容の事を言われても、その時の気分で私達は、喜んだり、悲しんだり、怒ったりしてしまいます。

これは全て気分の問題、
つまり心の在り方で変わります。

ちょっとした用事でも、仕事でも、そして学ぶ事に関しても心の在り方が大きく影響を与えてしまいます。

私の友人でとても気難しい人がいますが、彼の細君は彼に頼み事をするとき、気分の良い時をねらって、お願いする事にしていると笑い話に話してくれました。

今回は、気分を良くする為の方策として環境を変える事の大切さをお伝えしたいと思います。以前NO93.落ち着かない部屋 その1で片付けの大切さをお話しておりますのでこちらも参考にされて下さい。

さて、ネグレクトの家庭を訪問すると、90%以上の確率で玄関からごみがあふれています。時には、玄関周りにもごみが散乱しており、家族の人数以上の靴によって入口が占められています。

引きこもりの場合、対象者の部屋に入ると、カーテンが閉められ、空気が澱んでおり、ジャンクフードや、飲物を空き缶や、ペットボトルが散乱しており、時にはごみで溢れて足の踏み場もないような状態です。

ネグレクトの場合、送迎の際にお家の様子は垣間見る事はできますが、基本的に私達は家庭内に立ち入る事が出来ませんので直接支援経験は少ないのですが、ベテランの先生にお話を伺うと、最初の生活指導として片付けかを促しすことが定石とされている先生もおられます。※高い効果が得られるという経験即です。

私も学生ボランティア時代、相談の多かった引き込みり対策は、カーテンを取り去り、窓を開けて、空気を入れ替えてから、強制的に大掃除からスタートすると、お友達の様子が激変するという経験を何度も致しました。その後のケアーも大切ですが、まず環境を大幅に変更する事で改善のきっかけが生まれます。

片付いた部屋、いごこちのよい空間を作る事が気分を変えてくれます。

お仕事・家事・育児に追われて、なかなか掃除まで手が回らない方もおられると思いますが、少し時間をとってちょっとづつ片付ける習慣がお家の空気を変えるきっかけとなります。

忙しいお母さんの為の片付け手順

@片付けは玄関から、玄関の靴、傘を必要最低限にしてみましょう。家族4人なら靴は4足、傘はきちんと巻いて傘立てに、古い靴や、使わない傘は別に直すか、廃棄する事をおすすめします。

A次はトイレです。トイレ掃除用具がない場合もあるので、まずはありがちなトイレットペーパーの芯や、不要なごみを全部捨てましょう。そして流せるトイレシートや、流せるトイレブラシ等を使って汚れのふき取りです。トイレの大きさにもよりますが通例20分もあればほぼきれいになります。タイル等の目地が汚れている場合、私はティッシュを敷き詰めた上に漂白剤を塗布します。半日放置するとアンモニア臭等きれいになくなってしまいます。
クッションボードや、板敷の場合は、消毒用アルコール等で丹念にふき取りましょう。
トイレ窓、窓枠等も汚れきっている事例も沢山あるようです。手洗い等のくすみや、激落ち君等でふき取って下さい。これでトイレもピカピカです。※漂白剤は適応量に気を付け他の薬剤を混ぜたりしないで下さい。消毒用アルコール等では変色する場合がありますので、その点しっかりと確認した上でご利用下さい。使用上の注意はしっかり読まれて行って下さい。

B次は台所です。片付けが出来ていない場合は、まず段ボール箱をご用意下さい。使っていないお皿や、フライパン、鍋を箱に入れてしまいます。使うべき皿や調理道具を限定するのです。そして残っているお皿や汚れ物があればザブザブ洗ってしまいましょう。

調味料も限定します。つかっていない物は捨てるか、まずは置き場所を1カ所決めてそこに集めます。その時きれいに油汚れ等はふき取ります。そうすると沢山スペースがあいてきます。この段階で、シンクを含めてきれいにふき取ります。シンクはブラシや、激落ち君でゴシゴシするとピカピカになってくれます。この時蛇口等もきれいにしてしまうと気分爽快です。

次に壁や、窓の油汚れをふき取ります。中性洗剤でふき取ったり、少し熱めのお湯で濡らした雑巾でふき取るのも良いでしょう。最後にガスレンジと換気扇(レンジフード)です。基本は一度で完璧をめざすのではなく、複数日に分けて段階的に取り組むのが成功のコツではないかと考えます。

C窓ガラスをふきましょう。いきなりリビングや部屋の片づけは難易度が高くなるので、まず環境が許されるのであれば汚れたカーテンを洗濯して下さい。クリーニングに出すべきものは手洗いせずクリーニングに、どうしてもカーテンが必要な場合、だんだん乾かなくなってきますので、英字新聞等を買ってきて、霧吹きで水を付けてから貼り付けるのも良いかと思います。2日くらいはそれでもってくれます。

ガラスはガラスクリーナーでもいいですし、スプレー片手にふき取るのも良いかと思います。私は水をじゃぶじゃぶかけて外側を定期的に洗うようにしています。室内は濡れた新聞紙や、キッチンペーパー等を濡らして丁寧にふき取って下さい。

これで採光もとれるようになり、気分が格段に変わってきます。

D次にお風呂です。カビが来ている場合は、カビキラー等をしっかり塗布して落として下さい。喚起を忘れずに頑張って頂くのが良いと思います。浴室に鏡がある場合は、洗剤でしっかり洗ってから、専用のクリーナーでお掃除されると汚れも曇りもなくなり快適に過ごせます。

ここまでは全て1スペース事の作業です。一度に全部しない事が解決のカギだと思います。家族総出で行う場合は良いのですが、そうでない場合は、入口から徐々に行われることが成功のカギとなります。

最後に各部屋の掃除に入ります。整理整頓は捨てる事、残すべき物を分類する事がカギのようですので、そのあたりは掃除の極意をネットで調べて頂くと参考になると思います。

ご自宅をパーツで分けて掃除する事をお勧めするのは、家全体をきれいに片付けられれば良いのですが、実際はなかなか困難です。しかし玄関がきれいになっていれば、帰宅時にほっとしますし、台所がきれいだと、料理にも力が入ります。トイレも一人になれる場所で、大切な空間です。

ほっとできる場所、気持ちの良い場所を少しづつ増やすという感じで片付けに挑戦して下さい。

お部屋がきれいだと、それだけでニコニコしてしまいます。落ち着いた環境は、おだやかな気持ちにしてくれます。片付けができていると、イライラが解消されます。明るい部屋は気分も明るくしてくれます。

片付けには、必要な物、不必要な物の分別が必ず必要となります。
物は大切にしなければなりませんが、不要な物、埃をかぶった物は「悪い気」が付着してしまうのかと感じます。子ども達は、入園、卒園、入学、卒業と古い環境から離れて、新しい環境に入ります。卒園、卒業は一つの別れで、捨てる事に通じる側面があると思います。

決まった大きさの入れ物でたとえれば、中身を整理し不要な物を捨てなければ新しい物を入れる事は出来ません。捨てる事で気分も変わります。新しい物が入る事でさらに気分も変わります。

引っ越し等で、部屋を片付けた時、「こんなに広かったのか…」と思われた経験は少なくないのではと思います。逆に新しい部屋に荷物を入れる時、広かった部屋が引っ越し荷物で一杯になり、「アレ〜」と感じた事もあろうかと思います。

ミニマム生活を推奨する本も一時ベストセラーとなりましたが、これらを参考にされるのも良いかと思います。

同じ事を子ども達に指導する際も、片付けられたお部屋で指導する場合と、そうでない場合では結果も格段に違ってしまいます。少しづつで構いません。頑張って環境を整えて、気分よく過ごせる空間を作って下さい。

お花を飾ったり、お香をたいたり、照明を変えるだけでも空気が変わります。

上の写真もハロウィンの飾りつけをするだけで、子ども達の気分は高揚した証左です。カーテンの色を変えるだけでも、テーブルクロスを変えるだけでも、雰囲気が変わります。

まずは出来る事から挑戦してみて下さい。

上の写真は、ハロウィンの衣装を着る事で、さらに気分が盛り上がっており、服装や髪型も大切な気分を変える要素となります。次回は服装に関してお話させて頂こうと思いますので楽しみにお待ち下さい。
続きを読む
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 03:02| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

NO272.楽しい夏休み NO1

NO272.スタートは「気合いから」…

保護者心得  【言語】  【ダウン症】  【自閉】  LD  【多動】  【注意欠陥】


ある日、中学になる1人のお友達から、突然こんな申し出がありました。

IMG_7508.jpg
「今までの自分を反省し、1からやり直したいので、僕の髪を切って下さい。」

お友達は、1学期いろいろな問題が噴出してしまい。日々反省の中におりました。

何があったかは、お話出来ませんが、猛省の中で彼は1つの決断をしたのです。

保護者にも確認をとり、本人にも何度も確認した上で断髪する事となりました。

断髪は皆が見守る中で執り行われました。
2856000364744(1)(1).jpg
すがすがしい笑顔を皆に見せてくれました。
IMG_6573.jpg
髪型、服装は、心の成長に大きな役割を担います。視覚化しやすい、例えば、髪型を変えたり、服装や持ち物を変えると、一種の変身効果があるとご理解頂きたいと思います。

一般に旅行に行ったり、誰も知り合いのいない場所に行ったりすると、一種の変身が起こります。抑圧されていた気持ちが自由になったり、開放的な気分になったり、大学進学等にともなって寮生活が始まった時、それまでの暗い性格が陽転したりする事も少なくありません。

子ども達が転校先で前と違う性格に一変する事も少なくありません。

今回の断髪は私達が促したものではありませんが、「変わりたい、成長したい」という気持ちが今回の行動に表れたと感じております。
違う自分になれる、今までと違った自分を演出できる。

今まで大人しかったお友達がパンチパーマ(ちょっと古かったでしょうか)をあて、服装が変わった時から、口調や話し方が変わり、歩き方、態度が変容するという様子はご経験があるのではないかと思います。

逆も真なりで、変化が陽転をもたらす事も少なくないのです。
IMG_6583.jpg
どうです。ニコニコで皆も大喜びです。

夏休みも残り数日となりました。この夏休みには沢山の変化と成長がありましたので楽しみに次に更新をお待ち下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 21:58| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

NO258.盗癖に関しての考察…

NO258.最初の対応が…

保護者心得【言語】【ダウン症】【自閉】LD【多動】【注意欠陥】

ついお友達のおもちゃを盗んでしまった…最初はほんの出来心。

IMG_2008.1.jpg

盗むというより、こっそり借りたつもり…欲しい物を手に入れたいという欲求。

自らの欲求を満たそうとした時のスリル・妙な感じの達成感・そして罪悪感。

繰り返し物をとってしまう子ども達…はたして罪悪感が欠如しているのでしょうか…。

強いストレスから問題行動を引き起こす事もあります。

家族からの暴力、無関心、愛情の欠如が大きな要因ではないかと考えます。

盗むより欲求を満たす方法がなかった…心にあいた大きな穴を埋める方法がなかったのではないかと考えます。

良い事か、悪い事かはどの子も基本的にわかっています。

見つかると殆どの子ども達は反省しますが、忘れてしまうのです。

わかっていたのですが、手に入れるという衝動を、その刹那、制御出来ない子ども達がいるのです。

学齢が高くなると心の制御を手に入れるには忍耐と努力と長い指導年月が必要です。

盗癖が改善されないままですと、再犯率は13%前後となり年齢が上がるに従い、就労の問題も影響し社会復帰が困難となってしまいます。

まず平素から
道徳観念の定着が必須条件です。〇〇する事は良い事か、悪い事なのか体に染み入るまでしっかり諭して下さい。繰り返し、繰り返し、様々な事例を持って、年齢に適した言葉で教え導いて下さい。

お友達の物を持ち帰ったら…
現認したら隠さず返す事から始めましょう。「とった」と言うのではなく「間違えて持って帰って…」と説明すれば先様に対しての問題は大幅に軽減できるでしょう。そしてまず詫びる事謝る事も忘れないで下さい。

そしてお子様に対しては、きちんとした対応が必要となります。
IMG_7238.jpg

おざなりの対応は最も良くありません。家族全員で悲しんで下さい。如何に悲しい出来事でるか理解させて下さい。

叱る事も大切ですが、愛している人に悲しまれる事は、叱られるよりも何倍も辛いものです。悲しい気持ちをしっかりと伝えなければなりません。人としてしてはならない事である事を教え導いて下さい。

簡単に許す事もおすすめ出来ません。

二度としてはならないと思うほどの指導が必要です。その為には、すぐに許してはいけないのです。本人が後悔しなければ、心から本当に反省しなければならないのです。

親として辛い対応ですが、ここでしっかりと杭を打たねば、またやってしまいます。

保護者との愛情関係が良好であれば、愛情を持って平素から接していれば必ず気持ちは通じます。

学齢があがると
成長すると共に、再犯率も低減しますが、激しい窃盗行為が続く場合、15歳以下の児童に対しては、児童相談所、行政、教育委員会、警察機関等の指導を受ける事となり最終的に児童支援施設への入所措置がとられる事となります。

365日施設での規則正しい生活を通じて再犯行動が起きないようにご指導頂く事となります。

IMG_7251.jpg

残念な事にCOMPASSでも装置になるお友達がおります。担当した私共の職員も、学校の先生方も、保健師の方達も、児童相談員の方々も、警察の方々とチームを組んで何度も何度も何度も何時間も夜遅くまで話し合い、お友達にとって最善の支援方法を模索して参りました。

家出して、行方不明になったお友達を深夜遅くまで、職員総出で探し回った事もありました。クラスで盗み、部活で盗み、お友達の家でも、家庭でもやめる事が出来ず、事件に発展したり様々な事があり、協議に協議を重ねた結果、児童支援施設の入所が決定した事例がございます。

私達で出来る事、考えられる事は全て施しました。おかげでCOMPASSでは、のびのびと素直で問題行動もなく、他のお友達にも優しく接する事が出来るのですが、一歩外に出ると別人になってしまっているようで残念でなりませんが、中学、高校と児童支援施設でご指導頂き、社会性と正しい価値観を身に付けられればと願っております。

ちょっと借りた…ポケットの中に、カバンの中に見知らぬ物が入っていた時、偶然なのか、そうでないのかしっかりと見極めて下さい。そして適切な対応をお願い出来ればと願います。
IMG_1971.jpg
おもちゃの一片、タイヤ1つから始まります。気を付けて見守って下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:13| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

NO256.性的問題に関して…

NO256.子ども達の性的な芽生え…

保護者心得【言語】【ダウン症】【自閉】LD【多動】【注意欠陥】

IMG_1450.jpg

障がい者の性に関してはタブー視される事が多く、目を伏せて通れぬ問題の一つであります。

誰にでも抱き着いてしまう子。スカートめくりから、キス魔へ…学齢が進むと犯罪すれすれの問題へと発展し、薬事療法が必要になったり、入所施設で管理しなければならなくなったり…人前で自慰行動に及んだり、性器を見せたり、知らず知らず性器を触っていたり、初潮の問題、精通の問題、体をこすりつけたり等、性にまつわる問題は多岐に渡ります。

今回は内容を限定し、幼少期の対応を取り上げていきたいと思います。この時期に目指す事は、性に関して徐々に正しい知識を養う事が大切です。性に関しての疑問や問いかけに対して、年齢に合わせた答えが必要です。

Q1:赤ちゃんはどうして生まれるのか。
Q2:どこから生まれるのか。
年齢に合わせた理解しやすい言葉で、説明してあげて下さい。

ここで大切なのは、「お父さんと、お母さんが愛し合って生まれた」という事実です。
わかりやすく「大好きだから」でもよいでしょう。

IMG_5535.jpg

シングルの場合は答えが多岐に渡るので避けますが…「お母さんはお父さんが好きで、お父さんはお母さんが好きだから、神様が〇〇ちゃんを授けてくれたのよ…」とお互いの気持ちの結晶である事を伝えて頂ければと思います。

命の大切さ
愛情は一方通行でない事
のぞまれて生まれた事
今も愛されている事(大好きだという事)
男女の違い
女子として、男子として成すべき事 あるべき姿
恥ずかしい行為とは何か
男らしさ、女らしさ
を幼児期からずっと繰り返し言葉掛けする事が重要であると考えます。


生活習慣も大切です。

序列をはっきりさせる事
保護者とお子様の適切な関係を保持する事
介助の時期も大切です。
下着姿でうろうろしない、させない。
正しい所作


IMG_5558.jpg

男女の差もありますが、小学生に進むにつれて

何歳まで母乳を与えるか。
何歳まで一緒にお風呂に入るのか
何歳まで着衣介助を行うか。
何歳まで一緒に寝るのか。
何歳までキスしたりするのか。
何歳までトイレ介助をするか。(状況により)
何歳まで食事介助するか。
ご夫婦でよく話し合って下さい。


年齢に合わせて徐々に身体接触の低減化も必要です。
幼稚園の頃には授乳は控えるべきです。
着衣介助等年齢に合わせて控えるべきです。
いつまでも過度な身体接触は行うべきではありません。

この時期の判断を間違えると、園や、小学校で問題行動を起こす引き金となります。

好きな男の子や、女の子に間違ったひとりよがりの行動をとってしいそれが問題視される事となります。

好きだから触る、後をついていく、キスをする。体操服を取ったり隠したり…

多くの場合罪悪感が欠如しています。

良い事と、悪い事が曖昧に自己中心的に改竄されてしまうのです。

現在の生活習慣の中で、行き過ぎかな?とお感じになったらすみやかに対応を変える必要があるのです。〇〇ちゃん(君)も〇歳になったからこれからは〇〇しよう。

IMG_2678.jpg

多くの場合、恥ずかしいという気持ちも付いてこない事も少なくありません。自分が好きだから、抱き着く、自分が好きだからキスする。自分が好きだから触る付きまとってしまっているのです。

沢山の方々からご相談のメールを頂きます。対応を間違え、行き過ぎると児童支援施設に送致になったりという問題にも繋がります。

見て見ぬふりは駄目なのです。臭い物に蓋をするのではなく、正面から向き合って、間違いは是正し、「恥ずかしい」という気持ちや、「相手が迷惑している」という事を時間を掛けて教えてあげましょう。

正しい価値観を作る事、あるべき姿を教えてあげる事で大幅に改善します。そして何より愛されいる事を伝えてあげて下さい。大切な存在である事を理解するだけも落ち着いた行動がとれるようになります。焦らずお子様と向き合って下さい。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 01:17| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

NO220.聞こえ方も違うのです。その1

必要な音だけ聞き分ける力
NO219では視覚に関しての違いをお伝えしましたが、聞く能力にも大きな差異がございますので今回は音に関してお伝えしたいと考えます。

私達が気にならない程の音が気になる。それは私達が考える以上に大きな音としてとらえてしまうからなのです。教室で机や椅子をひきずる音、他の声の笑い声で耳を抑えてしまう等敏感に反応してしまうのです。

そのような、お友達は、よく耳を押さえるといった行動をとりますので認識しやすい事例であると思います。

最初は静かな教室で
療育施設や、学校、園での生活は騒音との戦いです。耳を押さえているのは騒音に耐えられないからです。

考えてみて下さい。大音量で耳元で音楽をかけられている状況を…頭が痛くなりませんか?それと同じ事を子ども達にしいていると考えればどうして機嫌がわるくなったり、小さく丸まってしまっているのか容易に判断できるのではないかと思います。

静けさはとても療育支援には大切です。

IMG_0875.jpg

防音の部屋を用意する必要性はありませんが、静かな環境に身を置く事で子ども達の気持ちをまず落ち着かせる事が可能です。静かなお寺…公園…都会の喧騒から離れる事で子ども達にとっては、落ち着きを取り戻す等多くの成長を獲得する事が可能です。

DVC00033 (2).jpg

あちこちで梅の花が咲き始めました。人の多い所は如何な物かと思いますが、ご家族で静かにゆったり過ごせる秘密の場所をみつけて、静かな一時を過ごす事も大切です。

IMG_1396.jpg

ご家庭でもテレビを消して、静かな時間を共有する事で本来の姿を獲得する事も可能なのです。

IMG_1472.jpg

のお散歩等でも高い療育効果を得られます。静かな時間を作ってください。子ども達にも心の安寧、安らぎの場所が必要なのです。

テレビのスイッチはどうぞ消して徐々にテレビを見ない生活に移行頂ければ、獲得出来る物は格段に増えて来ると思います。

※見せたいテレビは、録画して早朝に見せましょう。強い光を浴びる事はマイナスこそあれ子ども達にとってプラス事項はありません。早起きのモチベーションも高くなりますのでどうぞお試しください。

聴覚過敏のお友達には
喧騒の中では、静寂が最大の精神安定剤に変わります。

本日もご相談がありました。保護者の方から許可を頂きましたのでご紹介さしあげます。

幼稚園のお友達で、クラスでの園生活は大丈夫ですが、発表会や、紙芝居等で拍子木を打ったり、工事の音が極度に苦手だったり、クラクションや機械音が大嫌いなお友達がおられます。

私達も黒板を爪でひっかくような音や、大きな低音をきくとゾクゾクするような嫌な音であるように、聴覚過敏のお友達にとっては、平素私達がきにならない音でゾクゾクしたり、強い嫌悪感を受けてしまうのです。

そんな時は迷わず
音を消す。
その場から離れる。
耳を塞ぐ。
ヘッドホン等で音を遮断する。

無理強いは駄目なのです。まず解決の手段を教える事で対応力を育む事が自立に繋がります。

気をつけなければならないのは、誤った認識をさせる事で、ちょっと音がしたら、怖がってみせる、その様子が女の子らしいと勘違いしていたり、周りがびっくりする事を望んでの行動もありえますので十分な観察は必要です。

生活音が苦手な場合は、耳鼻咽喉科等を受診され対応方法を模索され、専門のお医者様にご相談頂ければと思います。

苦手な音は人によっても違います。
私共のスタッフの中にも、時計のカチッ カチッという音が苦手な方も実際におられます。静かな教室で、そのカチッ カチッという音がイライラ呼び込むそうなので、デジタルにしたり、無音の物に代えたりして対応をとっています。

逆に何年も連れ添ったご夫婦で、ご主人のいびきが凄くても全く気にならないような方もおられ、これは不必要な音に対してフィルターを上手にかけておられる事例であれば散ご想像にたやすいと思います。

必要な音と必要でない音
私の愛猫のアーちゃんは、私の足音が聞こえると玄関までお迎えに来てくれます。食事の支度の時に、鰹節をちょっとでも削るといつのまにやら足元に来ています。カサッと音がしただけで、おやつを袋から取り出したと判断して飛んできます。でも祖父母が玄関に立ってもお迎えは致しません。

久しぶりに先般大学の学食に行ったのですが、周りががやがやしていても、相手の話している言葉だけを拾いだす能力が私達にはありますが、一部のお友達は、全部の音を聞き取ってしまい頭が痛くなります。フィルターがかけられないのです。

園や小学校に就学して、教室のガヤガヤ音の為に授業に全く集中できないというお友達もおりますが、これもフィルターがかけられない為であり、私達であってもガヤガヤ音があまりにも大きすぎると相手の話が聞き取れなくなりますが、自閉傾向のお友達はそのフィルターの感度が違うとお考え頂ければよいかと思います。

場合によっては、離れた席の人の話し声が耳に残ってしまうというような事例もあり、どこに注力するか、どう傾聴力を身に付けるかが訓練の課題となります。

長くなりましたので、音のフィルターを強化する方法はまた今度お伝えさせて頂きます。困っておられる方はメールにてご相談下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:00| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

NO219.見えてる物が違うのです。

フィルターの種類が違うのです。
自閉傾向の強いお友達にとって、見えている物と聞こえるという普通の事にでも大きな差異があるという事を理解頂きたいと思います。

私達は物を見るときに1秒の間に4カ所から5カ所網膜に見えた物を写し取り、それを脳の中で補完して視界を確保します。通例180度といわれていますが、180度全部がみえているのではなく、脳内で必要な情報を整理統合して描き出していると考えられています。

データーとしては1秒に見とる情報量は莫大な情報量を頭の中に取り込んでいるとお考え下さい。そして取り込んだ情報から欠落があるのが人の顔の表情ではないかと推測しています。見えているのに、見えていないのです。

you tube等でも自閉症の子ども達が見ている世界が公開されていますので一度ご覧になって下さい。

私見ではありますが、人の顔が見えてなかったり、人の存在を脳内で補完してなかったりといった、視野の欠落により、本来あるべき物を認知出来ていないのではないかと推測する事ができます。

視覚もコントロールできるのです。
視覚認知の訓練は、他にも様々な取組みを私達COMPASSでも実践しておりますが、その中でも、ご家庭で出来る最も簡単な指導方法をご紹介いたします。

特別な準備もいらず、いつでもどこでも簡単に取り組む事が可能な、1点凝視法という指導手法をご紹介いたしましょう。簡単に出来るのですぐにでも挑戦してみて下さい。
IMG_4312.jpg

写真のように親指を立てて凝視するのです。指示が入りますので、ある程度こちらが促している言葉の意味を解する事が出来ないと簡単に取組みできませんが、ある程度の理解を示す事が出来るお友達であれば、この指導は容易で効果的です。※指の代わりに「ろうそくの炎」で代用する方法もあります。
IMG_5877.jpg

同時に集中力も養う事も出来て、この取組みは一挙両得です。注意欠陥のお友達にも有効な指導手法です。

※余談ですが、この取組みをおこない、親指に集中すれば、周りがぼけて見える事に気付きますが、これこそ私達の目は全体を見ているようで、見えていない証拠です。沢山の写真をはりつけて、全体を構成しているという事です。

IMG_4314.jpg

1点を凝視する事がある程度出来るようになれば、今度は写真を見つめます。最初は人数の少ない物から初めて、徐々に人数をあげ、クラス写真に移行します。拡大して見せてあげるのも有効ですし、知らない人よりも多くの場合は関わりのある人の写真やお友達自身が写っている物が望ましいと思います。

写真を見ながら、ディテールを尋ねるのも有効な手段です。見える物、見えている物を一緒に確認して下さい。

ここから先は個人差がありますので今回これ以上の説明は避けますが、見える世界が変われば、子ども達の態度も行動も全て変わります。

見えているのに見えてない。
見えていて見えてない、見えているはずなのに、つい気になる物を除外指定しまう事も練習で改善させる事が出来るのです。

除外されたものを見ようとする事を掴み取れば、もっと社会適合性が向上してきます。

老眼になって、細かな報告書を見るのが嫌な人、テーブルの上や部屋のゴミが目に入らない人、お風呂掃除をしようして初めて浴室のカビや汚れが目に入る…普段見慣れている物も私達の脳の中で補完されている映像ですから、実際に見ているつもりになっていたという事例は山のようにあります。

他にも大掃除をはじめて、細かな汚れが目につく、畑で雑草を取る時、最初は小さな物は目に入りません。大きな雑草だけですが、とればとるほど本当の量に驚くものです。

私達も普段の生活の中で見えていないものは山のようにあるのです。埃も雑然と積み重ねられた本やCDも見えているけど、見てないのです。

以前アメリカのTVで主人公が何かしている後ろで、別なアクションを行った実験がありましたが後ろの動きに気付いてなかったという報告事例もあります。クラスの中で大好きな人しか目に入らないと言えばご理解頂き易いと思います。

注視する力、見極める力を獲得する事が能力の向上に繋がります。注意を向ける事により人の目をみて話す事も出来るようになるのです。

注視させる方法はそれぞれお友達の様子をしっかりと観察した上で行う事が大切です。

この指導も焦らず時間をかけて行って下さい。
何よりも繰り返しが大切です。

個人の資質により取組み方も異なり、指導方法は多岐に渡りますので、わからない時はご相談においでて下さい。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 18:00| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

NO210.自閉症傾向のお友達からのヒント

NO210.音への反応
IMG_0825.jpg

自閉症傾向のお友達の行動契機の中で、言葉による発動に関して今回はお話したいと思います。

1つの事例ですが、何か問題があると、「このくそジジイ」というお友達をよく観察していると、「ジ」で始まる音が発動契機になる事がわかりました。

ですから「お爺さん」「自転車」「神社」というように「ジ」の音を含む言葉を聞くと、「くそジジイ」と言いたくて、言いたくてたまらなくなってしまいます。

「バ〜カ」と言ってしまう事の事例では、「さあ〇〇しましょう。」というと反射的にバ〜カと言ってしまいます。言ったあとに「しまった〜」と思うのですが反射的に言ってしまう事があるのを保護者や療育支援者は理解しなければなりません。

反射ですので瞬時に発動されてしまいます。
これは受動的反応と同様で自身の力ではなかなかコントロールができません。

外部刺激に対する反応速度は、情報の伝わる距離とその量に左右されると考えられていますが、聴覚からの信号は最短の経路を通ると考えれれ、聞いた音が扁桃体を直撃し、意思とは関係なく自動的な反応を促してしまいます。

その音に興奮を覚える場合は、アドレナリンを増やしてしまい、肝臓ではグルコースを作らせてドキドキ感を加速させます。過去の経験から問題の中断、解決がみられていると特にそうなりやすいのではないかと推察しております。

言いたくていっているのではなくて、言ってしまっている言葉があるという事をご理解頂きたいと思います。

そこで魔法をかけましょう。
間違えた反応が起こった時、叱るのではなく、「本当は言いたくないんでしょう?」とやさしく促す事が大変有効です。

そこから先はお子様の状態にあわせた声掛けが重要となりますが、繰り返し繰り返し諭し促す事でその問題発言を抑制する事が可能です。

COMPASSでも大幅な改善が得られているお友達が沢山おります。魔法の言葉はそれぞれ違いますのでお子様に対しての観察が重要なポイントとなりますが、焦らずじっくり見定める事で解決する事ができますので、まずは発動契機となるワードを探してみて下さい。

ご質問のある場合はメールにてお知らせ下さい。







ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:00| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

NO206.自閉傾向のお友達の心の成長…獲得編@

NO206.我慢が出来て…

IMG_6775.jpg

我慢する事が出来るようになると沢山のご褒美がもらえます。そうです周りの人達から沢山褒められるのです。褒められれば褒められるほど我慢の難度や時間が向上していきます。

我慢した先にご褒美があるかないかは非常に大きな問題であり、問題の成否を分ける大きな問題です。

COMPASSでは何度も何度も褒めてあげ、そして皆で喜びます。保護者にも内容を伝達し更に第3者話法をもってさらに我慢した上に褒められるという事を強化していきます。ここに至るまでには幾つかの魔法をかけておりますが、それはまた次回にして、その後どうなるのか話を進めてみたいと思います。

日々の習慣化が大切なのです。

そうです、様々な機会において待つ体験を繰り返します。一番根幹の食事においてもこれを貫きます。COMPASSでは先生が1番ですので、おやつも先生が1番先に口にします。

保護者が同伴の場合は、2番目に保護者が口にします。そしていよいよお友達が食します。

この繰り返しの指導もとても大切です。

ご家庭でもおじいちゃんが1番、お祖母ちゃんが2番、お父さんが3番、お母さんそしてお友達のように順番を意識した生活を実践して頂きます。いろんな場面で待つ事を体験し実践させるのです。

するとお葬式でも、結婚式でもじっと静かに待つことが出来るのです。病院でも待合室で静かに待つことが出来たのです。立ったりしゃべったり歌ったりウロウロする事もなく、保護者の指示に従う事が出来るようになるのです。


私は待てる…
現在、指示を守り、我慢する事を体得しようとしているお友達が通所されておられます。毎日の指導の中で、実に様々な能力を獲得する事に成功されています。以前は暴言を吐く、暴れる。机をガタガタさせる。投げつける。寝ころぶ、逃げ出す等の行動がありましたが、今はそれらの問題行動が表出する事は現在ほぼなくなっておられます。

お友達の場合は集団指導で、学ぶという姿勢を周りに認められるようになったうえで、個別の指導がスタートする事となりました。個別指導がスタートして実質2ヶ月でお友達の態度、行動は激変する事となります。

〇〇する前に◆◆してからね。と1課題の克服からスタートしましたが、いまでは2つから3つの課題を克服する事が出来るまでに精神的にも大きく成長する事が出来ました。

そして奇跡が起こりました。
〇〇したいどうしても〇〇したい、その衝動をじっと我慢し複数の課題を克服できるようになったのですがその日は、〇〇したいです。と口に出すほど強い欲求があったのですが、
それをじっと我慢しているとき、突然立ち上がったのです。傍で見ていたお母さんの所に駆け寄るのかと思ったのですが、お母様の方を向いて、「ティッシュ頂戴」と言ってティッシュを受け取り涙を拭いてさらに課題に取組み最後に〇〇するに至ったのです。

無題.jpg

私達の想像以上の心の葛藤があったのではないかと思われるのですが、じっと我慢し涙目になるほど我慢しそして〇〇する事を獲得したのです。

泣くほど我慢したのです。

泣くほど我慢できたのです。

この記事をお読みの方は泣くほど我慢されたご経験はございますでしょうか?私は記憶にある限りでは、泣くほど物事を我慢した経験はありません。ちょっとした事でも我慢できなかったお友達です。直ぐに暴れたいたお友達です。暴言を吐き、物を投げつけていたお友達です。

魔法がかかるまで繰り返し声掛けし、応援して参りましたが劇的な成長を遂げた出来事でした。今後このお友達はいろいろな事を克服する事が出来るようになると考えます。

IMG_4243.jpg
恐らく2ヶ月もすれば多くの問題行動を克服し自制する事が出来るようになるであろうと、担当指導者一緒に祝杯をあげる事ができました。
ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 03:34| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

NO205.自閉傾向のお友達の心の成長…A

NO.205.誰が1番か…

僕が1番でいいのかな?
saru.jpg

お友達のご支援に取り掛かるにはまず立ち位置の確立が必要です。カテゴリー38.ポジショニングの大切さで数話掲載しております。(NO41.おしくら饅頭で勝ちましょう… NO92.ボス猿で在る事等参考にされて下さい。)

僕や私が1番で良いわけないのです。
COMPASSでは先生が1番です。そして2番がお母さんやお父さんお家の方です。そして3番がお友達です。この順番を必ず守ります。何があっても決定権は先生であることを遵守します。

〇〇したい…直ぐにさせてしまうと自制が出来なくなります。お友達の我慢の芽を潰してしまうのです。我慢する機会を無くしてしまうとお考え下さい。
直ぐに願いを叶えない。
決して意地悪ではないのです。
社会適応能力を獲得する第1歩である事をご理解下さい。

最初の取組みはちょっと待たせる事から…
ちょっと待ってもらいましょう。
最初は少しの我慢から練習するのです。

まず、〇〇したいと言ったら、〇〇する事を口頭で許可して下さい。

ブロックで遊びたいという意思表示をした場合、「ブロックで遊びたいのね…じゃあ最初に◆◆◆したらブロックしましょうね。」と口頭で確認した上で◆◆◆する事を促します。

必ず指示を口頭で確認して下さい。

最初は嫌がります。ほぼ必ず嫌がりますが、そこを踏ん張って頂く事が大切な要件となります。ですから最初は実現しやすい課題を提示する事が成功の鍵となります。

例えば「10数えたら」とか、「きちんと座ったら」とか、「〇〇したらね。」と簡単なお仕事を提示して下さい。

初段は必ず簡単なお仕事を示します。
お友達の状態にもよりますが、騒いだり、暴れたり、お友達のあらん限りの抵抗があるかもしれませんが、怒らずに促します。ここが辛抱のしどころです。

まずは子ども達の前に保護者や指導者が耐えるのです。
一度に高い課題をクリアーさせるのではなくスモールステップであっても出来うる事を獲得する事が大切なのです。多くの場合子ども達にとって高い課題を出し過ぎなのです。私達から見るとたいした事でもない事も子ども達にとってはそれぞれ重みが違うのです。その点をしっかりご理解下さい。
低い課題であれば、時間をかければ必ず克服してくれます。またお友達にとって難度がたかそうであると判断できた場合は、状況をみてさらに課題を低く設定してクリアー出来るように促します。
何度も繰り返し、誰が決定権者か、指示にそえば希望が実現する事を理解させてあげましょう。暴れても、何をしても愛情をもって克服出来るまで応援し、促し、導いてあげて下さい。

ここを通り過ぎると我慢も出来るようになり、様々な指示が通りやすくなります。

どうか子ども達に魔法をかけてあげて下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 23:00| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

NO204.自閉傾向のお友達の心の成長…@

NO204.意思表示か、反射行動か

自閉傾向の強いお友達…気持ちの切り替えが苦手で、したい事を途中で止められたり、止めなければならない状況になったり、したい事がすぐにできなかったりするとお友達の精神状態、身体的な状態にもよりますが我慢を求められるとそれぞれ態度行動に大きな変調が起こります。

PIC_0187.jpg

〇暴言を吐く。
大声を出す。
奇声をあげる。
〇歌を歌いだす。
〇殴る、蹴る。
〇掴みかかる。
物を投げる。
足踏みをする。
〇体をゆする。
ガタガタと机等を揺らす。
〇寝ころぶ。
〇座り込む。
〇逃げ出す。
〇走り出す。
〇離席する。
〇トイレに行く。
〇嘔吐する。
〇脱糞、放尿する。
〇唾を吐く。
〇笑う。
〇泣く。

反射なのか示威行動なのか…
それぞれ自分の意思を通す為と思われがちな、示威行動が見受けられます。

これは意思表示と考えられがちですが、反射で表出する態度もあるのです。

どうしてそのような行動をするのか理解していないままの行動もあります。

レモンを見ると酸っぱいと感じたりといった反射行動に似ている可能性もあります。大脳を経由して考えて起こった行動ではなく、子ども達の意思を経由せず起こしてしまう行動もあるという事をご理解頂ければ多くの謎が解けるのではないかと思います。

あくまでの私の経験則ですが、特に言語理解・意味一致が出来てない場合、意思表示で出現する行動は、原始的であり直接的で生物的に嫌悪感を抱くような行動が強いのではないかと推察しております

言語理解を促進する方法に関しては、NO8.言葉の力や、カテゴリーNO36の言語獲得への道を参考にして頂き、今回はある程度の言語習得が実現しているお友達に関してさらに洞察を深めたいと思います。

叱られているのに笑ってしまう???
叱られているのに笑ってしまったりするのは、過去の経験から引き起こされる行動であると多くの専門家もお考えのようで、感情をどう表してよいかわからぬ時、偶然笑ってしまったのを回りの保護者が驚いて、びっくりしたり、叱るのを止めたりと空気感が変わったことを反芻し、現状打開の方法として「笑ってしまう」という行動にでてしまうのでなないかと考えられています。

反射的な行動の一部は、感情と行動の連動がうまくいっていない場合に起こるのではないかと考えら、本来繋がるべきラインが間違えた接続になっているのではないかと推測されるような事案もあります。

この場合、諦めず、怒ったりせず、冷静に〇〇してみようね。としみいるまで指導していきます。改善されるまでには個人差がありますが、何度も何度も、何か月も行う事で改善されてきます。ただ突然変化がみられるのではなく多くの場合、その他の奇異な行動も緩和されていく中で突如感情一致がみられるようになります。

驚くのを止める事も効果的で、冷静な態度が進歩の鍵となりますので子ども達の態度行動に惑わされる事無く対峙する姿勢と気構えが重要であると考えられます。決してカッとならずに、深呼吸をしポーカーフェイスで接してみて下さい。

IMG_2418.jpg
驚いて見せない事、平常心で対応してみて下さい。ポーカーフェイスです。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 22:28| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

NO172.本当の気持ち

平素私達大人でも、ちょっとした行き違いで自分の本心とは逆の行動をとってしまう事はないでしょうか?

PIC_0617.jpg


●好きな人に素直に好きと言えない。
●本当は自分が悪いとわかっていても謝れない。
●せっかく誘ってくれているのに、行動を共に出来ない。
●恥ずかしくで言えない。
●プライドや面子があって言えない。

大人だって天邪鬼なのです。

子ども達であれば、さらに天邪鬼的になってしまうのです。

謝れないのです。
素直になれないのです。
何故逆を言うのかわからないのです。
ついつい、逆の事をしてしまったり、言ったりするのです。
プライドだってあるのです。

言われた内容でなく、言われた事に腹を立てる事もあります。
大好きな人に言われたくない場合もあるのです。
とてもデリケートなのです。
気持ちが整理できないのです。
心のコントロールが難しいお友達も少なくないのです。

PIC_0636.jpg

天邪鬼をなおすには、心の声を聴いてあげる事です。傍によりそってその子の気持ちになる事です。みんな褒めてもらいたいのです。つい逆に走ってしまっているだけなのです。


皆良い子と自分の事を思っています。
悪い事をしていても本当は、自分や良い子だと思っています。
その良い子だという心に呼びかけます。
良い子の気持ちを起こしてあげましょう。
先生が幾らいっても非を認めず、謝らないお友達でも
そっと横から、耳元で
「本当はごめんなさいって思ってるよね。」とささやくとたいていコクンと頷きます。
「じゃ一緒に謝ろうか。」と言うとそれまでいくら言っても黙り込んでいたお友達が一緒に謝る事が出来たりします。


背中を押してあげるのです。
促せば上手く行くのです。

多くの場合「悪い事をしたな〜」と思っていても、素直に行動に表せない事がいっぱいあるのです。

キーワードは「ご一緒に…」です。


PIC_0671.jpg

良く見ると水面に本当の姿をうつし見る事が出来るのです。


指導者や保護者の気持ちは子どもに伝わります。

平素の態度や行動でも理解しますし、言語が乏しいお友達であればある程、逆に敏感に感じる処も大きいのです。

いい子だからわかっているはず。
いい子だから知っているはず。

子どもは敏感なのです。

あなたはいい子、先生は知ってるよ。
本当は悪いって知ってるよね。
じゃ先生と一緒に直そうか。

そして本当は良い子になりたいのです。

いつも「駄目」「いけません。」と言われ続けると大人だって拗ねてしまいます。

良い子の芽を摘まないように、一歩下がって、子どもに寄り添えば自然と本当の気持ちが出てきます。

ちょっと待ってあげて、促してあげましょう。
本当の気持ちは必ず見えてきます。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:11| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

NO154.収穫の喜び…

動物と接する事の効用は、アニマルセラピーで触れました。今度は心の成長を促す一例をお伝え致します。それは植物のお世話です。特に収穫物のある物の栽培がベストです。お花も良いのですが、一番効果的で、簡単なのは、ゴーヤの栽培です。

子ども達の農園では、現在サツマイモ等を秋口の収穫に向けて栽培しておりますが、農園は施設からちょっと離れているので、毎日草むしり等のお世話に行くのが難しいので、この夏は、指導ルームの裏で、ゴーヤの栽培に取り組みました。

毎日水をコンパスについたら、水やりをし、1週間から10日に一度肥料をまいていくと、ぐんぐん成長していきます。
IMG_5441.jpg

お天気も気になります。私どもの施設では幸いお盆も運営しておりましたので、欠かさず水やりを頑張ってもらいました。やがて黄色の花が咲き、その先に小さな実がついてきます。
IMG_5446.jpg
ゴーヤはグングン成長してくれますので、子ども達の観察眼でも成長がしっかりと判別できます。今年は天気の問題もあって余り大きくはなりませんでしたが、ご覧のように熟れてくると、黄色になり、1日でパカッと実がはじけてしまいます。
IMG_5442.jpg
ここに花が咲いた、新しい芽が出た、大きくなった、葉っぱが枯れたと把握出来る様になります。

そして収穫です。小さな実でしたが、皆とても高い達成感を味わう事ができました。収穫した小さなゴーヤをそれぞれ持って帰ってもらいましたが、次の日の日記はみんなゴーヤチャンプルーを食べたとのお話で、包丁で切ったり等のお手伝いへ発展できた子もおりました。

IMG_5445.jpg
植物の栽培収穫は、
@継続力
A責任感
B観察力
C達成感を味わう事が可能です。
Dそして何より、きちんとお世話をすると成長する事を体験し、過去、現在、未来が繋がります。
E苦手な物でも自分で作った物は食べる事が出来るのです。今回もゴーヤが苦手なお友達が複数名おりましたが、大好きになってしまいました。自分で作った物はおいしいのです。ゴーヤが食べられたので、ピーマンも大丈夫になったとのお話もお伺いしております。

IMG_5450.jpg
秋口からは、栽培出来る庭があれば、大根、ニンジンがベストです。ニンジンであれば、プランターでも可能です。

冬場は玉ねぎ、ジャガイモが楽しいです。(お世話も楽です。)

IMG_5465.jpg
自分で世話をした野菜の収穫は何よりの達成感があります。是非お試し下さい。










ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 02:15| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

NO153.元気に支援をする為に…

何らかの障がいを持たれたお子様を支援する際に大切なのは療育支援者の心の管理です。支援者が保護者の場合は特に大切で、ご自身を責めすぎて心が病んでしまったり、過度のストレスと疲労により何もできなくなってしまう事例も少なくありません。

ストレスと疲労を分母と考え、自己肯定感とお子様のあるべき成長とのギャップを分子とすると分母が分子を上回ってしまうと「やる気」が減退し動けなくなってしまいます。これを避けるためには自己コントロールが不可欠で、心の安寧を取り戻す為の手法に関しては、@アニマルセラピーであったり、趣味に打ち込んだり、旅行したり、マッサージを受けたりといった手法で対応するか、A出来る事出来ない事を冷静に知る作業か、B元気を取り戻す対話をする事で解消する事ができます。

GS007_72A.jpg

今回は、Bの対話を通じての対処法をお伝えしたいと思います。医学的に説明さしあげると、エストロゲンの低下により、脳内のセロトニンが低下し、うつ的傾向に流されやすくなってしまいます。セロトニンを増加させるには、話をする事によってよりスムーズに解決する事ができます。

多くの場合は、ご夫婦でらっしゃいますので、支援の中心になっている方に対して相方の対応を記述します。相方がいらっしゃらない場合は、親族、お友達等でも大丈夫です。

嘗て恋愛し、失恋したり、思うように事が運ばなかったとき、お友達に相談したり、先輩に相談したり、信頼できる家族に相談された事があると思います。この環境を再現するだけでぐっと楽になります。

〇愚痴を聞いてもらう。
話しかけてもらう。
褒めてもらう。
状況を整理してもらう。
甲斐甲斐しく世話をしてもらう。(やさしくしてもらえる環境や甘えられる環境があればベストです。)

相手によりますが、
見つめられたり、微笑んでもらったりするだけでも格段の効果が期待できます。
抱きしめてもらう。(夫婦や恋人がいればばっちりです。)
口づけしてもらう。
よしよししてもらう。

甘えられる人がいれば、
欲しかった物を買ってもらう。カバンや、貴金属、お花でも効果的です。

初めての土地で誰もいない場合は、
長電話する。
お友達を探す。
同じ悩みの方を語り合う。

自分だけで何とかしようとする場合は、
早起きして朝お日様にあたる。
午前中は、明るい部屋で、夕方食事後は、明るさを落として早く寝る。
運動に行く(ジムに通ったり・ヨガに行く)
水泳に行ったり、歩いたり、走ったりする。
ダンスに行く(ダンスであれば、どんなのでもOKです。ダンスは1人では出来ないからで運動も伴いよい活動の1つです。)
仲間を作る

それでも難しい場合は、食事で対応して下さい。
〇美味しい物を食べる。
乳製品をとる。(賛否ありますがヨーグルト等悪くありません。)
豆腐や豆乳をとる。
バナナを食べる。
ニンニクやショウガを食べて代謝をあげる。
かつおや、はまち、マグロ、青魚などを食べる。
赤身の肉特に豚肉を食べる

作ったり出来ないし、運動もと言う方は、
没頭できる趣味を探す。魚釣りでも、〇〇収集でも、書道や、華道でもOKです。

誰かの為に役立つ事をする。
ボランティアに参加する。(仲間を作るのと同じです。)
※命の電話等ダイレクトで人員も不足しているので聞く事が得意であれば、ベストです。
〇料理をふるまう。
〇近所の掃除をする。

〇カラオケに行く。
お酒等は関心しません。ゲームに嵌るのもどうかな~と思います。

まずはこれらを実践してみて下さい。
楽になれます。

支援者が落ち込んでいると、子どもも落ち込みます。これをミラーリングの法則とよんでいますが、お母さんが元気だと、子どもも元気になります。怒っていると、子どももしかめっ面をしています。まずは元気になって下さい。


ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:23| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

NO151.ベクトルを下げて…(比較の禁止)

何らかの障がいが顕在化されてくると、あれも出来ない、これも無理、いったいどうしたら…という気持ちになってしまい、ご両親がパニックになってしまい、ともすると心の病になってしまわれるという事も決して少なくありません。

IMG_2670.jpg

まずは落ち着く事、冷静になる事が何より大切です。現状を把握する事が最優先事項で、心配するのはずっと後であるとご理解下さい。パニックになっては、負けなのです。

パニックにならない一番簡単な方法は、お子様に対してのベクトルを一旦下げてしまう事です。※ここでいうベクトルは年齢に対して考えられる、お子様の発達度合を指します。

比較する事を止めるのです。

1歳ならここまで出来ないといけない。
2歳ならこれくらいは出来る様。
3歳だったら、こんな事もあんな事も…というような考え方は一旦横に置いて下さい。

こんな事を申し上げると諦めろと言うのか!?と叱られそうですがそうではありません。多くの場合、平均的な成長の度合いを示しており、あくまでも平均値のお話であるという事をご理解頂きたいのです。

同じ月齢(生まれ月)でも体の大きな子もいれば、小さなお友達もいらっしゃるのです。そんな事はわかっているという声が聞こえそうですが、成長の度合いだってやっぱり違うという事を思い出して頂きたいと思うのです。

学齢に間に合わないとどうしようと心配するものですが、通例成人し、大人になってからの事を冷静に考えてみて下さい。1年2年の違いがどれほどの差になるでしょうか?年を重ねれば重ねる程どうってことない問題とお感じになると思います。

〇歳だからこれが出来なければならないというのは、学校にいる間だけです。極端な事例ですが、嘗て一番最初に私共の組織の顧問弁護士をして頂いた先生は、極端な虚弱体質で、肺を含めた呼吸器も悪く、小学校も、中学も高校だって通われておりません。大学まで一切学校に行けなかった方でした。大学に入られたのも成人された後で、三十代だったと記憶しております。※十数年前に他界されており若干数字は曖昧です。※大学も休学等も重ねながら、司法試験に合格されたのは四十代で、お亡くなりになるまでの約十年間ご指導頂いておりました。

かなり突飛な事例ではありましたが、長い人生と視点を変えると、年齢や成長の違い等がさしたる問題ではないのではとご理解頂けるのではないかと考えます。周りと比較するからどうしようかと悩むのです。辛くなるのです。

比較する事を止める事ができれば、一歩前進です。

比較をしている間は、あれが出来ないどうしよう…となるのですが、止めてしまえば本質的な観察が出来るようになります。

IMG_2668.jpg

次のステップは
良い事探しです。

出来る事を見つけるのです。
不思議な物で、括目すればあれも出来る。これも出来ると沢山出来る事が見つかります。
出来る事が把握出来れば、それに纏わる力をのばす事が可能であるという事も見えてきます。

出来る事を集約すると新たな力となります。力を結集すれば、また次の課題を克服する事が出来るのです。この繰り返しが大きな力、高い能力へ進歩して行く事となります。

出来ないという判断は、出来ない事を現認するだけの行為で止まってしまいがちで、多くの療育支援者が陥るトラップであると考えます。

コーチングの基本でもありますが、苦手な事を克服しようと注力するより、優れた一面をのばす方が成長するスピードも速く、場合によっては苦手な一面も凌駕出来る原動力となるのです。

出来ないという思いは、深層心理的にも行動制限をかけてしまい、出来ないという暗示を知らぬまに掛けてしまう場合もあります。

冷静に考えてみて下さい。出来ないと思いながらする事と、出来るかもと考えながら行って結果には雲泥の差がでてしまう事は、保護者の皆様であれば既に経験済みであると思います。

出来ないを繰り返せば繰り返す程、力は減衰します。頑張る心が保護者も子ども達も萎えてしまうのです。あれが出来るので、これも出来るかもと考える作業には勢いがでます。期待値も膨らみます。いくらやっても駄目というのと、これだけやれば出来るだろうという思いとでは導き出せる結果が異なるのです。

まずは比較を止めて下さい。
出来る事を探して下さい。
出来る事から予測される可能性を模索して下さい。
後はお子様とご自身の力を信じて頑張るだけでかつてない成果が得られるようになるのです。

3歳で出来なかった事も4歳、5歳で出来るようになった段階で、突然成長が促進される事例は幾らでもあるのです。

5歳まで全然駄目と思われたお友達が、正しい導きで劇的に進歩成長する姿を今までにも沢山ご紹介したと思います。それらは決して特別な事例ではありません。多くの場合皆様も獲得出来る成長なのです。※関係記事 「2ヶ月で1年を取り戻す」  「進歩と成長報告(その後の成長)」


例えば、小学校6年生であるが、学業レベルは小学校1年生程度というお友達がいると仮定します。出来ない事を現認してしまい、正しい療育支援を怠れば、学齢が上がっても学習レベルはそのままの可能性が高くなってしまいますが、5年少々の期間で1年生の事が理解できると判断すれば、最低でも10年で2年生レベルに到達する事が可能であると判断できます。

実際に成長は加速度がつきますので、成長し続ける限り正しい支援を行えば支援期間も短くなります。多くの場合それまで正しい導き方をされてきたとも限らず、ともすれば数か月で字学年の目標を達成する事も出来ます。このようなスタンスで取り組めば、中学生、高校生になるまでにかなりの能力を獲得できるようになり、社会性も養い、進学就業する事も夢ではなくなるのです。

年齢、学齢という時間に拘束されるのを止めればかなりの成長が見込める事が多々あります。自立して生活する事も、不可能ではないのです。二十歳で成人式ですが、二十五でも三十でも成人しても、その後の人生を謳歌する事が可能であると考える事が出来れば時間に拘束される事をお止めになり、ベクトルを下げる事が出来れば見えてくる物が沢山あるとご理解下さい。

時間や年齢で縛るのを止め達観出来た時、ありのままの姿を受け入れた瞬間から本質的に取り組むべき目標が見えて来ます。

焦らないでとよく申し上げますが、比較を止めれば焦る気持ちも無くなります。焦らないといういう事と、諦めるという事は同意語ではありませんのでくれぐれもご注意下さい。

沢山ご相談のご連絡を頂いておりますが、7歳なので10歳になったのでもう遅いでしょうか?というご相談もありますが、早いにこした事はありませんが、まだまだ全然大丈夫であるとお考え下さい。

人間の能力はまだ未知数です。医学的にも科学的にも解明されていない事は山積しております。人の平均はあくまで第3者の平均値です。お子様は特別なのです。特別な存在ですので、平均はそもそも当てはまりません。稀代の偉人の多くは特別です。発明王と名高いエジソン等そのさいたる存在だとご理解下さい。

特別ですので、一般の常識は当てはまらない成長過程を遂げる事となるのです。お子様を信じて、比較を止め、出来る事を評価しながらしっかりと日々取り組んで下さい。お気持ちを陽転させて下さい。保護者が変われば、お子様も変化出来るのです。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 00:06| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

NO148.上手なお願い

上手はお願い、つまりうまい自己主張の事を心理学用語では、アサーションといいます。なにやらヨガ系の怪しい言葉のような印象を与えるのであまり私はつかいませんが、意図と反する行動を制御し、自分の意思を上手に伝える方法であるとご理解頂ければよろしいかと思います。(心理学の先生方からも最近メールを頂きますが、感覚的な説明ですのでご容赦下さい。)

上手なお願いを実現するためには、対話力を支援を行う保護者、療育関係者は身に付けなければならないと考えます。巷にある啓蒙書等も参考にして頂いてよろしいかと思います。

私のお勧めはJohn Ilichの交渉力がお勧めです。かなり古い本で、絶版になっているようですが、アマゾン等で時々見かけるので、中古を購入されると宜しいかと思います。

今回は特に子ども達と対峙しての交渉力ですので、交渉する前の整えておくべき事をもう少し掘り下げたいと思います。

IMG_2694.jpg

主張(お願い)には、2つの要素に分別されます。それは、相手を傷つけてしまうお願いと、傷付けないお願いです。この2つの要素を2分するのは、それぞれのお願いを伝えるのか、伝えないのかという違いがあり縦横4つにセグメントされます。


A相手を傷つけ&お願いを伝える場合…これは攻撃的な発言となります。

B相手を傷つけ&お願いしない場合…とても恐ろしい心理状態で、復讐的な領域となります。

C相手を傷つけず&お願いしない場合…無視、無関心ときつい仕打ちとなります。

一番良いのは、
D相手を傷つけず&お願いを伝える場合であり、この方法をマスターして頂くと子ども達に対しての支援がとてもスムーズになります。

事例をもって説明しましょう。
奥様「貴方お帰りの時、スーパーによってお肉を買ってきて下さい。」
主人「嫌だよめんどくさい…」
Aだと
奥様「わかったわ、じゃあ今日のカレーは野菜カレーね。」とか「子どもの世話に、洗濯と家事をなめてるんじゃない…」とか非常に攻撃的な主張が展開されて険悪な雰囲気になってしまいます。
BやCだと夕食何が出てくるかわかりませんね…ご飯に梅干しだけのような事態だってありえますし、帰宅しても奥様はお子様と実家に帰っていたり、お友達と食事にでてしまったりという復讐をうけます。
最も良い方法のDだとこんな感じのやりとりとなります。
奥様「そうねえ、めんどくさいわね。」とか「ご近所の手前恥ずかしいわね。」と一旦主人の要求を受け入れてしまうのです。心理学的には受容といいますが、主人の要求を呑みこんでしまうのです。

そしてお願いを仮定法で話します。ここでいう仮定法とは、「〇〇して下さいませんか…」と切り返します。私の家内はこれの達人です。上手く自分の主張を通してしまいます。この事例ですと。
「お肉を買ってきて下さったら、貴方の好きな〇〇もつくれるのだけど…お願いできないかしら。」
こんな風にいわれて断る事はまずありません。

必殺の「~して下さいませんか」攻撃なのです。相手を傷つけず嫌な思いもさせずコントロールする方法なのです。

「こうしてくれると嬉しいんですけど。」
「〇〇して頂いたらとっても助かるんのだけど、どうかしら。」こんなやり取りが要求を全て飲ませる事となるのです。

子ども達だって「〇〇したら駄目」と言われるより、「〇〇してくれたら嬉しいな」と言えば対応はがらりとかわります。

そして最後の一押しは「じゃあ、一緒にしようか」です。
明日から連休です。ご家庭で過ごす時間もとても長いと思います。是非お子様に試してみて下さい。
くれぐれもお父様に欲しいカバンをねだる等の悪用はお止め下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 19:41| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

NO147.受容が大切

思うように発語出来ない。お友達と遊べない。目を見て話が出来ない。うちの子は何でこうなのか…出来ない、駄目、どうして…何で駄目なの。何で出来ないの。


多くの場合子ども達は、沢山の精神的ストレスを抱えています。思うようにコミュニケーション出来ない。思わず飛び上がってしまって体の動きを制御できない。人が怖くて目が合わせられない。驚いてつい大声を出してしまいう。

これらを解決する1つの方法として「積極的傾聴法」があります。

GS037_72A.jpg

聞き手の基本は、「肯定的な受容の一言」です。ネガティブワードを使わず子ども達と接する事なのです。

ネガティブワードとは
「何故…」これは責めています。
「それで…」これは否定となります。
「うそ~」攻めの言葉です。
「どうして…」は責め
「何で…」これも責めです。

では子ども達のストレスが改善される声掛けは、

いい事があったり、頑張ったら

〇よかったね…
〇すごいね…

良し悪しは別にして声掛けがあったら

〇そうなんだ…
〇なるほど…
〇いいね…

失敗したら無敵の「いいんだよ」が一番です。

〇いいんだよ…今度から頑張れは大丈夫だよ…
〇いいんだよ…明日から頑張ろうね…
これらを駆使すれば大概の意思疎通はかなり円滑になります。まず受け入れる事(受容する事)認める事、理解を示す事が何より大切なのです。いくら良い事を話聞かせても、相手に話を受け入れる準備が出来ていなければ効果半減なのです。

一般の事例を例にとってみると

中学生や、高校生、大学生になって親と価値観が異なり、暴走したり、家庭内暴力に走ったり、ひきこもったり、といった場合最も効果的な声掛けは、
〇「そんな考え方もあるんだね。」と認める事です。受容は暴走を制止できるのです。話を聞いてくれる人の意見には必ず耳をかすのです。意思疎通が出来るようになれば徐々に問題を氷塊させる事ができるのです。

結婚し若い価値観の違う二人がちょっとした事で衝突するなんて事がありますが、熟年になっても人間ともするとまだまだ困難に出会います。殺伐とした夫婦関係も以下の言葉で円滑な夫婦関係を樹立する事ができます。私の友人も下の3つのワードで仲良し夫婦に戻りました。

奥方に何か言われたら間髪入れず
〇そうなんだ
〇確かに
〇へ~(感心したへ~です。)

仕事で疲れてきついときは
〇ホ~
〇フ~ン

言葉の返し方でその反応は全く異なるのです。
言葉には人を幸せにしたり、不幸に出来る力があるのです。

子ども達も見守る保護者も皆ストレスを受けています。
ちょっとした声掛けで状況は激変するのです。
まず子ども達の事を受け入れている意思表示をして下さい。

ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 04:07| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

NO146.現在から、過去と未来へ

多くの子ども達は、「今」の時間で生きています。通例私達は、過去の流れや将来(未来)の為に今現在努力する事を行うのですが、多くの場合子ども達は、「今・現在」の状態しか理解が難しいとご理解下さい。

IMG_2846.jpg

一定の言語能力が培われた段階からは、

今どうすれば、良いのか。
何故今、努力しているのか。どうして今努力しているのか。
努力するとどうなるのか。
どんな楽しい事があるのか。
何が今大切なのか。
今まで何を頑張ってきたのか。
何が出来るようになったのか。
これから何が出来るのか。お母さんやお父さんは、何故あなたのお世話をしているのか。
お母さんやお父さんは、あなたに何を期待しているのか。
お母さんやお父さんは、何が出来ると信じているのか。

これを繰り返し、繰り返し心に染み込むまで話聞かせて下さい。

今と未来、今と過去を繋げて下さい。

これからの自分の姿を描かせて下さい。

想像出来うることは実現可能なのです。

今しか知らないと、楽しいか、苦しいかだけが判断の基準となります。
気分次第で、出来たり、出来なかったり波が出てしまいます。
今の努力が未来に繋がっている事を教えて下さい。
教え諭す事で、更なる成長が獲得出来るのです。

自信がなくなっても、過去を振り返り何が出来るようになったのか、その子の実力を認め出来た時の事を反芻させて成功体験を繰り返し思い出させて頂ければと思います。

今が未来に繋がる事を教えて下さい。
過去が今を支えている事を教えて下さい。
口癖になるほど、繰り返し繰り返し語りかける事によりある日突然変化がみられるようになります。

翌日起こる事もあれば、1週間、1ヶ月、3ヶ月後に顕在化する事もあります。人によって様々ですが、必要を感じ、その繋がりが理解できると子どもの姿勢が変わります。

高学年になると、予想される未来は暗く怖くて見れないのです。希望の持てる未来像や、あるべき姿を話聞かせる事で、安心して現状を知り、自ら進んで努力する事が成長に繋がります。

付加要件として支援者(保護者)との絶対的信頼が最低要件となります。ここで申し上げる絶対的信頼は、泣くから子どもの言う事を聞くのではなく、悪い事は、悪い、良いときは褒める。「〇〇しようね」と言ったら素直に従うという関係が必要です。

その為にはお子様とのポジショニングが大切ですが、慌てず出来る事から積み上げて頂ければと思います。

専門的に言うと等身大の自分である「現実自己」となりたい自分である「理想自己」との間に差があればある程、その差が苦痛に変容します。
しっかりと声掛けができれば、その差を細かく分類してあげる事が出来るのです。
小さな階段はのぼりやすいのです。

因みに、「過去は常に新しい」という考え方があります。現在が過去のイメージを変容させ事があるのです。例えば、厳しい指導や修行の後、ある技術を習得したり、試験に合格できたりすると、怖い厳しい先生という過去のイメージが、先生の御蔭でと180度転換するのです。昔いじめっ子だった子と、同窓会であうという事があり、会うのは嫌だなと思いつつつ参加し、酔った勢いで昔はノートをとったり、靴を隠したり一杯いじわるして…と詰め寄ると、ごめんね実は君の事が好きだったの…と言われたりすると悪感情も180度転換してしまうのです。過去は常に新しい、森田正馬先生が考案された森田療法です。お時間のあるとき一度ひも解いて頂ければと思います。過去が新しくなると未来は何か懐かしい物に変容するのです。

今の過ごし方で未来も過去も全て変える事が出来るのです。未来は支援者の手の中にあります。私に騙されたと思って、繰り返し言葉のシャワーを浴びせて下さい。

暫く心理学的考察をもって記事を進めたいと思います。










ラベル:魔法の療育
posted by キー先生 at 20:30| 54.心理学的考察 | 更新情報をチェックする
100.jpg